count_curse さん プロフィール

  •  
count_curseさん: 廃墟巡歴録
ハンドル名count_curse さん
ブログタイトル廃墟巡歴録
ブログURLhttp://tomhet.doorblog.jp/
サイト紹介文実際に廃墟に行かなくても行った気分になれる様な、写真は「質より量!」みたいな廃墟ブログです。
自由文非現実的で霊的な方面には基本的には興味がありません。日常空間から隔絶された廃墟の美しさに萌えて癒されるだけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/08/04 00:53

count_curse さんのブログ記事

  • 下田御苑ホテル(5階・後編)
  • 「5階客室前通路」それでは、通路を奥へと進んで行きます。この階は、丁度「ヲ」の字から上の横線を省いた感じの構造なので、通路は終盤で少し右に曲がっている。「客室(507)」うむ、こちらもなかなか佳い廃墟部屋である。「5階客室前通路」ここは5階ではあるが、建物は斜面(崖?)に建っているらしく、下階ではこの部分は存在しない、ここはある意味1階の様な状態で、地面に近いのか、窓の外では植物が元気に育っている [続きを読む]
  • 前田醫院(中編)
  • 「受付/待合室」それでは、再び「受付」から探索を開始致します。因みに、写真右側が醫院出入口である。往時の備品等は既に盗まれてしまった後ではあるが、レトロで素敵な受付である。受付の窓から中を覗いてみると、そこは沢山の薬瓶が並んでいる調剤室。その調剤室の奥(薬瓶が並ぶ棚の右)に出入口が見えるが、そこを入って左(薬瓶が並ぶ棚の裏側)には細く狭い薬室がある。受付の右隣には小窓があり、こちらは投薬口だろうか [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(2階・後編)
  • ーー前置き(その2)ーーさて、こちらは第二回伊豆廃墟旅行一日目の三件目である。第一回目で探索を断念したこの近所の物件をこの第二回目の二件目で漸く探索する事が出来、その二件目が予想以上に素晴らしく、しかも予想以上に規模が大きかった為、二件目を探索し終えた頃には夕方になっており、今回の当物件の探索は短時間での終了となりました。まぁ、当物件は、第一回目で大いに堪能した物件なので探索/撮影は程々に、今回は [続きを読む]
  • 信愛病院
  • date : 2017.09.荒らされ尽くして朽廃した巨大なコンクリート構造物。植物に呑まれつつある其の大型病院廃墟は、未成であるが故に病院の痕跡は殆ど無く伽藍堂。経年劣化と人為的破壊による荒廃一色で彩られた有名物件に有り勝ちな様相、且つ未成物件の退屈さに満ちて廃墟的魅力に欠ける、此れは巨なる駄廃墟。わざわざ遠方から訪れる価値は無い、地域密着型廃墟スポットである。信愛病院(1階・前編)へ信愛病院(1階・ [続きを読む]
  • 下田御苑ホテル(5階・前編)
  • 「中央階段」ここからは5階。5階からは客室階となっている。踊り場を振り返る。踊り場に見える扉の先には、(4階)編で先述した、4階「大広間」前のベランダに続く短い階段がある。「5階エレベーターホール」さて、4階までのエレベーター前の通路は左右に伸びているだけだったが、5階からのエレベーター前の通路はT字路になっており、エレベーターの右奥にも通路が伸びている構造。丁度、「ヲ」の字から上の横線を省いた感 [続きを読む]
  • 前田醫院(前編)
  • 「門」さて、入って来た門の方を振り返ると・・・、この様に、夏場の敷地内は草木が茂ってジャングルと化しているが、ジャングルの下層部分には何となく獣道が出来ており、低い姿勢で草木の隙間を縫い進めば、藪漕ぎ不要で難無く進む事が出来る。「患者出入口」すすっと草木をすり抜けて僅か数m進むと、醫院だった頃の入口に辿り着く。ジャングル化した夏場であっても藪漕ぎは不要であったが、その分、蚊が凄いので注意が必要。完全防 [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(2階・前編)
  • 「2階ロビー」写真左端の逆光で暗くなっている部分に、今、上って来た「階段(2)」がある。さて、2階に上って来て正面に見えるのは、こちらの・・・、これは土産物コーナー・・・だろうか。そして、階段を上って左側にロビーが広がっているので、そちらへ。この2階のロビーは非常にドブ臭く、1度目に訪れた際はまだ我慢出来たが2度目の訪問時にはドブ臭さが尋常では無く、臭過ぎて吐き気がしたので即撤退!もうこのロビーに立ち入 [続きを読む]
  • 三州園ホテル(4階・後編)
