茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttps://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • もっと自宅でお茶が飲みたくなる雑誌
  • 「お茶とお菓子は、やっぱりたいせつ。」と、表紙の右上に書かれた雑誌。 お茶の時間にしましょうか。 すんなり入りこんでくる言葉に誘われて、雑誌「& Premium」をめくりながらお茶時間。 この日のお茶は、ティーバッグのコーン茶。 ほんのり甘く香ばしいトウモロコシのお茶は刺激が少なく、どんな時でもやさしい味です。 雑誌というと読み捨てのイメージがありますが、月日がたってもぱらぱら繰り返しめくって楽しめるものも [続きを読む]
  • ごはんも散歩もおやつも大事
  • 朝ごはんは食べない派でしたが、最近は少しだけでも食べるようにしています。 早寝早起き、食べ過ぎず、ゴロゴロしすぎず、おやつ控えめ。元気な時にはなかなかできないことです。 外ネコさんと会うのを楽しみに、少しずつ散歩の距離をのばして、近くの図書館へ本の返却に行ったり、日用品の買い物に出かけたり。 スーパーのセルフレジ。猫マークのところだと、バーコードを読み取るたびに「ニャ〜ン」と、か細い鳴き声がします [続きを読む]
  • ネコ型ティーバッグのルイボスティー
  • なんとなく麦茶やルイボスティーなどを選びたくなるのは、やっぱりカラダがそういうものを求めているのかな、なんて思います。 この日のお茶は、ルイボスティー。ネコ型のティーバッグが気分を明るくしてくれます。 好きでも嫌いでもないルイボスティー。前に飲んだのはいつだったか覚えていないくらい久しぶり。 こういう機会でもないと中国茶以外のお茶ってあまり飲んでいない気がします。 薬をお茶で飲んではいけないというの [続きを読む]
  • 単叢ウォーターと好みの茶葉のティーバッグ
  • このところ簡単に淹れられるティーバッグが役立っています。あらかじめ自分の好きな茶葉で作っておいたものです。 入院中も好きなお茶が飲めたらと思い、ティーバッグにして持って行ったのですが、ほのかに味がする程度のごく薄いものが飲みやすく感じられて、いつもとは全然違う飲み方をしていました。 ティーバッグに選んだお茶は、鳳凰単叢蜜蘭香・茉莉龍珠・加賀棒茶・岩茶奇蘭の4種。熱湯が使えないだろうと、水出しでもおい [続きを読む]
  • 入院中のお供は本のお茶と猫菓子本
  • 猫さんが体調を崩すこともなく元気に留守番を終えられてほっとしています。一週間ほど入院して、やっと猫さんのもとに帰ってきました。 普段ほどんど鳴かない猫さんですが、ニャーニャー言いながら逃げて行き、不審者を見るような表情で念入りににおいチェック。 病院から持ち帰った荷物を片付けて部屋着に着替えたらやっとひざの上へ。しかし、四足をふんばったまま座らずにしっぽをブンブンしたりとなかなか落ち着きません。 茶 [続きを読む]
  • 猫さんは一週間ほどお留守番
  • 一週間ほど留守にするため、しばらく更新をお休みします。 家族がいるので猫さんの食事は心配はないけれど、薬を飲ませられないのが少し気がかりです。 離ればなれの時間は、猫さんよりも茶猫の方が心細いのかもしれません。たくさん眠っていれば日がたつのが早いかな。 できるだけ早く帰ってこれるように頑張るので、猫さんも無事にお留守番ができますように。 〜ご訪問ありがとうございます〜にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大切に育てられたマスクメロンと三層坪烏龍茶
  • いまひとつ元気が出ないときには大好物を。 マスクメロンの網目は芸術品のように美しく、凛としたT字型のツルにうっすら見えるチクチクした細かい棘は鮮度をアピールしているかのよう。 この日の主役は大好きなマスクメロンです。合わせたお茶は、三層坪の烏龍茶。 艶やかな大きめの粒は重量感があり、蓋碗に入れる時の音が違います。 三層坪は、杉林渓と阿里山の間にある茶区なのだそう。温めた蓋碗に茶葉を入れただけでたち [続きを読む]
  • 可愛い鬼役と食べる鬼サブレで穏やかな節分を
  • 冬と春、季節を分ける節分は2月3日。豆まきもしないし、恵方巻きも食べないけれど、茶猫家では福茶を飲みます。 歳の数だけ豆を食べるのと同じように、無病息災を願うお茶。梅干し・昆布・福豆を入れて好きなお茶を注いだらできあがり。 節分だけではなく普段も飲みたいお手軽茶。昆布のだしと炒り豆の香ばしさに梅のさっぱり感が調和しています。 今回はお茶が濁りにくいカリカリタイプの小梅と残っていた塩昆布、そしてほっこ [続きを読む]
