茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttps://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • 食べても飲んでもおいしい豆虎のコーヒーゼリー
  • この日のおやつはコーヒーゼリー。どこにでもあるのに、甘くないものを探そうとするとなかなか見つからない。 お砂糖の甘みや生クリームとかミルクプリンは要らない。そんな茶猫のお気に入りが、豆虎のコーヒーゼリー。 豆虎という珈琲やさんは中目黒と赤坂にあり、それぞれコーヒーゼリーの軟らかさや風味が異なります。 ポーションミルクがついてくるけれど、そのかわりに牛乳をちょっとだけかけるのが好きです。 お店で食べ [続きを読む]
  • 冷凍したダノン和のヨーグルトとミルクほうじ茶
  • お茶を使ったアイスやヨーグルトなど、コンビニで見かけるとやっぱり気になります。この日は、ダノン和のヨーグルトを食べてみました。 フタを開けた瞬間、キャラメル味だっけ?と思うような甘い香りがして、食べてみてもほうじ茶風味というよりはキャラメル風味だなぁという印象。 こだわりのほうじ茶とあんぽ柿が使われているヨーグルトは、とろりとクリーミーで滑らかな口あたり。そしてものすごーく甘い。 ヨーグルトと一緒 [続きを読む]
  • ネコ型にした柿と文山果香包種茶を見る猫さん
  • ほんのり甘いのにとっても爽やか。この日のお茶は文山果香包種茶。 冬なのにあったかいなぁという日にぴったりな台湾茶です。 綺麗に色づいた柿の葉を添えて丁寧に梱包された富有柿が届いています。 葉っぱがあるだけで、枝いっぱいに実った柿の木が目に浮かびます。 大好きな柿がたくさんあるので、さっそくお茶うけにしました。 大きな実だったので真ん中の部分を型抜きしてみたり、輪切りにしたりスティック状にしてみたり [続きを読む]
  • 和菓子といただく清らかな香りの龍鳳峡
  • 丁寧に作られた小さな和菓子がいっぱい。賞味期限内に食べきれるかドキドキです。 選ぶ楽しみがあるっていいな。とはいえ、いくつも食べられるものではないから、結局は賞味期限の短いものからいただくことに。 この日のお茶は、龍鳳峡。和菓子を見ていたら、青々とした爽やかな香りが恋しくなりました。 夜明けの山の冷たく澄んだ空気を連想させる清々しさに、気分が軽くなっていきます。 丹波大納言の粒あんが詰まった子鯛焼 [続きを読む]
  • この冬最初の焼き芋は氷屋さんで
  • 三軒茶屋の氷屋さん。夏はかき氷、冬は焼き芋。 そろそろかな、と思って通ってみたら、やっぱり焼き芋始まってました。 お店の前には、小ぶりなお芋がたくさん。 芋焼き器の後ろには、夏の間活躍していたかき氷器が見えます。 この日のお芋は2種類ありました。安納いもと、コガネなんとか…って言ってたような。 そういえば夏のかき氷メニューにも安納芋がありました。 ほんのりピンクがかったサツマイモらしい色の皮と、ジャ [続きを読む]
  • ほっこり大豆のお茶とゆっくり色付くミニ盆栽
  • 何も味付けせずに炒っただけの豆。そのまま食べたり、お茶にして飲んだりいろいろ楽しめます。 豆ご飯の素とか炒り豆おつまみとか、そんな名前だったら、興味がわかなかったかもしれません。森茶というネーミングがいい。 大きめのスプーンでざっくり1杯にお湯を注いで、好みの濃さになるまでゆっくり待ちます。 そろそろいいかな、と蓋を開けた瞬間、豆の香ばしさにほっこり。 この日は、お湯だけで優しい甘みを堪能しました [続きを読む]
  • 香りを楽しむラフランスと蜜蘭香
  • この日のお茶うけは、いただきもののラフランスでした。 合わせたお茶は、??単叢(うーどんたんそう)蜜蘭香(みつらんこう)。 ワンランク上の甘く清らかな香りを胸いっぱいに吸い込んで、ふーっと息を吐き出すと、カラダの中が綺麗なもので入れ替わったような気分。 この芳しい香りは、ラフランスならでは。とろけていくような果肉の爽やかさもまた洋梨の魅力。 香りを楽しむお茶と、香りを楽しむ果物。香りだけなら猫さんも [続きを読む]
  • ぷっくりふんわり一口サイズのパンダ焼き
  • パンダ焼きを食べました。 JR御徒町駅の北口改札を出ると、目の前にあるのが「花神楽パンダ焼き」。 焼いている様子がガラスごしに見えて、ちっちゃなパンダが次々にぷっくりこんがりしてくるのがたまらなくおいしそう。 数種類の味から好みの組み合わせで買うことができるようです。 パンダ焼きの全長は約5センチ。ベビーカステラみたいな感じですが、あんなに甘い香りはしないところがいい感じ。 種類は、プレーン・キャラ [続きを読む]
  • 蜜香紅茶ではちみつアップルティー
