こーでぃ さん プロフィール

  •  
こーでぃさん: 大阪発!サッカー少年育成記〜セレッソ大阪への道〜
ハンドル名こーでぃ さん
ブログタイトル大阪発!サッカー少年育成記〜セレッソ大阪への道〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/road2cerezo/
サイト紹介文セレッソ大阪で活躍することを 夢見る7才サッカー少年の育成記録
自由文5才からサッカーを始めた
サッカー少年たっくん(7才・小1)、
3才からサッカーを始める
サッカー少年えいとまん(2才)と
サッカード素人パパの育成奮闘記録*・∀・*

夢は大きく、『2024年&2028年 セレッソ大阪入団』ロビー
まだまだレベルは低いですが、
温かい目でコメントやアドバイス、
情報交換をいただければ嬉しいです( ̄▽+ ̄*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/08/14 05:47

こーでぃ さんのブログ記事

  • ◆幼少期のうちに知っておくべき食べ物の適応性
  • 先日、更新したブログ、”低身長と食べ物について”が、非常に大きな反響をいただきました。 基本的にこのブログで紹介しているものは、私達親子が実際にやって良かったと思うものや、実際にやっていることだけに限定をしていますが、この施術について、間近では見たことがあるし、友人も観てもらってはいたんですが、中々時間が合わずに実践できていませんでしたが、この週末、しっかりと診てもらうことができました。 まず何よ [続きを読む]
  • ◆動画を振り返る
  • これまで色々な動画を記録として残してますが、多くはあまり公開はしてませんでした。ここ最近、色々と相談を受けることがありますので、期間限定ですが、少し公開をさせていただきます。 つづく [続きを読む]
  • ◆低身長と食べ物について 〜背はまた伸びる〜
  • サッカー業界、スポーツ業界に足を突っ込むようになり、日々、様々なことを学び、新しいことに触れることが多くあります。その中で、一つ間違いなく言えることは、 ”自分達が若い頃の知識は間違ったものが多い” ということ。極端な例で言えば、私が学生の頃なんて、まだトレーニング中の給水禁止、とかでしたからね さて、ここまで極端なことではなくても、当たり前と思っていたことが、大きく間違えた事実だったと感じることが [続きを読む]
  • ◆まだまだ甘い。
  • 昨日は2dayのカップ戦の決勝トーナメント。1日4試合という中々ハードなレギュレーションでしたが、子供達の頑張りで、優勝していました。 昨日の様子を見ていましたが、徐々に良くなってきている部分もあるものの、やっぱり甘さのほうがまだまだ目立つ。 ・ディフェンスから攻めに転じた時の終わり方・シュートの意識と精度・1on1の時のボールの持ち方・仕掛け方・攻撃時の状況判断・パスの強度・精度・蹴り方 等など。対人ディフ [続きを読む]
  • ◆正しい食育
  • 今日のたっくんの晩御飯。昨日と同じ店(焼肉とラーメンが食べれる店)で2日続けての晩御飯。 チャーシュー麺大盛り大ライス鳥肉2人前塩タン2人前キムチ。 そして最後に、もう一度、ラーメン大盛で締め。 さて、”食育”や”食トレ”と言われて久しいですよね。平時の朝食・夕食、トレーニングや試合の時の朝食・昼食・夕食・補食。様々な理論や考え方があるものの、本当に大切なことが知られていないことが多い。 例えば、今 [続きを読む]
  • ◆そろそろ次男も。
  • 次男はほっといてもいいかなと、ぼちぼちのん気に構えてましたが、さすがにここ最近、あまりの下手さに情けなくなり、たっくんとやっていたトレーニングを本気でやろうかなと。 そんなわけで昨日からトレーニングをスタート。2時間ミッチリと体育館で基礎練習。 私も中々見てやれないけども、とりあえず3ヶ月で、まずはボールタッチ・ドリブルを徹底して修正を掛ける。 ・ボールタッチ時の軸足の使い方・上半身の使い方と体重移 [続きを読む]
  • ◆負け。
  • 本田さんからまた写真をたくさんいただきました本当にありがとうございます。 その中でも本人の思い出に残るのはこの写真かな。photo by 本田好伸@SAL編集部 自分に足らないものを自覚して、一歩一歩進んでいけるといいね。 おしまい。 [続きを読む]
  • ◆アーセナルのファンサービス
  • ワールドジュニアチャレンジのワンシーン。 アーセナルのコーチ・選手達のファンサービスが際立って素晴らしかったと感じました。写真やサインを待っている子供達に対して、アーセナルのかっこいいキーホルダーを無償で配り、子供達のサインにも笑顔で応じてくれていました。 多くの子供達が靴にサインをしてもらっていたので、えいとまんも靴を脱いで渡そうとして、上手く靴が脱げずにモタモタしていたら、一人の選手が「大丈夫 [続きを読む]