  • 梨山紅茶といただく洋菓子屋さんの焼きリンゴ
  • ケーキ売場のウインドウでひときわ目を惹く「青森県産紅玉の丸ごと焼きりんご」。りんごを模したケーキかと思いきや、外側は本当に丸ごと焼きりんご。ケーキに合わせて選んだのは、梨山紅茶。紅茶になっても梨山らしい厚みのある風味がしっかりと感じられます。台湾茶ならではの華やかな香りは、初めて飲む人に嬉しい驚きを与えてくれるようです。旬のフルーツを使った洋菓子が人気の「ファウンドリー」は、農作物の収穫にあわせて [続きを読む]
  • 珈琲と一緒がおいしい四角い茶せんべい
  • パリっという気持ちいい音を響かせながらおせんべいをかじるなら、やっぱり堅焼きでないと。 この日のおやつは、四角いおせんべい。丸いおせんべいを見慣れているせいか、四角いだけでおいしそうに見えます。 団子坂下の交差点近くにある「菊見せんべい」は、創業明治8年(1875年)という老舗のお煎餅やさんです。 夏目漱石の三四郎にも出てくるように、明治の文豪たちも同じ味を楽しんだのかと思いを馳せてしまいます。 ガラスケ [続きを読む]
  • プリンアラモードのちロールケーキの休日
  • 店頭のブラックボードにあるプリンアラモードの絵に惹かれて、思わず寄り道してしまったカフェ。 入口を入って左側がARINCO(アリンコ)というロールケーキやさんで、正面がPARADIS(パラディ)というケーキ屋さん、右手奥がカフェスペースになっています。 スイーツ特集の雑誌みたいなメニューを開いて、ダージリンとプリンアラモードを選びました。 紅茶とスイーツの色が鮮やかに映える、真っ白なテーブルに真っ白な食器。 二人 [続きを読む]
  • ふくよかな甘みと野性味を楽しむ倚邦紅茶
  • 雲南省の紅茶というと大きな葉っぱを連想するけれど、倚邦の紅茶は小葉種。 この日のお茶は、西双版納のみやげ話を添えておすそわけしてもらった倚邦茶園の紅茶。 黒褐色に金毫が混じるマットな茶葉は、袋から出した瞬間、雲南っぽさを感じさせる香りがします。 現地に行った人の話をきくのは、本を読んだり写真を見るよりずっと楽しく、その場所の風景や空気までもが伝わるような気がします。 野性味のある力強さと、ふくよか [続きを読む]
  • お菓子好きを誘惑するホットチョコと雪見茶の百歳香
  • 都内にも雪が積もった寒い夜は、ベランダに積もった雪を少しだけ器に入れて雪見茶を。 ほのかに香る蝋梅と解けていく雪の組み合わせは、一足早く春を感じさせてくれます。 この日のお茶は、百歳香という正岩茶。いつもより甘く温かく、しみじみおいしい。 暖かい室内だと、雪もどんどん解けてきて、蝋梅も短時間で花が開きます。 雪の日は電車の遅延や運休などの心配があるので帰宅を急ぐ人が多いけれど、誘惑に負けてちょっぴ [続きを読む]
  • 見る楽しみと使う楽しみがあるギャラリー&カフェ
  • ひと気のない細い道にこそ居心地のいいカフェがあったりするもの。 代官山の駅からほど近い場所にあるギャラリー&カフェ「無垢里」に寄り道してみました。 広いガラス張りなので、様々な作品が陳列されたギャラリースペースの一部が通りからもよく見えます。 土間で靴をぬいであがるスタイル。外から見えるスペースだけでなく、奥の方にもギャラリースペースがあり、その一角にカフェスペースも用意されています。 この日は、 [続きを読む]
  • 雪景色を思わせる羽二重餅とじんわり温まる鉄羅漢
  • 暦の上ではいちばん寒い時期となる大寒。2018年は1月20日から立春まで。そんな時期に選びたくなるのが鉄羅漢。 春から始まるこの本もいよいよ最後のページ間近です。大寒は二十四節気の24番目。 大寒のページには、雪の中で生き生きとした表情を見せるネコの写真とともに、季節や気候の特徴が分かりやすく記されています。 正岩茶の鉄羅漢は、これまでの記憶の中のどっしりした力強い印象とは少し違いました。 半岩茶と比べると [続きを読む]
  • 柿の種チョコと楽しむ翠玉の東方美人
  • この日のお茶は、翠玉という品種で作られた東方美人。 友人と4種の東方美人を飲み比べた時、翠玉で作られたものだけ何だか違和感があったので改めてじっくり飲んでみたかったのです。 左から、金萱・白鷺・翠玉・青心大?。品種の異なる東方美人の飲み比べは楽しい時間でした。 おやつを食べたりごはんを食べたりしながらの緩い飲み比べ。 初めだけじっくり比べて、あとはおやつやごはんを食べながら。 チョコケーキに青心大?を [続きを読む]
  • 煮出して最後までおいしい老白茶巧克力餅
