ウスラバ さん プロフィール

  •  
ウスラバさん: 特撮大百科DREAMS
ハンドル名ウスラバ さん
ブログタイトル特撮大百科DREAMS
ブログURLhttp://mt428.blog48.fc2.com/
サイト紹介文東宝・大映・円谷・松竹・その他諸々問わず特撮大百科シリーズのレビューをメインとしたブログです。
自由文他にも特撮大百科を製造・販売している「株式会社キャスト」関連のイベント等の御紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/07/31 17:47

ウスラバ さんのブログ記事

  • ブラックドーム
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。恐怖の円盤生物キーホルダー!からTV番組「ウルトラマンレオ 第41話悪魔の惑星から円盤生物が来た!」より『ブラックドーム』です。劇中、ブラック司令によって地球へと呼び寄せられた、先のシルバーブルーメに続く円盤生物として登場。しかし光に反応する性質を持つが故に、ブラック司令を無視してUFOマニアの少年の持つ鏡の反射光の方へと引き寄せられる。そしてそのまま辿り着いた街にて円盤態 [続きを読む]
  • 溶解した戦車
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科販促キャンペーンオーナメントフィギュアから映画「地球防衛軍」より『溶解した戦車』です。劇中、母星を失い長い宇宙の放浪の果てに、地球へと来訪した怪遊星人ミステリアン。彼らは富士山麓に大型のドーム状要塞を建設すると、そこから半径3?の土地の譲渡と地球人女性との結婚の自由を要求する。しかし無断で地球に侵入してきた事と、直前にロボット怪獣モゲラを [続きを読む]
  • 地球の守護神ガメラ1996 高機動飛行形態
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科DELUXEから映画「ガメラ2 レギオン襲来」より『地球の守護神ガメラ1996 高機動飛行形態』です。劇中、ガメラに勝利するも仙台での草体による種子発射に失敗した巨大レギオンは、次の繁殖地と定めた東京を目指し進撃を開始。 これを食い止めるべく自衛隊も総力を挙げて挑むが、全く歯が立たず次々と東京への防衛ラインを破られていく。しかし仙台にて死んだと思われたガメラ [続きを読む]
  • 宇宙超怪獣キングギドラ1972
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」より『宇宙超怪獣キングギドラ1972』です。劇中、【世界子供ランド】を隠れ蓑に地球侵略を虎視眈々と進めるM宇宙ハンター星雲人。その総仕上げとして、母星より呼び寄せられたサイボーグ怪獣ガイガン。そして宇宙超怪獣キングギドラの二大宇宙怪獣は、M宇宙ハンター星雲人の拠点であるゴジラタワーから発する電波に [続きを読む]
  • ゴジラ対陸上自衛隊 札幌市街戦【イベント限定再販】
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「ゴジラVSキングギドラ」より『ゴジラVS陸上自衛隊 札幌市街戦【イベント限定再販】』です。劇中、23世紀からやって来た未来人の手引きによって一度は歴史から消滅させられるも、思わぬ形で更に強大さを増して復活を遂げたゴジラ。そして網走原野にて未来人の手先であるキングギドラと過激派の未来人を倒すも、まるで自身の運命を弄んだ人類 [続きを読む]
  • マルメス、不忠者め!
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「三大怪獣地球最大の決戦」より『マルメス、不忠者め!』です。劇中、南アジアに位置するセルジナ公国の政府反対派に所属する暗殺団のボスであるマルメス。かつてはセルジナ国王に仕えるが、後に裏切り短剣で刺殺。更に正当後継者であるサルノ王女の暗殺指令が下り、日本に亡命中の王女も特別機諸共に爆殺する。しかし日本に金星人を名乗るサ [続きを読む]
  • 大魔艦の宇宙獣人
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科EXシリーズから映画「惑星大戦争」より『大魔艦の宇宙獣人』です。劇中、太陽系から2万2千光年の彼方に存在する球状星団メシエ13の恒星ヨミ。そこを拠点とする、恒星ヨミ第3惑星人は司令官ヘルの指揮の下、地球侵略を目的に巨大宇宙戦艦・大魔艦を駆使し、太陽系に進出する。その中に体長3メートルを超える巨体の獣の様な風体をした怪物も、司令官ヘルの従順なボディー [続きを読む]
  • 大悪獣ギロン断末魔
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科ver.3 懐かしの大怪獣特撮映画編から映画「ガメラ対大悪獣ギロン」より『大悪獣ギロン断末魔』です。劇中、狡猾な第十惑星人に連れ去られた明夫とトムを救うべく、惑星テラに降り立ったガメラに深手を負わせ退けたギロン。しかし自らも地下にて戦闘の傷を癒していた所を、脱出を試みた少年達によって解放され、そのまま暴走。主である第十惑星人にも襲い掛かり、所 [続きを読む]
  • 暴龍アンギラス1968 ノックアウトver.
