wako さん プロフィール

  •  
wakoさん: 絵本とお茶のある風景
ハンドル名wako さん
ブログタイトル絵本とお茶のある風景
ブログURLhttps://ameblo.jp/ikymrs/
サイト紹介文素敵な絵本と美味しいお茶で 至福のひとときを・・・ enjoy a good book over a cup of tea
自由文4人の子どもたちとの絵本にまつわる思い出を
交えながら、素敵な絵本を 紹介しています。
時々、最近習い始めた茶道に関する記事も・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/08/06 20:54

wako さんのブログ記事

  • Pooka 酒井駒子 小さな世界
  • 大好きな雑貨やさん「ミドリネコ舎」の絵本コーナーでふと、手にした1冊。酒井駒子さんの特集号に出会えるなんて、何という幸せ。 作者が選んだ10の言葉…例えば、「夜」 「ぬいぐるみ」 「箱」 等々そして、その言葉にマッチしたいろいろな作品の場面が紹介されているという素敵な構成です。 また、作者のエピソードやインタビュー記事も掲載されているので読み応えもあります。 今宵、美味しいコーヒーとともに酒井駒 [続きを読む]
  • 中置
  • 中置とは、10月に入り、少し肌寒く感じられる日に行うお点前です。それ故、炭の火をお客様に少し近づけようと風炉を畳の真ん中に据え置きます。水差しも細く長いものを使い、いつもと反対側に置きます。まずは、薄茶です。 10月の中置は、名残りの茶です。それゆえに、何となく、侘びた感があります。 金継ぎが施された染付の花入れに生けられた残花。 金継ぎとは・・割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によ [続きを読む]
  • 四ヶ伝 和巾(風炉)
  • 本日は、「和巾」のお稽古でした。 玄々斎が江戸末期、孝明天皇に献茶した際、和巾を拝領し、その翌年、和巾を披露するために、点前を復興したのだそうです。 もともと、和巾点ては、利休の時代から唐物や棗など由緒あるものを扱う点前でしたがいつのまにか、廃れてしまったようです。1866年正月19日、玄々斎は、禁裏へ濃茶「竜影」と新作白竹真削り茶杓を献上し、その献残の茶をもって「利休大居士 の古書」により和巾点を復興 [続きを読む]
  • 四ヶ伝 台天目 (風炉) 
  • 台天目の三つ荘り(だいてんもくのみつかざり)と、覚えておくと良いそうです。 台天目は、仮置きしないということが、ポイントです。 さて、本日の茶花は、シュウメイギクです。 キクという名がついてますが、キクの仲間ではなく、アネモネの仲間です。なんでも、キンポウゲ科の植物の一種らしいです。 虫籠花入(むしかごはないれ)に、秋の気配を感じます。 虫篭花入れとは・・・ 竹筒を口になる部分を残して節下から割剥ぎし [続きを読む]
  • 四ヶ伝 唐物 ((風炉)
  • 8月末のお稽古は、「唐物」でした。 清めた茶入れに対しての、膝退は忘れずにできるのですが、建水を運び出した際、膝行するのを忘れてしまいます。(何度やっても??) さて、いつものことながら、素敵な茶花です。ヤハズススキ、シュウメイギク、ムクゲ、ヒゴタイ、キンミズヒキの5種です。 お軸は、「江月照松風吹」 「永夜清宵何所爲」  と、続きます。 (江月(こうげつ)照(て)らして松風(しょうふう)吹(ふ [続きを読む]
  • 地元、人吉で・・
  • ひとよし森のホールさんが、企画して下さいました。小川万莉子絵画展 in ひとよし 初日の朝、氏神様に参拝し、絵画をみてくれた方々が、皆幸せな気持ちになれますようにとご祈念。 まずは、オープニングパーティーです。たくさんの方々に温かいお言葉を頂きました。 そして・・なんと、九州交響楽団の宮田浩久氏と、ミュージシャンの石塚まみさんが小川万莉子の作品に曲をつくって披露して下さいました。 とっても、贅沢 [続きを読む]
  • 和巾
  • 「和巾」は、四ヶ伝のひとつです。江戸末期、玄々斎が孝明天皇に献茶した際、和巾を拝領。(因みに、使用した茶銘は「龍の影」であったそうです)その翌年、和巾を披露するために玄々斎が点前を復興したのが始まりと言われております。 塗蓋の瀬戸一重口の水指を定座に置き、その前(畳1目)に和巾(古帛紗)を広げて置き、仕覆に入れた中次を乗せます。中次は、桑生地、内部は金箔張りです。 お仕覆と古帛紗が、対をなしていると [続きを読む]
