父ちゃん2013 さん プロフィール

  •  
父ちゃん2013さん: 弱者が歩む茨の空手道
ハンドル名父ちゃん2013 さん
ブログタイトル弱者が歩む茨の空手道
ブログURLhttp://gannbarutoucyan2013.blog.fc2.com/
サイト紹介文ひたむきに空手を志す息子のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/08/06 20:56

父ちゃん2013 さんのブログ記事

  • 今年から新空手に参戦する予定で全ての計画を立てて来ました。ジムに復帰したのも、JKJOやJFKO、IBKOのフルコンルールから全て撤退し、グローブ空手に絞り込み顔面有りの試合に集中して臨む為です。キックの試合も視野にいれ、すべては順調に進むはずだった・・・しかし、現実はそう上手く行かない物ですね。所属道場からストップが掛かりました理由は師範の理念に沿わない参戦は見逃すわけにはいかないとゆう理由です [続きを読む]
  • 返り打ち
  • 本日は息子の空手道場稽古以前、所属道場と友好関係にあるジムに出稽古に行った時に、息子とスパーをした子が本日、息子の道場に出稽古に来たようです。国内では最大規模の某空手団体に所属する有力選手のD君との「あの時のスパー」は、劣勢とゆうスパー内容だった。4月に大会を控えてるとゆうD君は本日、調整の為に私の息子をスパー相手として出稽古に来たのでしょう。言うなれば自分の息子に自信を持たせる為にお父さんがわざ [続きを読む]
  • やっぱりそうなるか・・・
  • 入学祝いと言えば大半が学業や、これから始まる部活動に関する物を贈るのが主流かも知れませんが、中学に進学する息子に私が贈ったのはこれでした。本革のボクシンググローブこれから参戦するK−3の基準にそって14オンス他にも試合で使うものと同じヘッドギヤも揃え、これからは試合を意識しながら練習する事になります。ただ、ジムにはジュニアは息子しか居ません。スパーリングパートナーが居ない・・・そうか・・・解っては [続きを読む]
  • 嘘・・・その4〜積み上げた信頼〜
  • 学校全体の生徒数が少ない影響もあり、校長先生は息子をよく知って居ました。毎日欠かさずちゃんと挨拶をしてくれる唯一の感心な生徒・・・虐めまがいの事をしてる生徒を見ると制止に入る事。学年が下の子にはとにかく優しくて面倒見が良い事。状況の全てを把握し、他人を貶める嘘を見逃してはならないとゆう我が家の意図を理解してくれたようです。私は今回の事に関して、校長先生に直訴するなら頼んでいた事が有ります。息子が卒 [続きを読む]
  • 嘘・・・その3
  • 相手方の嘘も発覚し、担任の先生と相手方の親、そして我が家も全容を把握した3日目。前日の夜に、家内がせっせと連絡帳に書いていた内容は、ただでさえ先生に真実を証言するには勇気が居るのに、証言をしてくれたC君を責める様に厳しい言葉を浴びせた事や、普通の大人なら「正直に言ってくれて有り難う」と言うべき場面では無いのかとゆうこと、さらには、なぜ人を陥れる嘘を付いた事に対しての指導が皆無なのかとゆう部分。そし [続きを読む]
  • 嘘・・・その2
  • 早めに仕事が終わり、珍しく帰宅が早かった事件があった2日後。息子が帰宅早々に言いました。「何だか解らないけど・・・俺が先に手を出して俺が悪い感じになっちゃった・・・」項垂れる息子。父ちゃん・・・「え??だって先に手を出して喧嘩売って来たのは向こうだろう??」息子・・・・・・「そうなんだけどさ・・・なんかアイツの親が先生に電話して、先に手を出したのは相手の方だって言い張ったらしくてさ。」父ちゃん・・ [続きを読む]
  • 嘘・・・その1
  • 卒業も間近に迫ったこの季節・・・我が家の息子は同学級の子と喧嘩をして来ました。いきさつは以下の通り息子は下校の時に学校の階段を下りていました。後ろには同じ学級の子が階段を下りていました。すると、後ろのA君が、「おいヤンキー!!」と声をあげました。息子は振り返り、「あ?俺はヤンキーじゃね〜よ!」A君はキョトンと息子を見て、「は??」と。この時、A君は息子にヤンキーと言ったのではなく、息子の向こうに居 [続きを読む]
  • 準備
  • 息子の通う道場は一般部になると手技による顔面攻撃が解禁されます。その為にと言っては意味が少し違いますが、打撃を追求する為には顔面攻撃有りの経験は必須になります。今年から参戦を予定しているK−3の下見として新空手の大会を観戦してきました。K−3の荒っぽい展開や、顔面パンチの攻防に衝撃を受けて考え込む息子。会場で話し合いもして・・・本当にこの戦場に上がる勇気が有るかを話しましたが、答えは出ず・・・しか [続きを読む]
