茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttps://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • 日本茶が主役のアレンジティーがあるサテン
  • サテンという名の日本茶スタンドは、西荻窪駅から徒歩5分ほど。最近、日本茶のアレンジティーを楽しませてくれるお店がとても増えている気がします。 お茶もコーヒーもアルコール類も楽しめるお店とあって、ほぼ満席。 角に面した建物で、入口はふたつ。それぞれ違った表情を見せてくれています。 タイミングよく席が空いたので、茶猫たちもひと休み。 ゆったり座れるテーブル席で、焙じ茶コークとアイス抹茶ラテ。 一口飲ん [続きを読む]
  • 気になるねこじゃらしおりと千島湖龍井茶
  • 集英社文庫のキャラクター「よまにゃ」は白いネコ。6月下旬より対象文庫を1冊買うとしおりがもらえるキャンペーン中です。 書店のPOPにあっさりと誘惑されました。シリコン製のしおりは「ねこじゃらしおり」。全4種なのだそう。 文庫本の目録を読むのも好き。目録をめくっていると、ずっと前に読んだ本をもう一度読んでみたくなったり、新しくお気に入りの作家さんを見つけたりする楽しみがあります。 丸いタグ部分の柄は4種類 [続きを読む]
  • クッピーラムネ味のわらび餅をお茶うけに台湾碧螺春
  • 懐かしさを感じる人も多いクッピーラムネという駄菓子。そのコラボ商品、クッピーラムネ味のわらび餅を見かけました。 インパクトのあるパッケージについ衝動買い。そんなわけで、この日のお茶うけは駄菓子になりました。 フタを開けると、ラムネ色のわらび餅らしき姿にドキドキ。クッピーラムネパウダーと小さなフォークが付属されています。 その前にお茶を。選んだのは、台湾碧螺春(へきらしゅん)という緑茶。江蘇省の碧螺春 [続きを読む]
  • 白い恋人が食べたくなるお菓子サクと紅玉紅茶を
  • 暑さが苦手な茶猫にとって、夏はとても長く感じられます。 ものすごく暑い日に飲むとおいしく感じる紅茶、紅玉(こうぎょく)を淹れました。 スーっとするメントール香が爽やかな台湾紅茶で、普段は全然飲みたいと思わないお茶ですが、真夏になると飲みたくなります。 心地良い渋みは、甘いものと合わせるのもありかな、と思います。 どれにしようかな、と迷わせるこのお菓子は、北海道の「白い恋人」で知られるISHIYAの直営店で [続きを読む]
  • 七夕飾りの竹で作った茶匙と猫じゃらし
  • 一年前の七夕に、笹飾りの枝で作った茶匙。細い枝がくるりと巻き付いたこげ茶色の茶匙はずっと前に買ったものですが、使っているうちに細い部分が折れてしまっています。 なので、こんなふうに作れないものかと、七夕飾りに使った枝を適当な長さに切りそろえて、細い枝をぐるぐる巻き付け紐でしばっておきました。 ぐるぐるにしなかった分は、少しずつ火であぶって油抜きをしていたので、深みのあるまだらな茶色になりましたが、 [続きを読む]
  • 猫ニキビ初めての出血にオロオロ
  • 猫さんのあごの部分に注目。うっすら赤くなっているのは猫ニキビ(猫ざそう)。 数日前からだんだん目立つようになり、そばにいるときに確認しようと思っても、なかなか見えそうで見えない。 上を向いてる今のうちにと思ったら、クルリと方向転換。 うーん、おしい。 そんなわけで、本棚から取り出した「愛猫の家庭の医学事典」を開きながらのお茶時間。 この日のお茶は、白芽奇蘭。 青っぽさが薄れ、カドが取れた滑らかな味わ [続きを読む]
  • 日本茶を楽しむ場所と時間をのぞける一冊
  • 日本茶といえば、家庭で飲む日常茶のイメージがありますが、意外にも日本茶が飲めるカフェもたくさんあります。 「東京のほっとなお茶時間」という本をぱらぱらめくっていたら、思っていた以上にたくさんのお店があることにびっくり。 都内のお店約50店舗、東京近郊のお店や移動販売など10店舗、その他ネット販売や茶葉だけを扱うお店などが掲載されています。 新しいスタイルでの楽しみ方を提供してくれるお店や、お茶を使った [続きを読む]
  • ほうじ茶入りカフェラテと小さな焼き菓子店
  • 先日よりもひと回り小さなヒマワリが咲きました。直径わずか7センチほど。一輪挿しに飾りやすいサイズです。 ネコクッキーをおやつに、冷たいカフェオレでも飲もうとキッチンへ。 氷を入れたグラスにミルクを注ぎ、綺麗な二層にしようと氷の上からそっとコーヒーを、のつもりでしたが、考え事をしながら手にしていたのは水出しほうじ茶でした。 うっかりほうじ茶を入れてしまったけれど、まだ少しだけ。なので、そのままコーヒー [続きを読む]
  • 金萱茶風味のあんず煮を炊飯器で簡単に
