なかたむしんど さん プロフィール

  •  
なかたむしんどさん: Art Space TAKI スペース滝 中田虫人
ハンドル名なかたむしんど さん
ブログタイトルArt Space TAKI スペース滝 中田虫人
ブログURLhttp://sptaki.exblog.jp/
サイト紹介文能登.海辺アトリエギャラリー。現代美術.イラスト.マンガ.クラフト工芸.音楽.文学.古代史等/交流/紹介/寄稿
自由文中田虫人(むしんど)はイラストも描く造形美術家です。美術家、音楽家、画学生、サーファーなど色々な人が出入りしているアトリエ展示場「スペース滝」のオーナーです。芸術文化的人生論を語たる人です。
花丸ゆう(=田中雅樹)氏の4コマ漫画を連載中。北陸の自然や歴史、人間模様もせっせとアップしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/08/17 10:52

なかたむしんど さんのブログ記事

  • 人色々々ー27
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]ドライブで秋景色を楽しむ白山市「手取川峡谷」11月16日 先週、東京に住む妹夫婦が金沢へ遊びにきて1週間ほどいたが、快晴の日をみてドライブに連れていつてくれた。ぶらぶらドライブではあるが、一応目的地を白山市の観光マップから「手取川峡谷」と選んで出発。車内は妹夫婦と私たち夫婦の4人。私の妻以外はみな70代で老人会のよう。ハンドルを握るのは妹の旦那さんで1番の年... [続きを読む]
  • 演劇/個展(金沢/大阪) 
  • 「ブリ起こし」にしては季節がやや早いけど、ゴロゴロ雷がなり続けてます。今冬の雷で、”雷で作品づくり”をしている東間章記(Akinori TOWMA)氏は、NYから一時帰国して郷里の能登で作品をつくる、と言ってましたが…。2年ぶりに顔が見れるのかなあ…? 中田むしんどスペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&... [続きを読む]
  • Rogerスペ滝・滞在記(3) 
  • ロジャー Roger TURNER のスペ滝・滞在記3日本が好きなんだあ11月13日「一を知って 十を悟る(=悟っていただく)」体ていの会話が、私とロジャーの英会話といっていい。日常会話レベルを超えれば、キーワードの単語のみが先立って、私はきちっとした表現ができない。時々禅問答に似るが、巧みに語って間違った言い回しをするよりましな気はする。ロジャーは聞き上手なのだから。 食事中、... [続きを読む]
  • Rogerスペ滝・滞在記(2) 
  • ロジャー Roger TURNER のスペ滝・滞在記2斜めからの素顔11月7日朝から何杯コーヒーを口にし、部屋を歩きまわったろう。ロージャーの滞在記の2、を書こうと思うのだけれど、初めての作文のように戸惑いが先だつ。多分、私の任ではないのに書きたい思いがあってのジレンマかもしれない。だから、正面からではなく「斜めから」書くほかはない。  たとえば、彼らの音楽について文字で伝えるの... [続きを読む]
  • Rogerスペ滝・滞在記(1) 
  • ロジャー Roger TURNER のスペ滝・滞在記1無事、演奏収録11月4日 バイオリン一筋の現代音楽・即興演奏家の島田英明氏(金沢市)と、ロンドン在住のパーカッショニスト、ロジャー・ターナーの録音収録演奏が、11月1日スペース滝で行われました。 かなり以前から打診があったのですが、この日はロージャーの日本公演ツアーの最終演奏にあたり、能登は初訪問。心配された台風一過の海鳴りは... [続きを読む]
  • 人色々々ー26
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]「マンガ教室」についての報告2今年5月に「マンガ教室」の看板を揚げて、それからの経過報告は6月に1度しましたが、今回はその2度目の報告です。7月23日 当ブログの虫人氏の私設ギャラリー「スペース滝」で鶴見彩さんのピアノリサイタルが行われ、来客された多数の方々に虫人氏が私の「マンガ教室」のチラシを強制的(?)に配ってくれたとか。友達はありがたい。 「ス... [続きを読む]
  • ソバPアルバム 
