Shigemi さん プロフィール

  •  
Shigemiさん: 小・中学生の受験奮闘記(徳島版)
ハンドル名Shigemi さん
ブログタイトル小・中学生の受験奮闘記(徳島版)
ブログURLhttp://tutortokushima.blog.fc2.com/
サイト紹介文徳島県の中学受験・高校受験のこと、学校、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法などを綴ります。
自由文徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/08/06 12:33

Shigemi さんのブログ記事

  • 問題集の買い方(英・国)
  • 昨日に続いて、今日は国語と英語です。これも、まずは学校のワーク類は完璧に仕上げましょう。その上で、英語と国語に関しては、家庭学習用に教科書準拠版と標準版の2冊の問題集をこなしていくことをお勧めします。教科書準拠問題集は、あくまでも定期テスト用です。定期テストは教科書が範囲ですから、教科書の本文と同じ問題集をしっかり解いておく必要があります。漢字や単語はもちろん完璧に覚えて、同じ本文に対する問題を解 [続きを読む]
  • 問題集の買い方(理・社・数)
  • 中学生が自学自習をしていて、意外とうまくいっていないのが問題集の選定です。本屋さんで売っている問題集には、大きく分けて2種類あります。一つは教科書準拠の問題集。もう一つは、教科書準拠ではない標準の問題集。そこを頭において、本屋さんへ行きましょう。しかし、その前に、地元公立中学の子なら、まず、絶対にきちんとこなさないといけないのは、学校のワーク類。学校のワーク類は、完全教科書準拠です。つまり、学校で [続きを読む]
  • 倍率と難易度
  • 今でこそ、落ち着いてきましたが、城ノ内中学ができた当初の倍率と言ったら、徳島では、見たこともないような倍率でした。それも引き金になって、城ノ内中は難しい。。。と思われがちでしたが、倍率が高いからって、難易度も高いわけではありません。いくら倍率が高くても、受かるレベルの子ばかりが出願しているわけではないので、そんなに驚くことはありません。受験は、何度受けても、100%受かるだけの力を持って臨んでいる子 [続きを読む]
  • 通塾率
  • 昨日の記事で取り上げた調査の中に、通塾率というのもあって、一番通塾率が高いのは中学受験生。続いて、高校受験生、小学受験生、大学受験生の順でした。徳島の場合は、少し事情が違うようにも思いますが、中学受験を、塾なしで乗り切るのは、なかなか厳しいと考えているご家庭が多いのだろうと思います。親御さんが、中受の勉強を見てあげられるかどうか、それが決め手のようにも思いますが、情報も少ないですし、ちょっと誰かサ [続きを読む]
  • 体調管理
  • 全国の受験生を持つお母さん1509人を対象にした11月末の調査だそうですが、子供に関して、現在心配なことの1位は、「風邪やインフルエンザにかかること」で、70%を超えています。続いて2位は体調管理で65%あまり。3位に、ようやく学業・勉強というのが出てきて、50%足らず。やっぱり、ここまで来ると、体調管理ですよね〜と納得したわけですが、その対策についての調査では、1位ヨーグルト、2位マスクがいずれも50%少々。ヨー [続きを読む]
  • 男子と女子の違い
  • 男子と女子の違いって、年々少なくなってきているような気がします。大学病院なんかに行くと、女医率、本当に高くなったと実感します。でも、時々、大きな違いを感じる出来事が起こります。なかなか厳しい進路希望だけど、本人には、ある程度やる気が感じられる場合、無理かも。。。と思いながらでも、うまくいくのは男子です。これは、たまたま私が担当した生徒がそうだっただけなのかもしれませんが、ある日突然豹変して勉強し始 [続きを読む]
  • 子供のため?自分のため?
