Yogini Mayuko さん プロフィール

  •  
Yogini Mayukoさん: ヨガ講師、ヨガ修行者、Mayukoのブログ
ハンドル名Yogini Mayuko さん
ブログタイトルヨガ講師、ヨガ修行者、Mayukoのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/jointly2013/
サイト紹介文ヨガ講師、ヨガ修行者、そして一児の母、Mayukoのブログ
自由文5000年ともいわれる歴史あるヨガの教えの深さをお伝えしていきます。
ヨガ講師である前に、私自身もヨガ修行者として自己鍛錬を日々大切にしています。
アーサナの練習だけでなく、根底にあるヨガ哲学、そしてそれらを日常生活に活かせる事をご紹介していきます。
また、その合間に子育て奮闘記も…w
新米母に、是非色んなオススメ情報やアドバイスをコメントしてくださると、とてもありがたいです!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/08/06 22:57

Yogini Mayuko さんのブログ記事

  • サマーディ 〜悟り〜
  • 深い瞑想によってもたらされた、意識を超え全ての存在が一つであることを感じ、一体になること。サマーディは、これまで修練してきたことからの最終目的地であるということ、瞑想状態が頂点に達し、サマーディ(悟り)の状態に入るということです。この状態では、身体と感覚は眠っている時のようにくつろいでいるが、心と理性はあたかも目覚めているかのように素早い動きで、意識を超越していると言われています。一番初めにお伝 [続きを読む]
  • ディヤーナ 〜瞑想〜
  • 集中した状態が安定し続いていること。これは、前回説明したダーラナからの延長線上にあります。集中した対象物に心が固定された状態が“絶え間なく流れている”ということ。ヨガ哲学でいう【瞑想】とは【瞑想をする】ということではなく、【瞑想状態になる】とか【瞑想状態が起きる】ということです。では、自分が本当に瞑想状態になっていたことがわかるのはいつなのか?それを知るための目安があります。例えば、夜明け頃四時 [続きを読む]
  • ダーラナー 〜集中〜
  • 対象物に集中すること。アーサナで身体が整えられ、プラーナヤーマで心が精錬され、プラティヤーハーラで五感がコントロールされると、次にダーラナーという段階に入ると言われています。心を一つのもの、一つの場所、対象、あるいは印象に縛り付け、完全に心をそれに没頭し固定させること、自身の心を躾けているということです。通常、私達の心は、あちこちさまよっています。それを一箇所に固定しようとしても、すぐにその場所 [続きを読む]
  • プラティヤーハーラ 〜五感の制御〜
  • 欲望、感情および外的対象による支配から心を離し、解放すること。プラーナヤーマによって、身体と心の制御を行えるようになっても、それでもまだ心は完全な静けさには至っていません。それは、『眼、鼻、舌、耳、身』の五つの感覚器官があり、これらは常に心に語りかけていると言います。私達は、これらの騒々しい感覚器官に対して、自らの手で手綱を取り、引き締めてコントロールしてあげなければならないのです。私達は、常に [続きを読む]
  • 今日は幼稚園でキッズヨガ♪
  • 今日は幼稚園でキッズヨガ♪元気いっぱいな子供たちと私も目一杯はしゃぐ(笑)みんな楽しかったかな?私はとても楽しかったよ。 #グラヴィティヨガキッズ #グラヴィティヨガ #グラヴィティヨガ協会 #子連れ #子連れヨガ #子連れok #産後ヨガ #ママと子供のために #子育て中だから #子育て Nakao Mayukoさん(@love.shanti.mamayoga_)がシェアした投稿 - 2017 Sep 19 6:10am PDT [続きを読む]
  • プラーナ―ヤーマ 〜呼吸の律動的なコントロール〜
  • 4,プラーナーヤーマ(呼吸法) 呼吸の律動的なコントロールのことです。安定した坐法が得られたなら、次に吸う息と吐く息の動きをコントロールし、“プラーナ(気、エネルギー)”をコントロールする訓練を行なうということ。そして、呼吸は乱れやムラがなく、静かでゆったりとした状態で、完全に自分の思うようにコントロールしていて、調整されていなければならないと言われている。プラーナヤーマには三つの型がある。①吸 [続きを読む]
  • ア−サナ 〜正姿勢と動作の訓練〜
