茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttps://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • 元気になる香りの単叢紅茶とほうじ茶ラテアイス
  • 息を吐くのを忘れそうになるくらい、ずっといい香りを吸い込んでいたくなる単叢紅茶。 鳳凰単叢と紅茶のいいところを寄せ集めたような満足度の高いお茶です。 淹れる前からいい香り。温めた蓋碗に茶葉を入れてカシャっと一振り。この時の香りがたまりません。 人によって「いい香り」はそれぞれ。うっとりする香り、ほっとする香り、ぱっと気分が華やぐ香り、その時々で最高だと思う香りが違ったりするけれど、好きな香りはどん [続きを読む]
  • のど飴にもお茶にも風邪予防に役立つ金銀花
  • 空気が乾燥しているとのどのイガイガが気になります。お茶やのど飴で潤して風邪予防。 愛用しているのど飴は台湾のもの。いろいろ試した中でこれが気に入っている理由は、まず第一にちゃんとイガイガがおさまること。 これがプレーン味。杏仁豆腐とミントを混ぜたような味で、甘すぎず十分な清涼感があり、粒が小さめなのがいいところ。ドクターペッパーという飲み物の味に似ているという人も。 こちらは最近カルディで見つけた [続きを読む]
  • 見たかった招き猫電車とミャオ族のデザイン
  • 鮮やかな色合いと緻密なデザインに目をうばわれる様々な少数民族の衣装。11月11日から開催されている「ミャオ族の刺繍と暮らし展」を見に行ってきました。 開催場所は、三軒茶屋駅直結のキャロットタワーの3Fと4F。入場無料なので、好きな人なら何度でも見に来たくなりそうです。 キャロットタワーに入る前、白っぽい車輛が踏切を通過していくのを見かけたのでもしやと駅をのぞいてみると、運行期間中にいつか見れたらいいなと思 [続きを読む]
  • 牛欄坑の水仙といただく甘えびの素干し
  • この日のお茶は、牛欄坑の水仙。冷たい夜風にあたった後は、ミネラル感たっぷりの力強さを感じさせる岩茶が恋しくなります。 最近は茶葉を量って淹れるようにしています。1グラムの違いは、5煎目以降の香味に大きくあらわれるように思います。 牛欄杭ってどんなところだっけ?と本を開いてみます。何度か見ているのにいまいちイメージがわかないせいかすぐに忘れてしまう。 今年は水仙をしっかり飲むと決めて、慧苑や天心岩など [続きを読む]
  • 猫さんの新しいトイレとプライベートルーム
  • 大きなダンボールで届いたのは、猫さんの新しいトイレ。膀胱炎になって以来、猫さんは猫砂を使おうとせずペットシーツ派になってしまいました。 先日の検診で問題なしと分かったので「トイレ=痛い」という記憶を払拭してもらおうと、新しいトイレを用意してみました。 本体に引き出し部分をはめ込んでフード部分を取り付けたら出来上がり。さっそく猫さんが見に来ました。 本体と一緒に、専用の猫砂とペットシーツも入っていま [続きを読む]
  • のどをいたわる胖大海ブレンド茶とふかふか毛布
  • だいぶ気温も下がってきたので猫さんの好きな毛布を出しました。 ニンゲン用でしたが厚手すぎて茶猫には暖かすぎるので、思いきってジャキジャキ切って端を毛糸でブランケットステッチにしてみました。 1/4サイズ3枚と1/8サイズ2枚になりました。1/4サイズは布団の上に掛けると真ん中部分だけ暖かくてちょうどいいし、1/8サイズはひざ掛けに使いやすいサイズで重宝しています。小さくなった分、洗濯しやすく乾きやすいので本当に [続きを読む]
  • アンティークショップみたいなスパイス&紅茶店
  • アンティークショップのような小さなお店は、開いた扉に吸い込まれるようにふらりと入ってみたくなる店構え。 店頭の棚にはスパイス・紅茶・ドライフルーツなどが並び、ガラス窓の内側にはナッツ類の入った瓶がずらりと並んでいます。 何屋さんなのか分からなくても、興味があるものが並んでいたら入ってみたくなります。 細かく仕切られた木箱の中に整然と陳列されている、有機の紅茶やスパイスの数々。少量ずつチャック付きス [続きを読む]