  • ◆シーバー病は1日で治ります。
  • さて。ちょっとばっかり真面目な投稿を。以前、KSAのスクールのブログでこんなことを綴りました。↓↓↓”シーバー病に思う” うちはかなりこのあたりに気を付けているほうで、筋肉のケアはもちろん、スポーツドリンク等一切飲ませませんし、塩分も人工塩を使って、料理をすることもありません。オスグットやシーバーに絶対にならないと自負していたんですが、7月末からの試合やクロアチア遠征等、ハードスケジュール。本人もバー [続きを読む]
  • ◆ジュニアサッカーを応援しよう!に掲載。
  • ジュニアサッカーを応援しよう!のサイトが独自に選出をするMIP。 ダノンネーションズカップでは、るきチビリン全国大会では、こうたろうバーモントカップでは、なつきそして、ワールドジュニアチャレンジでは、たっくん るきがダノンで掲載されてから、「かっこいー」「すげー」とずっと羨ましがっていたので、今回初めて掲載されて、満足そうでした KSAのメンバーが全国レベルで通用することを彼らが証明してくれているので、彼 [続きを読む]
  • ◆クロアチア国営放送
  • 書き記しておきたいことは山盛りなんですが、中々時間が作れず・・・ボチボチ記録を残しておこうかな。 試合で大活躍をして、クロアチア国営放送でインタビューをされたと聞いていたんですが・・・ 先日、国際大会のHPにアップされていました ただ、通訳されてて、ほとんど声聞こえずhttps://youtu.be/7A0Vt_Qs88I?t=4m31s おしまい。 [続きを読む]
  • ◆ニッポンハムカップ2018
  • 今週のワールドジュニアチャレンジが終われば、いよいよ来週はニッポンハムカップ(関西大会)。関西大会と言えば、チビリン2017関西大会 決勝戦でディアブロに0-6フジパンカップ2018関西大会 決勝戦でセレッソに0-4と、苦い思い出しか 夏休みに入ってから、クロアチアで11人制、バーモントでフットサル、更にワーチャレで11人制とほぼ1ヶ月8人制のサッカーをやってないうえに、ちょっと足を痛めてしまってるので、本人もちょっ [続きを読む]
  • 【動画】スカサカライブ
  • ホクトのCMを最後に、取材等はお断りしていたのですが、ワーチャレ出場にあたり、主催者様よりご依頼をいただき、街クラブからの出場選手としてご紹介いただきました。 本意ではありませんが、シェアいただければ大変有難く存じます。 いよいよ明後日からワーチャレ本選。ちょっと足を痛めてしまったので不安がありますが、楽しんでくれればと願うばかりです。 おしまい。 [続きを読む]
  • ◆小さな応援団に感謝。
  • 先の記事にも書きましたが、やっぱり何度あの映像を見ても、応援団の声援に助けられたなと 準決勝の時は、広島県のレブルーの皆さんだけでしたが、 決勝戦の時には50人近くの選手達が集まってくれていました。また会場では、全国のサッカーの仲間との再会や、わざわざ応援に来ていただいた仲間もいて、嬉しく思いました。 小さなサッカー少年も、応援に駆けつけてくれていました。 えいとまんも準々決勝までは、たった一人でチー [続きを読む]
  • ◆全国優勝
  • 第28回バーモントカップ全国大会。鹿島アントラーズと激闘の末、優勝することができました。決勝トーナメントに入って以降は、苦しい厳しい戦いも多かったですが、何とか勝ち上がることができました。 この決勝戦のライブ配信を見ていて分かる通り、スタンドから大きな大声援が聞こえてきます。広島県のレブルーさん、宮城県のアバンツァーレ仙台さん兵庫県の西宮SSさんの選手達が応援団を結成していただき、失点時には激励を、 [続きを読む]
  • ◆決勝トーナメントへ&内藤コーチ
  • バーモントカップ1日目。第2試合は、7-0で勝利。他チームの結果で幸運も重なり、1戦残して決勝トーナメント進出が決まりました たっくんは徐行運転状態まあボチボチ上げていってくれることを期待したいと思います。 今日の決勝トーナメント1回戦で対戦する愛知県のブリンカールさん。昨日見た感じだと、大会No.1の実力がある本当に強い素晴らしいチーム。しっかりと鍛えられ、選手自身が考えて動ける上に、フットサルのこともよく [続きを読む]
  • ◆バーモンドカップ 初日
  • 今日からフットサルの全国大会。参加しているチームを見ていると、フットサルチームよりサッカーチームのほうが多そうだけど、やっぱりしっかりトレーニングしているフットサルチームは強いこりゃ勝ち上がるのは、至難の業だなって印象です。 初戦。ヴァリエンテ富山 ○5-3 で何とか勝利。しっかりとゲームが作れるフィクソに、攻撃的なアタッカー。いつ失点しても、負けてもおかしくない試合でしたが、何とか粘り勝つことがで [続きを読む]