茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttps://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • ウサギが跳ねてるお月見団子とプーアル生茶
  • 昨夜の月は雲に隠れていたけれど、今夜は十五夜。中秋の名月です。 可愛いお月見団子をいただいたので、中が気になって箱をあけてみました。日本橋屋長兵衛のもの。 お月様にウサギが一羽ずつ。なんて可愛いお月見団子。 ほんのり柚子が香るぷにぷにのお月見団子は、一口サイズでぱくっといけちゃいます。 選んだお茶は、下関沱茶。 あんころ餅みたいな和菓子には、煎茶よりもプーアル生茶を合わせるのが好きです。 このお茶 [続きを読む]
  • 甘みをひきしめる塩味を楽しむ雪塩ソフト
  • 肌寒いかと羽織ものをまとって出かけると、歩いているうちに暑くなってちょっと後悔。そんな時にはソフトクリーム。 塩の専門店でいただいたのは、沖縄の雪塩が使われているという「雪塩ソフト」。 イートインスペースにはトッピング用の塩が12種類もあり、いろんな塩をトッピングして楽しむことができます。 そのままでもおいしい雪塩ソフト、いろんな塩を試しているといくらでも食べれてしまいそうでコワイ。 店内にずらりと [続きを読む]
  • 輪っかになったルフナ紅茶と生ミルキー
  • この日のお茶は、ルフナ紅茶。 おやつには、コンビニで気になっていた生ミルキー。 7粒入りというのが多すぎなくてちょうどいい。何でも冷凍したい茶猫は、ひとまず1粒は冷凍庫へ。 一芯二葉の茶葉2〜3本でひとつの輪っかになっっています。 4グラム200cc5分と記されていたので、その通りに。中国紅茶だと5分も待つことはないので、そわそわ。 淹れる前の茶葉はちっともいい香りがしなかったので不安でしたが、お [続きを読む]
  • 初めての生プルーンをお茶うけに白牡丹を
  • この日のお茶うけは、紫色。デラウェアと、初めての生プルーン。 プルーンはドライフルーツやジャム、健康食品といったイメージがあって、これまであまり関心がわかなかったフルーツでしたが、生プルーンはおいしそうに見えたので買ってみました。 そんなわけで、この日のお茶うけは初めての生プルーン。 白牡丹を淹れました。 今年の夏は、白茶よりも緑茶を多く飲んでいた気がします。 このやさしい口あたりは、白茶ならでは [続きを読む]
  • ふちねこ ねこの絵 ねこまつり
  • 9月初旬から開催している、ふちねこキャンペーン。今回はハロウィンふちねこ。 ほうき・カボチャ・小悪魔・マント・ぼうし、の5種類。手触りで「ほうき」を選んだつもりでしたが、ぼうしでした。 毎回のことながら、それぞれのネコのポーズ、毛並みや肉球まで繊細な作り。今回は、18時以降のレシート3枚で好きなふちねこが選べるのだそう。 そこらじゅうにベローチェがあって、店頭にはキャンペーンののぼりがあるものだから、 [続きを読む]
  • ゆるりと猫思考になれる猫本とネコクッキー
  • 最近、寝る前に読んでいる本がこれ。猫思考。 気にしニャい。とらわれニャい。惑わされニャい。 可愛い猫の写真とともに、気持ちを楽にしてくれるような猫思考が綴られています。 がんばり過ぎている人にも、怠けている人にも、そっか、それでいいのか。と、ほっとさせてくれる言葉が見つかります。 そんなある日のおやつは、ネコクッキーを添えたアイスクリーム。 宜興紅茶を合わせました。 以前飲んだ時よりも香味が落ち着い [続きを読む]
  • コーヒープレスで淹れた珈琲とふわふわシフォン
  • お茶も好きだけど珈琲も好き。この日は、チョコチップが練り込まれたシフォンケーキと一緒に珈琲を。 週末に小さなカフェで入手してきた珈琲豆とシフォンケーキ。焙煎したての珈琲の袋は、炭酸ガス(香り成分)でぱんぱんに膨らんでいます。 シフォンケーキは買った日に食べれなかったので、冷凍庫で保存していました。珈琲を淹れている間に自然解凍されて食べごろに。 香りを楽しみながらカリカリと豆を挽いて、久しぶりにコーヒー [続きを読む]
  • 青島の紅茶とキュートなパンダあんぱん
  • 何にでも合わせやすく、飽きのこない味。この日のお茶は、?山(らおしゃん)紅茶。 まぁるい小さな茶壺で淹れました。 可愛いパンダあんぱんをいただいたので、さっそくおやつに。 紀ノ国屋でいつでも買える商品なのだと教えてもらいました。 このあんぱんは直径7センチくらいかな。ミニサイズなのがいい。 北海道小豆を使ったこしあん入り。想像よりもさらりとした甘さで食べやすい味でした。 あんぱんとも相性のいい?山(ら [続きを読む]