  • 10時のティータイムは永春仏手の自習時間
  • おもむろに茶器を並べてティータイム。茶盤は使わずシンプルに。 選んだのは永春仏手という烏龍茶。まさかの夜10時のティータイムです。 目分量でちょうどいいと思った茶葉を量ってみると5.5グラム。6.5グラムくらいにしたつもりだったのにな、と思いながらもそんなに少なくも見えないので淹れてみることに。 こんな夜遅くにどうしてお茶を淹れ始めたかというと、この日同じお茶を淹れて失敗したから。どれくらいがちょうどいい [続きを読む]
  • 東方美人茶といただく紅茶味のパウンドケーキ
  • 紅茶味のパウンドケーキに合わせて、東方美人茶を淹れました。 東方美人は紅茶に近い味わいの烏龍茶。この日いただいたのは台茶17号(白鷺)という品種のもの。 モヘアの毛糸を思わせるふわふわの白毫に魅入ってしまいます。白毫の多い白毛猴をかけ合わせた品種なのだそう。 一緒にいただいた紅茶味のパウンドケーキは、カレルチャペックのもの。濃く抽出したルフナとディンブラのアールグレイを使った紅茶味のケーキ。 砕いたア [続きを読む]
  • 猫さん年に一度のワクチン&定期健診
  • 猫さんが前回病院に行ったのは約一年前。今年もワクチンの時期がやってきました。 病院以外に外出経験のない猫さんは、おでかけバッグに入るのをいつも力いっぱい抵抗するので、日頃から中でくつろいでもらえるようにしていました。 時々こうして中に入ってくつろいでくれています。でも、このバッグを持ち上げる音がすると、部屋の中のどこにいても全速力で逃げて行くので、一年たっても嫌な記憶は消えていないようです。 そん [続きを読む]
  • 好きなお茶を満喫して最後の一煎は玄米茶に
  • 11月1日は紅茶の日として知られているけれど、玄米茶の日でもあります。これは玄米茶の玄米だけ。 これさえあれば、手元にあるお茶に混ぜるだけで何でも玄米茶に。このお店では、もち玄米あられという名前で販売されています。 お茶うけとしてそのまま食べてもおいしいし、お茶づけに使ったりアイスにトッピングしたり、いろいろ使えます。 玄米茶用の玄米を買ったのは、中野駅からほど近い日本茶専門店「オオハシ」。 見慣れ [続きを読む]
  • 荒ほうじ茶と楽しむ和みのハロウィン薯蕷饅頭
  • ハロウィンの日10月31日は、日本茶の日。なので、日本茶に合うお菓子を選んでみました。 岡杢栄泉総本家のハロウィン薯蕷饅頭。ほわんとした表情が和むジャックオランタンです。 枯葉のような茶葉が開いていく様が見たくて常滑の蓋碗で。 フタの部分と茶匙置きを黒ネコ風にしてハロウィン気分で淹れることにします。 在来種の山茶で作られた荒ほうじ茶。蒸した葉を2日間天日干しにして、直火の鉄釜で焙じているのだそう。国友農 [続きを読む]
  • 少数民族伝統の色彩に囲まれておいしいチャイを
  • 喜多見駅から5分ほどの場所に気になるお店を見つけました。アジアンキャッツという名のカフェ併設の雑貨店です。 お店の前に置かれたボードを見ると「招きねこコーヒー」も気になります。 生垣の間をすすむと肉球型のマットがあり、そこが入口。扉を開けた瞬間、少数民族伝統の鮮やかな色彩が迎えてくれました。 エスニック系のお店にありがちなお香の匂いや古着屋さんのような匂いもなく、明るく清潔感があるカフェ。 少数民族 [続きを読む]
  • ねこ茶&いぬ茶とカリっと甘い京宇治茶ポップコーン
  • 繊細な切り絵のタグがついた「ねこ茶」は、静岡産の一番茶葉を使ったティーバッグの煎茶。 ネコのひげやネコじゃらしのふさふさ感まで繊細に表現されたタグは、大切に保管しておきたくなる美しさです。 そんな「ねこ茶」ですが、今回は犬好きさんに朗報です。なんと「いぬ茶」もできたようです。 6種類の犬のタグを見るのが楽しみな「いぬ茶」は、ねこ茶と同じティーバッグの煎茶です。 キリリとしたカッコいい系の犬種のよう [続きを読む]
