ウスラバ さん プロフィール

  •  
ウスラバさん: 特撮大百科DREAMS
ハンドル名ウスラバ さん
ブログタイトル特撮大百科DREAMS
ブログURLhttp://mt428.blog48.fc2.com/
サイト紹介文東宝・大映・円谷・松竹・その他諸々問わず特撮大百科シリーズのレビューをメインとしたブログです。
自由文他にも特撮大百科を製造・販売している「株式会社キャスト」関連のイベント等の御紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/07/31 17:47

ウスラバ さんのブログ記事

  • ブログ休止のお知らせ
  • 唐突ですがタイトル通り、当面この【特撮大百科DREAMS】の更新を休止します。理由は一つ。長年信頼していた株式会社キャストへの不信感と失望が積もりに積もり、最早拭いきれぬ所まできたからです。敢えて多くは語りませし、今のキャストのイベント中心の経営スタイルやハンドメイド仕様を否定する気は更々ありませんが、正直心身共に疲れ果てました。もしお前が悪いと言う人がいるなら、否定はしません。結局貴方達の言うキャスト [続きを読む]
  • ビースト・ザ・ワン ベルゼブア・コローネ
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。特撮大百科シリーズから映画「URTRAMAN」より『ビースト・ザ・ワン ベルゼブア・コローネ』です。劇中、宇宙の彼方より青い発光体となって地球に飛来した未知の知的生命体。しかしその本性は邪悪で残忍極まりなく、海上自衛官の有働貴文の身体と精神を奪い異形の怪物「ザ・ワン」と化すと、衝動のままに人類の殺戮を開始。そして自身を追ってきた「ザ・ネクスト」に対抗すべく、様々な生物を取り込んで [続きを読む]
  • ウルトラベビーキーホルダー
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」より『ウルトラベビーキーホルダー』です。劇中、M78星雲に存在する優れた高い科学力のもと、宇宙警備隊に所属するウルトラ戦士を始めとした、数多くのウルトラ族が暮らす光の国。その誰もが愛と正義を重んじ平和な日常を築き上げていたものの、ある日全宇宙の支配を目論む反逆者・ウルトラマンベリアルによって光の国の太陽であるプラズマスパークを強奪さ [続きを読む]
  • 二丁十手
  • ID:348pki今回御紹介いたしますのはこちら。特撮大百科シリーズからTV「白獅子仮面」より『二丁十手』です。劇中、享保年間の江戸を怪事件で騒がす怪物・狼仮面。これに対抗すべく町奉行・大岡越前は武装同心隊を結成。その隊長に時代部相応なまでにハイカラな衣装に身を包んだ、影与力の役職を務める懐刀の剣兵馬を任命する。しかし狼仮面との戦闘中に瓦礫に閉じ込められ窮地に陥った剣兵馬の前に獅子面の神が出現。彼の正義感を見 [続きを読む]
  • 戦闘生命スペースゴジラSP
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。東宝特撮映画ブロマイド全集EXシリーズから映画「ゴジラVSスペースゴジラ」より『戦闘生命スペースゴジラSP』です。前作の「ゴジラVSメカゴジラ」が最終作となるはずだった平成VSシリーズ。しかし諸事情で急遽続編の製作が決定。そんなVSシリーズ第5弾のゴジラの対戦怪獣であり、タイトルを飾る意味ではビオランテ以来のオリジナル怪獣として鳴り物入りでデビューしたのが、この平成ゴジラ唯一の [続きを読む]
  • ゴジラ1965電磁波遮断成功ver.
