Culara さん プロフィール

  •  
Cularaさん: Culara's Blog
ハンドル名Culara さん
ブログタイトルCulara's Blog
ブログURLhttps://cularablog.exblog.jp/
サイト紹介文ガーデニング、古楽、オルガン、ガンバ、洋裁、子育て、信仰、教会学校…楽しく感謝の日々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/07/29 22:47

Culara さんのブログ記事

  • ヘブンリーブルーの美しい青
  • 暑い盛りには咲かず、涼しくなると咲き出すヘブンリーブルー。こんなに美しい青はないなあ。どこからか種が飛んできて、咲いた松葉ボタンのピンクも元気が出る素敵な色。今日は、神さまがつくられたもの、被造物に思いをめぐらし、感謝する日でした。これらは、品種改良によって生まれたものだろうけれど、それでもこうやって生き生きと咲く姿に、やはり神さまを感じるのです。神父さまが天地創造のところを子どもたちに教えてくだ [続きを読む]
  • 秋の空
  • 今日の空はすっかり秋の空です。今年の暑さで柏葉アジサイ10数年ものが枯れてしまいました。地植えは大丈夫だろうと鉢ものだけに水をやるだけで精一杯だったのですが、とても残念です。でも、水切れするかなあ…コーネリアが少し咲いてます。それから、こぼれ種で出てくれたイタリアンパセリは3株ほどで便利に使ってます。松葉牡丹も、どこから種がきたのか元気に咲いてます。ほんのすこしだけ草とりしましたが、膨大なので無理 [続きを読む]
  • 靴下の穴ふさぎにマーブリングの実験
  • キャンプが終わってから、いつもは張り切っていろいろするのですが、今年は熱中症になってから、すっかり体力も落ちて、夏バテが続いたまま休みが終わってしまいました。でも、今日は涼しくて週末もあって、それから子どもたちと3人で近所のカレー屋さんで食事を済ませた余裕から、久しぶりに手仕事。といってもまた靴下の穴ふさぎ。それから夕べ仕事のための事前の準備でマーブリング。ものづくりは楽しいです。 [続きを読む]
  • 酷暑のサマーキャンプ
  • これまた、記録用に遅くなりましたが。教会学校の合同サマーキャンプが無事に終わりました。虫取りがしたくて、外に出るといなくなってしまう子。やりたくないことには、ストレートにグサッとくるようなことを言ってくる子などなど、あらら…どうしましょという勢いのあるお子たちもいれば、なかなか打ち解けないでいる子。いろいろなお子さんがいる中、リーダーの皆さんが一人一人に丁寧に対応してくださって、だんだん遊びやおし [続きを読む]
  • 子どもの祈りの集い米沢、二本松殉教地巡礼
  • ブログの更新まで手が回らず気づいたらもう8月も末近く。FBにあげた記事をコピペですが記録用にアップします。昨日は、子どもの祈りの集い「米沢・二本松殉教地巡礼」でした。小学生以下11人、中高生4人、青年数名、神父様3人、シスターは数名、60人乗りのバスがほぼいっぱいになる巡礼団でした。キリシタン迫害の歴史、東北の殉教者について車中で詳しく教えてもらい、米沢の殉教地北山原、カトリック米沢教会、旧糠山のキ [続きを読む]
  • やっとカーテンを取り替えた
  • 家を建てた時シェードが素敵だと思い選びました。でも、すぐに調子が悪くなるし、洗えないし、震災の時は逃げるのに大変だと分かりました。レースのシェードが徐々に裂け、ここ数か月ボロボロなまま道行く人に御披露目していて、気が気でなかったのです。すべて変えるのはお金がかかることなので、とりあえず突っ張り棒にIKEAで買った安いカーテンをつけて、丈を直しました。これで少しホッとしました。費用は2500円くらい。さて、 [続きを読む]
  • 咲き始めました
  • グレコマは植えてはいけないと言われるけれど、斑入りの葉がきれいだし、草止めとして効果的。ピンクの小花は、名前が思い出せないのだけれど、これも凄まじく増えます。今はお花畑のようなのでこのまま。夏に引っこ抜きます。実家から挿し木でもらった小手毬は見事に咲いています。黄色の花は全てこぼれ種で増え続けたユーフォルビア。この隙間は本来竜のひげが入っていたところ。外来種恐るべし。ホスタ寒河江は圧巻。これのお陰 [続きを読む]
  • 靴下の穴ふさぎ「亀さんとお花」
