LAD2000 さん プロフィール

  •  
LAD2000さん: ラーメンに粉チーズ
ハンドル名LAD2000 さん
ブログタイトルラーメンに粉チーズ
ブログURLhttp://lad2000.blog136.fc2.com/
サイト紹介文最難関校受験体験から現在に至るまでを、ラーメン好きで水樹奈々ファンの父親が語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/08/11 19:22

LAD2000 さんのブログ記事

  • スランプ?イップス?
  • 「東大模試で、錐の体積を求めるのに『底面積×高さ』をなぜか『底面積+高さ』で計算してしまった。」スランプなのかイップスなのか、そもそも実力不足なのか・・・冷静に聞くと小学生以下のミスである。ただ、そこは精神的な何かが絡んでいるのかもしれないので、ここは温かく見守って、願書を見るとか、協力できるところは協力していきたいと思う。中学入試でも同じ。普段、何時間も勉強して、精神的に疲労困憊している子供が、 [続きを読む]
  • 模試の季節
  • 模試の季節。学校は7日始業式と遅いのだが、毎日のように塾や模試ばかりで、恥ずかしながら、いつがなんの塾で、なんの模試だか全く把握していない。うちの息子としては、おそらく人生で一番勉強しているのではないか?塾では、やはり他校の生徒には負けたくないという気持ちがあるらしく、いい刺激になっているようだ。お盆明けには、学校の友達と勉強合宿。みんなすごいオーラで近寄りがたい雰囲気だった。息子とその友達を陰な [続きを読む]
  • 星取表
  • 先日、学校で初の面談が行われた。そのなかで参考になったのが、星取表といわれる、校内模試で何番だった先輩がどこに受かったか?が整理された表。高3の第1回模試から第4回模試まで、1回ずつ分けて整理されていた。まさに、現役合格に向けての指標となる資料であった。たとえば、東大理3受験の場合、第1回模試でも第4回模試でも、ある順位を境に明確に合格と不合格がはっきり分かれていた。息子はどこを受けるか、大体の目安はあ [続きを読む]
  • 1学期終了→大学パンフレット
  • 無事、最終学年の1学期が終了。成績は、クラス内順位を8倍した数字(8クラスなので)が、校内模試の成績より少し悪いかな・・・くらい。そういえば、百傑のメンバーも大体固定されてきた感じで、立ち位置が落ち着いてきたのかもしれない。早いか遅いかわからないが、息子が志望大学のパンフレットを自宅に取り寄せたようで、やりたいスポーツサークルがあると喜んでいた。受かってないのにフライング気味な気もするが、6年前の目標 [続きを読む]
  • 試験の手応え
  • 親として、どうしても聞いてしまう言葉「試験どうだった?」小さいころから、息子は試験の手応えを言ってくれるのだが、それがピタリと当たる。「できた」「みんな簡単だったと思う」「微妙」「むずかった」「終わらなかった」上であるほど、実際の成績も良い。ちなみに小6のときはほとんど、下二つの感想。俺としては、どのコメントでも、「まあ次頑張ろう」と言うことに決めている。四谷大塚の合不合終了後、子供が「できなかっ [続きを読む]
  • 6年前との違い
  • 6年前は、合不合とか学校別オープンとか、親の立場で息子の模試の成績をかなり気にしていたが、高3になった今は息子の成績があまり気にならなくなった。6年前は中学入試は一生に一度だから、とか、第一志望との開きがありすぎたから、とか、理由はあるのだが、一番の理由は、本人が中2くらいから何も言わなくても勝手に勉強するようになったからだと思う。学校のいい意味での放任主義が、息子の性格に合っていて、知らず知らずのう [続きを読む]
  • 開成合格率30%でもあきらめる必要はない
  • ファイルの整理で、たまたま小6時代の合不合の成績表が出てきた。当時は4回実施の合不合で、これは第4回の成績表。偏差値は67開成合格率30パーセントであったが、写真でもわかるように、国語の記述力が抜けていたのが逆転合格につながったと思ってる。得意分野があれば、この成績でも受かります。希望を捨てずに、第1志望はあきらめないでほしい。5/13は、息子の最後の運動会。集大成を見届けてきます。 [続きを読む]
  • これからを担う子供たちへ
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000536-san-sociうちは子供が小さい時から、このことを意識していた。中国は何も悪くない。ただ、ガチンコ勝負をしないと日本の根幹にかかわる。・開成や灘を目指す地方のエリート小学生で、実際に合格した子を支援する体制を作る。・海陽特別給費みたいな学校がもっと全国にできて、中学受験を全国で身近なものにする。もっと危機感を持つ日本人が増えたほうがいいと思う。 [続きを読む]