  • りんごがあるので、たまにはアップルティーでも。 この日のお茶は、蜜香紅茶。飲み始めてから、ふとアップルティーにしてみようかと思いついたのでした。 以前カフェで飲んだアップルティーを思い出しながら、りんごでバラのつぼみを作ってみました。 薄くスライスしたりんごを程よい軟らかさになるまでレンジにかけて、さっと水でひきしめてからクルクルと適当に巻き付けてバラっぽく。 お茶を注ぐとふわっとつぼみが開くはず [続きを読む]
  • すっと気持ちが楽になる本と優しくしみこむ老茶
  • 図書館でおもしろい本を見つけました。 人間関係で悩んでいるところに友人がかけた言葉「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」 この表紙のような4コマ漫画に、さらりと読める短文が添えられています。 嫌な気持ちをひきずらないためのコツが46個紹介されています。名言や教訓よりも、こういう友人の一言が効くもの。 いつもがんばり過ぎている人や、人に気を遣い過ぎている人に、ぜひおすすめしたい一冊です。 このシンプ [続きを読む]
  • ぬくぬく猫さんと秋の野山に想いを馳せる
  • 猫さんは一人用の丸い電気カーペットでぬくぬくお留守番。スイッチを切っても暖かいみたいで、帰ってきてもここにいました。 秋の野山っぽい花をお供えしたいと思って出かけたのは「野の花 司」。ここは四季折々の野山を思わせる花材が豊富です。 アレンジメントをお願いして、できあがるまでの間、鮮やかな実ものや枝葉、可憐な山野草を見たり、外にある野花の苗木やミニ盆栽を見ていると時間がたつのはあっという間。 小さな [続きを読む]
  • ネコと相席できそうな公園で外茶
  • 相席したくなるような半分あいたスペース。でも起こさないようにそっと通り過ぎます。 お財布も携帯も持たず、ふらりと徒歩圏内の公園へ。カゴバッグの中にはお茶道具だけ。 1分で一周できそうな小さな公園ですが、木の下、木の上、草むら、ベンチ、どこを見ても外猫さんで満員。 遊具も何もない公園は、駐輪場になったりティースタンド併設のオシャレな公園になったりして、ただ座ってぼんやりできる公園がどんどん減っている [続きを読む]
  • 秋っぽいフィナンシェに安吉白茶紅茶
  • 足元でカシャリと音がして視線を落とすと、木の実がパラパラと街路樹の下に。 秋の深まりと冬の気配を感じるそんな日のおやつは、いただきもののフィナンシェ。 カボチャの種・クルミ・松の実がトッピングされた、バターが香る口あたりのいいおやつ。 お菓子でも乳製品でも、北海道の地名が記されているだけで数倍おいしそうに感じるのはきっと茶猫だけではないはず。 合わせたお茶は、安吉白茶の紅茶バージョン。緑茶向きの品 [続きを読む]
  • 伝統製法の熊野番茶と秋の和菓子
  • お布団の上で丸くなって眠っている猫さん、朝は背中の毛がとっても冷たい。でもまだお布団の中に入るほど寒くはないようです。 先日ユザワヤに買い物に行った時、398円のネックウォーマーを見つけたので猫さんへプレゼントしました。 この日は、久しぶりに日本茶を。和菓子をいただいたので、なんとなく番茶の気分になりました。 釜炒りでさっぱりした味わいの熊野番茶。 番茶というのはなかなかおもしろいもので、地域によっ [続きを読む]
  • ケーキもプリンもかき氷もイチゴづくしのいちびこ
  • ふんわりクリームで蓋をした甘酸っぱいいちごスムージー。 旬のイチゴはそのまま食べるのがいちばん好きですが、一年中楽しませてくれるイチゴスイーツも魅力的。 宮城県産のミガキイチゴをふんだんに使ったスイーツがいっぱいあるお店「いちびこ」にお邪魔しました。 三軒茶屋駅からトコトコ歩いても10分足らず。目の前には小さな公園があって静かな住宅街にあります。 ケーキをいくつか買って帰るだけのつもりが、ひと休みし [続きを読む]
  • 美しく香る癒しの虎竹マタタビボール
  • 新しいマタタビボールが届きました。注文してから職人さんが作ってくださり、丁寧に梱包されて猫さんのもとへ。 虎斑竹(とらふだけ)の模様が美しいボールの中に、マタタビの葉が詰まった竹のボールがもうひとつ。 これならワイルドな遊び方をするにゃんこにも安全だし、丈夫で長持ちしそう。 ニンゲンにはマタタビの香りは分からないけれど、竹のいい香りがします。だから、猫さんと代わる代わる香りを楽しんでみたり。 猫さん [続きを読む]
  • 台湾仏手&花生糖のち悪魔のおにぎり
