boi-boi さん プロフィール

  •  
boi-boiさん: Boiのねばネバダ
ハンドル名boi-boi さん
ブログタイトルBoiのねばネバダ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sei-boiboi/
サイト紹介文ネバダで暮らすB級駐妻オカンのアメリカ珍道中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供294回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2013/07/27 21:46

boi-boi さんのブログ記事

  • 早朝イベントに行ってみた
  • さて、昨日はブログをお休みして何をしていたかと言うと、日曜だというのに5時半起きで、参加してきました、5キロマラソン。 いや、5キロマラソンに参加するムスコを送迎してきた、が正しい。 このマラソンは参加費が必要で、このあたりの小学校の体育や栄養に関する学習などへの資金集めとなっているのだ。 前にもブログで書いた通り、ネバダ州は、イリノイ州と違い、州法で毎日体育せなアカンという決まりがなく70%以上の小中 [続きを読む]
  • 英語ワカリマセン
  • 英語ってなぜこんなにもゴールが遠いのだろうか。 そら、何にも喋られへんかった頃に比べると喋れてはいるが、喋っている自分は、こらまだまだアカンということに日々遭遇し、打ちのめされ、それでもなんとか暮らしている、という感じなのだ。 特に、ワタシは不意の英語が苦手。以前にもこのブログで書いたのだが、道端で、金髪白人女性に話しかけられ、喋り始めを聞き取れず、最後聞き取った英語が五右衛門?だったというミラク [続きを読む]
  • あの人の気持ち
  • 9月から始めたマシンピラティス。月4回から8回コースに切り替えてもなお順調に続いている。 柔軟性を高めるストレッチのクラスと、負荷を感じながら全身を鍛えるコースをとっている。 先日、そのストレッチクラスに行った時のこと。このクラスは、50代後半の先生が担当しており、先生の派手さ、Tシャツの後ろを切りさいてシャレたスポブラ見せて「どや!」という格好良さが売りで人気を取りに行く若手とは違い、地味で、自己完結 [続きを読む]
  • ストイック姉さん
  • 先日のこと。スーパへ向かった。そのスーパーには、店内で購入したものをさっと食べられるスペースが設けられており、シカゴの友人繋がりで知り合ったネバダの方と軽くランチをすることにしていた。 初対面のカノジョとあれやこれやとランチしながら話していると、ワタシの斜め前に座っている女性に釘付けになってもうたのだ。 その女性もまたランチをしている。と書けば、しごく当たり前のことなのだが、状況はもう少し複雑で・ [続きを読む]
  • これで「ちょうど」なのか。
  • 荷物が届いた。 横30センチほどの箱だが、随分と軽い。宛名は旦那。旦那が帰宅するのを待ち、荷物を渡すと、「こんなサイズのモン、なにオーダーしたっけなぁ」とシャーっと開けた。そこには・・・・ 中央に シャーペンの芯 いや、サイズ感 !! ちょうどのんを探してこ〜い。 アメリカ、小さいモンは紛失しやすい、とはいえ、だいぶデカいわ。 [続きを読む]
  • がんばるニッポン
  • 楽天が、NBAゴールデンステイト・ウォリアーズの今年のユニフォームパートナー契約をした、というビッグニュースが入ってきたのはひと月前のこと。 日本企業がNBAとスポンサー契約をすることも、ユニフォームにロゴが入るのも、初めてのことらしい。 ユニフォームには、スポンサーであるナイキのマークが右胸にプリントされている。楽天のロゴは左胸に入ったのだが・・・。このスポンサー契約が急な決定だったからなのか、敢え [続きを読む]
  • 立ち退きと交渉
  • NBAの試合を見に行った時の話には、さらなる続きがありまして・・・。 大人気選手、ステファン・カリーの練習時間は決まっている。そろそろ終わるという少し前に、サインをもらう列のワタシの後ろにいた女性に声をかけられた。 それはひとつの交渉であった。 アナタたちはその手すりの上から服をぶら下げてサインをしてもらうつもりなんでしょ?そしたら、足元の柵の隙間をワタシにくれない?と。 そう、カノジョは我が家の後ろな [続きを読む]
  • その行動はどうだろうか
  • NBAウォリアーズの試合を見に行った時の話の続き。 前回のブログでも書いた通り、選手が出入りする通路脇にいないとサインは貰えない。しかし、ここもまた、一般の席である。 その通路脇の席のチケットを持っている人が現れてしまえば、最前列に陣取っていても、そこを去らなければいけない。そう、コレは運なのだ。 大人気選手カリーが練習を始めた頃、我々の向かい側の席のチケットを持った男性がやって来て、そこに陣取って [続きを読む]