  • 10月27日ソバ畠の写真アルバム。 イルクーツク帰りのみやげ話に、ギターの垣田さんは家庭料理の旨さを先ずあげました。向こうではご飯粒にソバ粒がとってかわり、そば粉ではなく、ソバの実を(煮るか蒸すかして?)ご飯と同じような感触で料理にアレンジするという。年によって変動はするけど、最近の収穫量では北陸三県(富山、石川、福井)がそろって中の上位に上がってます。トップは北海道で、最下位は... [続きを読む]
  • 選挙と台風の日に個展を観る 
  • 10月22日 選挙は台風の中に。金沢にまでは行ったのですが、よんどころない事情で投票場までは行けずに、風雨の暗闇をあたふた帰りました。西田洋一郎氏の、ひろた画廊(金沢市)での個展は明日23日までで、こちらの方は見れました。個々の、全作品が創作物語「マセマティカでつくったおとなの絵本」イメージでつながっている、という新しい試みの小品群で、現代版の絵巻とも言えそう。同じ内容が、絵本冊... [続きを読む]
  • 虹が生える 
  • 10月20日 地面から虹が生えてます 食品スーパーからの帰り、街の外に夕陽に浮かび出された虹が”生えて”いました。この虹はどう見ても山の手前、平野の地面から立ち上がって見えます。農道にまで入り、シャッターをきり始めた時は一本の柱の様でしたが、そのうち薄らと2本になり、陽が急速に落ちていくに従い半円が完成しました。私の小カメラでは入りきらず2カットになりました。北海道などの大... [続きを読む]
  • 夕陽の台船 
  • ドライブ仕事を終えた台船が千里浜沖→滝港へ帰還です。夕陽の大空をステージに、小さい影がひとつ、水平線上をゆっくり右に移動していきます。10月10日 早くも10月も半ば近くになりました。 日暮れが早くなり、夏から滝港で停泊している台船の戻る時間も早まったようです。エンジンが付いてないので前後2隻の曳航船に曳かれて帰還します。「ボーッ」という大きな音とともにエンジンから黒い煙を豪快に吐き出... [続きを読む]
  • 人色々々-25 
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]ボツ作品当ブログに不定期連載中の4コマ漫画「人色々々」は20年ほど昔、芳文社の「週刊漫画」に1年間連載したもので、その中から選び、修正したり着色し直して使っている。「週漫」に連載中は1回に4ページで7本の4コマ漫画がノルマ。週に7本ということは新聞の連載漫画と同じで、年間365本に。けっこう大変だった。今回久しぶりに全部読み返して見た。つまらないのもかなりあ... [続きを読む]
  • バイカル湖畔にて
  • [ギタリスト・垣田 堂氏のブースページ]『唐人お吉』ロシア公演イルクーツク演劇祭・参加レポート (9月20日〜27日)DoNote : バイカル湖畔にて、我思う■食事が美味「劇団アンゲルス」にくっ付いて、演劇祭に参加する一週間がやっと終わった。去る4月より始まった稽古、金沢公演、そしてロシアはイルクーツクでの大一番。そう言えばこの期間、僕は喫煙していた。物語にインス... [続きを読む]
  • 十二ケ滝 
  • ドライブ布橋十二ケ滝、彼岸花9月24日 「悲しい思い出、想うはあなた一人、また会う日を楽しみに…」老いらくの、我がはかなき恋、の告白ではありません。彼岸花の花言葉だそうで、今が花盛り。花言葉にはこんなのもありました。 「再会、情熱、独立」そして「あきらめ」。なんで、悲しい、だの、あきらめ、だのと負のイメージがつくのか。たぶんこの花には毒があるからかもしれません。[写真:小松市... [続きを読む]
  •  彩 雲 
  • 9月21日   彩 雲 今夕、初めて彩雲(さいうん)を見ました。雲が虹色に彩られる現象。 昔から瑞相(良いことが起きる前触れ)とも言われ、吉兆。白石フミヨの小説に「彩雲の抄」と言う題名のがあって、幕末も近い頃の加賀藩に嫁いだ偕子(ともこ)と共に江戸から金沢に下向した母・美代を描いている。連載時、西のぼる氏(白山市在住)の初の新聞カラー挿絵が付いた。将軍・家斉(いえなり)の側室だ... [続きを読む]
  • 西田洋一郎展(小松高校)
  • 9月14日「西田洋一郎 展」無料で会期も長い。ただ、高校の建物の中での展示なのでやや入りにくく、日や時間の制限もあり注意がいる。11月3日まで。この祝日を除いて、土日と祝日は閉館。平日の10時〜15時の間のみ入場できるが、記念館の月水金は14時まで。駐車場は広いし、声をかけて記帳すれば親切に案内していただけるので他に心配する事はない。☆一階奥にノーベル賞受賞の小柴昌俊こし... [続きを読む]
  • 人色々々-24
