司法書士 宮下普正 さん プロフィール

  •  
司法書士 宮下普正さん: 町田の司法書士ミヤの開業ブログ〜生き生きと生きる〜
ハンドル名司法書士 宮下普正 さん
ブログタイトル町田の司法書士ミヤの開業ブログ〜生き生きと生きる〜
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/machida-rh
サイト紹介文町田リーガル・ホームの代表ブログ。「お客様の想いが届く地域一番の事務所」を目指してます。
自由文https://www.machida-legal.com

弊所HPです。

町田・相模原を中心に活動する「司法書士 町田リーガル・ホーム」
〜民事信託(家族信託)、医療法人、相続・遺言、会社設立、事業承継、登記業務全般、成年後見、借金問題など〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2013/08/16 22:02

司法書士 宮下普正 さんのブログ記事

  • 頭パンパン
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。今日は、立川で家族信託の打ち合わせ↓相模原公証役場で任意後見契約と死後事務委任契約の公正証書の作成↓横浜で贈与契約の立ち合いと、どんどん南下しながら契約の旅をしていました。明日は朝から税理士さんと保険屋さんと大和で相続の打ち合わせです。ここ最近、どんどんやりたいことが増えてくる。でも時間は減っていく。脳みそがショートしそうなくらいいろいろ考えてます。年末 [続きを読む]
  • カモンベイビーアメリカ
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。今年の行政書士試験が終わったようです。行政書士試験は法令と一般知識が出題されます。法令はそこまで難しいものは出ませんが(憲法だけは難しい印象)、一般知識は難しいです。というか、一般知識はナニコレ?(・・)と目が点になるような問題が出ます。行政書士試験は、法令部門で点数稼いで、一般知識は足切りギリギリ取るのを狙ってくのが攻略法でしょうか。今年の一般知識の問題で [続きを読む]
  • 同期の結婚式
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。今日は、午前中に土地の交換契約の立ち合いをした後に、同期の結婚式へ行ってきました。同期と言っても年下なんですが、行政書士試験と司法書士試験を独学で合格した強者です。行政書士試験の独学はまぁいますけど、司法書士試験はレアです。立ち合いが長引いてしまい、少し遅刻気味になってしまいましたが、まぁぎりぎりセーフです。出席していた他の同期に「ブログに”土地交換契約 [続きを読む]
  • 相続登記の登録免許税の免税措置について
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。土地について相続(相続?に対する遺贈も含む。)による所有権移転登記を受ける場合において,当該土地が市街化区域外の土地であって,市町村の行政目的のため相続による土地の所有権の移転の登記の促進を特に図る必要があるものとして,法務大臣が指定する土地(下欄参照)のうち,不動産の価額が10万円以下の土地であるときは、平成30年11月15日から平成33年(2021年 [続きを読む]
  • ジャイアン、ごめん。
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。俺の物は俺の物、お前の物も俺の物僕はジャイアンに謝らなければいけません。大変な勘違いをしていました。この冒頭の言葉、ジャイアンの名言として語り継がれていますが、僕はこの言葉をジャイアンの横柄な態度の象徴として捉えていました。しかし!!!実は大きな間違いでした。この言葉は、のび太が失くしてしまったランドセルをジャイアンが探してくれた時に、「なぜそこまでして [続きを読む]
  • 相続放棄と限定承認
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。今日は午前中に免許の更新に行ってきました。優良区分だったので相模原北警察署で30分のビデオ講習で終わりです( `ー´)ノ人生初のゴールド免許になりました。笑単車から車に切り替えてからは違反してないっす!今日は「相続放棄と限定承認」の研修に行ってきました。普段、相続放棄に触れることは多いですが、限定承認にはなかなか縁がありません。相続には、次の3種類があります [続きを読む]
  • なにが起こるかわからない時代
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。奨学金、保証人の義務「半額」なのに…説明せず全額請求連帯保証人とは違って保証人には分別の利益があるなんてことは、一般の人は知らないですよね。日本学生支援機構は公的機関なわけですし、そのトップが「法的には問題ないと考えている」なんて言うのはちょっとねぇって感じです。得てして、法的には問題ないけど国民感情としてどうなのよ?ってことが多いわけで、分別の利益を主 [続きを読む]
  • 明治時代の差押登記