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「怪獣総進撃」より『暴龍アンギラス1968 ノックアウトver.』です。劇中、キラアク星人が地下基地を構える富士山麓に集結した小笠原怪獣ランドの10大地球怪獣連合軍。その強者揃いの怪獣達の中にはアンギラスも含まれ、猛る闘志を顕わに侵略者討伐に臨む。しかしその連合軍の前にキラアク星人が呼び寄せた強敵・キングギドラが立ち塞がる。宇宙超怪獣の [続きを読む]
  • 宇宙超怪獣キングギドラ1968
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「怪獣総進撃」より『宇宙超怪獣キングギドラ1968』です。劇中、怨敵・キラアク星人の地下基地に討ち入りを仕掛けるべく富士山麓に集結したゴジラを始めとする10体の地球怪獣連合軍。この事態にキラアク星人は宇宙最強と呼ばれるキングギドラを召喚。絶対的な自信を持って地球怪獣達に立ち向かわせる。その自信通りに初めの内は高い戦闘力による猛攻で1 [続きを読む]
  • 快獣ブースカカレンダー2018
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。『快獣ブースカカレンダー2018』です。前回の『オール大怪獣バランカレンダー2018』とほぼ同時期リリースとなった、株式会社キャスト特製2018年版卓上カレンダー第2弾。 関連商品では昨年の『クレクレタコラカレンダー2017』が印象に残っておりますが、その流れを汲むであろう今年の題材に選ばれたのが、円谷プロダクションが3番目に制作した1966年のテレビ作品である『快獣ブースカ』少年発明家 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 皆様、2018年明けましておめでとうございます。このブログも今年で8年目に突入。思えば三日坊主が指差して笑う程の、極度に飽き性な私がここまで更新を続けてこれましたのも、全ては何時までも尽きる事の無い、特撮愛を洗練極めた技術力と発想力で体現し続ける、特撮大百科の奥深い充実さ。何よりいつも当ブログにお越しくださります、閲覧者の皆様の存在があってこそと、新たな年を迎え多大な感謝と共に、より一層真摯に痛感して [続きを読む]
  • オール大怪獣バランカレンダー2018
  • 本年度最後の更新となります今回御紹介いたしますのはこちら。『オール大怪獣バランカレンダー2018』です。今年もご多分に漏れず、期待通りのリリースとなりました、株式会社キャストの年末風物詩商品こと特製メモリアル卓上カレンダー。その年に大きな節目の年を迎える怪獣を主体とし、怪獣好きの日常空間に1年365日を通して彩りを添える、実用的趣向で毎年高い人気を博し続けています。そしてキャストが選ぶ来年2018年の顔として [続きを読む]
  • ロボット怪獣モゲラ大進撃
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「地球防衛軍」より『ロボット怪獣モゲラ大進撃』です。劇中、大規模な土砂崩れによって壊滅した富士山麓のとある集落。いろいろと不可解な点も多く、自衛隊や関係者らによる実地調査が始まるも、その最中に山肌が崩落しそこから巨大なロボット怪獣が出現。その場に居合わせた誰もが、あまりに信じ難い光景に度肝を抜くも、奇怪な電子音を上 [続きを読む]
  • モゲラ60thボールペン
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。映画「地球防衛軍」「ゴジラVSスペースゴジラ」より『モゲラ60thボールペン』です。1957年公開の映画「地球防衛軍」に併せて建造60周年を迎えた、国内特撮最初の巨大ロボットでもあるロボット怪獣モゲラ。後に「ゴジラVSスペースゴジラ」では設定・外観共にリデザインされたMOGERAとして再びスクリーンに登場し、多くの観客を喜び沸かせました。そして2017年は東宝特撮どころか日本の空想メカニッ [続きを読む]
  • ゴジラVSデストロイアコンプリーション
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。株式会社ホビージャパン.刊『ゴジラVSデストロイアコンプリーション』です。今回で3作目となる、今やゴジラマニアにとって年の瀬恒例の一冊となった、株式会社ホビージャパンが送るこのコンプリーションを冠する特撮ムック。毎回一つのテーマをまさにあらゆる情報筋や界隈から限界まで収集したであろう、圧倒的情報量で本邦初公開な情報まで交え、とことんまで掘り下げた業界屈指の濃密な内容。そ [続きを読む]
  • 房総半島沖海底で回収されたゴジラ骨格