  • 途中までふさいでいた靴下。こんな感じで終わり。もう、穴の開いている靴下はないのだなあ。息子に見て!と声をかけたら淡々とよかったね。とだけ。何がいたか見た?と聞くとハリネズミかな。亀さんだよ〜 あ、でも次回はハリネズミもいいですね。布地もたくさんストックがあるけど、趣味が変わってきて見ても縫う気持ちになれないのが残念。でも新しい生地を買うのには罪悪感があって。今日は主の昇天を記念したミサ。イエスと共 [続きを読む]
  • オルガン講座始りました
  • 2日続けてお通夜があり、特に友人のことは一緒でたまに会っていた筋トレに行った時にまた悲しくなってしまい、今週は何だか疲れてしまいました。でも今年も学院大のオルガン講座をギり受講できることになり、木曜日に開講式に行ってきました。今年のレクチャーはオルガン探訪と称して、ケルンのオルガンの中に入って風を送る様子や40年前の宮城県沖地震と東日本大震災の被害状況と修理の話を聞きました。コンソールの中が広いた [続きを読む]
  • 会いたくて出したメール
  • 今日、友人の訃報の連絡がありましたあまりに急で頭の整理がつかず、涙もでなかったくらいでした。同級生でもありママ友でもあって、時々お茶したりもしていてほんの数ヵ月前、筋トレで会ってまた会おうと話していたし、4日にメールをして会いたいと伝えたばかりだったのだから。返事が来ないのは忙しいからだと思っていたのですが、メールをした翌日に亡くなったとのことでした。お通夜が今夜で、彼女が7年も闘病していたことを初 [続きを読む]
  • 愛についてのお話
  • 昨日は、うちの教会の信徒さんのお通夜でした。教会の先輩方が一人また一人といなくなることは寂しく、小さな教会がこれからも共同体として続いていけるのか、不安になります。でも、別れあれば出会いもあって、今できることを祈りをもって精一杯やっていくことが大事なのかなと感じてます。永遠の安らぎを得て主のそばで憩うことができますようお祈りしました。互いに愛し合いなさい。昨日の福音、神父様は様々な愛について例を出 [続きを読む]
  • がまさんたち
  • 前半の休みで家の裏の草取りをして、防草シートを敷きました。草取りをしていると、がまさんたちに会いました。主の大きい方と、ちびちゃん2匹。昨年中くらいのも見たので4匹はいるようです。シートの効果はいかほどか、あまり期待はしてませんが今までよりはいいのかな。 [続きを読む]
  • 靴下の穴ふさぎ
  • 連休前の何となく楽しい夜。録画してた3月のライオンの実写版映画を見て、靴下の穴ふさぎをチクチクと。出来上りがあれまあ、と不出来だけど楽しい時間でした。鳥さんが💦明日は、夫とぴいちゃんに会いに。娘は仕事。息子は合宿。ばらばらだけど、一緒にいるだけでいいかなと。 [続きを読む]
  • 水耕栽培か
  • 実家の庭にこんなものが。タラの芽の水耕栽培かな。留守だったから聞けなかったけど、すごいインパクト。ここもよく見ると面白い。シーサーに囲まれているのは、確か母が通信で保育士免許を取った時の課題だったような。ほとんど父が作ったような。この辺にマリアさまがいたはずなんだけど移動したのかな。今日は教会に用事があって、そのあとお掃除をしてしまおうと結構な時間かかって掃除機かけたのですが、終わってからよく考え [続きを読む]
  • 妖しく咲く水仙
  • 種屋さんから買った水仙が妖しく咲いてました。八重というよりなんだろこれ?と言うほど主張のある花。がぶっとかまれそうな。作業しているうちにちょっとの風で倒れてしまいました。そういえば昨年も咲いてすぐに折れてたような。人が改良したために頭が重すぎて咲いていられないなんて可哀相だなあ。クリスマスローズは、地味なお花をひっくり返したら何と素敵な八重咲き。びっくりです。八木山の奥の方ではカタクリが満開です。 [続きを読む]
  • そこだけが光って
  • 仕事も一段落ついて、次に進む前になるべく体を休ませてと思ってます。今年度は、ストレスか多かったというより、ストレスに感じてしまう傾向に自分がなっていたように思います。上手に回避していかないと。休みの朝はなかなか動けないのたけれど、家族の送迎をして出ざるを得ないと、そのままエンジンがかかり庭へ行くということが増えてきました。宿根草の枯葉取りや、剪定できなかったバラを急いで切ったり。堆肥をあげたり。今 [続きを読む]
  • 追悼ミサ
  • 東日本大震災から7年目が経ちました。ここ3年は、職場で2時46分を迎えていました。今年は日曜日だったので、カテドラルで追悼と復興記念ミサに久しぶりに参加できました。鐘の音を聞きながら黙祷していると、後ろに座っていた方がすすり泣いていました。悲しみを抱えて生きている方がそばにいること、忘れないようにしたいです。幸田元司教さまの福島についてのメッセージも心に残りました。お祈りすら減ってきている自分を再確認 [続きを読む]