  • 「4階客室前通路」通路突き当たりから来た方を振り返る。勿論、通路右側が客室である。それでは、通路左側を順に見て行きます。「階段(4)」こちらは厨房奥の通路にあった非常階段である。最上階の浴場まで繋がっている。「男子便所」相変わらず、真っ黒焦げである。「浴室」こちらは、家族湯、だろうか?各階には小さな風呂も完備。「4階客室前通路」4階の通路には、何やら巨大な機械が転がっている。因みに、写真左が「階段 [続きを読む]
  • 下田御苑ホテル(4階)
  • 「中央階段」上階からの光はあるが、4階もエレベーターホール周辺は非常に暗い。暗いと写真を撮るのが面倒なので気が滅入ります。「4階・通路」3階と同じく、中央階段を上って先ずは右へ。因みに、写真左端の暗闇にエレベーターがある。通路右側には「大広間」。通路突き当たりには「1階機械室」まで続く階段。通路は途中で左に折れて分岐しています。3階までは左に折れる分岐はありませんでしたが、斜面に建っているらしく4 [続きを読む]
  • 前田醫院
  • date : 2017.03. 2017.08.遠くから見ると現役の民家かと見紛う其の外観、そして、近くで見た所で、田舎の何処にでも在る様な廃屋風の其の様相に、誰もが廃墟的期待等せずに通り過ぎてしまうであろう、しかし、民家と草木に隠される様にひっそりと在る其の虚は旧き薬品の匂い未だ残す、大正〜昭和初期の廃醫院。荒廃した薄暗がりの中に歴史的価値さえ秘めた至高の旧き空気に、廃墟趣味の奇特な変人であ [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(1階)
  • ーー前置き(その1)ーーさて、こちらは第一回伊豆廃墟旅行の一日目の一件目である。伊豆を訪れるのは今回が初めてという事もあり、到着時間が三時間程遅れ、しかも、今回の廃墟旅行のメインに予定していた一件目は、生い茂る草木と板張りに阻まれて何処から入れば良いのか分からず、その上、廃墟前は海水浴客の駐車場になっていて人が多く、余り怪しい行動も取れなかった為、諦める事態に。伊豆に着いて早速出鼻を挫かれたが、気 [続きを読む]
  • 三州園ホテル(4階・前編)
  • 「4階客室前通路」階段(5)を上ると通路は左右に伸びており、先ずは左へ進みます。因みに、写真左端が階段(5)で、通路の右側に客室が並んでいます。通路は突き当たりで右に折れている。通路突き当たりを右に折れた先には少し広い空間があり、奥(写真中央付近)に短い階段があるので、そちらへ。「浴場」短い階段の先には浴場がありました、が、床が解体されて大穴が開いている。ここは恐らく脱衣所だと思うが、脱衣所の床に [続きを読む]
  • 下田御苑ホテル(3階)
  • 「中央階段」さて、3階へと上ろうとしたが、3階のその余りの暗さに思わず怖気付いてしまった!一歩踏み出した足が止まってしまう程の暗さである!写真では明るく見えるかも知れないが、実際には超絶真っ暗闇である。しかも、天井の壁紙等が垂れ下がって荒廃しており、不気味さも満点!しかし、一度恐怖心を芽生えさせてしまうと駄目なので、恐怖心が芽生える前に強行突破にして天元突破である!「エレベーターホール」階段を上っ [続きを読む]
  • ホテル 甚五郎(1階・後編)
  • 「源氏の間」それでは、再び広間の探索を続けます。「1階・広間前通路」通路の方に戻って来ました。勝手口(1)の辺りからの景色。通路をロビー方向に戻ります。因みに、通路の左の壁には下へと続く暗闇の階段が2箇所程あるが、恐らく、(半地下)編で少しだけ触れた厨房の横奥へ続く真っ暗闇の通路に繋がっているのではないかと思われる。実際に通っていないので分かりませんが。「1階・ロビー/売店前通路」ロビー前まで戻っ [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル
  • date : 2016.08. 2017.04.買物客で賑わう道の駅。其の対面で、閑古鳥も寄せ付けぬ程に見事に荒廃した廃墟。其の二つの相反する存在が、然も当然の様に地域の風景の中で溶け込んだ混沌の領域。其方が繁栄の開国であるのならば、此方は鎖国どころか人を招かぬ厭世の。衰退しても尚、圧倒的存在感を解き放つ其のボロボロと崩れ行く妙なる落魄の彩りは、廃墟変質者の心を掴んで離さない醜悪且つ霊妙な魅力 [続きを読む]
  • 三州園ホテル(3階・後編)
  • 「3階大階段」再び大階段のあるホールへと戻って来ました。(3−7)号室の前からの景色。(3−7)号室前から、対面の(3−8)号室前の方を望む。因みに、右の壁に並ぶ長方形の穴は、一番手前が、(1階・前編)で少しだけ触れた非常階段と思われる「階段(2)」で、その向こうに並ぶ3つの穴はエレベーター跡か、それとも物置部屋か、忘れました。そして突き当たりの明るい穴は、(3−1)号室の入口である。(3−1)号 [続きを読む]
