coachman さん プロフィール

  •  
coachmanさん: 北海道 photo 一撮旅
ハンドル名coachman さん
ブログタイトル北海道 photo 一撮旅
ブログURLhttp://photo2519.exblog.jp/
サイト紹介文札幌から北海道の四季折々の写真を届けます
自由文デジタル一眼でおもに風景、草花、古い建物など目に付いた被写体はこだわり無く撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2013/08/12 08:26

coachman さんのブログ記事

  • 錦秋の候(滝野すずらん丘陵公園)
  • 先週の滝野すずらん丘陵公園です。紅葉の見事さは誰が撮っても名カメラマンになれるような気がします 「奥山に 紅葉踏みわけ鳴く鹿の 声きく時ぞ秋は悲しき」 猿丸大夫          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら お好きなバナーの をお願いいたします [続きを読む]
  • コキアも紅くなる秋
  • 二日振りに自宅のPCからの更新です。滝野すずらん丘陵公園の「コキア」です。別名「ホウキグサ」その実は秋田県の特産品「とんぶり」になるそうです。毎年、今の季節に訪れていますがコスモスが増えてコキアの栽培面積が狭くなっているようで、、コキアが困った顔で嘆いていました。          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文... [続きを読む]
  • 渓流の中の秋 2
  • 昨日から秋のニセコで連泊しています。あわよくば光害のない澄んだ空で星景写真をと目論んでいましたが、、、雲が多く夕方から雨、、 今夜も昨日に続きで「水中写真」です。冷たい渓流で流れてくる落ち葉をタイミングよく撮りたいと連写で撮るも難しいですね〜          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりま... [続きを読む]
  • 渓流の中の秋
  • 先日、滝野すずらん丘陵公園の帰りに、秋の厚別川で川の中から紅葉を撮ってみました。安価な水中用のハウジングなのでカメラを濡らさないように気を遣いながらの撮影は大変でした(笑)          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら お好きなバナーの をお願いいたします [続きを読む]
  • 「生き馬の目を抜く」
  • ことわざで「生き馬の目を抜く」と言う言葉があります。あまり良い意味では使われませんね〜語源由来辞典には、他人を出し抜いて利益を得るさま。油断も隙もないこと。素早く事をするさま。などと書かれてありますが、馬の目を見つめればこれほど優しい瞳があるものか、と思うほど愛しげな瞳ですね〜馬の左右の視野は350度もあるそうです、人間は180〜200度ですからとても馬には敵わない「生き馬の目を抜く」政治の... [続きを読む]
  • 山羊の爺さん世相を語る
  • 先日、パレットの丘の帰り見つけた白髭の山羊爺の会話を翻訳?してみました。          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら お好きなバナーの をお願いいたします [続きを読む]
  • パレットの丘 2(千歳市)
  • 一面の「ひまわり」を見ればいつも脳裏に流れるメロディがあります。四十五年以上前に見た映画「ひまわり」のテーマ音楽でヘンリー・マンシーニが音楽を担当していました。戦争で離別を余儀なくされた夫婦の物語で、夫(マルチェロ・マストロヤンニ)は終戦が過ぎても帰国せず、妻(ソフィア・ローレン)は言葉も通じない異国(ロシア)に夫を探しに行き、必死の思いでたどり着いた夫には若くきれいな妻と子供たちが〜... [続きを読む]
  • パレットの丘(千歳市)
  • 先日の新聞に千歳の「ひまわり」が見頃との記事があり行って来ました。国道337から幌加方面へ小さな峠を越えると一面の黄色が見えてきました。小ぶりの「ひまわり」で緑肥として栽培されているそうです。夏の季語の「ひまわり」ですが秋の空にも似合いますね〜          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まり... [続きを読む]
  • 手稲山のシルェット
  • 道東旅行の帰路、日没時と重なり夕陽を撮りたいと思いながら走行している内に陽が沈んでしまいました。それでも日没後の残照にめぐり合い、北広の千歳川の堤防から撮ってみました。五日ぶりの札幌の風景に安堵感を覚えるのは無事に帰ってこれたからでしょうか、、旭川で生まれ育った私ですが、故郷で過ごした三倍以上の年月を札幌で過ごせば愛着も一入か、、「いずくにも 心とまれば住みかえよ 永えばもとのふるさと」... [続きを読む]
  • レタッチで青空
  • 風景を撮っていて最も欲しい背景が、秋の澄んだ青空ですね〜リタイアの暇人で、時間だけは潤沢にある私ですから、曇り空を青空に変えて遊んでみました。一連の加工や工程を覚えるのも認知症予防になると思い、、(笑) before afterbefore after          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた... [続きを読む]
  • 秋桜(コスモス)揺れて!
