レルム さん プロフィール

  •  
レルムさん: 村八分日記
ハンドル名レルム さん
ブログタイトル村八分日記
ブログURLhttp://tachikurami38.blog.fc2.com/
サイト紹介文毎日死にたくなることばかりです。この思いを少しでも皆様に分け与えられたらと思いまして。
自由文何処へ行っても排除される日常。妄言・愚痴多め。

精神状態が不安定になると投稿が増えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/08/03 20:33

レルム さんのブログ記事

  • 夏休みの予定
  • 今年のお盆には大学時代の同窓会があるのだが、日本の第一線で活躍している一流人ばかりが集まるので辛い。まあ自分の業界の世界一は俺だという心持ちで参加するしかない。しかし性格的にカスばかりの高校やそもそも話の噛み合わない中学とは違って大学時代の同級生は話も合うし尊敬できるタイプの人間が多いので同窓会も楽しみだ。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • メンがヘラヘラしてるお
  • 労働者としての生活があと何十年も続くとか絶望しか感じないんだが。俺という人間は暇を与えると余計なことばかり考えてしまって病むので、自由な時間を与えてはいけないんだよなー。死んじまおうかなぁ。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ミーム書き換え権限について
  • いろいろあって「君が今死んだら人生最大の業績は○○(くだらないこと)になるだろうね」などと高校の同級生を煽りまくっていたら人間関係が破綻しかけた。また一人友人を失ったかもしれない。しかし、前にも書いたが、多くの芸術家や研究者を眺めても、どんなに遅くとも30歳くらいで人生のピークを迎えているように思う。人生で最も個性的な仕事を行えるのは30歳頃で、それを過ぎれば知識ばかりが増えて価値観が落ち着いてしまい [続きを読む]
  • ただ一人〜 コミュ障〜
  • ところで、30代に突入したので、そろそろ同級生のうちから死ぬ人が増えてくるのではないかと思ってる。実際、高校の同級生で既に病気で死んだ人がいるらしい。行方不明者も結構いるんで、何人かは実は死んでいるのではないかと思う。後10年で何人生き残ることやら。まあ俺自身も睡眠障害がやばくて薬なしには全く眠れない(起きたまま夢を見るような)体になってしまったからな。死ぬことはない病気だが、睡眠が不足していると注意 [続きを読む]
  • ケセラセラ
  • しかし人生のほとんどの時間を仕事に費やしてるだけで、しかも趣味も大してお金のかからないものしかないと、お金がたまりすぎちゃってやばい。そんなに長生きしたくないし、できるとも思わないんで、割とこれは本気で全財産を使い切る時間がないんじゃないかと思う。投資とか始めてもさらに儲けちゃうだろうし、何十年後の将来のために今から財を築いておくという考え方にも興味ないからなー。未来のありそうな団体に寄付でもしよ [続きを読む]
  • お前の時計は動いているか
  • 人生がうまく回り始めるとこれまで叩いてきてた連中が急に身の回りから消えていくから面白い。新たな対象を探しに行ったのだろうか。逆に、味方だと思ってた奴が大して見方ではなかったことも発覚して面白い。人生うまくいかずに傷を舐め合ってたグループで急に一人だけ成功すると嫉妬を受けてハブられることになる。まあ俺の側からするとそういう連中は最初から大して相手にしてないので良いんだけどね。にほんブログ村にほんブロ [続きを読む]
  • 何者でもない
  • とっくの昔に自己顕示欲を飼いならしたつもりでいたが、そんなことはなかったことが最近わかった。大学の同級生とかが大きな仕事をして社会的に活躍したりすると俺自身の動揺も大きい。活動分野の違う他人と比較しても意味はないのだが、やはり俺は社会的な注目を集めたいのだと思う。過剰なまでの自己顕示欲ってなんなんだろうね。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 誰にも俺を止められない