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラ×メカゴジラ」より『房総半島沖海底で回収されたゴジラ骨格』です。劇中、1954年のゴジラ襲来以降、数多の巨大生物の出現による被害に悩まされる様になった日本。これに対し日本政府も対特殊生物を専門とする「特生自衛隊」を組織し、巨大生物を相手に大きな成果を残すと同時に、1999年に房総半島沖である極秘の任務も遂行される。その後、 [続きを読む]
  • 小笠原怪獣ランド
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「怪獣総進撃」より『小笠原怪獣ランド』です。劇中、20世紀末に国連科学委員会が小笠原諸島の無人島に建設。世界中の怪獣達を集め、地下深くに設けられたコントロールセンターによる制御を主体にした、研究・飼育・管理を目的としており、島内にはゴジラ・モスラ・ラドン・アンギラス・ミニラ・ゴロザウルス・バラン・バラゴン・マンダ・クモンガが確認される [続きを読む]
  • サンダ対ガイラ 晴海埠頭の決斗
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」より『サンダ対ガイラ 晴海埠頭の決斗』です。劇中、人間を喰らう危険な害獣として自衛隊によって葬られそうになるガイラ。そんなガイラを、同じ細胞から誕生した人類と友好的な兄貴分・サンダが間一髪で救い、共に山中へと身を隠す。だがガイラの本性を知ったサンダは、怒りに任せて攻撃を加 [続きを読む]
  • 魔海獣ダガーラ完全体 噴灼毒撃波発射ver.
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「モスラ2 海底の大決戦」より『魔海獣ダガーラ完全体 噴灼毒撃波発射ver.』です。劇中、遥か古代に海洋汚染の清浄化を目的にニライカナイ文明によって作られるも、逆にその能力で絶望的な汚染を引き起こし、ニライカナイを滅亡に追いやった魔海獣ダガーラ。その後大地震でニライカナイ遺跡諸共に海底深く沈み長い眠りに付くも、現代の海洋汚染をき [続きを読む]
  • 地底怪獣バラゴン白根ヒュッテ襲撃【強化復刻版】
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」より『地底怪獣バラゴン白根ヒュッテ襲撃【強化復刻版】』です。劇中、幾つものヒュッテやバンガローが立ち並ぶ日光白根山。そんなとある夜、数多くの若者達がこの地に集い、軽快な音楽に乗って歌い踊り熱気に満ちた盛り上がりをみせる中、地震の様な揺れが発生する。突然の事に戸惑う者が続出する次の瞬 [続きを読む]
  • GODZILLA怪獣惑星
  • いよいよ冬の本格的な始まりを見せ始めた11月半ば。寒さが大の苦手な私にとって実に憂鬱な季節の到来でもあります。何より今シーズン一番の急激な冷え込みに、今朝は震えながら目覚めた方も多いのではないでしょうか?しかし今朝の私は別の意味で奮えながら、寒さよりもむしろ熱さを意識して目覚める事となった本日。そう、今日11月17日は昨年の「シン・ゴジラ」公開直後の製作発表と同時にファンの間で衝撃が走った、話題騒然のゴ [続きを読む]
  • 暴龍アンギラス1968
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「怪獣総進撃」より『暴龍アンギラス1968』です。劇中、20世紀末の小笠原諸島に作られた【怪獣ランド】にて飼育されている怪獣の内の1頭として登場。当初は他の怪獣達と共存し島内にて平和に暮らしていたものの、地球侵略を企むキラアク星人によって島のコントロールが奪われた事で事態は急変。怪獣ランドから駆り出されキラアク星人の支配下に置か [続きを読む]
  • 吸血ダイモン 胸像
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。徳間書店ハイパーホビー誌上限定品から映画「妖怪大戦争(68)」より『吸血ダイモン 胸像』です。劇中、1751年に古代バビロニアのウル遺跡に侵入した墓荒らしによって4000年ぶりに復活を果たした、恐るべき吸血妖怪ダイモン。その後ダイモンは獲物を求めて江戸時代の伊豆へと上陸。同地を治める代官・磯辺兵庫の命を奪いその身体に憑依すると、立場を悪用して暴虐の限りを尽くす。この横暴に怒りを覚 [続きを読む]
  • 玉泉洞秘密基地のメカゴジラ
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラ対メカゴジラ」より『玉泉洞秘密基地のメカゴジラ』です。劇中、富士山の爆発と共に現れ突如人類や仲間のアンギラスに牙を剥き始めたゴジラ。しかしもう一体のゴジラの登場で、その正体はブラックホール第三惑星人が地球征服の為に差し向けたメカゴジラであった事が判明する。やがて両者は激しい戦いを繰り広げ、ゴジラに深手を負わす事に成 [続きを読む]