  • 目的までの遠い道のり
  • 昨日の続き。先着一万名様にもれなくプレゼント、のバブルヘッドをいただき、ゲーム開始までの2時間をビールでも飲んで過ごそうかとプラプラ歩き始めたら、旦那、会場の中にドーっと駆け込んでいくのが見えた。ありゃぁ、旦那であり、父親であることを忘れたオッサンの猛ダッシュ。なんか知らんけどその気迫に負け、追いかけるムスコと嫁。 すると、選手が控室からコートに向かってくる通路脇の席へと辿り着いた。 選手は試合開 [続きを読む]
  • 情熱の注ぎ方
  • 先々週末、ワタシはサンフランシスコへ行く、と言った。それは、ゴールデンステイトウォリアーズの試合を見に行くために。そう、バスケ好きの旦那とムスコの幸せ旅行だったのだ。 試合は5時から。渋滞も考えるとだいた4時間はかかる。朝9時半頃に出発し、途中ランチにとin and outに寄りテイクアウトでバーガーを買い、スタジアムに1時半に到着した。 駐車場でバーガーを食べようとすると、旦那、荷物もって車を降りようとする。 [続きを読む]
  • 膀胱順調、ブログ復活です。
  • 膀胱炎休暇ありがとうございました。本日より、復活です。 さて、休んでいる間に、えらいコトが起きました、ラスベガスで。コメントやメッセージいただきありがとうざいました。我が家は無事です。ラスベガスまでは飛行機で飛んでいかなアカンくらい遠いところでして。 しかし、ネバダ州。アメリカの中では銃規制がだいぶユルイ方の州でして、銃を所有すんのも、何個買おうとも許可がいらず、攻撃用の武器を所有するのも許可なし [続きを読む]
  • お知らせ★ブログお休みします
  • お知らせをまず先に。 Qマガジン10月号 出来上がりました。 今回の駐妻日記はネバダに引っ越しのため山を越えていると車のエンジンから異様な音が鳴り空前絶後の〜ぼこ〜ん 的なモンを書いております。 お時間ある方こちらの電子版からもお読みいただけますのでぜひどうぞ。 ★ さて明日はサンフランシスコへ行ってまいります。えっちらほっちら車で、ですわ。 さらに、ただでさえ学校に行く日数が少ないのにガル男、秋休み。 い [続きを読む]
  • 誰の仕業か
  • ワタクシ、「角」が好き。 古くからこのブログをお読みの方はご存知の通り、ワタクシ、キッチンも床も角が一点の曇りもない角であって欲しいと思う角フェチなのだ。 玄関入ってすぐの部屋。この家に入居してから、不思議が続いている。 しっかり角を男前の90度に仕上げてやっても数日後、 砂が現れる・・・。 また掃除機で吸い込んできれいにしても数日後、砂が現れる。もしかして、この家、人間とプラスアルファ―なんかおる? [続きを読む]
  • 箱女
  • 引越しで溢れかえっていた段ボール。 ご近所さんが、ウチのところは、中央のデカいゴミ箱に捨てに行くシステムやから、ちょいちょい運んで捨てていき〜と教えてくれたり、ブログのコメントで頂いた、段ボールを箱に立てたものを一つくらい余分に置いていても持って行ってくれますよ、というゴミ収集者の人情に賭けた戦法など、あの手この手で、処理をしていった。 それでもゴミ箱から明らかにはみ出る縦長の、クローゼット用(ハン [続きを読む]
  • 女の敵じゃ
  • 安定して朝晩が寒い。特に朝は、5度を切る日も多い。朝、ムスコがバス停に向かうのに、ほんの少し見送りに外を歩くのだが、クソ寒さが半端なく、9月にして、アグを履いてもうている。 そして、何よりも安定して乾燥している。 砂漠気候の特徴のひとつ、雨が少ない乾燥帯であるからだ。するとどうなるかというと、ものすごいスピードで老ける 保湿が追いつかないのだ。 シカゴも冬場は乾燥していた。冬が来ると肌の水分が減り、光 [続きを読む]
  • 今更知ったコト
  • 赤い靴履いてた女の子〜♪わたしはこの歌の続きを、ずっと「ひいじいさんに連れられて〜」だと思っており、大人になってから「異人さんに」だったと知って驚いたことがあった。 それがネバダで起きた、というお話。 ★ ひと月試してみたマシーンピラティス。 ガシャーンと屈強な男たちにまみれながら鍛えるムキムキコースでは継続できぬ、かといって、早朝瞑想しながら寝てまうカラダに優しすぎたヨガでは何か物足りん、と感じてい [続きを読む]
  • 場違いなことを