  • 勉強をしない子どもや、言うことを聞かない子どもに、「あなたのためなのよ!」と怒るお母さんをよく見かけます。しっかり勉強して、志望校に受かって欲しい。塾に行って、きちんと勉強して欲しい。部活も勉強も両立して欲しい。どれも、子供のためですが、その反面、自分のためでもあることが、時々見え隠れします。「ちゃんと勉強せんかったら、○○高校に入れんよ! そんなことになったら、もう、かっこの悪い。。。」誰が、か [続きを読む]
  • 今、やろうと思ったのに…
  • ゲームをしている子どもに、「勉強しーよー!」って声をかけたら、「今、やろうと思ったのに、あ〜ぁ、もうやる気がなくなった。。。」って、言われたこと、ありますよね。お母さん、キーーー!!ってなります。これは、きっと、言われたことがないお母さんを探すのが難しいぐらいなんじゃないかと思います。生徒と話し込みをしていると、子供は子供で、「しようと思いよったら、言われて、やる気がうせるんよな。。。」なんて言ってます [続きを読む]
  • 規則正しい生活
  • 色々なお母さんに出会いますが、規則正しい生活をするというのは大きい要素です。とは言っても、習い事やら、部活やら、毎日、同じスケジュールじゃぁ動けないと思います。それは、それでいいんです。でも、パターン化されていることと、子供がそれをわかっていることが大事です。つまり、塾の日は、何時に帰って、何時からご飯で、何時からお風呂、そういう風に決まっていることで、リズムができてきますから。。。そのリズムが欲 [続きを読む]
  • 家庭学習がメインです
  • 「塾に行かせたのに・・・」とか、「家庭教師までつけたのに・・・」とか、思ったように成績が伸びなくて、今度は大丈夫なんだろうか?と、半信半疑、知人に紹介された私のところへ連絡をくださる方も少なくはありません。そういう時、「家で、学校の宿題以外に、何やってますか?」と、質問します。たいていは、何もやっていないか、本屋さんで買った問題集が中途半端にやられているか、ちょっとだけやってるチャレンジが山積みになっ [続きを読む]
  • ペースメイク
  • 成績を上げたいとか、勉強をきちんとしようとかいう気持ちがあって、考えたことをある程度実行できる能力がある子に必要なのは、ペースメイクだと思います。もちろん、わからないところを教えてもらうことも必要なのですが、それよりも大事なのはペースメイクだと思うのです。実際、うちの生徒たちも、私がやっていることの半分はペースメイクのような気がします。つまり、この時期に、これをこのくらいのペースで進めるというプラ [続きを読む]
  • 今年も…
  • 新年、あけましておめでとうございます。お正月はいかが過ごされましたか?年末年始合宿や、お正月特訓などがある塾も多いですが、私は絶対にやらないのでww少しのんびりと過ごしました。29日の夜授業までして、今日の朝授業からスタートです。今ごろも授業中ですが、ブログは予約でアップしますので・・・ww受験生たちも、そうではない子たちも、それぞれに一生懸命、いい冬休みを過ごしているようです。毎年、中3生の中にも、こ [続きを読む]
  • また来年!
  • 今年も、このブログを活用してくださった方がいることをとても嬉しく思っています。また、今年は、個展にお立ち寄りくださって、実際にお目にかかれた方もいて、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。私は、昭和が平成に変わるごたごたの中、平成元年に、最後の共通一次試験を受けて、大学生になった世代なのですが、平成最後の学部同窓会の会報に寄稿依頼をいただき、自分のこれまでのことや仕事のことを振 [続きを読む]
  • 数学・算数のノート
  • 「ノートを見たら、勉強ができるかどうかがわかる」なんて、よく言いますが、これは、本当で、算数や数学のノート、解いた問題の番号と答えだけが並んでいませんか?まずいです。見てすぐに答えが出るような問題ならともかく、途中、何か計算が必要な問題にもかかわらず、式が書けていない。。。のはまずい。自分がどうやって解いたか、痕跡を残すことはとても大事で、間違えていた時の見直しにはとても役立ちます。例えば、解説を [続きを読む]
  • 考えるということ
  • 勉強を進めていく上で、一番大事なのは、考えるということだと思います。例えば、数学の問題。「かわらない」と、飛ばした問題、何分考えましたか?2分?5分?10分?15分?どれもダメです。「わからない」という以上は、最低30分は考えましょう。そんなことしてたら、問題集が進まない?そうではないんです。30分、真剣に考えてみてください。この手がダメなら、あの手。次々と、知っている限りの知識をフル動員して、考えるのです [続きを読む]
  • 家庭学習の時間