  • 白い湯気がおいしそうに見える季節になってきて嬉しい。 肌寒いくらいの気温がいちばん好きです。 久しぶりの仏手。2012年のものですが、当時よりずっとおいしく感じます。 この日のおやつは、小さな重箱の中。台湾の花生糖です。なので台湾茶が飲みたくなったのでした。 嬉しいいただきもの。台湾茶にとっても合うんです。 玉子焼きみたいに、くるくる巻いて作るのかな。ピーナッツの香りに誘われ、パクっと。 とってもかた [続きを読む]
  • 食用ほおずきと太平猴魁
  • 光に透かしてみると、綺麗な網目模様がうかびあがる食用ほおずき。 週末、有楽町のマルシェで見つけたこのほおずきは「なでしこ」という品種なのだそう。 そしてこの日のお茶は、太平猴魁という中国緑茶。大きな葉っぱを茶海に入れてお湯を注ぎ足しながらいただきます。 ふと視野に入った観賞植物トラノオ。なんだか太平猴魁を連想させる葉っぱです。 爽やかなお茶を飲んでスッキリしたいなぁというときに手がのびます。 ずっ [続きを読む]
  • すだちをしぼった竹ちくわと土曜限定ちくわパン
  • ちくわパンのマイブームはまだ続いています。そんな週末の食卓に登場したのは、竹ちくわ。 本物の竹に魚肉のすり身を巻き付けて焼いたもの。東京交通会館にある徳島県のアンテナショップで入手しました。 このまま食べてもおいしいけれど、トースターで少しあぶると香ばしさが格段にアップして、ネコもヒトも集まってくるおいしそうな匂い。 これにすだちをぎゅうっとしぼっていただきます。ちくわが果汁だらけになるくらい2〜3 [続きを読む]
  • カルビー大収穫祭の「ぽろしり」でじゃがバター
  • カルビーのキャンペーン「大収穫祭」のプレゼントが届きました。 大地の匂いを堪能する猫さん。いや、気になっているのは、ベジバスケットの方かも。 家族はポテチが大好物。なので、プレゼントキャンペーンに応募してみたのでした。 応募してから約一ヶ月後、2キロのじゃがいもとベジバスケット、そしてリーフレットが届きました。 「ぽろしり」というオリジナル品種なのだそう。さっそくじゃがバターにしていただきました。 [続きを読む]
  • ハロウィン気分の猫さんとワクチンの日
  • ちょっとだけハロウィン風?かぶりものは苦手ですが、ほうきには乗りたい猫さん。 こういうのを想像していたのだけれど、ちょっと違う。 ガブガブガブガブ。何だか楽しそうなので良しとします。 さて、先日ワクチンに行ってきました。洗濯ネットに入れられた猫さんは、キャリーの中からにらんでいます。 行くまでが大変。キャリーに入れると「わぉーん!わぉーん!」と哀しげな声。普段めったに鳴かないだけに胸がいたみます。 [続きを読む]
  • 期間限定のちくわパンはちくわも特製だった
  • 猫さんがじっと見ているのは、ちくわパンなのかお茶なのか。 最近はまっている、ちくわパン。10年以上前から、毎年少しずつ違う味になって期間限定で登場している模様。 空腹なので、もぐもぐしてから飲むべきか、先にお茶を味わうべきか悩みどころ。最近お茶酔いしたものだから、ちょっと臆病になっています。 でも、やっぱり先にお茶を少しだけ。 この日のお茶は、烏牛早の紅茶。烏牛早は、龍井茶など中国緑茶の品種として知 [続きを読む]
  • 肉球マドレーヌ&白鷺東方美人と猫さんへの郵便
  • 猫さんは、9年前の10月25日に茶猫家の家族になりました。 もう9年?いや、まだ9年?もっとずっと前から一緒に暮らしている気がします。 これは猫さんへのプレゼントではなく、茶猫のおやつ。好きなネコのタグとリボンが選べる「猫衛門」の焼き菓子。 猫さんのごはんには、またたび粉をトッピング。 そんな家族記念日のお茶時間。肉球マドレーヌに合わせたお茶は、白鷺東方美人。 ふわふわの白毫は、モヘアの毛糸を連想させます [続きを読む]
  • はふはふキノコまんをほおばりながら白芽奇蘭を
  • はふはふ中華まんをほおばりたくなる季節到来。 三軒茶屋の中華まん屋さん「包包」で買ってきた、大好きなきのこまんをレンジでチン。 このお店に立ち寄ると、いつもきのこまんをまとめ買いしてきてしまいます。冷蔵のままでもしばらく楽しめるし、冷凍しておけばゆっくり少しずつ楽しめるので。 中華まんの種類が豊富で、初めのうちはいろいろ食べてみたくて毎回違うものを買ってみたのですが、きのこがどっさり入った中華まん [続きを読む]
  • 蜷尾家で楽しむ凍頂烏龍のソフトクリーム
  • 台湾発のソフトクリーム屋さん「蜷尾家(ニナオ)」が、三軒茶屋にオープンしました。 台湾茶を使ったソフトクリーム、これは興味津々。 紺と白を基調にした和風の外観。家紋みたいなロゴマークは、ソフトクリームを上から見たときの形に似ています。 のれんや提灯、そして店内のイートインスペースには畳のベンチ。蜷尾は「うずまきのしっぽ」という意味のようです。 メニューはソフトクリームとお茶が2種類ずつ。週替わりとのこ [続きを読む]