Class5 さん プロフィール

  •  
Class5さん: Redの足跡 〜浦和レッズレディース〜
ハンドル名Class5 さん
ブログタイトルRedの足跡 〜浦和レッズレディース〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/true-red-destination
サイト紹介文浦和レッズレディースを中心としたなでしこリーグ観戦記、女子サッカーの話題、なでしこジャパン、日本代表
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/08/16 01:59

Class5 さんのブログ記事

  • 感想のみ vs AC長野パルセイロ・レディース
  • 駒場より帰宅 0-0のドロー。 今シーズンのホーム最終戦でありリーグ最終戦。クライマックスのないドラマ、伏線を回収しないミステリー、オチのない漫才とでも形容しようか、単調な攻防にジリジリと手に汗握り、それでも劇的な瞬間を待ち望むが、その拳は最後まで歓喜に突き上げられることなく終戦のホイッスルが鳴り響く。 この試合自体のこと、リーグ戦全体のこと、チーム作りのこと、そして試合終了後のセレモニーに思うこと、 [続きを読む]
  • 感想のみ vs アルビレックス新潟レディース
  • 新潟より帰宅 0-1の敗戦 のらりくらりと帰宅しながらだいぶ気持ちは落ち着いてきたが「なんでこうなちゃうんだろう。」と首をかしげたのが試合終了直後の反応だった。 試合開始直後は前節からの修正があり「オッ!」と思わせてくれたのだが、後半はクオリティの欠片もない泥臭い試合で、公式被シュート数3本の内ミスに近い形からの1本に沈められた。 普通なら負けたら負けたなりに悔しさとか次へ向かうためのエネルギーが沸くのだ [続きを読む]
  • 各選手へのコメント ノジマステラ神奈川相模原戦
  • ■池田咲紀子失点シーンはノーチャンスではないが致し方なし。その他にもディフェンスが崩され何本かのフリーのシュートを浴びたが、堅実にセーブし頼もしさもあった。試合開始直後から田尻有美と両ゴール前から大きなコーチングの声を響かせ合ったが、得点経過もあり終盤は声の面でも圧倒した。 ■北川ひかる1ゴール1アシストの結果で応え、チームを勝利に導いた。CKからのアシストは質の高いボールをピタリと合わせ、得点シーン [続きを読む]
  • 感想のみ vs ノジマステラ神奈川相模原
  • 駒場より帰宅 4-1の勝利。 決して盤石な試合ではなかった。 前節の宿題でいえば、リードして迎えた後半の入りは前節と同じく良くなかった。セットープレー絡みでの3点とミドルシュートからの1点の大量得点だが、切り裂いて崩したという意味では、相手の方の決定機が多かった様にも思える。一方で終盤は試合をコントロールしてとどめも刺すことが出来た。 上を見ればきりがなく、これで満足なんて言葉は使えないが、90分トータル [続きを読む]
  • 各選手へのコメント ちふれASエルフェン埼玉戦
  • ■池田咲紀子何度かの好セーブでチームを救う一方で、キックではミスに近いものもあった。2失点のシーンはGKに責任を負わせるべき類ではないが、トータルでは不安定な印象が残る。■北川ひかる持ち前の攻守におけるアグレッシブさは十分に発揮され、特に攻撃では鋭いオーバーラップを何度も試み、何本かの良いクロスを供給した。やや判断に迷いが見られたのと、試合後半には運動量が落ち失点シーンに直接関与したが、頑張り過ぎる [続きを読む]
  • 感想のみ vs ちふれASエルフェン埼玉
  • 大宮より帰宅 3-2の勝利。 イレギュラー開催のベレーザ戦は参戦できなかったけれど、前々節の伊賀戦直後に仕事で海外に飛んで、今朝帰国してほぼそのままスタジアムへ。 しかし何とも煮え切らない試合。 前半は不可解な判定が多く両チームの観客もベンチもピッチの選手たちまでもが納得いかずにヒートアップしてしまう有様で、その正当性を議論するつもりはないが、結果的にレフェリーが試合をコントロール出来なかったのは間違い [続きを読む]
  • 感想のみ vs 伊賀フットボールクラブくノ一
  • 駒場より帰宅。 2-0の勝利。 久しぶりのホーム駒場。振り返ると前回の駒場での試合も伊賀戦だったが、その時はピリッとしないお粗末な内容で、終了間際の劇的なゴールで何とか引き分けに持ち込んだという試合だった。 しかし今日は秋口の涼しい気候も手伝って、勝利の余韻を味わう気持ちの良い夜だ。幸せが染み入るという表現がしっくりくる。 前節の試合当時の記事で"次が大事"と述べた。仙台に良い内容で勝利した中で、リーグ終 [続きを読む]
  • 感想のみ vs マイナビベガルタ仙台レディース
  • 仙台より帰宅 2-0の勝利。 ようやく。ようやく仙台の地から勝点3を持ち帰る事が出来た。 悔しいカップ戦決勝から、リーグ再開初戦が天候不良で流れ、仕切り直してのリーグ再開初戦となったわけだが、心身共にマネージメントは上々といった印象を受けた。 試合内容を一言で表するならばレッズレディースらしくない戦い方。まずは守備から。前から前から球際に激しく寄せ、奪ったら縦に速く仕掛ける。仕掛けてミスになってもすぐに [続きを読む]
  • 中止・延期 日テレ・ベレーザ戦
  • こればっかりは仕方ない。 カップ戦決勝の悔しさから1週間、同じスタジアムでの試合。まだその悔しさを引きずると共に、期するものもあった。 一方でベレーザの方もカップ戦準々決勝でレッズレディースに敗れた悔しさを抱え、強い思いで準備してきたに違いない。 それらがなくともリーグ戦再開初戦という重要な位置づけの試合であり、文字通り水を差す形となってしまった。 次に向けて心身、特にメンタル面のコンディションを整え [続きを読む]
  • 感想のみ リーグカップ決勝
  • 勝負事の世界に身を投じるならば、何度となくこの感情と向き合わなければならない。強がりかもしれないが、それが醍醐味でもある。 しかし何度向き合っても慣れることはない。悔しさを、痛みを、噛み締めても噛み締めても消化するに至らず、一定のサイクルで沸きあがるやり場のない思いにさいなまれる。 カップ戦を振り返ると、決して優勝という言葉を口にするに相応しい強さを兼ね備えていたとは思わない。 そんなチームが、粘 [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日テレ・ベレーザ
  • 栃木より帰宅。 90分を終えて2-2。そしてPK戦の末の勝利。 負けたら終わりのカップ戦準決勝。PK戦は胃が痛くて本当に観ていられないが、選手たちは堂々と戦い抜いてくれた。 修正という言葉はしっくりこないが、メンタル面でピリッとしなかった1週間前の試合からしっかりと引き締められていて、ウォーミングアップに入ってきた選手たちの表情や取り組む姿勢は大きくうなずかせてくれるものだった。 試合中も「全員で」という声が [続きを読む]
  • 感想のみ vs 伊賀フットボールクラブくノ一
  • 駒場より帰宅。 1-1の引き分け。 前節の試合後半の課題をほとんど修正できず、悪い流れを引きずって入ってしまったというお粗末な試合内容。 ただ、チームの軸として据えてきた選手たちが抜けて1週間のトレーニングで臨んだ試合だ。ある程度の拙さは受け入れたい。 この試合は戦術よりも選手たちのメンタルの部分を見たいと思いながら足を運んだ。 しかし、何だあのピリッとしない雰囲気は。 正直ウォーミングアップに入ってきた [続きを読む]