  • 驚く
  • 今日、娘は初めて一人で東京に出かけて行きました。東京に行くのだって数年ぶり。考えたら二十歳越えてるのだから、騒ぐことではないのだけど。でも、春の嵐で遅延していて、予定通りいかない日に、不安がりもせず、ワクワクして出かけて、上野でシャンシャンに会うために並び、爺の個展を観て、東京ドームの下見をしてきました。すごい成長。帰りも遅延で臨機応変に対応できてた。びっくりです。明日は、母と息子と私で上野に行き [続きを読む]
  • 喜んで来てくれるなら
  • 土曜学校は、月に1回を目標に何とか続けています。誰が来るのかわからず悩んだ時期は、取りあえずぬけたようです。それどころか、次第に参加者も増え、通ってくれる子どもたちが出てきました。嬉しいな。1月は福笑い、2月はプラバンでマリアさまのプレートを作りました。様子は以下のリンクから見られます。https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1518321594932292&id=904933782937746 [続きを読む]
  • 桜餅
  • 娘は、老舗の和菓子屋の喫茶で働いています。おかげさまで人間関係も良く、仕事の内容も日々こなしているようで、昨年バイトからステップアップしてもらいました。その前に正規で採用されたお店は、ここで書くとわたしの怒りや悲しみが溢れてしまうので書きませんが、飲食店業界におかれた人達の大変さは相当だということはよくわかりました。正規非正規雇用については、わたし自身が正規職員を辞め、今非正規で働いているので格差 [続きを読む]
  • また満開のデンドロビューム
  • 夏に見たこともない咲きっぷりだったデンドロビュームがまたさらにすごい咲き方をしてます。これは、何度も書いてますがわたしが小学生の中学年だった頃に栽培係をして、年度末に先生から一芽いただいて、それを母が30年以上育ててくれたもの。そしてここ数年わたしのもとにきてます。枯れたら大変と思って、3株に増やしましたがどれも大きくなってきて花つきがよくなりましたが、元のこの鉢が見事です。一枝にこんなに咲くとは知 [続きを読む]
  • 足の生えた楽器さん
  • 小さくて可愛くて大好きだったアールボーンさん、さようなら。新しいおうちでも喜んで迎えてくれるそうよ。そしていらっしゃいませ、新しい足の生えた楽器さん。もう、足鍵盤の練習不足の言い訳はできないね。いやいや、5年くらい迷ったけど、夫ばかりどんどんお金を使うのにも頭にきてたし、教会に通うのも体力的にも時間的にもしんどくなり、えい!と思い切りました。娘が元気に働き、息子が塾にも行かず、歩いて通ってくれるお [続きを読む]
  • パフビューティとの格闘
  • コーネリアの剪定は昨日しました。今日は新しいシュートを止めるだけ。そしてパフビューティの剪定。暴れん坊で、枝が細く分岐が多い上に鋭いトゲでここ数年枝の整理もできませんでした。今日も、伸びたところを切るくらいのつもりが、やっているうちにスイッチが!そういえば花数が減っていて、枝が混み合っているせいかもと思ったら、今年のことは考えず、ちょっと元気のない古い枝はバシバシ切りました。久しぶりに隙間のあるア [続きを読む]
  • ご聖櫃
  • 以下は以前にFBに書いたもので、すでに祝別式も終えている新しい聖櫃についての話です。今日はいくつかクリスマスの用事を済ませて、明日のオルガンの準備で聖堂に入ったところ、疲れが吹っ飛ぶ癒しが!移動して新しくなった聖櫃が完成してわたしを迎えてくれたのです。まあ、わたしのために待っていてくださったわけではないけど。今までの聖櫃に目をやり「今日も空っぽだなあ。まだ工事が終わらないのね」と思い、目を移すと何と [続きを読む]
  • 主のご降誕と新年あめでとうございます
  • お顔がわからないように加工したので,ちょっとですが,いくつか写真を。神父様はいいでしょう…クリスマスは怒涛のように過ぎ去り,気が抜けた状態で早くも新年です。今年の聖劇は,初めから参加者が次々とわかり,当日の心配をすることなく準備をすることができました。何人かが休んでも大丈夫なぐらいのにんずうでしたので。お手伝いもここ数年定着しつつあり,だいぶわたしの負担が減ってきて感謝とともに,やはりみんなですべ [続きを読む]