  • その時が来る日まで
  • 先日に開催された総極真関東大会。仕上がりはまずまずで、息子曰く「不安要素は何もない」と、珍しく自信に溢れていたのですが・・・前日に花粉症の影響か呼吸と鼻の具合が悪化し、何やら微熱まで出る始末。毎日マスクを忘れずに、自己管理も出来ていたんです。前日の夕方、私は息子に棄権を促しました。なぜなら、息子を感染源にする訳にはいかないからです。ウイルスとゆうのは目に見えないけど、感染してる事に気付いているのに [続きを読む]
  • 大茂吉
  • 茂吉の血を引く我が家の大吉大阪から引き取った時は、臆病の王道を進む手の掛かる柴犬でした。頭を撫でようとすると逃げ回り、まるで人間を恐がっているようだった。大阪で生を受けた時は大切に育てられたはずなのに、不思議と人と接触するのを避けるような犬だった大吉。大阪から千葉への移動の時は、脱糞に嘔吐、とにかく大変だった。新名神高速のパーキングにて我が家に来てからも数カ月は全く慣れてくれず、テーブルの下に隠れ [続きを読む]
  • 年明けからキックのジムに再入会した息子ですが、楽しい事も相まってややオーバーワーク気味です。プロに持って貰うミットは気持がよくて、設備の揃った施設は息子にとって天国。自分を追い込む事で自らを納得させる癖が付いてる息子にとって、空手の稽古はやや物足りなくなったかな・・・そんな気持ちで見守ってますが、インフルエンザや風邪が流行するこの季節。オーバーワークが原因の体力の低下から、感染性のウイルスに侵され [続きを読む]
  • 誕生日プレゼント
  • 新年早々にキックのジムに再入会した息子まだ年明け早々とゆう事も有り、自主練とゆう流れのジムだったのですが、以前ジム通いしていた時は顔を合わせる事が無かった現役のキックボクサーとジムワークをして来ました。息子が通うジムのトレーナーはタイ人でラジャダムナンのランカーだった現役の格闘家です。今でも格闘技イベントに参戦している本物の格闘家ですが、このジムにはもう一人・・・真剣勝負に身を投じる若き選手が居ま [続きを読む]
  • 辛い練習の後に
  • 決まった大会参戦関東地区の2月は息子の花粉症がピークの時期。それでも、参戦を決めたからには全力で努力するのは当たり前の事。しかし我が家には、有難い事にアニマルセラピーが身近に有ります。息子の愛犬の梅は、息子と一緒に就寝し、娘の愛犬の大吉は、少し「やり過ぎる部分」は有りますがとても賢くて従順です。特に大吉は、ここまで懐く(なつく)のには大変な努力が必要でした。生まれつき警戒心が尋常ではなく、逃げ回る [続きを読む]
  • お金と子育て
  • 明けましておめでとうございます。今年も始まりますね〜。今年も我が子に真剣に向き合う親は大変な一年になりそうですが・・・もう一度考えなければいけない事が事があったので、早速記事にしました。新年早々キックのジムに再入会する事になった息子。私は極貧の幼少期を過ごし、時代背景も重なり、貧乏が原因で虐められました。あの時の日本はバブルに沸き、贅沢に溢れていた。そのバブル期は、貧乏な奴は虐めの対象だったわけで [続きを読む]
  • 求道心
  • 世界総極真の関東大会に出場が決まった本日。私は息子に問いました。「勝つ自信は有るのか?」と・・・そして息子は言いました。「やってみなきゃ解らない・・・出来る事はやるけど、どうだろうね(^^ゞ」勝つとも負けるとも言わない息子ですが、息子は次にこんな事を言いました。「負けるつもりは無い」試合のジャッジメントの傾向や、場所の雰囲気は理屈では説明できない部分があります。傾向を研究して「試合で勝つ為の対策」をす [続きを読む]
  • 子育て
  • 本日母ちゃんが勤める病院で一人の入院患者が他界したそうです。命と向き合う仕事をしている母ちゃん。看護師と言えば聞こえは良いけど、医者と患者の狭間に立って嫌になって辞めて行く人間も少なくありません。そんな苛酷な世界でも、可笑しな図式は存在して、看護師免許を持っていない勤続年数だけは長い人間が幅を利かせてやりたい放題の腐った病院は沢山あります。本日他界された患者さんの担当だった看護師さんは・・・いつも [続きを読む]
  • 昇級