  • 3,ア−サナ(ヨガで行なうポーズ、坐法のこと) 正姿勢と動作の訓練のことです。ア−サナは、快適で安定したものでなければならないと言います。 そうした快適さと安定感を持つものなら、どんな姿勢でも“ア−サナ”といえるのでしょう。しかし、言葉で言うのは簡単。快適で安定した姿勢というのがいくつあるのか…? ある一つの姿勢をとるとすぐに、ここが窮屈だとかあそこが痛いだとか言って、どこかを動かさずにはいられな [続きを読む]
  • ニヤマ イーシュワラプラニダーナ〜自存神への祈願〜
  • ニヤマの5つ目の項目。 5,イーシュワラプラニダーナイーシュワラプラニダーナは“自存神への祈願”ということ。自分の行動と意思を、周りの全ての物に、全ての人類に、そして神に捧げる、最大限に全世界に奉仕するということです。“神に何かを捧げたい”と一言で言っても、実際、具体的には何をしたらいいのか…?神とは何処のだれなのか?神は私達が何か捧げるのを、どこかで座って待っているのか?など、色んな疑問が湧いて [続きを読む]
  • ニヤマ スヴァディヤーヤ〜聖典読誦〜
  • 4,スヴァディヤーヤ スヴァディヤーヤは“聖典読誦”ということ。※聖典とはヨガの教えが綴られたもの、それを見て読み研究し、さらに唱えることです。自己の学習を怠らず、聖典を読んで修得することにより、グル(師、講師のことをグルと言います。)と弟子(学ぶ者)の心は一体となり、互いに愛を持ち尊敬し合うようになります。また『弟子の用意が整うと、グルが現れる』と言われています。尊敬する先生や講師との出会いは [続きを読む]
  • 時には医師の手も借りて、自己との対話。
  • ヨガをしていると、自分の身体の変化によく気付く。ヨガは肉体からの鍛錬で、肉体的にも精神的にも健康へ導くための修行だから。肩周りが重いな〜と思ったら肩甲骨周りをしっかり動かし肩を解す。腰がダルいな〜と思ったら骨盤調整する。しかし、時には自分だけの力だけでは、メンテナンス出来ないこともある。娘の妊娠中に見つかった「卵巣嚢腫」。産後定期検診を続け、やはり摘出手術が必要とのこと。ここ数年で、早すぎる死を [続きを読む]
  • ニヤマ タパス〜苦行〜
  • ニヤマの3つ目の項目。 3,タパスタパスとは【燃やす、焼く】ということ。タパスは“苦行、試練を受け入れる”ということです。これには『禁欲、非暴力』といった肉体のタパスに、『真実を語る、他人の悪口を言わない』といった言葉のタパス、そして『心が平静で安定していて、自己コントロールが出来る精神状態』を育てる心のタパスがあります。真実の幸福と満足感に到達するために、いかなる状況の下でも、燃えるように激しい [続きを読む]
  • ニヤマ サントーシャ〜知足〜
  • ニヤマの2つ目の項目。 2,サントーシャ サントーシャは“知足”ということ。文字通り、足りないものばかりを感じずに、足りていることを知るということです。与えられた今ある環境を受け入れ、満足し感謝すること。そうすることで無常の喜びを心にもたらし、真の心の平和に辿り着くと言われています。勘違いしてしまいがちなのは、真の心の平和を外界に求めること。そうでは無く、真の心の平和は、精神統一が出来、どんなとき [続きを読む]
  • ニヤマ シャウチャ〜清浄〜
  • 2,ニヤマ(勧戒、日々行なうべきこと)修練による心の浄化の事です。二ヤマの中でも5ツの項目があります。一つ目の項目。1,シャウチャシャウチャは“清浄、心身を清らかに保つ”ということ。身体の浄化はもちろん、さらに大切なのは心の浄化です。憎しみや欲望、自惚れのような乱れた欲求と感情を浄化する。そうして、心が常に澄んだ状態であると精神統一がしやすく、精神集中により、意識と感覚をコントロール出来るようにな [続きを読む]
  • ヤマ アパリグラハ〜執着しない〜
  • ヤマの5つ目の項目。 5,アパリグラハ【ア】は否定、【パリグラハ】は集めることや貯えること。アパリグラハは“執着しない、貪欲にならない”ということです。これは物やお金を必要以上に貯えないだけでなく、目に見えない仕事や地位や名誉といったことにも、貪欲にならず手放すのを恐れないこと。そうすれば本当に必要なものが必要な時に、自然にやってくるのです。これに徹したものは、常に満たされていることを知り、心は平 [続きを読む]
  • ヤマ ブラフマチャリヤ〜禁欲〜
  • ヤマの4つ目の項目です。 4,ブラフマチャリアブラフマチャリアは“禁欲”ということ。男女共に精液は生命の源ですから、生命エネルギーそのものなのです。その生命エネルギーの乱用は死へと繋がり、寿命を縮めます。一時的な快楽に溺れ、必要以上に求めてはいけない、ということです。かといって、強制して禁止したり一生独身でいるべきだ、と言っているのではありません。ヨガの聖典でも、結婚を進めています。家族を作り [続きを読む]