  • 通知表、そして志望校
  • 昨日が修了式。最近、運動会のことしかしていない息子に、「通知表見せて」と言っても、「カバンの中から取るのがめんどくさい」とのこと。きっと、よくない成績か、遅刻がたくさんあるかのどちらかだと察したので、これ以上は言わないことにした。志望校も決定していて、志望校以外は受けない雰囲気で、他も受けるように説得したいが、昔から頑固なので1校しか受けない確率が高い。自分の人生、好きなように生きたらいいと思う。 [続きを読む]
  • 運動会の準備を見て、再び思うこと
  • 最後の運動会に向けて、本気になって準備している息子を見て、この学校に通よわせていただいてほんとうによかったな・・・とあらためて思う。先日、息子に「運動会に向けて筋トレするから、プロテインを買ってくれ」と言われた。棒倒しに勝つために、ここまでくだらないと言ったら怒られてしまうが、筋トレ、筋肉、についての知識を究めるのか・・・その想いがすさまじく詳しくてびっくりした。また、昨年末には「動画で運動会の種 [続きを読む]
  • 明日は2/1
  • 明日は2/1毎年、この日になると、息子が受験前日の宿泊先のホテルから見えたスカイツリーを思い出す。当日は、とても不安な顔をして、こちらを振り返りながら、会場に入っていった姿が昨日のことのようだ。あれから5年経ち、今日は校内模試の成績を返されたようだ。だいたい予想通りの順位にホッとしたのか、すぐにLINEで成績表の写真を送ってくれるところは、まだまだ子供らしいところで、親としてはとても嬉しいものだ。話は [続きを読む]
  • ハイテンション旧高生
  • 年末、お友達がお泊りに来てくれた。遊びに来てくれたのは全員旧高生。最近、新高受験生が減っているとのことだが、たしかにあのテンションの中に、高校から新しく入っていくのは大変かもしれない。話は替わるが、センター試験を1年後に控え、同日にやってみた結果・・・親としては素晴らしいと思った得点だが、本人曰く、まあまあではあるが、大したことはないとのことだ。明日は初の5教科での校内模試。模試もついに受験モード突 [続きを読む]
  • 2学期終了
  • 今日で期末試験終了。早いもので2学期も終わってしまった。2学期は、運動会の役職選挙、文化祭、そして校内模試と徐々に中高生活のフィナーレに向けて、改めてスタートを切った時期であった気がする。現時点で息子と意見が合わないのが、国語。親としては、塾で国語を取らせたいのだが、必要ないらしい。大まかに書くと、攻める受験なら国語も必要。守る受験なら英数理をさらに固めるみたいなイメージ。息子は守りに入り気味で、親 [続きを読む]
  • 鉄緑会の記事のコメント
  • ヤフーニュースの記事「天才はいない」 東大理三3人に2人は鉄緑会、最強塾が教える「伸びる生徒」https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00000004-nikkeisty-bus_allこの記事のコメント欄がおもしろい。まず、開成・灘・筑駒以外の地方の高校出身・関係者がコメント書いても何の説得力もない。「地方から東大行った知人が・・・」みたいなコメントに何の意味があるのかよく分からない。あとは「だから日本の医学界は [続きを読む]
  • 19年ぶりの横浜スタジアムでの日本シリーズ
  • 息子に頼まれた日本シリーズのチケット。偶然にも正規ルートで手に入り、昨日本人に渡すことができた。某チケットサイトを見ると、数日前は1枚35,000円。今は20,000円に下がったようだが、久しぶりの横浜スタジアムでの日本シリーズでチケット人気も高騰しているようだ。前回、横浜が日本一になったとき、俺はまだ学生だった。初戦の1回裏、先頭打者の石井琢朗がセーフティーバントを決めたのをテレビで見たとき、もう手遅れだった [続きを読む]
  • 最後の開成祭
  • 子供が小6の時から毎年行った開成祭も、これが最後となった。開場前、この列に並ぶのも今年が最後かと思うと、大変感慨深い気持ちになった。最後なので、今まで参加したことがなかった、開成ツアーのチケットを取ることにした。列の管理もきちんとされて、門をくぐって左に折れてチケットの列に並び直すのだが、残念な親子がいた。ロープをまたいでショートカットをする父親、そして受験生かな・・・。残念。そういう教育をされた [続きを読む]
  • 夏の個別指導塾に16万2000円?