  • 先日訪れた網走大曲園地のコスモス畑です。 FishEyeで撮ってみました〜広大なヒマワリ畑の隣に可憐なコスモス畑、夏と秋の競演?          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら お好きなバナーの をお願いいたします [続きを読む]
  • 十勝平野
  • 十勝平野の面積は、3,600キロ平方メートルで埼玉県や奈良県、鳥取県とほぼ同じだそうです。先日のプチ旅行で十勝平野を彷徨い、至る所で地平線の果てまで続く畝を見れば「日本のウクライナ」とも形容される意味が腑に落ちました。          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら お好きなバナー... [続きを読む]
  • 廃屋がある風景
  • 十勝平野で出会った風景です〜物語が幾つも積み重なって、、、          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら お好きなバナーの をお願いいたします [続きを読む]
  • 初秋
  • 10月に入りカレンダーも秋色になりましたね〜外気温も一気に冷え込んで朝夕はストーブを点ける季節〜里山にも秋が訪れて、、          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら お好きなバナーの をお願いいたします [続きを読む]
  • 様似町の渚
  • 様似町には随分以前に釣り(Fly Fishing)に耽溺?していた頃、山奥にある「幌満ダム」に何度か行った事があります。「#6のロッドが満月となり充実した釣行と」古い釣り日記に書いてあるが詳細は思い出せない!ダム湖のインレットから入渓し羆の出現に怯えながらの釣りだったから、思い出せないのはそのせいかも知れない。今回、改めて襟裳国道(336号線)海岸の景色など見れば素晴らしいですね〜     ... [続きを読む]
  • 啄木と薄暮の釧路川
  • 久しぶりの釧路です。以前に来たのは「石川啄木」の歌碑を訪ね歩く旅でした。啄木は明治四十一年一月、厳寒の釧路駅に降りた印象を「さいはての駅に下り立ち 雪あかり さびしき町にあゆみ入りにき」と詠みました。「さびしき町」にわずか二ヵ月半ほどの滞在でしたが、多くの歌を詠み残しました。釧路市内には二十五の歌碑があり関連の住居や寺などを訪ね歩くと二日では回り切れないほどでした。今日の画像は、啄木が勤めた... [続きを読む]
  • 道東の野鳥
  • 道東は湖や大きな沼、汽水域が多いせいでしょうか、訪れた先々で野鳥の歓迎を受けました。残念な事に野鳥を撮るための準備はしていませんので標準レンズ、手持ちで写しています〜ピンボケはご容赦! 今日の画像は春国岱の「丹頂」と能取湖の「シギ」です。          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりました... [続きを読む]
  • 馬の話(日高方面)
  • 馬産地日高で見かけた風景です〜記録をたどれば文化年間(1804〜1818年)に駅馬を配置したことが始まりとされています。やがて北海道開拓が進むにつれて農耕馬の需要が増え、日清日露の戦争〜太平洋戦争では軍馬の需要が大量にあり、開拓に必要な農耕馬さえ供出の名のもとに連れ去られる事態が多くあったそうです。戦後は経済復興、高度成長期には競走馬の時代を経て現在では外国へも競走馬を輸出しているそうです。... [続きを読む]