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]初秋だより拝啓  秋風かおる季節となりましたが、皆さまにはお元気でお過ごしでしょうか。いま、秋風かおる季節、と書きましたが、北陸金沢では9月に入ってしばらくは涼しかったのですが、また暑さが戻っています。今日10日も29度あり、明日も30度の予想。セミも復活して遠くで鳴いています。私の近況ですが、若いころから気の多い性格で、色んなことに手を出し忙しくしています... [続きを読む]
  • トトロたち
  • ドライブトトロたち9月3日ネット世界が不正アクセスに対抗して暗号化し、複雑な進化をつづけるので、しばし当ブログの更新ができずにいました。若い人の知恵を借りて今日から復帰?しましたが将来またトラブルのかな。 新ネタ探しどころではない情況だったので、一週間前にとった”トトロ”写真を載せお茶を濁します。能登半島西側の山手を縦に走る広域農道、山崎というトンネル口に近い所。宝達清水町山崎になる... [続きを読む]
  • 黙秘?の人
  • ドライブ黙秘の人8月28日読書やパソコン等で家にこもりがち。せめてドライブぐらいしなくてはと毎日出る。目的のない気晴らしで、知らない道や所をついつい選ぶ。国道となぎさとの間の砂地の畑や雑木林をぬける人気のない夕刻の一車線、気持ちがいいのでゆっくりと走る。「?」前方にパトカーが2台。様子見とガラス越し撮影のため停車。身分証を刑事コロンボみたいに高々掲げた警官がやって来て窓をたたく。「... [続きを読む]
  • 運命はかく扉を叩く
  • [ギタリスト・垣田 堂氏のブースページ]DoNote :「運命はかく扉を叩く」この小噺は、とある小都市の、ある一夜の出来事。 天候、シチュエーション、そして登場人物の想定は、読者の皆さんにお任せする。 言うなれば、お話版の塗り絵のようなもの。。 今夜は火曜の夜。 遠方より友人が戻って来る、皆で集まって飲み会だ。 深更になり、次の店へ。 店内の雰囲気も手伝ってか、クールダ... [続きを読む]
  • 3人お吉
  • 3人「お吉」の2人泊劇団アンゲルスの人々8月25日19日、珍しく晴れて入道雲。夕刻よりギターの垣田氏と”居合い”の山本氏が主催のスペ滝でバーベキューの会。酒が入るので10人ほどがやむなくスペース滝でお泊まりをしました。中に「ヒーローお吉(下田のお吉)」公演予定の劇団アンゲルスの団員と出演者が4人いて、若々しい会に。衣装担当の、知名あやねさんは現役の美大生で「海って何でも許される感じ…... [続きを読む]
  • 投げ銭”大黒”
  • 砂像に投げ銭道の駅の大黒様8月22日のと里山街道・千里浜インターを降りた所に今夏、羽咋の道の駅が出来ました。近辺の方はご存知と思い敢て取り上げなかったのですが、市内では千里浜の砂を使った彫刻が名物で、街のあちこちに見かけます。先日知人への手みあげを探しに道の駅店内を物色してみましたが、これと言っていいものが見つからず、「羽咋名物」のないのが残念でした。UFOで名を上げたのはたしかです... [続きを読む]
  • お吉と堂がロシアへ
  • [ギタリスト・垣田 堂氏のブースページ]劇団アンゲルス「下田のお吉」 ・金沢公演:9月15、16、17日(3日で5公演) ・ロシア行:9月20日〜27日 イルクーツクでの演劇祭に参加 現地にて方々視察予定幕末(1856)/唐人お吉(斎藤きち)、ハリス・黒船/金沢、ロシア共小劇場での上演/ブレヒトDoNote :垣田堂ギターが生共演!ロシアより、愛を込めて!というセリフ... [続きを読む]
  • お盆の千里浜
  • 8月13日(日)墓参の帰り高速道を海に降り、千里浜がどんな様子か見て来ました。まるで駐車場のように車がびっしり。思い思いにテントを張って子供たちは海水浴焼きハマグリの浜茶屋が並ぶあたりが一番密集。今浜から千里浜レストハウスまでの延長約8kmの終点手前、千里浜インターから終点の間は駐車の位置が砂丘寄りに規制されていて…やっと滝崎がすっきりみえました。花の色が派手だったので「安... [続きを読む]
  • 個展(京都.東京)「虹」閉廊
  • 京都「ギャラリー Niji(虹)」が閉廊へ「森本紀久子展」小さな画廊ですが存在感がある所。京都の「ギャラリー・Art Space Niji」が今年で閉廊するので、ここでの「森本紀久子展」は最後になる、との添え書きがDMにありました。世界的に活躍している、やなぎみわ、ヤノベケンジの初個展が行われ、近いところでは7月に、國府 理 「水中エンジン」 redux、という展覧会があったばかり... [続きを読む]