count_curse さん プロフィール

  •  
count_curseさん: 廃墟巡歴録
ハンドル名count_curse さん
ブログタイトル廃墟巡歴録
ブログURLhttp://tomhet.doorblog.jp/
サイト紹介文実際に廃墟に行かなくても行った気分になれる様な、写真は「質より量!」みたいな廃墟ブログです。
自由文非現実的で霊的な方面には基本的には興味がありません。日常空間から隔絶された廃墟の美しさに萌えて癒されるだけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/08/04 00:53

count_curse さんのブログ記事

  • ニュー金剛荘(2階・後編)
  • 「展望台」屋上に上って来ました\(^o^)/因みに、写真右側の壁の黒い長方形を入って右に折れると「階段」。そして屋上は突き当たりで右に折れて続いているので、そちらへ。屋上は、更に右に折れて続いている。因みに、写真右側の壁の窓は(2階・中編)の最後で御紹介した「客室(?・?)」。屋上は、「客室(?・?)」をぐるっと囲む様に、3方向を見渡す事が出来る仕様。この建物は少し高台に建っていて、屋上からの景色はな [続きを読む]
  • ホテル浜山
  • date : 2017.05. 2018.04.近年の温泉街らしく、古びて廃墟の様に成った建物も目立つが、未だ現役の旅館/店舗も多く存在して決して悲惨な状況ではない温泉街の駅に近い片隅で、木々に隠される様にひっそりと、しかし、木々に隠されて寧ろ悍ましく不気味な瘴気を解き放つ、此れ以上に無い程に完璧に廃墟然とした存在感で在る廃ホテル。其の廃墟前の小道を通る一般人の誰もが少なからず嫌悪感と恐怖感を [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(5階)
  • 「中央階段」長くなった下田富士屋ホテルの探索も遂に最終階!5階へ!階段の途中から下階を見下ろす。奥に見えるのが中央階段で、その右側に見える部屋は「客室(神子元36)」。階段の最上部から下階を見下ろす。「5階通路」写真左側が上って来た階段で、階段を上って左にUターンした突き当たりと通路右側に客室が並んでいる。先ずは、通路突き当たりの部屋から順に探索してゆきます。「客室(神子元41)」こちらは通路突き [続きを読む]
  • 阿蘇観光ホテル(3階)
  • 「エレベーターホール/3階・通路」それでは、3階の探索を始めます。写真左の方向がエレベーター。他の階と同じく、エレベータホールの前で左右に通路が伸びているので、先ずはエレベーター/階段を出て左へ折れて通路を進みます。「3階・通路」写真左の方向がエレベーターホール。そして通路の突き当たりは非常口。それでは、通路の突き当たりから順に客室を探索してゆきます。「客室(310)」他の階の客室と大差は無い、" [続きを読む]
  • ニュー金剛荘(2階・中編)
  • 「2階・通路」それでは、通路を戻ります。通路右側は(2階・前編)で御紹介したので、次は通路左側を探索致します。「男便所」クランク状の通路を折れて最初の通路左側の部屋は便所だった。何の変哲も無い普通のオールドスクールな男便所である。「女便所」男便所の隣は・・・恐らく女便所、だと思う。しかし、窓際のあの洗濯機みたいな機械は何だ?「2階・通路」通路左側を探索しながら、どんどん通路を戻ります。「客室(220 [続きを読む]
  • ゆるキャン△の旅2
  • ゆるキャン△に登場した場所を旅する「ゆるキャン△の旅」その2!※1回目の旅は、記事にするつもりが無かったので写真を殆ど撮っておらず、無し。「その2」から始まりますが、そのうち再訪して「その1」の記事が出来るかも知れません。さて、今年の夏の休みは、1日目に駒ヶ根〜霧ヶ峰辺りを巡って、2日目に富士山に登るつもりでしたが、調べてみると、富士山に登る予定だった日が丁度一年で一番の混雑期っぽかったので、そん [続きを読む]
  • 高田牧場(後編)
  • 「家屋・通路」通路に戻って来ました。「家屋・部屋(4)」の方から「家屋・入口」の方を望む。勿論、通路の左側が(前編)で御紹介した「家屋・部屋(1)〜(3)」である。そして、通路の右側には「家屋・部屋(5)」があるので次はそちらへ。因みに、通路を抜けた向こう側に見える建物は、(前編)で御紹介した粗大ゴミ置き場に成り果ててしまっていた「小屋(2)」である。「家屋・部屋(5)」それでは、部屋(5)を探索 [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(4階)