  • おうちスタジオ四天王寺オープンします♪
  • 地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽丘駅』からのアクセス↓↓四天王寺前夕陽丘駅、④番出口を出ます。矢印に従い、四天王寺さんの方へ進みます。四天王寺参道、色々なショップやカフェが並んだ楽しい道です♪紫のフラッグが目印♪左手に四天王寺さんを観ながら、しばらく進むと大きな信号があります。信号を渡らず、左へ曲がります。四天王寺さんを左手に観ながら、壁沿いを真っ直ぐ進みます。前方には茜丸本舗が見えています。ばらく [続きを読む]
  • おうちスタジオ四天王寺オープンします
  • 天王寺駅からのアクセス↓↓各線『天王寺駅』下車後、JR 天王寺駅の北側へ向かいます。阿倍野筋沿い、天王寺駅前商店街を北へ進みます。色々なお店が並んだ楽しい商店街♪お祭りや毎月の「21日、お大師さん」や「22日、太子忌」には出店も出ていて賑やかです♪アーケードを抜けると100円ローソンがあります。そのまま真っ直ぐ、赤いフラッグを目印に進みます。左手に釣鐘まんじゅう、右手に四天王寺病院がある信号を渡り、右へ曲 [続きを読む]
  • ヤマ 〜盗まない、必要以上に求めないこと〜
  • ヤマの三つ目の項目3,アスティヤ【ア】は否定、【スティヤ】は盗みや貪欲のこと。アスティヤは“盗まない”ということ。これは、物を盗まないことはもちろんの事、他の時間や知識に関しても。約束の時間内に目的を果たさないということは、他の時間を盗んでいることと同じなのです。また必要の無いものまで欲しがったり、必要以上に求めることは盗みと同じです。盗みをしないことで、本当に必要な物だけが手元に残るのです。こ [続きを読む]
  • ヨガ哲学への道
  • 『苦しまずに生きていく方法論』哲学…何て言うと、小難しい感じがしますが、私にとってはそうゆうこと。↓↓↓ 涙がポロポロとあふれてきた。それは、ずいぶん前、初めてヨガをした時の事だった。 インストラクターの方は、自分の母親ほどの年には達していないだろうが、自分よりも年上の女性。 その先生の心地の良い優しいトーンの、誘導のせいか。 疲れきった身体とボロボロの精神状態だった当時、フラ ッと行き着いた南の島の [続きを読む]
  • ヤマ(禁忌)〜嘘をつかない〜
  • ヤマの二つ目の項目です。2,サティアサティアは“嘘をつかない”ということ。真実を受け入れ、愛と誠実を貫くことで、他への恐れが無くなります。嘘をつかないということは、発言と行動を常に一致させておくわけですから、これを徹するのは中々難しいことだと思います。『嘘も方便』なんて言葉がありますが、これを徹する者は方便での嘘もつきません。そのような状況に直面した際には、『沈黙』を守るのです。これらを通して、 [続きを読む]
  • ヤマ(やってはいけないこと)〜非暴力であること〜
  • ■サンスクリット語とは・・・?さて、これからヨガの教えをお伝えしていきますが、文中、聞きなれない訳の分からないカタカナの言葉が沢山出てきます。これは“サンスクリット語”と言われる言語で、現存する言語の中で最も古いものとして残っています。又、神、天界で使われる言葉、神の言語ともいわれます。言葉の持つ音、文字の形そのものにエネルギーを持つと言われていますので、初めは聞き慣れなくて読みにくいな、と感じ [続きを読む]
  • ハローウィン☆親子でコスプレでヨーガをする!?
  • 10/26(水)11:00〜12:30「ママとヨガ&ベビーマッサージ」特別クラスを開催します(^^♪対象は0歳〜2歳くらいのお子様とママです。お子さんと一緒にヨガをしたり、ベビーマッサージをして親子で一緒にリフレッシュしましょう!お子様はぜひ仮装してご参加ください♪かわいい仮装楽しみです☆…ということで…じゃじゃん!!↓カチューシャ(100均@セリア)フェルトのベーススカート(100均@セリア)サテンリボン&チュールの飾り(100 [続きを読む]
  • ヨーガの道 〜ハ支則について〜
  • ヨーガの道、その正しい方向と、ヨーガ行法の段階を説明している【YOGAの八支則】という、ありがたい教えがあります。私もまだまだ未熟者です・・・いつもこのありがたい教えを胸に留めておけるように、ブログに綴っておきたいと思います♪■まず初めに、YOGAとは・・・・ヨーガは肉体的、論理的、心的、霊的といったあらゆる面から、人間を幸福に満ちた、穏やかで安定している状態に導くための実践的な智慧、教えです。 [続きを読む]