  • 果物売場に並ぶあんずがあんまりおいしそうだったので、1パック買ってみました。 そういえば、あんずを生で食べるのは初めてでした。 真ん中からパカっと割ると、見慣れたあんずの形です。サクっとかじると内側の果汁がじゅわっと口の中に広がり、酸味のある皮のシャクシャクした歯ごたえがとってもいい。 ムシムシした日にこの酸味はとてもおいしく感じます。プラムに似ているけれど、あんず特有の香りが新鮮でした。 ジャムや [続きを読む]
  • 小さなヒマワリと暑い日においしい月光白
  • 小さなヒマワリが咲きました。猫さんペロリ。まさか味見してないよね? 春にお花屋さんでもらったヒマワリの種を植えたのは4月下旬のこと。 小さな花を咲かせるヒマワリだと袋に書いてあったので、空いていた鉢に1粒ずつ蒔いてみました。 見慣れたサイズの種と比べると、こんなに小さな種でした。 1週間で発芽し、背は低いまま葉っぱがバサバサと増えてきて、1ヶ月ほどで花芽らしき姿が見えてきました。 種まきから2ヶ月弱で [続きを読む]
  • 趣きのある初版本を開きながら莫干黄芽紅茶を
  • おいしい紅茶を飲みながらネコクッキーをつまんで、ネコ本を開いていた週末。 「吾輩は猫でもある」覚書き。ちょっと気になるタイトルと表紙の絵に惹かれて手に取った古本です。 雑司ヶ谷で楽しそうなイベントが開催されていると聞き、散歩がてら足をのばした「猫ノフルホン市」で見つけた一冊。 イベントというほどの大きな催しではありませんが、年に一度開催されるという「猫ノフルホン市」は今年で5回目なのだそう。 開催 [続きを読む]
  • 6種の飲み比べができるアーモンドミルクカフェ
  • 表参道に期間限定でオープンしているアーモンドミルクカフェ。 木のぬくもりと清々しいグリーンに囲まれてちょっと一息。 メニューは1種類のみ。6種類のアーモンドミルクを飲み比べられるセットメニューになっています。 グリコから発売されている「アーモンド効果」という飲み物のPRのためにオープンしたカフェなので、わずか300円で全種類を味わうことができて、さらに可愛いクッキー付き。 表参道の青々とした街路樹が見え [続きを読む]
  • 懐かしいチョコレート菓子をまぁるい東方美人と
  • 飴玉みたいなサイズのコロンとした包み、陶器のフタを開けた瞬間ふわっといい香りがします。 おすそわけしてもらった台湾茶。まぁるく固められた珍しい形の東方美人です。 猫さんのまんまるな後ろ姿を連想させるサビ猫っぽい色合いは、別名の五色茶そのもの。 煎を重ねるごとにゆるゆると茶葉がほどけてきて、蜜香に包まれると気分もほぐれます。 蜜を溶かし込んだ紅茶のような味わいで後味とろりん。飲みこんだ後の余韻にも癒 [続きを読む]
  • 招き猫柄が可愛い缶詰のあられと煎茶いろいろ
  • うーんと目をこらして茶葉を見比べたり、すーっと鼻腔の奥の奥まで吸い込むようにして香りの違いを感じ取ろうとしたり、じっくり向き合った煎茶の飲み比べ。先日の続きです。 こうして単一品種を少しずつ入手できる機会はなかなかないので、じっくり勉強させてもらいました。 さえあかり Z1×さえみどり冴えた明るい色沢と水色で、アミノ酸が多くタンニンが少なめなのだそう。緑がかった淡い黄色でとても艶やか。赤リンゴの蜜を [続きを読む]
  • 真夜中のほかほかご飯も真昼の一杯も楽しめるねこ膳
  • 深夜食堂というドラマを連想させる佇まいの定食がある居酒屋。その雰囲気とお店の名前に惹かれて入ってみました。 新宿にある花園神社のすぐそばにある「ねこ膳」というお店。日が暮れたらさらにいい雰囲気を醸し出してくれそうです。 店頭の看板にぎっしり貼られたメニューの数々。ネコのイラストが店内へと誘っているかのよう。 カウンター席の他、テーブル席が数席あります。午後の半端な時間でしたが、ホッピー片手に文庫本 [続きを読む]
  • 猫さんの爪とぎと大好きな太平猴魁
  • 猫さん愛用の爪とぎは麻タイプ。 抱え込むようにして側面でとぐのが好きなので、その部分だけすぐにボロボロに。 子猫の頃からずっと麻タイプが好み。ダンボールタイプは敷物として使うばかりで、ほとんど爪をとがないのです。 クリーンミュウの爪とぎは、どれも「つめみがき」という名前。 両面使えるので長持ちします。思いっきりバリバリといでいる姿は見ている方も何だか気分すっきり。 古くなった方を片付けようとすると、 [続きを読む]
  • 茶品種ハンドブックを開きながら煎茶の飲み比べ
  • 煎茶がどれも似たような味に感じるのはブレンドされているから。単一品種で仕上げられたものなら、それぞれ異なる特徴を楽しむことができます。 日本茶インストラクター協会から届いた分厚い封筒の中身は、茶品種ハンドブックと品種茶ティーバッグ7種。 こんなふうにいろんな品種をじっくり飲み比べながら勉強できる機会をいただいて嬉しく思っています。 それぞれ品種のおおまかな特徴をハンドブックや手元にある他の資料で調 [続きを読む]
