Class5 さん プロフィール

  •  
Class5さん: Redの足跡 〜浦和レッズレディース〜
ハンドル名Class5 さん
ブログタイトルRedの足跡 〜浦和レッズレディース〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/true-red-destination
サイト紹介文浦和レッズレディースを中心としたなでしこリーグ観戦記、女子サッカーの話題、なでしこジャパン、日本代表
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/08/16 01:59

Class5 さんのブログ記事

  • 2018なでしこリーグカップ第9節 浦和レッズレディース vs 日テレ・ベレーザ
  • 試合開始直後でまだ0-0の状況ながら、池田咲紀子が相手を焦らす様にゆっくりとボールを保持し時間をかけて蹴ったことから、この試合はそういうプランだというメッセージは明確に伝わった。レッズレディースはしっかりとブロックを作り守備から入る。特にベレーザの組み立ての起点となるアンカーの三浦選手には、前回の対戦では試合途中からシステムを変えてマンマーク気味に対応したが、この試合ではツートップのどちらかが面倒を [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日テレ・ベレーザ
  • 駒場より帰宅2-0の勝利最初から最後までお腹いっぱいで胸いっぱい。非日常的空間の中で繰り広げられる素敵なひと時。勝負事だからいつも期待通りとはいかないけど、たまにご褒美の様に心揺さぶられる試合に立ち合え、改めてサッカーというスポーツとそれにまつわる人と人との繋がりに魅了される。猶本光を勝利で送り出そうというチームメイトの思い。思いだけでなく、これまでの直接対決の反省とカップ戦の中で積み上げたいくつか [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日体大FIELDS横浜
  • 横浜より帰宅 2-2の引き分け どんな試合でも選手たちは勝利をめざし、監督は結果で応えるというのが大前提である。天候の悪い中、アウェイに足を運んだファンサポーターに対して、今日の試合はそのためのベストを尽くしたかといえばそうではない。 しかし前節の観戦記でも述べた通り、カップ戦の残り試合はその先に繋げるマネージメントとチャレンジがあって然りで、私はこの試合を結果論だけで評価するつもりはない。 お叱りを受 [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日テレ・ベレーザ
  • 駒沢より帰宅1-2の敗戦見事な負けっぷり。一発勝負のトーナメント戦で敗れた様な心境で、悔しさというより空を見上げて「もう夏だな」と現実逃避する様な気持ちだった。カップ戦の順位争いを考えると"勝つことこそすべて"という試合。しかも互いの台所事情を比較すると、ここで叩かなくていつ叩くという試合。今になってじわじわと悔しさが込み上げる。試合内容としては細かい戦術的駆け引きの面で見応えがあった。その内のいくつ [続きを読む]
  • 感想のみ vs セレッソ大阪堺レディース
  • 駒場より帰宅1-0の勝利前回の直接対決である昨年の皇后杯で、セレッソの規律ある守備とハードワークに苦しめられた嫌なイメージと、今シーズンの互いの戦績から客観的にみた力の差による快勝への期待。結果的には前回の対戦と同じく苦しめられ、かろうじて勝ったものの合格点は与えらない拙い試合。前節の新潟戦、3点は奪ったものの練習でデザインされた形からのシュートが何本あっただろうかと問うたが、この試合も同じで、終盤 [続きを読む]
  • 感想のみ vs アルビレックス新潟レディース
  • 実は試合の日を間違えるという大失態を犯し、土曜の早朝に出発してようやく帰宅。3-0の勝利。リーグ戦中断までの2試合、上位チームに食らいついていくという意味でも価値ある勝利。もちろん課題はあるが、それを先に述べてはこの結果を勝ち取るために全力を尽くした選手たちが報われない。ぐっすり眠れそうな満足な試合。今日は私も疲労困憊なので、後日もう少しコメントしたいと思う。以上。 [続きを読む]
  • 感想のみ vs AC長野パルセイロ・レディース
  • 駒場より帰宅 1-0の勝利 無様な負けが続いたなかでの勝利。勝っても負けてもサッカーとは言うが、やはり勝つためにスタジアムに足を運んでいるんだと実感させてくれる試合後の心地よさ、清々しさ。まず、MDPの石原監督のコメントを読むと"(流れを)読む"という言葉が3度、"(試合を)コントロールする"という言葉が2度出て来ており、これまで"相手はどうあれ自分達のサッカー"という主旨の言葉が多かったなかでの突然の方向転換に苦 [続きを読む]
  • 感想のみ vs INAC神戸レオネッサ
  • (遅くなりました。PCが破損してしまい苦手なスマホで書いてまいます。)試合から3日過ぎてしまったので、"感想のみ"と題しておきながら試合直後の熱を込める記事とは違うものになるが、言いたいことが多くある試合だったので、遅ればせながら書いていきたい。2-4の敗戦これでホーム3連敗。ジェフ戦では開幕から無敗を続けていた間の修正と上積みの不足で、化けの皮が剥がれて初黒星ながらイーブンまで戻された気分だと形容した。ベ [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日テレ・ベレーザ