  • ムスコのガル男、ネバダの新しい学校でもバンドに所属している。ムスコはオーボエとサックスを吹いている。サックス1本に絞りたいと思っていたのだが、新しい学校にオーボエがいなかったため、先生に頼まれて、オーボエをやることになってしまった。 さて、サックスをどうする。プライベートでレッスンしてくれる先生を探さねば・・・。引っ越してきて2か月、当たり前だがつてナシ せや、バンドの先生に聞いたら、エエ人紹介してく [続きを読む]
  • ネバダで校閲ガール
  • クソ寒い。 最低気温2度のネバダ州リノ。本日の最高気温は13度止まり。かわって、シカゴ本日、最高気温33度。おいおい、ネバダは冬なのか? 見ておくれ。雪やんかー!!! しかも山だけちゃう、一瞬だが昨日は平地にも雪が降ったのだ。ボコンと家ん中で音がなって暖房まで入ったがな。 ま、この寒さも今日明日までで、来週はまた20度の後半に戻る。こうやって、秋が来るんやで、とネバダでもう3度目の秋を迎える旦那が余裕ぶっこいて [続きを読む]
  • 新しいカタチの・・・
  • 世の中便利になったモンやなぁ、とテクノロジーまみれの生活を当たり前だと思って生活している子供たちを見ると、そう思う。 先日、ムスコが学校から戻り、パパっと宿題を終わらせ、テレビの前へ行き、ゲームを始めた時のこと。 「おーマジか〜」と急にテンションが上がり、一人で喋り出した。オタク度全開やな と思ってよ〜く聞いてみると、誰かと会話をしていた。 そっちどう?前の家よりデカい?とか質問が飛んでいる。聞き覚 [続きを読む]
  • 威力がスゴすぎて奇跡おきる
  • ムスコのTシャツについたシミ。なかなか取れないので、漂白剤を使う事にした。 ほんの小さなシミであったので、漂白剤のふた部分に液体を入れ、綿棒でトントンとすると、あっという間にシミを取り除くことができた。 そのまま、Tシャツをさっと水洗いし、朝の洗濯物に混ぜて洗濯した。次は掃除機をかけようと、鏡の前を通った時、オレンジ色の物が目に入った。え?ワタシ今日オレンジ色なんか身に着けてたか?と立ち止まってみる [続きを読む]
  • 黒ずくめの女
  • マシーンピラティス初日、ワタシはビギナークラスをとった。スタジオ、こんな感じ。 そこに1人、絶対この秋に痩せてやる、という気持ちが溢れている女性がいた。 黒いレギンスに、黒のタンクトップに黒の靴下といういで立ちの170?手前のなかなかの大柄のカノジョ。そうやなぁ、海原やすよ、ともこみたいなデカい感じの。 レッスンが始まると、案外、カラダの柔らかいメンバーが揃っており、深くまで足を伸ばせていた中で、カノ [続きを読む]
  • 行列必至のハンバーガー屋
  • シカゴからロスへ引っ越した友人から、ここのは旨い、と教えてもらっていたファストフード店があった。 カリフォルニアを中心にアメリカ人たちに大人気のバーガー屋、In-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー) ネバダへ引っ越してきたある日、旦那に連れられてこの店にやってきた。ドライブスルーは長蛇の列。駐車場もあいていればラッキーと、その人気ぶりがうかがえる。 メニューはシンプル。ハンバーガーチーズバーガーダ [続きを読む]
  • こつこつコレクター
  • 時が経つのはホンマに早いモンで、シカゴで引越しのために荷物をせっせと箱に詰めていたのは、もう1か月半も前のことである。 割れ物と電子機器だけプロの梱包に任せたあの日、食器は100歩譲っても、これだけは、きっちりと梱包して欲しい、とお願いしたものがあった。それはNBA選手のフィギュア、バブルヘッド。 これは決してお安くはない試合のチケットを買い、試合の数時間前に会場入りし、並んで、限定数だけ配られるもの [続きを読む]
  • まだいける?いけへん?
  • t若いころは洋食の派手な料理が食べるのも作るのも好きであった。 やっぱ歳だからなのか、最近はもっとこう素朴な豆料理がそれこそ食べるのも作るのも好きになっている。 ただ、子供は大歓迎かというと、まぁしゃあなしに食べたるわ、的ポジションなのだが、唯一、ベーコンと白菜を入れた、中華風の豆乳スープは、豆とは思わへんかったやろ戦法により、喜んで食べてくれている。 先日も、豆乳スープのオーダーがムスコから入り、 [続きを読む]
  • 手に入る喜びを
  • ニッポン人のソウルフードと言えば、お味噌汁、おにぎりといったところだろうか。 では、海外のちょっと辺鄙な場所に住む奥さんたちが、あぁぁ、簡単に手に入れてぇ〜と思うソウルカットがあるのをご存知でしょうか。 なんや、ソウルカットって と思われるでしょう。今日はそんなお噺をひとつ。 ネバダのリノに住むと決まった時、旦那に真っ先に尋ねたのが、日本食スーパーの有無であった。無いとわかったその時、10年以上前に住 [続きを読む]