  • 蕎麦の赤色 稲の黄金色
  • 美深方面から秋の幌加内(R275)を通り夕方無事に帰宅いたしました。各地で収穫の真っ最中! 蕎麦の作付け面積が最も多いのが北海道、その中でも最大の作付け面積を誇るのが「幌加内町」収穫が終わった畑が赤く染まって至る所絵画のようでした。隣では稲穂が風に揺れ黄金色の波が海のようで、、          にほんブログ村           にほんブログ村ブログ作成の励みになります 気に入って... [続きを読む]
  • 道東は花盛り
  • 4泊5日で50ヶ所ほどの神社巡り、明日で無事終わりそうです。老い二人がドライバーとナビゲーターのコンビで、私が参拝し拝殿、狛犬、灯篭、手水鉢などを撮影している間、女房は次の神社をカーナビにインプットしていてくれる〜賽銭を奉じ、かしわ手を打ちたいほどありがたい!そんなナビゲーターに感謝を込めて今日は道東の花巡りでした。最初は網走大曲湖畔公園の「ひまわり」と「コスモス」ひまわりは150万本で東京... [続きを読む]
  • 空と大地と丹頂と
  • 今朝は釧路から根室経由で標津町を抜け今夜は網走泊まりです。先週の台風の影響を避け一週間日延べしたのが良かったのでしょう、天候に恵まれて、春国岱では丹頂と遭遇し、納沙布岬では貝殻島が手に取るように見え、標津町付近では牧草の刈り取り最盛期、何所を走っても絵になる風景ばかりで、改めて北海道のポテンシャルの高さを実感!惜しむらくは、それを切り取る技術が足りない!           にほんブログ村... [続きを読む]
  • 釧路の夜
  • 昨夜は帯広泊まり、今夜は釧路からの更新です。近年外国人旅行者が増えたせいでしょうか、何所へ泊ってもWlFi完備で嬉しいですね〜数年前ですとWlFiの有無を調べてからの宿泊でしたが、、「襟裳岬」に続いて今夜は「釧路の夜」です(歌謡曲シリーズではありません!)幣舞橋と夕陽のコラボ、期待して待っていましたが雲が多くて、、残念!          にほんブログ村           にほんブログ村... [続きを読む]
  • 襟裳岬
  • 以前に訪れたのが思い出せないほど昔のことで、微かな記憶をたどっても風が強かったとしか思いだせない!今日の襟裳岬は爽やかな秋晴れで思わず鼻歌もでる。1961年に発売されたのが島倉千代子の「襟裳岬」で1974年に発売されたのが森進一の「襟裳岬」56年前と43年前の歌謡曲だから、二つ並んでいる歌碑に若いカップルが興味を示さないのもうなずける、、光陰矢の如し、、昭和はますます遠くなる、、      ... [続きを読む]
  • 夏の終わりの天の川
  • 21日夕食後、毎夜のことで夜空を見れば久しぶりに雲がない!しかも月齢22.9のほぼ新月!これは撮りに行かなければ悔いが残る、しかし慌てて準備するとロクなことが無い、リモートケーブルは忘れる!予備のバッテリーも忘れる!最も肝心なピント合わせの為の老眼鏡も忘れてしまった(笑)久しぶりに訪れたチャンスに舞いがってしまったらしい〜よって甘ピンの天の川になってしまいました。(iso 1600 f 2... [続きを読む]
  • 秋だからキノコの話
  • いつもの散歩コースで可愛いキノコを見つけました。毎年同じ場所で見つけるのですが、誰も採らない! そのはずで毒キノコの「ベニテングダケ」です〜毒キノコと思えば、可愛く見えたキノコも恐ろし気な「毒婦」にも見えてくるから見た目だけで判断してはいけない!見た目に惑わされてはいけない!と教えてくれる「人生訓」キノコかも、、          にほんブログ村           にほんブログ村ブ... [続きを読む]