風三郎 さん プロフィール

  •  
風三郎さん: 風三郎日舞を習う/リハビリ日記
ハンドル名風三郎 さん
ブログタイトル風三郎日舞を習う/リハビリ日記
ブログURLhttp://kazesaburou.at.webry.info/
サイト紹介文倒れる前は日本舞踊、現在は脳出血とリハビリ、宇宙と素粒子、旅の思い出が、主題です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/07/30 11:55

風三郎 さんのブログ記事

  • M40)神代植物園
  •  デイサービス・まごころクラブから神代植物園に出かけた。新小金井街道から東八道路に出て、武蔵境道へ曲がるとすぐそば。道も広く、すいていて気持ちの良いドライブ。植物園に着くと、トラベルメイトの方が出迎えて下さった。トラベルメイトとは、クラブツーリズム独特のシステムで、一緒に旅を楽しむボランティア会員。早速車椅子を押していただく。緑の中も気持ちが良いが、暑いので、新しく出来た温室に入る。この温室の一部 [続きを読む]
  • 百合が咲いた
  •  「レッド・カサブランカ(百合)が咲いたよ」と言うとパートナーに、車椅子をだしてもらい、カメラを持って 庭に出た。去年パートナーが植えて、大輪の花を楽しんだ球根から、今年は少し小さめの花が咲いた。植えぱなしの球根から、花が咲くのは嬉しい。百合の後ろでは、紅色が褪せたアジサイが、緑を帯び始めた。この緑は秋には紅葉する。 [続きを読む]
  • ミニ・コンサート
  •  デイサービス・まごころクラブに、近所のボランティアグループが訪問、ピアノ三重奏によるアフタヌーンコンサートを開いてくれた。1時間ほどのクラシック音楽会なのだが、デイサービスの老人向きに、親しみ易い曲が選ばれており、音楽会で居眠りをしてしまう僕でも、久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来た。 [続きを読む]
  • 幸せな1日
  • >  昨日6月22日は満81歳の誕生日。日本人男子の平均寿命を突破した事になる。身体は右半身不随で車椅子だが、幸いにして食欲はまだある。この3週間ばかりは腰が痛くて、立ち上がるのも動くのも大変だったが、ロキソニンテープを張っているおかげでの、いまは何とか動けるようになった。その腰痛で通った整形外科の待合室の本で、美味しそうなイタリアンレストランを見つけた。その名は「ガーデンアンドクラフト」(立川市錦 [続きを読む]
  • 81才の誕生日
  •  今月の22日で、満81歳の誕生日をむかえる。日本人男子の平均寿命は80.92歳。女子は8714歳だから、まずは目出度いと言うべきか、それとも、2011年6月24日に脳出血で倒れた「不自由な身体で」、よくも長く生きたものだと呆れるか。介護保険に負担をかけていることは間違いない。若者達のためには、こういう老人は早くオサラバした方が良いのだが、現代の医学はなかなか死なせてくれない。少し複雑な心境。困ったものだ。 [続きを読む]
  • 楽しい夢
  •  脊椎の痛みが出て以来、立ち上がるのも、歩くのも一苦労。「無重力の所に行ったら良いだろうな」と、日頃思っているせいか、このところ楽しい夢を見る。 [続きを読む]
  • 不味い健康食
  •  僕の健康を心配して、ヘルパーさんが、カロリーも塩分も半分と言うキュ−ピー・マヨネーズとカゴメ・ケチャップを買ってきた。食べてみるとどちらも不味い。マヨネーズは旧来品に比べて、味が薄くコクが無い。ケチャップは水っぽくてやはりコクが無い。健康志向の長女に話をしたら、それを持ち帰り、代わりに従来品を買ってきてくれた。調味料は慣れた味が良い。 [続きを読む]
  • 腰痛・その後
  •  6月2日、次のようなメモを持って、花小金井の桜整形外科に行ってきた。この病院は、デイケアの仲間から教えてもらったが、彼の言うとおりなかなか綺麗な病院で、待合室も気持ちよく、レントゲンの設備も整っている。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――-(持参したメモ)2011年6月 脳出血で倒れ、昭和病院に運び込まれる。右半身不随。寝たきり。2011年8月 ベッドの上に起き上 [続きを読む]
  • 香港からのお客さん
  •  昨晩は賑やかな夕食になった。香港からラムちゃんが来るというので、長女と次女、それに孫娘と孫息子が集まってきた。それに圧迫骨折で久しく来なかったパートナーも顔をそろえた。 ラムちゃんと言うのは、僕と亡妻が30年近く前に知り合った、香港のバスガイド。飲茶に誘ったのが始まりで、それ以来我が家に泊まった事もあって、子供たちとも仲良くなった。いまでは僕との交流は無くなったが、娘達とはフェイスブックで交流が続 [続きを読む]
  • 「脱脂粉乳」の思い出