  • 葉蓋
  • 「葉蓋」の扱いは、十一代玄々斎の創案によるものです。 七夕の趣向の茶会にて・・末廣籠花入れの受け筒に梶の葉を蓋として、水指としたのが、始まりだそうです。 梶の葉をはじめ、蓮、里芋、蕗などの大きな葉が用いられます。 お軸は、「瀧 銀河三千丈」唐の詩人・李白の詩『廬山の瀑布を望む』の一節に「飛流直下三千丈、 疑うらくは 是 銀河の九天より落つるかと」 とあります。巨大な瀧が直下に流れ落ちるありさまは [続きを読む]
  • 6月最後のお稽古は、娘と一緒に
  • 私は、台天目。 娘は、運び薄茶点前。 三か月に1回程度のお稽古ですが、楽しみにしているようです。 お稽古に伺った日が、6月30日でしたので、主菓子には、「水無月」をご用意くださいました。 1年間を前半と後半に分けると、6月30日は前半が終わる日にあたります。半年間の悪い行いや身の汚れを払い、明日からの新たな半年間を無事に過ごせますようにと祈願する行事が古くから行われていたそうです。この行事を「夏越祓 [続きを読む]
  • 四ヶ伝 盆点て (風炉)
  • 昨日の大雨が嘘のように、爽やかに晴れた午後。お稽古をしていないにも関わらず、軽やかな足取りで、先生宅を訪れました。 お軸は 「葉々起清風」 (ようようせいふうをおこす)   誰れか知らん三隠寂寥の中  話に因って盟を尋いで鷲峰に別れんとす  相い送って門に当たれば脩竹あり  君が為に葉々清風を起こす 「君が為葉々清風を起こす」は清々しい出合いと別れのきびを味わう語だそうです。 宗全籠に生けられた [続きを読む]
  • 東京見物
  • 先週末は、次女のグループ展を観に行くという大義名分のもとに上京。半年ぶりでしたが、今回は初めての体験が多く、まさに、お上りさん。 散歩がてら、向かう先は、東京ガーデンテラス紀尾井町。 グランドプリンスホテル赤坂(旧称赤坂プリンスホテル)の跡地です。「豊な自然と歴史に抱かれた国際色豊な街」にふさわしい街づくりをコンセプトに、ホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」、オフィス、商業施設からな [続きを読む]
  • 昭和11年発行  キンダーブック 「オサカナ」
  • フレーベル館の月刊保育絵本「キンダーブック」は、1927年(昭和2年)に創刊された、日本で最初の月刊保育絵本です。 たまたま、私の母が生まれた年である昭和11年発行の絵本を入手できました。母たちもこんな素敵な絵本とともに育ったのか、或いは、限られた子どもたちだけのものであったのか定かではありませんが、いつの時代も子どもたちの健やかな成長を願う親の気持ちは同じなのでしょう。 私も、子どものころは、夏にな [続きを読む]
  • 千光山生善院 (通称 猫寺)
  • 人吉・球磨地方では、有名な「猫寺」三女が小学生のころ、こちらのご住職に担任をしてもらったこともあるので一度は訪れてみたいと思っておりました。そして、やっと、念願叶い、三女と一緒にお参りすることが出来ました。 生善院(しょうぜんいん)は、熊本県球磨郡水上村に建立された真言宗智山(ちさん)派の寺院です。創建は寛永2年(1625年)、相良氏第20代相良長毎(頼房)によるもので、寺に残る伝説から、通称「猫寺」と [続きを読む]
  • 100年目のツクシイバラ
  • ツクシイバラは、国内十数種類の野生のバラのひとつで、九州南部に自生する可憐な野ばらです。ツクシイバラのタイプ標本が、球磨川の支流、免田川で採集されたのが百年前の1917年。その後、河川整備や乱獲により激減し、2004年には、熊本県の絶滅危惧種として登録されました。 そんなある日、バラの画家、流郷由紀子先生がふらり、「人吉森のホール」を訪れました。そして・・オーナーの小川香さんに、「球磨川流域にはツク [続きを読む]
  • 風炉の季節となりました
  • 炉のお点前にようやく慣れてきたころ、風炉に変わります。最初は、柄杓の置き方ひとつ、なかなか上手く出来ませんでした。お点前をしている内に、徐々に思い出せるということは少しは上達しているのかも! お軸は、「江上数峰青」 (こうじょうすうほうあおし)青く聳える山の峰々が、ただ大河の川面に映っている。静寂かな風景。曲終人不見(曲終わりて人みえず)江上数峰青(江上数峰青し) 「湘靈鼓瑟」 銭起(722〜 [続きを読む]
  • 貴人点て (炉) 薄茶点前