  • 2ヶ月前に受けた昇級審査青帯卒業を目標にしていたのですが・・・残念ながら青帯に線が一本入る8級とゆう結果と相成りました。原因は技術面では無い事は本人も自覚し納得してる様です。技の名前や意味を理解しているか息子が所属する道場では、先生が積極的に道場生に質問を投げかけます。審査の時は答えられなければ減点となるそうで、息子は今回上手く説明出来ずに考え込んでしまったらしいですね(^^ゞ試合で強いとか弱いとか [続きを読む]
  • 偉大なボクサーへ
  • 長谷川穂積とゆう偉大なボクサーが現役を引退しました彼が残した言葉に、こんな言葉が有ります。練習でやり切ったら、満足できる練習ができたら、試合はオマケやと思っています。結果は別に、どっちでもいい。勝手についてくるものだから俺は俺に勝ちたい。今までの自分に勝ちたい最後のタイトル戦は胸を熱くする殴り合いだった自らのプライドを掛けて長谷川さんは殴り合いに応じたそして彼は3階級制覇とゆう偉業を成し遂げ、チャ [続きを読む]
  • もう一丁
  • 娘が燃え始めた今日この頃毎日筋トレを始めた娘を横に、軽めのロードワークを繰り返す息子は拳の調子を気にしながら・・・何か物足りなさを感じてる節が見え見えでした。そもそも、前回の国際正道の大会で優勝で幕を閉じたなら、それほど焦る事も無いんでしょうが、あと一歩で届かなかった二文字が心に引っかかってるのでしょう。おもむろに言った父ちゃんの言葉。「もう一戦・・・行くかい?」その言葉に息子は即座に反応します。 [続きを読む]
  • 空手バカを一人追加です
  • ある事をきっかけに、本当に目覚めた娘の空手魂。リンクに「父ちゃんと娘の空手日記」を追加しました。このブログの一つのカテゴリーでは無く、娘の空手は息子の空手と切り離して記す必要が有ると考えました。ですから、「父ちゃんと息子の空手日記」と、「父ちゃんと娘の空手日記」は別々のブログとして展開します。勿論、兄妹ですからやや重複する部分は有りますが主役は娘です。これは「父ちゃんと息子の空手日記」の外伝ではあ [続きを読む]
  • それぞれのファイナル
  • 今年もJKJO全日本ジュニア選手権が開催されました。JKJO戦線から離脱した我が家は、ある選手を応援すべく代々木に向いました。以前、息子に恐怖心を植え付けた選手。ブログ記事に時々登場するM君。そう・・・息子の前にそびえ立つ壁となった彼です。彼とは試合はした事が有りませんが、スパーリングをした事が有ります。けた外れの圧倒的なパワーで息子は30秒を待たずに立っているのがやっとだった。彼に植え付けられた [続きを読む]
  • 告知
  • 忙しい毎日ながらも、張り詰めた空手中心の毎日ではなくなり、少しだけユックリと毎日を過ごしてます。息子の拳は順調に回復してますが、時期的に寒くなった今日この頃。念には念を押して、焦らずユックリと回復に勤めている毎日。忙しい毎日は何も変わりませんが・・・こんな暑苦しく重苦しい当ブログを応援してくれた方々に、動画を準備してます。直接交流がある方には、息子の試合のDVDを作製し送付して居るのですが、ブログ [続きを読む]
  • まだ・・・もう少し
  • ダメですね。6年間とゆう長い間、常に空手が中心に生活が回っていたツケで、2週間も休むと禁断症状を引き起こすようで・・・主治医からコンタクトしない事を前提に、稽古再開のサインが出ると、早速道場に復帰し、ロードワークを再開した息子。ただ、ここで息子の悪い癖であるオーバーワークや怪我の悪化を防ぐためには監視が必要で。「まだだぞ!絶対に無理だけはするなよ!?これから寒い時期になるんだから、関節や骨は中途半 [続きを読む]
  • 自分とゆう人間
  • 激戦を終えた息子でしたが、季節の変わり目で冷え込み始めた今日この頃。逸る気持ちを抑えつつ、治療回復に専念してます。大きな節目になった今大会。大会後も私と息子は変わらずにバカ話をしてゲラゲラ笑ったり、息子がダラダラしていると怒ったり。一年くらい前から、息子は多少の口答えをするようになりましたが、他の子の反抗期に比べればまだ可愛いものだと思う。極真館南東北大会の帰宅途中、車の故障でレッカー移動で帰宅し [続きを読む]
  • 6年前の言葉の意味・・・その3
  • 2人とも・・・言葉を発する事すらせずに数分間目を合わせたりうつむいたり。タオルでシャットアウトした空間の中で、私と息子は涙を流しながら沈黙を続けました。しかし、私は素直に気持ちを言葉に出したのです・・・それは。「6年間お疲れ様」この言葉で息子の涙は更に溢れます。「終わった・・・6年間の闘いが終った。良く頑張った!本当に努力を重ねた!お前は頑張った!」きっと息子は溢れる涙で私の顔なんて見えなかったで [続きを読む]