  • 暖かな秋の陽だまりでくつろぐ猫さん
  • 猫さんとの出会いは、8年前の10月25日。友人の紹介で猫さんと対面し、その日から家族になりました。 お天気の良い日は、部屋の中でいちばん陽差しが暖かい場所に転がっている猫さん。 こうして見比べると、仔猫の頃よりもすいぶん明るい毛色になったんだなぁと思います。この頃は生後3ヶ月弱で1.4キロほどでした。 今は4.8キロ。動物病院では体重管理用のフードをすすめられ、メタボリックス&ユリナリーやw/d (消化・体重の [続きを読む]
  • 週末の夜に楽しみたい紅茶の梅酒はネコラベル
  • ほろ酔い気分でゆったりとグラスを傾けたい週末の夜が似合う、紅茶の梅酒「3匹の猫」。 ダージリン・アップルティー・アールグレイを使った3種類の梅酒瓶は、それぞれ異なるネコのラベル。 香料や酸味料を添加せず、茶葉を使って作られているという紅茶の梅酒。味に興味があるのはダージリン、ラベルはアップルティーのネコが好き、アールグレイは苦手なのでパス。 ダージリンらしさは分かりにくかったけれど、紅茶の飲みやすさ [続きを読む]
  • ブランケットで暖をとる猫さんの傍らで岩茶条を
  • 猫さんが愛用しているこのブランケットは小さめなので、二つ折りにしてすっぽりもぐれてとっても軽くてとっても暖かい。 ひざにかけていると蓄熱式かと思うほどぽかぽか。このブランケットを敷いたところに猫さんはやってきます。 それがお布団の上でもひざの上でも棚の上でもどこでも。 気温の低い日が続いているので、岩茶がおいしい。この日のお茶は、おすそわけしてもらった九七年岩茶条。 キットカットみたいに細長く固め [続きを読む]
  • 猫舌だって熱々が食べたいネコジタヤの煮込み料理
  • 谷中で見つけた煮込み料理とワインのお店「七面坂NecoJitaya」はネコのイラストが目を惹く外観です。 猫舌だって熱々のものが食べたい、そんな気温になってきました。立ち寄ったのはちょっと遅めのランチタイム。 お店の中はカウンター席と壁際に半円型のテーブル席。背の高い椅子に狭いテーブルなので、食事をするにはちょっと窮屈感がありますが、気軽に短時間でワインや食事を楽しめるお店というコンセプトのようです。 ちょ [続きを読む]
  • 後ろ姿の愛らしいねこ饅頭と龍眼六季でほっこり時間
  • この日のお茶うけは、ネコの後ろ姿がほっこりさせてくれる「ねこ薯蕷饅頭」。 黒猫・茶トラ猫・三毛猫それぞれ味が違うので、どれを食べようか迷います。 なかなか決められないのでまずはお茶を。龍眼六季(りゅうがんろっき)という台湾茶を選びました。 ほんのひとつまみの茶葉を蓋碗にパラパラと入れてお湯を注ぐだけでもおいしく飲めるので、旅行のお供にすることも多いお茶。 三毛は小豆こし餡。茶トラは楓糖(メープルシュ [続きを読む]
  • 二種類のミレービスケットアイスと古樹滇紅
  • アイスがおいしく感じられる気温は25℃前後なのだそう。そして脳が活発に活動するのに適した室温も25℃位なのだとか。 この日のおやつは、ミレービスケットアイス。高知出身の友人に勧められて知ったミレービスケットは温かい飲み物と一緒に食べるとほっこりする味でした。 そんなミレービスケットを砕いて練り込んであるのがミレービスケットアイス。蓋を開けると2枚のビスケットがのっています。 アイスクリームよりもさっぱ [続きを読む]
  • エコ茶会の夜はパンダ印の鳳梨酥と凍頂烏龍茶を
  • エコ茶会の夜、誘惑に負けて食べてしまったパンダ印の鳳梨酥(パイナップルケーキ)。お腹いっぱい晩ごはんを食べた後なのに。 ちょっと肌寒くなってきた夜には、焙煎を施した凍頂烏龍茶がおいしい。そして台湾茶にはやっぱり鳳梨酥がよく合います。 さっくりほろほろとした食感の生地の中にはほどよい甘さのパイナップルジャム。「台湾雑貨屋フォルモサの日」ブースで見つけたものです。 以前、台湾に行った時に食べた作りたての鳳 [続きを読む]