  • 自分の実力よりもレベルの低い集団にいると周りに力を押さえつけられてしまうことがある。振り返ってみれば俺自身も中学や高校ではそうだったのではないかと思う。大学に入ってようやく力が解放された感がある。ただ、周りに押さえつけられていたことで普通の一般人として振る舞うことが可能となっていた気もするので、一概に悪いとは言えない。力が解放されると誰かが自分を止めてくれるということもなくなるので辛い。にほんブロ [続きを読む]
  • 今日の一言
  • この歳になると新しい友人が増える機会もなくなり、かといってこれまでの友人とはちょっとしたことで関わりを絶ってしまうことでお馴染みの俺なので、徐々に誰にも相手にされなくなっていくのである。こういう寂しさに耐えられなくなって普通の人は結婚していくのだろう。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人間やめたみ
  • どれだけ人生がうまくいっていても心が休まることは全くない。本当に楽になるのは死ぬときだけなのだろうと思う。死というのは一度しか体験できないものなので、自分がどのような形で死を迎えることになるのかは興味深い。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 発見
  • 俺ってミニマリストだったんじゃね、ってことに初めて気づいた。いろんなことを最小限の努力で済ませようとしてるからね。生きてく上で本当に自分に必要なことしか覚えようとしないし。ただの発達障害かと思っていたが、思想的なものだったのかもしれん。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • なんてこったい
  • なんかいろいろなことがうまく回り始めていて現実感がない。とても自分のことだとは思えないような話ばかりだ。そしてそろそろ本格的にコミュニケーション障害を克服しなければならない時がやってきてしまったのかもしれない。まあ、かといって「〜でなければならない」という形で自分の行動を縛り付けてしまうのは精神的によろしくないので、自分にとって負担にならない程度に頑張りたいものである。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 分岐
  • ひょっとしたら今人生の重要な分岐点にいるのかもしれない。即ち、このまま進むのか、あるいは方向転換するのか、という選択を迫られている気がする。こういう問題は、周りにどれだけ相談できる人がいたとしても彼らは他人の人生にそれほど興味もなければ責任もなく、結局自分で全て決めないといけないので辛い。全てを捨てて一年間ぐらい海外に旅に出たいものだ。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 反省会
  • 数年に一度あるかどうかわからないくらいの絶好の機会が回ってきたにもかかわらず、チャンスを生かすことができずに出世が失敗に終わったのが最近の俺だ。これはつらい。今回の失敗を生かして次に好機が回ってきたときには確実に仕留められるようにしたい。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 検閲
  • 仕事でも活躍してるイケメンがそこまで容姿の優れない人と結婚してるのを見ると、違いの分かる大人の男に見える。しかし、仕事でも活躍してるイケメンが独身なのを見ても、仕事一筋な一流人感がある。ところが、仕事でも活躍してるイケメンが美人の女性と結婚してるのを見ても、王の道を歩んでるように見える。結局のところ、仕事でも活躍してるイケメンは何をしてもかっこいいのだと思った。にほんブログ村にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • わっしょい
  • 前から思ってるんだけど、知識が蓄積されていかない系の職(肉体労働だけでなく医者とか公務員もそう)についてる人って、仕事だけだと一年単位で時間がループしてしまうんだと思う。下手をしたら一日単位かもしれない。毎日わずかに異なるがほぼ同じような日々を過ごすことを何十年も続けることになるのだ。これは懲役以外の何物でもないだろう。何万回も同じ日常を過ごすのは退屈すぎるから。そして、物語性の失われた代り映えし [続きを読む]
  • 西へ東へ