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「怪獣大戦争」より『ゴジラ1965電磁波遮断成功ver.』です。劇中、X星で暴れるキングギドラ討伐の為にラドンと共に地球から連れ出されるが、キングギドラを退けた後もそのまま置き去りにされてしまったゴジラ。しかしこれは全てX星人の巧妙な罠で、キングギドラ共々ゴジラもラドンも電磁波によるコントロールの支配下に置かれてしまう。やがて地球侵 [続きを読む]
  • ゴジラ第3形態ver.1
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「シン・ゴジラ」より『ゴジラ第3形態ver.1』です。劇中、東京湾に出現した巨大不明生物はそのまま打ち上げられて自重で潰れると言う、政府御用達の学識者の予想を裏切り、蒲田へと上陸。大地を這いずる様な姿勢による、蛇行移動で眼前の物を薙ぎ払いながら都心に向けての進行を続ける。この想定外の非常事態に政府関係者は様々な立場から事態解決の [続きを読む]
  • ガニメ対カメーバ 噴火口の決闘
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」より『ガニメ対カメーバ 噴火口の決闘』です。劇中、ヘリオス7号に乗って地球のセルジオ島近海に降り立った不定形の宇宙生物は人類征服の足掛かりとして、産業スパイの小畑の体を乗っ取りさらにカメーバと二代目のガニメを一挙に出現させ、自らの天敵となるコウモリとセルジオ島住人の皆殺 [続きを読む]
  • X星人統制官
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科ver.1から映画「怪獣大戦争」より『X星人統制官』です。劇中、196X年に木星の裏側で発見された新たな衛星・X星。その後調査に訪れた地球連合宇宙局員の富士とグレンは、そこで全ての行動を電子計算機で決定し高度な文明を持つX星人を名乗る異星と遭遇する。やがて2人と面会したX星人の代表である統制官は、X星を荒らす怪物00ことキングギドラを撃退する為に、怪物01と [続きを読む]
  • 地底怪獣バラゴン秋田油田襲撃
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」より『地底怪獣バラゴン秋田油田襲撃』です。劇中、広島で発見された放射能への強い耐性を持つ少年の話題がセンセーショナルに広がる日本列島。やがてその話題は戦時中に広島に持ち運ばれ行方不明となった、不死身の心臓の存在を知る、現在は秋田油田で技師として働く河井の下にも届き、少年と心臓の関係 [続きを読む]
  • 9月京都みなみ会館さん各種イベント 告知
  • レジャーにイベントにと今年も各地で様々な盛り上がりを見せた夏も終わり、季節は穏やかな彩りに満ちる秋に突入。先月までの寝苦しさが嘘のように朝夕過ごしやすくなり、より活発的にいろいろな秋の形を堪能する時期でもあります。かく言う私は毎年食欲の秋を楽しんできましたが、何故か今年は夏バテもなく、異様に食欲が増していた事もあって、気が付けば逆ゴジからキンゴジへの変貌を思わせる程に横幅が増加。むしろこれくらいカ [続きを読む]
  • 護国聖獣 婆羅護吽 妙高山に出現!
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科販促キャンペーンオーナメントフィギュアから映画「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」より『護国聖獣 婆羅護吽 妙高山に出現!』です。劇中、神隠しの里と呼ばれる新潟県妙高山の麓に位置する和泉村。ある夜、同村の村長が車内で愛人と逢い引きしていた所を暴走族が襲撃。その際に村に代々伝わる地の神を封印した石像をも破壊してしまう。その後も暴走族の [続きを読む]
  • ゴジラ第3形態ver.2《一時的退化状態》
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「シン・ゴジラ」より『ゴジラ第3形態ver.2《一時的退化状態》』です。劇中、蒲田を抜けて品川区へと達した巨大不明生物は、そこで突如腹這い状態から直立形態へと急激に進化。まだ不慣れな体勢もあってか、覚束ない足取りながら二足歩行で都心部を目指して進行を再開する。やがて災害緊急事態の名目で、大河内首相の命を受けて出動した、陸上自衛隊 [続きを読む]
  • 大えび怪獣エビラ
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科ver.2 南海の大決闘編から映画「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」より『大えび怪獣エビラ』です。劇中、南太平洋に位置するレッチ島の近海に棲息していたエビが、核汚染された海水の影響で巨大怪獣化。同島に核兵器開発の為の重水工場を構え、世界征服を企てる悪の秘密結社「赤イ竹」がエビラ除けの黄色い汁を製造させる為に、インファント島から強制連行した島 [続きを読む]