  • 共働き家庭の中学受験 妻はダウン、夏の個別指導塾に16万2000円〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00000102-sasahi-life この記事を読んで、昔を振り返った。子供の才能を見極める能力が親には必要。子供に才能がないのに、あれもこれもやらせると、16万くらいかかるのもうなずける。子供に才能があれば、サピ・四谷大塚などの基本コース+学校別のみで充分。逆に、子供に [続きを読む]
  • 旧高のパターン
  • 旧高のパターンにはまっている息子。数学が得意で、英語は他校の生徒さんにも負けてしまうパターン。東大の2次試験で、数学を3ケタに乗せると豪語しているが、いくらなんでもそれは無理な気がする。英語を伸ばすことを最近やっと思いついてくれた。しかし、今までは数学を究めることに時間を費やしすぎ。昔から英語を本気になってくれていたら、今頃もっと楽だったのに。そろそろ、周りの開成生も本気ムード。学校の環境は人を変え [続きを読む]
  • 親に通知表を見せない息子
  • 1学期も無事終了。しかし、通知表を見せてくれない。「中間と変わりないから」「実テ見せてるんだからいいじゃん」「赤点はない」最近、いい成績しか見せてこない傾向がある。本人が見せたくないのならそれでいいが、他の同級生もこんな感じなのだろうか? [続きを読む]
  • 修学旅行
  • 開成の修学旅行は、ニュースになるようである。うちも、行く前からテレビに映るかも・・・とは聞いていたが、本当に映るとびっくりするものだ。これで旅行関係のイベントは終わり。徐々に受験・卒業が視野に入ってくる。中高の6年間は本当に早い。 [続きを読む]
  • 5/14 人工芝での運動会
  • 今年の運動会は、人工芝で初の運動会ということで、当然ながら、景色が変わったというのが第一印象。前日の雨の影響も、人工芝のおかげでほとんどなかった。景色を比較すると、自分の主観では、土のグランドの方が見慣れてるという点で、しっくり来る気がする。しかし、主人公である生徒の皆様は、写真にも写っているように人工芝に替わっても各々の役割をしっかりこなし、6棒も8位制で実施できたことで、今回の人工芝初の運動会は [続きを読む]
  • 上には上がいることを知る意味で
  • 上には上がいることを知る。これを子供に伝えることが、大切な親の役割だと思っている。そういう意味では、うちの息子がキッズBEEを経験したことは貴重だったとあらためて思う。ファイナルに出て、いろんな経験をした。控室で、関西弁の塾の教師が、はちまきを巻いて自分の生徒たちに熱血指導をしているのである。東京の奴らには負けるな!みたいな感じで。さらに、表彰式のホールで、英字新聞を読んでいる小学生がいた。ほんとに [続きを読む]
  • そんなことないと言えない父親
  • 3月某日、数年前に運動会でお世話になった先輩方から、軽い感じの○組同窓会に呼ばれたらしい。かなり話し込んだとのことで、帰宅はかなり遅くなったが、いろいろな生の情報を聞くことができたとのこと。文系の方が理系より東大に入るのが大変、理Ⅱなら○○○傑が目安、高1時点の百傑は、このあとかなり入れ替わる・・・などなど。最近、息子が「結局、中1から○○会の内職を授業中にやり続けた奴が、最終的に一番効率がいいので [続きを読む]
  • 東大より医学部?
  • 終業式の日に発表される、高2からの新クラス。文系理系の選択はなく、理科の選び方で、ある程度区分けされるらしい。中1時代からの親友が、たまたまうちと同じ理科の選び方をされたとのこと。同じクラスになれるかな?しかし、今年の東大合格者数160名という開成でも、今後さらに、東大よりも医学部という流れが加速しそうな気がする。 [続きを読む]
  • 実力テスト
  • 先月学校で行われた、実力テストの結果が返ってきた。百傑の氏名一覧、そして教科ごとの50傑一覧が配布されるのだが、息子には刺激になっている様子。特に新高生が気になるようで、旧高生にはいい刺激になるようだ。最近は特に、実力テストのみが目標みたいな感じになっていて、もうすぐ行われる学年末テストにはあまり関心がない様子。無事に進級してほしい。 [続きを読む]