  • プリンは固めで甘すぎないのが好き
  • プリンは固めが好きです。 とろりとしたクリーミーなタイプはたくさん見かけるのに、固めが少ないのは好きな人が少ないのだろうか。 小さなカフェでお気に入りのプリンと出会いました。テーブルは3つだけですが、タイミングよくあいていたので、迷うことなくプリンをいただくことに。 おやつセットは、ケーキと飲み物で700円。もちろんプリンも可。 ショーケースの中には、いちじくのショートケーキ・チーズケーキ・プリンが [続きを読む]
  • キラキラほおずきゼリーと台湾碧螺春
  • 夜風が気持ちいい季節になってきたものの、まだまだ緑茶に手をのばしたくなる気分。 選んだお茶は、台湾碧螺春という緑茶。お湯を注ぎ足しながらのグラス飲みは、猫舌に優しい飲み方。 ほんのりフルーティーな香りが鼻先をくすぐります。 ごろごろうねうねしている猫さんを見ながら、おうちで飲むお茶がいちばん。 お茶うけには、野菜ゼリー。「麻布野菜菓子」は、いろんな野菜を使ったお菓子があって、野菜とお菓子が好物の茶 [続きを読む]
  • 宜興と常滑の急須の本を見ながら柚花香を
  • 急須でお茶を 宜興・常滑・急須めぐり。そんなタイトルの本を開きながらお茶時間。 INAXライブミュージアムにて9月25日(火)まで「 急須でお茶を―宜興・常滑・香味甘美 」という企画展が開催されているのだそう。 残念ながら見に行けそうにないので、そのミュージアムブックを図書館で借りてきました。 宜興の街の紹介からはじまり、宜興の茶壺がどのように常滑に伝わって、どのように変化してきたのかを、美しい写真とともに掲 [続きを読む]
  • 看板猫がいるカフェのお気に入りオムライス
  • 看板猫のいるカフェアルル。扉ごしに目が合ったら、きっと入りたくなってしまうカフェ。 誘われるがまま扉を開けて、好きな席に座ります。猫カフェではないので、お客さんはみんな風景の一部として猫スタッフの姿を穏やかに眺めています。 そこがいいのです。猫と遊んだり、なでたりするのではなく、猫のいる空間でくつろぐ時間を求めて来店している人が多いのかも。 メニューの表紙には、先代の看板猫の写真が。今は二匹の猫が [続きを読む]
  • 冷凍みかんをお茶うけに叙城小蘭花を
  • この日のお茶は、叙城小蘭花という中国緑茶。 茶葉の形と香りが蘭に似ていることから、この名前になったのだとか。 蘭の花の香りに例えられるお茶はたくさんあるけれど、そのどれもが異なる香りだし、茶猫は蘭の花の香りを知らないので、いつもそのイメージが曖昧です。 お茶うけには、冷凍みかん。コンビニのアイス売り場で見かけるこの冷凍みかんは、皮がむかれた状態で箱に入っています。 小ぶりな冷凍みかんが個包装になっ [続きを読む]
  • 日常茶にぴったりのおいしすぎない文山棒茶
  • 丁寧に淹れて大切に飲みたいお茶も、気軽に日常茶として飲みたいお茶もどっちも大事。 食事のお供に、おやつのお供に、気負わず飲める日常茶として気に入っているのが、文山包種の茎茶。 普段使っているかりかねほうじ茶の茶缶にちょうど入る100グラム入り。そしてかりがねほうじ茶よりも安価です。 粉末状になっている部分も多いけれど、それが混ざっていることでちょうどいい濃さになっています。 この日は、おやつの時間にも [続きを読む]
  • ペリカンのロールパンと青島の紅茶を
  • 朝ごはんにペリカンのロールパン。ちょっとトーストすると外側がパリっとしておいしい。 田原町にあるパンのペリカンは、何度も前を通ったことがあるのに一度も買ったことがなかった、いや、買えたことがなかったパン屋さんでした。 入口のガラス戸にはいつもこの張り紙がある気がします。 でも、予約さえしておけば買うことができるのだそう。そして初めて買ったロールパン。 いちばん手前の棚だけは、予約なしで買える分。タ [続きを読む]
  • Shopチロルチョコのアイスとカレーにわくわく
  • きっと誰もが知っている身近なお菓子、チロルチョコ。コンビニのレジ横などに新しい味を見つけるとちょっと買いたくなる、そんなお菓子。 そんなチロルチョコのアイスがあることを最近知りました。秋葉原駅から徒歩5分ほどの場所にあるShopチロルチョコには、他にもいろいろ気になるものがあります。 見慣れたデザインがアイスのパッケージに。これは心惹かれます。 ぽってりした形で、薄いチョコでコーティングしたコーヒー風味 [続きを読む]
  • 野菜のフィナンシェと楽しむ華やかな香りの岩茶雀舌