  • 「中央階段」それでは、4階へ。中央階段は、3階と4階の間の踊り場でクランク状に折れて続いている。クランク状の踊り場から下階を見下ろす。3階部分に見える左側の扉の向こうが厨房で、厨房の扉の前を右に折れて進むと「大廣間/宴会場」がある。3階と4階の間の踊り場部分へやって来ました。壁に格子が見えますが、そちらは「客室(辨天島27)」。「客室(辨天島27)」こんな階段の踊り場にも客室を1室作ってしまう粋な [続きを読む]
  • 阿蘇観光ホテル(2階・後編)
  • 「2階・通路」それでは、通路を更に進んで、客室を順に探索してゆきます。「客室(204)」最早、特に何も書く必要が無い程の、同じ様な部屋が並びます。「客室(203)」同じ様な部屋が続きますが、しつこく全ての部屋を順に掲載してゆきます。「2階・通路」更に通路を進みます。(2階・前編)で先述した様に、通路の最奥の明るい部分から外に出ると屋上がある。「客室(202)」「客室(201・特別室)」さて、こちら [続きを読む]
  • ニュー金剛荘(2階・前編)
  • ーー前置き、つづきーーさて、1度目に石川県を訪れた時は最悪の極みだったので、石川県なんてもう二度と行くか!ヽ(`Д´)ノと思っていたのですが、2018年の2月末〜4月初めの約1ヶ月半弱の間、何故か異様に廃墟に行きたくて堪らない"廃墟欲MAX状態"になっており、この勢いで石川県に行っておかなければ本当にもう二度と行かないだろうと言う事で、勢いに乗って再び石川県へと旅立った次第。因みに、前回のグダグダ旅行は廃墟 [続きを読む]
  • 高田牧場(前編)
  • 「長屋門」交通量の多い道路沿いに、木々に覆われつつある立派な長屋門が在る。荒廃してはいるが、日本の旧き良き風格に満ちた堂々たる長屋門である。素晴らしき門を抜け、来た方を振り返る。長屋門なので出入口の左右には各々部屋が存在する・・・と思うが、あれ?最後に訪れたのは記事を書いている現在から3年以上前の事なので、記憶が定かでは無く、色々と間違った事を書くかも知れません。御了承下さい。先ずは、門を入って振り [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(3階・後編)
  • 「宴会場/大廣間」さて、大廣間の続きである。舞台の方を振り返ります。大廣間の側面には屋上へと出る窓があるので次はそちらの方へ。「3階・通路」大廣間と窓の間には短い通路?の様な部分があり、この通路の突き当たり、写真正面の暗い長方形部分の先には「みづや」や「階段(1)」、「客室(辨天26/弁天島26)」がある。「みづや」「みづや」の右側に見える扉は「客室(辨天26/弁天島26)」で、その「みづや」と「 [続きを読む]
  • 阿蘇観光ホテル(2階・前編)
  • 「エレベーターホール/2階・通路」エレベーター/階段前からの景色。通路が左右に伸びているので、先ずは、左(1階で調理室等があった方向)へ進みます。写真左の暗い部分がエレベーターホール。それでは通路を奥へ進みます。「2階・通路」通路の突き当たりから屋外へ出る事が出来るので、出てみます。因みに、通路右側に客室が並んでいる構造。「屋上」屋上に出て来ました\(^o^)/建物の方を振り返ります。青い空、白い雲、 [続きを読む]
  • ニュー金剛荘(1階)
  • ーー前置きーーさて、この物件を知ったのは梅雨前だった。なかなか良さそうな雰囲気だったので是非とも訪れたいと思い、早速、北陸廃墟旅行の計画を立てたのだが、出発の直前になって何故か気が乗らず、断念。2度目の計画でも、何故か出掛ける直前になって気が向かず、再び断念。そして、3度目の正直と言わんばかりに、3度目にして漸く出発!その頃にはもう真夏になっていた(笑)。今回は廃墟はこの1件のみに絞り、他は能登半島 [続きを読む]
  • 上山医院(後編)
  • 「横通路(2)」横通路(2)の突き当たり、土間の方から来た方を振り返って通路を戻ります。「中央通路」中央通路を奥へと進みます。通路の壁に設置されたこれは・・・消化器・・・か?いや、しかし、こんな消化器は見た事が無い。何だこれ?どうやって使うんだ?病院らしく、通路には松葉杖も落ちている。来た方(玄関の方)を振り返ります。玉の字型で構成された建物の、縦棒部分に当たる中央通路の最奥、「玉」の字の一番下の交差点 [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(3階・中編)
  • ーー前置き(その3)ーーこちらは第三回伊豆廃墟旅行の一日目の一件目である。今回の廃墟旅行は、一日目は下田の街を軽く観光しつつ廃墟を二件巡り、二日目は山梨に移動して一件の廃墟を巡った後は「ゆるキャン△」巡りをする予定の、余り廃墟廃墟せずに、合法的で健全な観光も取り入れようという魂胆。しかも、貧乏臭くスケジュールを詰め込まずに、ゆったりプランである(笑)。そんなわけで、やって来ました、下田\(^o^)/先ず [続きを読む]