  •  コーヒーに入れる牛乳が無くなったので、孫娘に買いに行かせたら、いつもヘルパーさんに買ってきてもらう、コープの安い牛乳ではなく、明治の「美味しい低脂肪乳」を買ってきた。彼女なりに気を利かせたのだろう。しかしこの牛乳の脂肪は、コープ牛乳のほぼ3分の1に減らしてある。今朝飲んでみると、物足りない。コーヒーに入れるには脂肪が充分あるほうが良い。低脂肪乳は昔学校給食で飲まされた「脱脂粉乳」の味を思う出した。 [続きを読む]
  • M39) 東大和市郷土博物館
  •  デイサービス・まごころクラブ恒例の外出は、東大和市の郷土j博物館。10年程前に自転車散歩で前を通りかかり、入ってみようと思ったが、休日で見られなかったところ。まごころクラブの外出先として、僕が希望を出したら、実現した。 10年前の博物館は、森の中にポツンと建っていたが、現在は住宅地の中、田舎道は綺麗に舗装されて、様変わり。このあたりのまで市街化の波は押し寄せている。 郷土館の展示はこのあたりの民具 [続きを読む]
  • 味覚と食欲
  •  デイ・ケアで、90才台の先輩から、「味覚がなくなって、何を食べてもj美味しくなくなったが、健康のために頑張って食べている.」 という話を聞いた。また、デイサービスでも、もうじき百歳だとい先輩は、食べ物が苦く感じられるといって、昼食を半分も食べなかった。二人とも頭はまだしっかりしているし、歩行も僕よりしっかりしているのに、味覚の衰えは進んでいるらしい。 [続きを読む]
  • 庭の草花
  •  今年の、庭の草花の開花は、昨年に比べて、1−2週間早い。以下の草花については、去年もこのブログに書いているが、その日付けがそれを語っている。 [続きを読む]
  • デイサービスの外出先(新東京百景から探す)
  •  まごころクラブから、今度は何処へ連れて行って貰おうかと、地図と新東京名所百景のリストを眺めてみた。クラブのある小平市から、半日のドライブで往復できる範囲は、隣接する8市、(小金井市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、国分寺市、立川市、)とさらに、それに外接する、多摩川以北の10市(府中市、調布市、三鷹市、武蔵野市、練馬区、清瀬市、埼玉県の新座市と所沢市、福生市、昭島市)くらいだ [続きを読む]
  • シャガの花
  •  パートナーが庭に出て、シャガの花を切ってきて、花瓶に挿してくれた。この花は一日で萎む一日花なので、切花には向かない。しかし次から次へと新しい花が咲くので、古い花を毎日取り除けれは、それなりに楽しめる。でも、やはり野に置けレンゲ草。野草は庭の草むらにあってこそ美しい。 [続きを読む]
  • 春が一度に来た
  •  寝室の東窓を開けたら、花蘇芳(ズオウ)が棕櫚の下で咲いていた。この棕櫚はひとりばえなのだが、いつのまにか大きくなりすぎた。僕が倒れた時には、まだ膝くらいまでしなかった。今では花ズオウを追い越して邪魔になってきた。 [続きを読む]
  • M37)西東京・憩いの森公園
  •  デイサービス・まごころクラブから西東京(田無)にある、憩いの森公園に連れて行ってもらった。この公園には、20種類程の桜が植えられ、1月から4月までと花が楽しめるという。我々が出かけた時には、河津桜やソメイヨシノはもう終っていたが、枝垂桜や八重桜が満開。新緑も加わって素晴らしい景観を呈していた。(写真) 公園内の通路は、何だか柔らかな材質で舗装されていて、車椅子の移動にも心地よい。ほんの少しだが、車椅 [続きを読む]
  • 異常気候?
  •  今年の春は、急にやってきたかと思ったら、もう桜も散った。いつもの年なら梅雨時に咲くシャガが咲いた。この数日、季節外れの暖かさだったので、シャガもあわてたのだろう。 [続きを読む]
  • 庭に出た
  •  天気が良いので、パートナーに車椅子を出してもらい、庭に出た。3枚の写真は車椅子からのショット。動き回れないので、望遠レンズを使っての撮影。角度の選択が出来ないので、写真としては不満だが、庭の春の雰囲気だけは味わえた。 [続きを読む]
  • 花小金井の花見
  •  病院の帰り道、パートナーに車椅子を押して貰い、花小金井駅前のグリーンロードを散歩。今日は絶好のお花見日和。写真は上が琉球桜の赤とコブシの白の競演。車椅子から上を見上げて撮った。下は桜のとんねる。 [続きを読む]
  • 春が来た
  •  木曜日の朝、洗面所の窓から眺めると、白蓮が開いていた。(写真1)「今年は寒い」と思って、家の中に閉じこもっていたがいたら、いつのまにか春が来ていて、梅はもう散ってしまった。そのかわり、梅と桜のあいまに咲く白蓮が、僕に春の訪れを告げてくれた。 [続きを読む]
  • 平櫛田中館と車椅子
  •  まごころクラブの月例の外出は、2月は小金井公園の梅祭りとロウバイだったが、3月は平櫛田中館へでかけた。ここは2016年9月26日のブログで書いたように、僕のお気に入りの場所だが、倒れてからもう6年以上も訪れていない。久しぶりの田中館は、何も変わってないように見えるが、庭に並べてあった彫刻材料の木材がかたつけられ、よく手入れされた庭には、紅梅や白梅が日本画のように咲き競っていた。ここには何度も訪れているが [続きを読む]