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。ある案件で不動産の登記簿を眺めていると、ん!?( ˙-˙ )んんっ!!?( ˙-˙ )差押登記が生きてる!!?甲区2番で、明治時代に国税滞納処分による差押登記が入ってました。しかも、キレイに残ってる。差押登記の後に売買による所有権移転登記が入ってたり、相続登記がされてたりしてるんですが、それらの登記をした司法書士は気付かなかったのかな。。。とりあえず、税務署に [続きを読む]
  • アクセス登記所における登記の申請書の受付に関する事務の廃止
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。アクセス登記所における登記の申請書の受付に関する事務が廃止されます(平成31年3月1日から)とのことです。アクセス登記所とは「商業・法人登記申請事件の審査事務を取り扱わなくなった登記所」のことを言うらしいです。初めて聞きました。管轄を間違えるってのは通常ないですけど、割合としては100件に1件くらいで間違えそうになるくらいでしょうか。笑そもそも不動産登記だと [続きを読む]
  • 満足度のラインは低く、時には高く
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。弁護士の名義貸し横行今さら感が強いニュースですが、世間に知れ渡るにはかなりのタイムラグがあるようです。司法書士でも同じようなことが起きてますが、たまに軽い懲戒食らってるくらいですかね。士業事務所の経営難はごくごく自然です。大手法人事務所が仕事を掌握し、国によって士業の仕事はAI化されていきます。士業の未来は決して明るいものではありません。今年度の司法書士 [続きを読む]
  • 難解な相続
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。ハロウィーンで仮装している人がチラホラいますね。町田駅前でもなにやら楽しそうな雰囲気が漂ってます。いろいろなキャラクターに扮して盛り上がっています。そんな中、僕も負けじといろいろな相続が絡んだ案件で盛り上がってます。前からちょいちょい話題(→コチラ)に上がる嘉永生まれの方の相続です。相続人確定のための戸籍収集がやっと終わりました。隠居による家督相続、死亡 [続きを読む]
  • あと43,800回
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。健康寿命平均寿命日本人の男女の健康寿命と平均寿命が、厚生労働省から発表(2016年)されています。健康寿命とは、日常生活を健康に過ごせる期間のことです。さて、男女のデータを見てみましょう。【男】平均寿命:80.98歳健康寿命:72.14歳差:8.84歳【女】平均寿命:87.14歳健康寿命:74.79歳差:12.35歳注目するべきは、この「差」ですかね。健康寿命(日常生活が健康に過ごせる [続きを読む]
  • 自分で決断した時のエネルギーは異常
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。貧乏暇なしこの言葉を初めて聞いたのは就職して1.2年の時です。そして、この言葉を実感しているのは今です。さて、今日は始発で出勤してみました。ありがたいことに、いろいろと忙しくしているのですが、案件がバッと重なる時ってありますよね。最近は会社関係と後見関係と相続関係が多いでしょうか。昨日は処理したい案件がいくつかあったのですが、夕方からどうしても欠席できない [続きを読む]
  • 外出day
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。積水ハウスの地面師の件、やっと逮捕されましたね。積水ハウスの内部に協力者はいたんでしょうか。というか、決済担当した司法書士どうなったの?そこが個人的には1番気になる。本事件、地面師グループは公証人の認証による本人確認で手続きを進めたようです。これは権利証を紛失してる場合に登記手続きを進める一手法ですが、通常あまり利用されません。地面師逮捕 公正証書を不正 [続きを読む]
  • 独立前と独立後の違い⑧
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。千鳥オモシロすぎる!!!!さて、第8弾!!独立前と独立後の違い①独立前と独立後の違い②独立前と独立後の違い③独立前と独立後の違い④独立前と独立後の違い⑤独立前と独立後の違い⑥独立前と独立後の違い⑦8つ目の独立前と独立後の違いは、 「休日の夜の憂鬱」です。2019年のGWは10連休とのことで、日本全国が活気に満ち溢れているようですね。ふ、ふ〜ん、そうなんだ(;・∀・ [続きを読む]
  • 年次研修
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。昨日は年次研修でNTT中央研修センターに行ってきました。つつじが丘駅と成城学園前駅の中間くらいの何とも言えない場所にある研修所です。同期と鉢合せたので、仲良く講義聞いてきました。この研修は義務なんで必ず出ないといけません。たしか5年に1回受けないといけないんですよね。それにしても、13時〜18時20分まで缶詰なので結構きついです。講義ビデオを約2時間、グループ [続きを読む]