  • 暑がりの茶猫にはまだまだ涼しいとは思えないけれど、それでもずいぶん過ごしやすくなってきました。 この夏はあまりの暑さに大好きな岩茶も飲む頻度が減っていたけれど、この日は岩茶の雀舌を選びました。 温めた茶壺に茶葉を入れたときにふわりと香る、この瞬間がたまらない。 やっぱり岩茶がいちばん好きだなぁと思う一煎目。きつすぎると思うほどの花香に驚いた二煎目。華やかながらも落ち着きを取り戻した三煎目。 お茶う [続きを読む]
  • フルーツ風味のバウムクーヘンと鳳慶紅茶を
  • この日のアイスティーは鳳慶紅茶。 冷蔵庫の冷茶を切らしているけど、今すぐ冷茶が飲みたいという時は、水出しではなく氷でいっきに冷やす方法で。 耐熱性の冷茶ポットに茶葉を入れて、少しの熱湯を注いで少し待ち、それから氷をたっぷり加えていっきに冷やします。 この方法は向いているお茶とそうでないお茶があるけれど、このお茶はおいしくできあがります。 そしておやつには、銀座千疋屋のフルーツクーヘン。 イチゴ、メ [続きを読む]
  • ばんばら茶かき氷が楽しめる野菜菓子のお店
  • 初めて飲んだ「ばんばら茶」。四国の山中に自生するお茶の木から手摘みして作られるのだそう。 手揉み、釜炒り、天日干し。肥料も農薬も使わず、自然に育った山のお茶。 透き通った飴色の茶湯は、それほど香ばしくもなく、落ち着いた味わいながらも力強さを秘めている印象。 茎が多めの蔵茶を薄くしたような味に感じられました。 お店に入る前から悩ませたおいしそうなメニュー。ミニトマトやセロリ、かぼちゃ、いちじくのかき [続きを読む]
  • 夏風邪さんにパイナップルタルトと白牡丹紅茶
  • くるりん。猫さんのしっぽは長くもなく短くもない、中くらいの長さ。 床でゴロゴロ率が高いので、拭き掃除に洗剤は使わないようになりました。 猫さんの視線を感じながら、ニンゲンたちはお茶タイム。 旬のフルーツが魅力的なファウンドリーのタルトに合わせて、この日のお茶は白牡丹紅茶。 紅茶になっても白牡丹らしい香味はそのまま。一口飲んだらはっきり白牡丹だと分かります。 この時期はやっぱりメロン。茶猫は果物の中 [続きを読む]
  • ビー玉みたいな九龍と楽しむ青島の緑茶
  • 部屋の中に緑が少しあるだけで、ちょっと涼しげに見えます。ミニ盆栽でも猫草でも。 この日のお茶は、?山(らおしゃん)緑茶。くるりとゆるやかな曲線を描く細かな茶葉は深緑色。 前に飲んだのはいつだったか覚えていないくらい久しぶり。 きりりとシャープな香味が気分をシャキンとさせてくれます。 とても細い茎に小さな芽と葉っぱが綺麗についているその姿に視線はくぎづけ。 写真だと実物より淡い色に見えているけれど、キ [続きを読む]
  • 保冷猫バッグのおやつ時間と携帯用ミニ扇風機
  • 氷をたっぷり入れたグラスに注いだアイスティー。セイロンにピーチの香り付けをしたティーバッグを水出しにしました。 フレーバーティーは苦手ですが、水出しにするとそれほど香りが強くないので飲みやすい。 先日入手したカルディーの保冷猫バッグに入っていた紅茶とおやつでティータイム。 フリーボトルの耐熱温度は、マイナス20℃〜100℃なので使いやすそう。見た目は似ていても冷凍や熱湯はNGなタイプも多いんですよね。 [続きを読む]
  • あんやのほうじ茶蜜かき氷と猫さんの氷水
  • ちょっと外に出ると、すぐに涼しいところに避難したくなってしまいます。 この日も、あっさりと「氷」ののぼりに誘い込まれてひと休み。 お店に入るとガラスごしに厨房でお菓子作りをしている様子が見えて、こんなふうに丁寧に作られているお菓子はどれもおいしいんだろうな、と思わせてくれます。 その奥が茶房になっていて、軽食や甘味を楽しむことができます。 茶房スペースは昼間でも洞窟に入ったかのようなほの暗さで、窓 [続きを読む]
  • 冷めてもおいしい招き猫印のお弁当を刈番茶と
  • とある日の茶猫家のごはんは、招き猫印のお弁当でした。 デパ地下で買い物中の家族からの電話。 コロッケ食べる?うーん・・・ 招き猫印のお弁当食べる?食べる! パッケージに招き猫のロゴがついているだけですが、いまいち食べたいものが思いつかない時の決め手には十分でした。 茶猫が好きなのは、小箱タイプのそぼろ弁当。ごはんとおかずの間が笹の葉で仕切られていて、一口サイズにして詰められたおかずはひとつひとつ丁寧 [続きを読む]
  • しょう平水仙紅茶とおいしいラスクの時間
  • この日のおやつはラスク。手みやげを買うつもりが自分の分も、といういつものパターン。 やっぱり自分が食べておいしいと思うものを手みやげにしたくなります。 漳平水仙(しょうへいすいせん)紅茶と一緒にいただきました。 四角く固められた茶葉は、白い紙に包まれています。 甘いお菓子とも相性がよく、後味をすっきりさせてくれます。 出先でお茶を淹れようと思う時も茶葉が崩れにくく、蓋碗でもティーポットでもおいしく淹 [続きを読む]