  • 夜更けまで本を読みながらお茶をすする休日。煎のきくお茶は、一日中飲んでいてもまだまだ飲める。 根が生えたみたいにずっとこの場所から動かない茶猫に、ずっとつきあってくれる猫さん。 この日のお茶は、老白茶。名刺くらいのサイズの包みの中は、チョコレートのような形の固形茶。 巧克力餅と呼ばれているのだそう。巧克力とは中国語でチョコレートの意味。 板チョコみたいにパキっと割ってひとかけらずつ使います。ちょう [続きを読む]
  • ギャラリーで鑑賞する中国茶の愉しみ
  • そこにあるだけで絵になる器。いつものお茶なのに、いつもよりおいしく感じるのは、雰囲気のせいなのか茶杯の形状によるものなのか。 おいしくお茶を飲みながら、一枚、もう一枚と、こうして写真を撮りたくなります。 「中国茶の愉しみ」という展覧会のタイトルに惹かれて、久しぶりに足を運んだのはギャラリー「ソラノハコ」。 このギャラリーは入口を中心に、ふたつのスペースに分かれていて、2人の作家さんの展覧会が多いので [続きを読む]
  • 風鈴花を愛でながら鳳凰単叢杏仁香を
  • 鳳凰単叢の杏仁香を淹れました。この香りは何かに例えるのが難しいといつも思います。 エキゾチックな香りと表現したくなる、何とも例えようのないとろんとした香りなのです。 気分が高揚するような派手な香りではなく、樹皮とかナッツの殻とかを連想させる落ち着いた印象なので、飲み疲れることのない好きな香りのひとつです。 ふんわり空気を抱き込むように軽やかに揺らぐこの花はグリーンベル。風鈴花という呼び名の方がしっ [続きを読む]
  • 眠ってばかりの猫さんと雑種ネコのオブジェ
  • 電気毛布を敷いたベッドで広々ぬくぬくの猫さんは寝てばかり。ブランケットの中から出てきて、ふぅーっと大きなため息をついてゴロリ。 のぼせたんじゃないかと心配になるほどの脱力感ですが、長ーくのびたまま右に左にと寝返りをうって、足先が冷えたらお布団の中へ。 先日、駅の地下道でずらりと並ぶネコのオブジェをみかけました。 ここは上野と御徒町をつなぐ地下通路。地上の賑やかな通りよりも人が少なく、天気の悪い日は [続きを読む]
  • 金柑のシロップ漬けといただく宵越しの岩茶条
  • 前日の夜から飲んでいるのは九七年岩茶条。細長く固められた岩茶です。 真ん中からポキっと半分にしようと思っても、いつも思ったようには折れないところがまたいいのです。 宵越しのお茶でもおいしさはそのまま。老茶用の小さな茶壺で淹れていると、煎のきくこのお茶はもはや何煎目なのか分からなくなります。 この日は金柑のシロップ漬けと、前日は栗きんとんといただきました。最後まで残りがちなおせちの甘いものも、岩茶と [続きを読む]
  • 匠の技が詰め込まれた黒蜜きなこパフェ
  • お正月とお盆は街中が和の雰囲気に包まれる時期。厳かな時間から賑やかな時間へと変化していきます。 そんな中、日本料理店「くろぎ」の黒木氏がプロデュースする「厨 otona くろぎ」へ。お酒も甘味も楽しめるバー&カフェ。 この日は、厳かな雰囲気をたたえた黒蜜きなこパフェを。漆器ならではのしっとした艶やかさが和スイーツを彩っています。 黒を基調とした半個室はゆったり座れるソファ席。ブランケットも用意されている心 [続きを読む]
  • 暖をとる猫さんといちばん好きな水金亀
  • まぁるい一人用電気カーペットは、クッションがわりに敷いたりひざかけのように使ったりとなかなか重宝しています。 スイッチを入れると30秒と待たずぽっかぽかになるので、カチカチっとスイッチを入れる音がするとすぐに猫さんがやってくるのです。 電気カーペットは猫さんに譲って、ニンゲンはお茶で温まることにします。 いちばん好きなお茶、水金亀を淹れました。温めた茶壺に茶葉を入れた瞬間ふわりと立ちのぼる香りだけで [続きを読む]
  • 穏やかな一年を予感させる九曲紅梅
  • 新年明けましておめでとうございます。本年も幸多き年になりますように。 いつもと同じ朝のはずなのに元旦の空気は澄んでいる気がするのは、歳神様が来てくださったからなのかもしれません。 九曲紅梅(きゅうきょくこうばい)という中国紅茶を淹れました。 穏やかな一年を予感させてくれる優しい甘みは、飲む人の気分を和らげてくれます。 本年も猫さん共々どうぞよろしくお願いいたします。 〜ご訪問ありがとうございます〜 [続きを読む]
  • 清々しい気分で春の香りを味わう湄潭翠芽
  • 歳神様をお迎えする準備も整い、清々しい気分で淹れたのは湄潭翠芽という中国緑茶。 貴州省のお茶と聞くと、お茶作りの上手なミャオ族が作ったんだろうか?なんて、少数民族の華やかな衣装が脳裏に浮かびます。 お気に入りの三つ足タンブラーにさらさらと茶葉を入れてカジュアルに。うっすら白毫が見えるつるりとした茶葉が美しい。 春の香りが鼻腔から身体いっぱいにひろがっていくような心地良さに頬がゆるみます。フルーティ [続きを読む]