  • 「貴人点て」は、高貴な方にお茶を差し上げる場合のお点前です。濃茶、薄茶とも、一人一碗とされております。 菓子器は、高杯を用い、これも一人ひとつずつとされています。 座布団の用意も必要です。 茶花は、「ムサシアブミ」です。 花の形が鐙に似ていること、武蔵の国で作られた鐙が良質であったことから「武蔵鐙」と呼ばれるようになったそうです。貴人をお迎えするにふさわしく、威厳が感じられます。 爽やかな印象を [続きを読む]
  • 個展終了  ありがとうございました。
  • 9日間にわたる二女の個展が無事終了いたしました。多くの方に、ご高覧、ご購入頂きまして、まことにありがとうございました。 とても素敵なギャラリーでした。オーナーの荒木さんも気さくな方で、若い芸術家を応援してくださいます。 多くの方に支えて頂き、心より感謝いたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 茶入荘 ・ 炉
  • 茶入れが拝領品、或いは、由緒ある品である場合や軽い意味では、当日の連客から頂いた場合に「茶入荘」(ちゃいれかざり)というお点前をします。 四月ですので、透木釜(すきぎがま)です。透木釜は、茶の湯釜の形状のひとつで、平たくて羽がついている形の釜です。五徳を用いないで炉に釜を掛けます。その際、炉の縁に置く拍子木形の木片のことを透木(すきぎ)といい、釜の羽をこの木の上に乗せています。 お点前のポイント [続きを読む]
  • 初炭点前 ・ 炉
  • 炭点前は、湯を沸かす手順を秩序あるひとつの形式にしたものです。今日は、茶事において、濃茶の前に行う初炭点前をご指導頂きました。 お軸は、「柳は緑 花は紅」宗の詩人、蘇東坡(そとうば)が書いた一節で「柳は緑、花は紅 真面目(しんめんぼく)」と続きます・・ 一休禅師の道歌にも「見るほどに みなそのままの姿かな 柳は緑 花は紅」とあります。 茶花は、「さくらかがみ」と「ゆきやなぎ」です。耳付きの備前焼 [続きを読む]
  • ペットと泊まれるホテル
  • ペットと泊まれるホテルを初めて利用しました。高齢犬のアプリちゃんが疲れないように、近場の温泉です。 生憎の雨で、ドッグランが利用できなくて残念(/_;)/~~ でも、ホテルで犬と一緒に気兼ねなく過ごせることがとてもありがたく、久しぶりにゆっくりできた三女とアプリと私… 以前書きましたが、アプリは、繁殖犬として、長いことお仕事をしていた子です。 年齢不詳ですが、獣医さんによると10才は超えているとのこと。楽 [続きを読む]
  • 人吉・球磨はひなまつり
  • 長女が仕事で福岡に来たついでに、我が家まで足をのばしてくれました。2月1日から3月20日まで、「人吉球磨は、ひなまつり」ということでこの時期は、街中でたくさんのお雛様を鑑賞することができます。 久しぶりに、長女と二人で人吉観光です。まずは、深野酒造から! 私は、ここの焼酎蔵が大好きです。長年に渡って醸造を続けてきた酒蔵には、「家付き酵母」とい [続きを読む]
  • 四ヶ伝 (盆点て & 台天目)
  • あわただしい日々が過ぎて行く中、お茶のお稽古のときだけは、穏やかで豊かな時間を過ごさせて頂いております。 とは言え、お休みさせて頂くことも度々ですので、お稽古できる時間を有意義に過ごすべく、最近は、ちょっと予習を心がけております。というか・・イメージトレーニングくらいはしておかないとついていけなくなりました。 「盆点て」では、唐物真塗の四方盆や、若狭盆が用いられます [続きを読む]
  • チャリティーコンサート
  • 「フランスから熊本へ伝えたい思い熊本地震復興支援チャリティーコンサート」 主催は「レキップ セ・ラ・フランス」代表のミキ・マクエールさんは、私が住んでいる町のご出身で現在は、フランスに住んでおられます。 熊本地震以来ずっと自分たちに何が出来るか、考えておられたそうです。そんなとき、アメリカ出身のピアニストとの出会いがありました。彼の名は、「加藤ウィラス・アレクサンダー弁慶 [続きを読む]
  • 初釜
  • 初釜へお招き頂きました。鹿威し(ししおどし)の青竹。その凛とした佇まいが印象的です。 お軸の文字は、お正月らしく、「瑞祥」(細川護熙筆)おめでたいことがおこる前兆という意味です。何かいいことありますように? 上は、小間のお軸です。字は読めませんが、色合いが私好みなのです。結び柳や、干支の酉を模した香合にもおもてなしの心が感じられます。 先生の炭点前、濃茶点前を拝見させ [続きを読む]