  • 台湾の絵本を開きながらいただく貴妃烏龍茶
  • 10センチ四方の箱に入った小さなバームクーヘン。それがこの日のおやつです。 おいしく食べきれるサイズで、1個から箱に入れてもらうことができるバームクーヘンmini。3個入りだと綺麗な立方体のような形に。 プチギフトとしてもらうとちょっと嬉しいアイテムです。 そんなバームクーヘンminiと一緒にいただいたのは貴妃烏龍茶。紅茶に近い味わいで蜜香が特徴の烏龍茶。 黄みがかった琥珀色でほんのり甘い香りながらも、飲み口 [続きを読む]
  • パンダ関連イベントで見つけたおいしいものたち
  • 6月12日は上野のパンダシャンシャン1歳の誕生日なのだそう。それにちなんで動物園や近隣の店舗では様々なイベントが催されているようです。 松坂屋上野店とPARCO_yaでは、異なる3店舗でパンダ関連商品を買ってスタンプが3つ揃うと、シャンシャンのクリアファイルがもらえます。 パンダ関連商品のある店舗は、こんなふうにパネルが置いてあります。108円のお買い物でもスタンプ1個。 食べ物だけでなく、文具や服飾雑貨など様々な [続きを読む]
  • クチナシ色の杏仁豆腐とクチナシの香りのお茶を
  • 梅雨時期の湿気に絡み付くように、まったりと香るクチナシの花。今年は咲くのが早かった気がします。 雨の夜が似合う甘く妖艶な香りに誘われ、鳳凰単叢の黄枝香が飲みたくなりました。こうして毎年、クチナシの花が咲くと黄枝香を淹れている気がします。 このお茶を淹れると、クチナシの花のそばを通ったときのような香りがひろがります。花を使って香り付けをしているのではなく、茶葉そのものが持つ香り。 香りの濃厚さとは裏 [続きを読む]
  • 下部尿路ケアと体重管理に悩む猫さんの療法食
  • 猫さんのごはんは療法食。なので、動物病院に買いに行きます。 ドクターイデアNo.1をメインに、メタボリックス+ユリナリーとw/dも愛用しています。 ここ3ヶ月ほど猫さんは薬要らず。猫さんのごはんを買いにいくたびに、かかりつけの獣医さんに近況報告しつつアドバイスをいただいてきています。 下部尿路に配慮したドクターイデアが猫さんには合っているようで、日々の食事のメインは黄色いパッケージのNo.1です。 そんなドク [続きを読む]
  • 中国茶器と骨董のお店「恵比寿小町堂」へ
  • 恵比寿駅から10分ほど歩いたところにある恵比寿小町堂は、店主の宝物を詰め込んだような中国茶器と骨董のお店。 広い窓から自然光の差し込む明るい店内は、使い勝手の良い茶道具や茶席を彩ってくれそうな骨董で埋め尽くされています。 パーテーションやカレンダーなどにちらほらと見え隠れするネコモチーフ。思った通り、店主もネコ好きなのだそう。 現地で仕入れてきたという書籍も興味深いものがたくさん。茶産地を訪れたとき [続きを読む]
  • プーアル生茶と楽しむ大好きな生ライチ
  • いつのまにか紫陽花が綺麗な季節へと移り変わっています。 湿度が高くて暑く感じる日が増えてくると、プーアル生茶が飲みたくなります。 この日のお茶は、青心緊茶という名のプーアル生茶。 このお茶は、キノコのような形をしています。飲む分だけ崩して、毎年少しずつ。 まだ3年ほどしか経っていないけれど、ずいぶんやわらかい口あたりになりました。 お茶うけには大好きなライチを。 中国食品を扱うスーパーの前を通ったと [続きを読む]
  • ぽってり素朴な味わいのざくざくクッキーと黄玫瑰
  • 季節に関わらず毎日でも飲みたくなる岩茶。この日選んだのは、正岩茶の黄玫瑰。 焙煎軽めのイメージがあったけれど、これは重厚感のある好みのタイプだったので茶壺でゆったりと。 仙台みやげにいただいたお菓子の箱、猫さんが開けるのを手伝ってくれました。 中身は大好きなクッキー。レモン・バター・いちじく・オートミール、どれから食べようか迷います。 大好きな岩茶を十分に満喫してから、オートミールのクッキーを。 広 [続きを読む]
  • 専門書より楽しく図鑑より癒される「動物たちへのラブレター」
  • ぜひ図書館に置いてたくさんの人に見てほしいな、と思っていた「動物たちへのラブレター」、図書館にありました。 著者のブログ「さび猫、サビーちゃん!」のファンでもあります。 大人が楽しめる動物好きのための本というと、動物写真家の写真集や文字がぎっりしの専門書のようなものが多いけれど、これはそのどちらでもありません。 ページをめくるごとに、動物園で撮ったとは思えないほど美しい写真と動物愛あふれる言葉に惹き [続きを読む]