  • 当たり前ですが、あまり成績が良くない子は、家庭学習の時間が少ないです。でも、その中には、何をやったらいいかわからなかったり、どれだけやらなければいけないかを知らなかったり、そんな理由で、やっていない子が多いんです。前に、家庭学習は基本2時間以上というお話をしましたが、2時間も、何するん?という具合です。「単語覚えたらいいんで!」「漢字覚えたらいいんで!」と言われても、いつ、どれだけ、どうやって覚えたらい [続きを読む]
  • 環境と好奇心と才能と・・・
  • 今の時代、大学へ進学したいと考えているなら、英数クラスには入っておいた方がいいと、個人的には思っています。ところが先日、「普通クラスでもいいじゃん」という話になりました。まぁ、普通クラスでも上位の子たちは、国公立に行っていた時代の人ですから、今は、状況が違うということを力説してみたのですが、話しているうちに、最終的には好奇心がきちんと育っているかどうかなんじゃないかという結論に私の中では辿り着いた [続きを読む]
  • 下手になる練習
  • 音楽をしていたころに、先生がよく言っていたことがあります。「下手になる練習をしているの?」ピアノを弾いていると、なんだか、優雅に楽しそうにやっているみたいに見えますが、実際は、そうではなく、頭の中は高速フル回転です。簡単に言えば、色んなことを計算して表現するわけですから、ひとつの音を出すにも、そのタッチの加減、全体の中での位置づけや意味などをきちんと考えながら進めていかなければ、綺麗には奏でられな [続きを読む]
  • 3・3と2・3・1
  • 徳島市の中高一貫校は、私立の文理と公立の城ノ内ということになりますが、その進度設定は大きく違っていて、城ノ内は、3・3で、文理は、2・3・1でした。つまり、文理は、中学校3年分を、中1と中2でほぼ終わらせて、高校3年分を中3〜高2に前倒しします。そうすると高3は実戦演習の時間となるわけです。城ノ内も、高校の募集をやめると、2・3・1の設定に徐々に移行していくのでしょう。中学3年間で習う内容は、ある程度できる子にと [続きを読む]
  • 教科のバランス
  • 今の時期、中学生は、どの学年の子も、冬休み〜基礎学までの計画を立てていることと思いますが、計画を立てるときの質問に意外と多いのが教科のバランスについてです。例えば、20日間の計画を立てるのに、20日÷5教科=4日/1教科なんて考える子がいます。じゃぁ、社会の勉強をするのは、5日に1回?あるいは、最初の4日間したら、そのあとの16日間は放置?考えられな〜い!!と思いますが、これ、普通にやっている子は [続きを読む]
  • ムリ・ムダ・ムラ
  • 高校生の時だったでしょうか、「無理のない勉強」「無駄のない勉強」「斑のない勉強」を、推奨されたことがあります。うまいこと言ったな〜と思ったものですが、例えば、無理をして徹夜で勉強をしても、結局は、能率が上がらなくなったり、次の日に何もできなかったりして、成果は得られないし、昨日の記事のような無駄が多い勉強をすると、それはもちろん、効率が悪くて、成果は得られません。そして、今日は7時間やって、明日は [続きを読む]
  • やってる気分
  • 勉強やる気満々!になった子の中に、時々、違った方法へ進んでいく子がいます。要注意です。。。一番よくあるのが、やたらとノートに整理してみたり、暗記カードを作ってみたり、・・・。何がいけないの? 勉強してるじゃん! と、思うでしょう?でも、いけません!確かに、時と場合によれば、教科書の内容をノートに整理してみることも必要かもしれません。でも、それは、言葉や知識が、ごちゃごちゃに入っていれば・・・です。言葉も [続きを読む]
  • 入ってからのこと
  • この時期、毎年、思うことなのですが、高校に入ってからのこと、中3生は考えているでしょうか?なんとな〜く、ランキングされている公立高校のちょっとでもランキングが上の高校へ行きたいと言う子がほとんどなんですよね。その高校の進学実績に目を向けている子が、どれだけいるのかな…と思うことがよくあります。今の時代、ホームページですべて公開されているというのに。。。将来、大学進学を考えているレベルの子なら、志望 [続きを読む]
  • 母は偉大なり
  • 比較的成績の良い子の家庭は、お母さんが強いことが多いです。強いというか、信念が一本、通ってます。昔、塾に勤めていたころの話です。中3なのに、なんだかちょっとだらけているAくん。もともと成績は良いのですが、もっと上を目指しているだけに、ちょっぴり心配。。。と思っていると、ある日、授業開始の1時間前から塾の自習室にいます。いつもは、授業開始時間に合わせてやってくるのに。「どしたん?」と聞くと、昨日のテス [続きを読む]
  • 習い事や部活の位置づけ
  • 小学校高学年になってくると、勉強もだんだん難しくなってきて、部活動や習い事とのバランスが難しくなってきます。私は、以前はピアノ教室もやっていましたが、幼稚園から習っていたピアノを、小学校高学年で辞める子はとても多かったものです。せっかく、だいぶ弾けるようになってきていたのに、勉強や部活を理由に辞めるんですね。。。そのくらいで辞めてしまうと、大人になったら、結局、何も弾けないんですよね。そこから、や [続きを読む]