  • 阿蘇観光ホテル(1階・後編)
  • 「客室(102)」泥が大量に流入してチョコレート塗れの様になった美味しそうな客室が続きます。「1階・通路」この大量の泥は通路の奥から流入して来ている様で、通路の奥へ進めば進む程、泥が深くなって歩き難くなります。泥が深くなった通路には雨水も流れ込んで、通路には川が出来ている。「客室(101)」こちらが1階最奥の客室。こんな感じで、1階の客室は全て泥に塗れていました。「1階・通路」1階の客室は全て探索 [続きを読む]
  • ニュー金剛荘
  • date : 2018.03.日本海からの潮風を直に受けて加速度的に荒廃が進行している廃旅館。大きく傾き、大きく崩壊し、廃墟としての美しさも大きく損なわれ、更に、探索者に大きく危険が纏わり付いて怖しい、最早、廃墟としての最盛期が過ぎてしまった印象は否めない刹那的残骸。後は倒壊して自然に還るだけの、死の香りに満ちた見事なる廃の骸。これが今際の「能登金剛温泉 ニュー金剛荘」。宿泊予約するべからず!ニュー金剛 [続きを読む]
  • 上山医院(中編)
  • 「中央通路」こちらは正面入口からの景色であり、写真左側方向に(前編)で御紹介した診察室や手術室等がある。この建物は、縦棒1本と横棒3本から成る「玉」の字型で構成されており、この「中央通路」が縦棒部分に当たる。因みに、写真右側は「処置室」である。「処置室」ここは整形外科だったのだろうか?なんか整形外科に置いてありそうな機械が並んでいます。因みに、この部屋のカレンダーは1990年1月で止まっていた。「 [続きを読む]
  • 下田富士屋ホテル(3階・前編)
  • 「3階・通路」3階へ上って来ました。この階段から先は木造である上に、屋根が禿げ散らかって雨晒しなので腐敗が激しく、注意が必要である。本来であれば2階部分と同じく真っ暗闇の筈であるが、天井が崩壊しているので自然光が射して非常に明るい。天井が崩壊して自然光が射しているという事は風雨の影響が直という事であり、床は雨による腐敗が進行しており、なかなか危険な状態となっている。2階と同じく、通路右側と突き当た [続きを読む]
  • 阿蘇観光ホテル(1階・中編)
  • 「玄関/ロビー/売店」ロビーや売店のある玄関付近まで戻って来ました。写真左へ進むと玄関。写真右へ進むとエレベーター&階段。そして写真中央付近に、奥へと伸びる通路が見えるので、次はそちらへ。「1階・通路」右側に見える暗い部屋は、便所。便所を通り過ぎると、短い階段があるので、階段を上って通路を進みます。通路が非常に長いです。因みに、通路の左側に客室が並んでいる構造で、この長い通路の最奥は「温泉大浴場  [続きを読む]
  • 朝鮮学校(3階・後編)
  • 「教室(2)」それでは、(3階・前編)からの続きで、「教室(2)」の残り半分を見てゆきます。こちらの教室は2部屋が1つになった様な大きい教室となっており、往時には、場合によっては2つに区切って使ったりしていたのかも知れない。反対側の壁には、この廃景には似つかわしくない派手なグラフィティ。グラフィティ側から、来た方を振り返る。向こう側半分の床には、鳩の糞と塵芥が融合して出来たと思われる健康被害が甚大 [続きを読む]
  • 上山医院(前編)
  • 「玄関」医院の正面入口の方を振り返る。入口を入って直ぐ左に折れた場所(写真右側)に待合がある。「受付/待合」玄関の前から受付/待合の方を望む。廃業して長い年月が経つのか、病院らしい清潔感は皆無である。因みに、白いラックで半分塞がれている部分に受付窓があり、通路状の待合を奥へ進んだ部分に診察室がある。「診察室」こちらが診察室。まぁ、診察室っぽいと言えば診察室っぽいが、当然の事ながら決して今風では無く [続きを読む]
  • ホテル 甚五郎(2階・後編)
  • 「2階通路・その3」それでは、(2階・中編)から続く「コ」の字型で構成された建物の「|」棒部分に当たる通路の続きを進みます。通路の左側に客室が並んでいるので、順に探索してゆきます。「客室(224)」まぁ、同じ様な部屋が並んで面白くないですが、取り敢えず掲載してゆきます。以前はこの部屋はかなり綺麗で、少し掃除すれば使えそうでしたが・・・、・・・↓↓↓3度目に訪れた際には激しく破壊されていました。「2階通路 [続きを読む]
  • 阿蘇観光ホテル(1階・前編)
  • ーー前置きーーこちらは第一回九州廃墟旅行一日目の二件目である。一件目の未成廃病院が最高にしょーもなかった失望感と長旅の疲れで、当物件に向かっている最中から既に探索する気力が失われつつありましたが、取り敢えず、最低でも下見は済ませておこうと思い、やって来ました。さて、廃墟へと向かう道は大地震の大規模な復旧工事中でしたが、通行止めや立入禁止の看板は無かったし、通れるのかな、と思い、試しに進んでみました [続きを読む]