  • ギララニウム箱
  • 回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科ver.1.1から映画「宇宙大怪獣ギララ」より『ギララニウム箱』です。劇中、宇宙大怪獣ギララの猛威の前に打つ手の無い人類。しかしギララが胞子から急成長を遂げた研究所内に残されていた白いカスからあらゆるエネルギーの吸収と、放射線の遮断力を持つギララニウムを発見。ギララ対抗への頼みの綱として、より多くの採取とさらなる実験結果を出すべく、ギララニウム [続きを読む]
  • 倉田浜干拓地ゴジラ出現!【イベント限定再販】そして…
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「モスラ対ゴジラ」より『倉田浜干拓地ゴジラ出現!【イベント限定再販】』です。劇中、三重県の五大事業の一つとして、伊勢湾沿岸を一大工業地帯にすべく、埋め立てられ干拓地となった倉田浜。だがその後、大型の台風8号の直撃で同地は深刻な浸水被害を被ってしまう。それでも三重県の発展が懸かった大事業を、ここで頓挫させる訳にもいか [続きを読む]
  • 8月京都みなみ会館さん各種イベント 告知
  • 季節は8月に突入。世間では夏休み本番と言う事もあり、各地で今年も夏に相応しいイベント目白押しの、まさに熱さ・暑さ共に真っ盛りな日々をエンジョイされている方、される方も多いのではないでしょうか?しかし注意一秒怪我一生。夏は毎年様々な場所で、重大事故が耐えぬ季節であるのも事実。大きな危険は常に小さな心の油断を狙い澄ましている事を忘れずに。何でガラにも無くこんな真面目な事を綴るのかと言いますと、さっき台風 [続きを読む]
  • ゴジラ造型写真集
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。株式会社ホビージャパン.刊『ゴジラ造型写真集』です。今や怪獣愛好家必携の書として、まさにこの道のプロフェッショナルならではの死角無しの情報量による読み応えで、常に∞の満足度を提供し続ける、ホビージャパン社発行特撮MOOKシリーズ。毎回様々な作品にアプローチを掛けては、その掘り下げ具合の徹底ぶりに驚嘆の思いで舌を巻かされ、近著では映画「シン・ゴジラ」にスポットライトを当てた [続きを読む]
  • レギオン幼態(飛行形態)
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科ver.2から映画「ガメラ2 レギオン襲来」より『レギオン幼態(飛行形態)』です。劇中、突如北海道すすきのに出現した巨大な怪植物と無数の虫状の未知生物。レギオンと名付けられたそれらを殲滅すべく飛来したガメラは草体の破壊には成功するも、群体の圧倒的な数の暴力の前に痛手を負い撤退を余儀なくされる。その後、自衛隊による瓦礫の山と化したすすきのの調査が始 [続きを読む]
  • 南海の巨猿 覚醒ver.
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。魔神対巨猿対鋼鉄猿人特撮大百科シリーズから『南海の巨猿 覚醒ver.』です。劇中、南ジャワ海のモンド島にて語り継がれる、生ける伝説こと「南海の巨猿」。しかし地球上で最も強い生き物ゆえに、その力の悪用を目論む者も現れる。自らが造り上げた鋼鉄猿人での、北極に眠る危険な新エネルギーの採掘に失敗した世界的なお尋ね者である、Dr.フーはその代替わりを得るべく、多数のヘリを引き連れモン [続きを読む]
  • サイボーグ怪獣 メカゴジラⅡ
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科DELUXEから映画「メカゴジラの逆襲」より『サイボーグ怪獣 メカゴジラⅡ』です。劇中、前作の沖縄での決戦でゴジラに敗れ、粉々になって海深くへと散ったメカゴジラ。しかしその残骸を回収した大宇宙ブラックホール第三惑星人の手によって、天城山中の秘密基地で再び新たなメカゴジラとして復活。同じ轍を踏む事無きよう、フィンガーミサイルの鋭角化を始めとした武 [続きを読む]
  • フランケンシュタイン 怒りの表情ver.
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科DELUXEから映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」より『フランケンシュタイン 怒りの表情ver.』です。劇中、太平洋戦争末期に戦局打開を目的にドイツで開発された不死身の心臓。やがてそれは同盟国の日本へと極秘で移送されるも、直後に広島での原爆投下に巻き込まれそのまま行方不明となってしまう。それから15年後、心臓は一人の少年へと姿を変え、行く宛ても無 [続きを読む]