  • 下田御苑ホテル(1階と2階)
  • ーー前置きーーさて、第二回伊豆廃墟旅行二日目の一件目です。前日は、第一回目に続いて再び「沼津・湯河原 万葉の湯」に泊まったのですが、これがまた居心地も寝心地も大変良くて・・・。本来であれば早朝に出発して「下田御苑ホテル」に向かう予定だったのですが、余りにも気持ち良く熟睡してしまい、起きて、朝風呂入って、朝食を済ますと、もう退店時間ギリギリになってしまい、早速、予定が狂いました。いや〜、それにしても、 [続きを読む]
  • ホテル 甚五郎(1階・中編)
  • 「1階・ロビー/広間/売店前の通路」(1階・前編)の続き。写真左が「ロビー」で、右が「売店」。そして、この通路を奥へ進むと、左側に「広間」がある。「源氏の間」これより広間。写真左半分が「広間」で、右半分が「広間前の通路」。そして、この広間の名を「源氏の間」という。(源氏の間 三)という立札が通路の隅に転がっていたので、往時は、宴会の規模等によって、幾つかの間に仕切られたりしていたのだろう。通路から [続きを読む]
  • 稲取隔離病棟(後編)
  • 「外観」ここからは第二棟です。壁が崩落して内部が丸見えである。丸見えという事は、最早、廃墟内も"屋外"である。丸見えの"屋内という名の屋外"を覗く。第二棟から第一棟を振り返る。「渡り廊下/階段」こちらが、第一棟と第二棟を繋ぐ渡り廊下/階段。勿論、写真右奥に見えているのは第一棟である。何やら全体的に傾いていますが、取り敢えず入ってみます。ミシミシと倒壊の音が鳴り始めたら直ぐに脱出だ!うわぁ、凄い角度!w [続きを読む]
  • 三州園ホテル(3階・前編)
  • 「3階客室前通路」階段(5)を上ると通路は左右に伸びており、先ずは左へ進みます。因みに、写真左端が階段(5)で、通路の右側に客室が並んでいます。勿論、写真の後方にも通路は続いているが、そちらは(後編)で。通路左側にはパントリー等があり、通路は突き当たりで少し右に折れて続く。「パントリー」「3階通路」客室前通路の突き当たりを右に折れた先。通路はクランク状に折れて大階段のあるホールの方へ続いている。通 [続きを読む]
  • 下田御苑ホテル
  • date : 2017.05.圧倒的闇と荒廃に彩られ、悍ましい程の廃墟瘴気が充満する大型廃墟。恐怖心を掻き立てるかの様な其の世界観は見事であり、荒廃具合や経年劣化具合、廃墟の規模や残留物等、何れを取っても一級の、最早、文句の付け所が無い程の廃墟然とした光景を堪能する事が出来るが、名廃墟とは成らないのは突出した魅力的な要素が無いからか、それとも元が悪いのか。絶賛すべき可も無ければ酷評すべき不可も無い、しか [続きを読む]
  • ホテル 甚五郎(1階・前編)
  • 「外観」こちらは、「コ」の字型に構成された建物の、「l」(縦棒)部分の外観。そして、ガラス扉の内部が、先程の「フロント/エントランス」である。遊歩道沿いに石碑があるが、特に大した事は書いていなかった。石碑の左に小さな石階段があり、その先は後述する「広間」の方に続いている。それにしても巨大である。厨房があれだけ広大だったのも頷ける。それでは、再び「フロント/エントランス」の方へ戻ります。「フロント/ [続きを読む]
  • 稲取隔離病棟(前編)
  • ーー前置きーー第二回伊豆廃墟旅行、一日目の一件目です。第一回目の伊豆廃墟旅行の二日目で、前まで辿り着きながらも余りにも疲労困憊過ぎて車から降りる気がしなかった物件である。疲労困憊とは言え、車から降りる気すらしなかった程、期待していない物件である。ここは、一件目でやる気のある内に探索しておかないとまた探索する気が無くなってしまう恐れがある為、一件目にしました。それは扠措き、前回は、夏の海水浴シーズン [続きを読む]
  • 鶯花荘(7階)
  • 「客室(601)」長くなってしまった鶯花荘の探索ですが、遂に最後の客室にやって来ました。ベランダに出てみます。写真左から右に順に(601号室)→(602号室)→(603号室)。上階に少しだけ見えているのは、後述する「男子用大浴場」の脱衣所部分である。再び客室へ。601号室は2部屋?に分かれており、更に奥には小さな風呂も付いている。たぶん、僕の住んでいる部屋よりも広いと思う(笑)。部屋風呂は小さいが、 [続きを読む]
  • スカイレスト ニューむろと(後編)
  • 「広間」さて、広間の続きです。広間の両側には通路があり、片方は(前編)で訪れた「厨房」へと続く通路で、もう片方は「エントランス」方面へと続いているメインの通路。この写真は、メインの通路の舞台側から広間奥を見た構図。メインの通路から広間奥を望んで、広間の探索を終わります。「1階通路」写真の後方が先程の「広間」で、写真の先へ進むと、Y字型の1階通路の交差点に出ます。通路奥に少しだけ見えている明るい部分 [続きを読む]