  • 駒場より帰宅 0-2の敗戦。 GW最終日。クラブもあの手この手で客を呼ぼうとアピールし、一時期の盛り上がりと比べれば寂しいもののそこそこの観客は入ったのではないか。もちろん私自身も楽しみにしていた試合。 しかし何ともがっかりな結果。 内容はタクティカルで見方が難しく、特にリーグ3連覇したベレーザは、地上に敵はおらず雲の上に行こうかと言わんばかりの非常に難しいサッカーに取り組んでいる様に見受けた。言い方を変 [続きを読む]
  • 感想のみ vs マイナビベガルタ仙台レディース
  • 遅くなったけど仙台遠征から寄り道して帰宅 2-0の勝利。 攻守においてアグレッシブな戦い。 意思統一されたものならばディフェンスラインでゆっくりとボールを回すことも自陣深くに引きこもって跳ね返し続けることも否定しないが、やはり前へ前へと守備をしてボールを前に運ぶ戦い方は観ている者を魅了し熱くさせる。 リーグカップのジェフ戦では相手のプレスに圧倒され、前節の同じくジェフ戦では球際の気持ちは感じたが相手には [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日体大FIELDS横浜
  • 駒場より帰宅 2-0の勝利。 決して期待通りの試合ではなかった。 両チームともU-20及びフル代表に選手を送り出しているが、選手層はレッズレディースの方が上。2週間前の直接対決で感じた力の差を考えれば、もっと圧倒する内容と多くの得点シーンを期待して然り。それは試合後の監督及び選手たちのインタビューでも発せられた通りで、佐々木にいたっては「見苦しい試合」とまで言い放った。 この試合で注目していたのは前回の直接 [続きを読む]
  • 感想のみ vs アルビレックス新潟レディース
  • 新潟より帰宅 2-0の勝利 シーズンを通してみるとプラン通りに進められない試合の方が多いかもしれない。そんな中でもプランBに意思統一して切り替えたり、ピッチ内で臨機応変に対応したり、個の力が劣勢を打開したり、あるいは泥臭く粘り強く我慢して流れを手繰り寄せたり。そうやって勝点0の試合を1に、勝点1の試合を3へと積み上げていくことがいかに大きい事か。この試合はそんな実感を持たせてくれる一戦だった。 菅澤と猶本は [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日体大FIELDS横浜
  • 三ツ沢より帰宅 4-1の勝利。 思っていた以上に力の差があって序盤から良い攻撃の形を作れた中で、少しイケイケで前のめりになり過ぎた印象で、球際やリスクマネージメントの部分では甘さが出てしまった。早い時間の決定機を仕留めていれば違った展開にもなっただろうが、1本が出ずに刻々と時計は進み、レフェリーのお粗末さも相まって、優勢で残り時間も十分あるはずなのに焦りが募る様なストレスの溜まる試合前半だった。 それで [続きを読む]
  • 感想のみ vs ノジマステラ神奈川相模原
  • 駒場より帰宅 2018年シーズン開幕。自然と速くなる足に「逸る気持ちとはこの事か」とニヤケながら駒場へと向かう。 しかし午前も午後も"ゆき"の試合となるとは。。。 さて、試合についてだが、プレシーズンからトレーニングマッチを中心にチーム作りを追ってきて、様々なオプションや面白い形、選手の起用法もあった中で、開幕戦は非常にオーソドックスな戦い方で堅く入った印象だ。コンパクトな4-4-2からサイドチェンジを織り交 [続きを読む]
  • 長野風花 移籍
  • 今回の移籍先とは異なるが、昨年末の段階で既に海外チームへの練習参加の情報は入ってきており、今シーズン始動後の動向を見ながらある程度の覚悟はしていたが、開幕が近づくにつれ徐々にその思いも薄れ、今シーズンも一緒に闘えそうだという安心に変わりつつあった矢先の残念なニュースである。 長野風花、Hyundai Steel Company Red Angels Women's Football Clubに移籍。 今でも十分若いが、もっと若い頃から同年代の中では"違 [続きを読む]
  • 三谷沙也加 移籍
  • 仕方がない事とは言え、選手が去っていくのは本当に胸が張り裂ける思いがして、何度経験しても慣れることがない。 三谷沙也加、AC長野パルセイロ・レディースに移籍。加入前の高校時代に練習生としてチームに参加し非凡なモノをみせてくれていたが、その後に負った大怪我を抱えた状態での加入となった。復帰までは長い道のりで、また復帰しても出場機会を得るまで長い時間を要した。それでもいつも笑顔の溢れる選手で、たくさんの [続きを読む]
  • 筏井りさ 現役引退
  • 2017年シーズンの振り返りとして、得点にまつわる色々をまとめ始めていて、この選手の存在の大きさを改めて認識していたところであり、また本人の成長という観点でも代表招集で選手が抜ける試合の多かったリーグカップの時期から、チームを支える役割でなく引っ張る役割としてもその力を発揮し始め、頼もしさが増したと感じていた。本来なら2018年シーズンへの大いなる期待としてコメントを送りたかったが、次のステージへの旅立 [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 皆様、明けましておめでとうございます。 そんなご挨拶も5回目になりました。 コツコツなのかダラダラなのか、気が付けばそんなに続けていることに自分でもびっくりで、このブログを始めた2013年シーズンの所属選手を見直すと、26人の所属選手の内で残っているのは7人しかおらず、監督コーチ陣も2017年シーズンをもって全員入れ替わることになります。 正直、やめ時が分からないというか、記事にまとめるのが面倒臭かったり気持ち [続きを読む]