  • 今年の正月も特に正月っぽいことをせずに過ごしてしまった。強いて正月っぽいことを挙げるなら、家の近くの飲食店がほとんど閉まっているので最寄りの牛丼チェーンに行くためにわざわざ電車に乗ったりしたとかだな。世間の行事に合わせるためにわざわざ自分の生活スタイルを変えなくてはいけないとか面倒くさすぎる。最近改めて思ったことをとりあえずメモしておくと、・どんな活動でも行動力のある人間が良い成果を収めることが多 [続きを読む]
  • 年末に思う
  • その1:世の中のまともな人はヤバい人を避ける傾向にある。「〜な人はやばい」みたいな分類を行う人は多いが、分類だけにとどまらず、それでやばい人に分類されると避けられる。実際には「やばいけど無害な人」というカテゴリーに当てはまる人はいくらでもいるが、そういうマイナスではないがプラスにならない人も避けられてしまうというのは何とも悲しいものである。その2:過去はどこにも存在しない。例えば学生時代に過ごした土 [続きを読む]
  • 2017年のまとめ
  • 今年は本当に無駄な時間ばかりを過ごしていたようだ。仕事中のほとんどの時間も白昼夢を見ていた気がする。もうすぐ30歳だというのにやばい。こんなことでは死滅するかもしれない。それ以外には特にこれといったエピソードはない。 [続きを読む]
  • また一人、嫌いな人間が増えました
  • あと、昔の同級生のLINEグループとかで結婚とか出産の報告してくるやつも謎。そんなに褒めてほしいのかね。そもそも結婚とか出産がそんなに人生の中で特別に大きな意味を持ったイベントだという感覚がないんだが。いちいち日常のちょっとした良かったことを報告していたらきりがないと思うんだが。自分語りうぜー。 [続きを読む]
  • メンヘラブーム終了のお知らせ
  • 楽しかった時間、例えば大学時代に気の合う仲間と過ごしてきた時間だとかは、俺にとってはなかなか忘れることのできない思い出で、今現在が辛いときには絶えず振り返ってしまう拠り所であったりもする。そうした自分にとって大切だった思い出が他人にとってはもう大切なものではなくなっていることに気づいたとき、俺はとてつもない喪失感を味わう。学生の頃は興味を持っていたことだとかが、働き始めて興味を失って、長い時間の隔 [続きを読む]
  • 最果て
  • 人生で一番楽しかった時期に知り合ったような自分のことを大切に思ってくれている人たちのおかげで自分は犯罪者にならずに済んでいるのだという気がしてきた。仮に自分が犯罪者になってしまうと彼らに犯罪者の知り合いを作ってしまうことになるので、それは本当に申し訳ない。例えば、友達の多い人が多くの友達の中からわざわざ自分を結婚式に呼んでくれたとき、ある程度俺のことを評価しているのだろうと考えてしまう。そういう純 [続きを読む]
  • 脳内麻薬最大化原理
  • 幸福とは脳内麻薬の量で特徴づけられる。脳内麻薬が多く分泌されている状況が幸福を定義する。行動を複数の選択肢から選ぶ状況になったとき、人はその行動をとることによって得られるトータルの脳内麻薬量が多いものを選ぶ。即ち人の行動は脳内麻薬最大化原理によって決まる。世の中にはあえて苦しい状況に身を置きたがる者もいるが、彼らも苦しみによって多くの脳内麻薬が分泌されているのであろう。つまり、世の中で良いとされる [続きを読む]
  • 東京の人口密度はほんと高すぎますね
  • 過去の偉人たちを眺めた時に、20代のうちにそれなりの仕事をすることなしに30代以降で大きな仕事をしたというタイプはあまりいないように思う。20代のうちにある程度の成果を残して頭角を現していなかったらその後の人生で偉業を成し遂げることは才能的に不可能なのかもしれない。また、20代で良い仕事をしていても30代になって才能が枯れていくというタイプもよく見られる気がする。20代の間は若さを理由に自由な思索活動を行えて [続きを読む]
  • の死
  • 婚活サイトは心が折れたので辞めたった。いい感じにメッセージのやりとりをしてLINEの連絡先交換をしてもすぐにブロックされるとかな。他人と普通のやり取りを続けることもできないなんて、俺はやはり異常な人間なのかもしれない。気を利かせて下ネタやリズム感のある文章を送ってやったりもしてるのに。まあそれらのせいでブロックされてるという説もあるが。(他にも、どういう見た目の女性が好きか聞かれて「ロリ巨乳」と答えた [続きを読む]