  • 家族信託と民事信託の違い
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。家族信託と民事信託の違いはなに?前にブログで少し書きました(→『民事信託セミナーに参加して来ました!』)が、ここ最近2回くらい聞かれたのでもう一度言います。違いはありません!もう誤解を恐れずにいいますが、同じです。言葉が違うだけと思ってください。確かに、専門家もいけないですよね。この2つを使ったり使わなかったりいろいろなので、一般の方は迷いますよね。専門家の [続きを読む]
  • 優劣ではなく差異を楽しむ。
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。ある本の中で、全盲の方が仰っていました。「健常者は我々障がいを持った者を、無意識の内に劣った存在として見ている」非常に心が痛む言葉ですが、おそらく的を得ている。「できる人」から見ると「できない人」に対する無意識の感情は自ずとそうなるような気がする。ただ、近しい関係で障がいを持った方がいる人であれば、その無意識は持っていない方が多いと思います。健常者からす [続きを読む]
  • 堪能する。
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。物事にはいろいろな堪能の仕方がありますよね。カレーを堪能するために納豆をかけるとか焼きそばを堪能するために納豆をかけるとかもう単純に納豆だけ食べる。納豆最高!!すみません。もはやカレーのくだりから大幅に話がズレました。物事のポジショニングは大事だと思うんです。なにか「一味」加えることで、それをより堪能することができる。ただ、食べ物で言うと「そのままが1番 [続きを読む]
  • 毒キノコの明認方法
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。秋の味覚キノコに関連して、毒キノコのニュースが散見されます。そこで俄然疑問が浮かびます。毒キノコの存在意義はなに?他の動物や植物で毒を持つ個体もありますけど、彼らは生きるためにそれで攻撃してきたり、捕食者に毒があることを学ばせて食べられないようにしますよね。そして、毒を持たない個体が毒を持つ個体に擬態することもあります。また、木や地面の色などに擬態する生 [続きを読む]
  • 常に意識を。
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。常に意識をするそのことを常に考える、常にアンテナを張っておく。何をしている時でも考える。そうすることで、そうでない人との差は顕著に表れる。おそらく初動の段階で既に勝負がつくくらいの差が生まれる。見たもの、聞いたもの、触ったもの、読んだもの・・・アンテナを張り巡らしておかないとチャンスを逃してしまうかもしれない。スタバでアップルPCにイヤホンの意識高い系で [続きを読む]
  • 2年目突入!!
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。今日はみなさん何の日か知ってますか?(日付変わってるので正確には昨日。)・・・正解です!!独立開業してから1年が経ちました。2年目突入です。まぁタイトルとおりです。笑1年って絶妙ですよね。四季も1年で一回りです。1年は自然界に則ったものなので、人智を超えた絶妙さがあります。反省するにも、次なる1年の抱負を考えるにもちょうどいいです。一年間、とにかくがむし [続きを読む]
  • 分けれ決済でのオンライン申請
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。今日はいろいろ買って結構な重さになったので、それを全て右手に持ち、少し腕を曲げつつ、腕橈骨筋から上腕二頭筋にかけての筋肉の動きを観察しながら歩いてたら、マダムにぶつかりそうになりました。すみませんでした。笑さて、今回めずらしく決済あったんですけど、担保権抹消登記・所有権移転登記と担保権設定登記で司法書士が違いました。担保権抹消登記・所有権移転は弊所、担保 [続きを読む]
  • ショーシャンクの空に。
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。今日は司法書士試験の合格発表日だったようです。法務省:平成30年度司法書士試験各SNSでは「合格しました!」という報告が散見されますが、みなさん2次試験があることを忘れているご様子です。笑司法書士試験は1次試験(筆記)と2次試験(面接)がありますが、1次試験を通過すれば受かったようなもので、2次試験の面接は1人か2人くらいしか落ちないんですよね。なので、1 [続きを読む]
  • 仕事は人情
  • 町田・相模原の司法書士・行政書士の宮下です。結局は、仕事は人と人との関係がメインでしょ。僕らで言うと、依頼する人と依頼される人の関係。言い方1つにしてもそうだと思いますが、「それは当たり前なんだから、当たり前にやってよ」という態度では、その関係に軋轢が生じる可能性があります。また、過剰な要求をされるような場合には、いかにプロと言えども心につっかえが生じるんじゃないでしょうか。プロも一人の人間ですか [続きを読む]