grattamacco さん プロフィール

  •  
grattamaccoさん: Caro Diario 今日、どこに行こう?
ハンドル名grattamacco さん
ブログタイトルCaro Diario 今日、どこに行こう?
ブログURLhttp://cetinaia.seesaa.net/
サイト紹介文年に数回の海外と国内の旅行記を中心に、ちょこっと贅沢グルメの備忘録と美術展レポートを。
自由文ご覧いただきありがとうございます。
鶏卵素麺とシンガポールの北京ダック記事が人気です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/08/18 00:36

grattamacco さんのブログ記事

  • 荏原町の商店街にある地味に凄いケーキ屋 
  • 1年ほど前、所用で訪れた東急大井町線の荏原町。何かご褒美を買って帰ろうとして見つけた地味なケーキ屋さん「コルディアル」。なんだか聞いたことがある店の名前が気になって、シュークリームを買って帰ったら、これが絶品。その時、ショーケースに並んでいたウィークエンドの色つやの良さが気になって、ついでがあったので寄り道して買いに行ってみる。気さくな商店街に、しっくりと溶け込むような地味な外観のお店。しかし、こ [続きを読む]
  • イタリア2017 あの高級ブランドが手がける新しい観光名所@ミラノ
  • 1980年代にカルティエが現代美術財団を作って以来、ラグジュアリーブランドのメセナが活発だ。プラダ財団もその一つ。ヴェネツィアにあるプラダ美術館に続いて、満を持してのミラノでの美術館オープン。日本でも女性誌で取り上げられたりしていたので、ご存知の方もいるかもしれない。とはいえ、プラダ美術館で検索すると「プラド美術館」まで引っ張ってきてしまうので、一般的な知名度としてはまだまだだ。ミラノの地下鉄3線のLO [続きを読む]
  • 横浜 クラシックホテルでマロンパフェ
  • 横浜トリエンナーレを見た帰り、ニューグランドホテルの本館コーヒールームでお茶をする。コーヒールームでレトロなマロンパフェ「クープネッセラード」。クープ(カップ型)のガラスの器に、たっぷり盛られた生クリームとアイスクリーム。味のアクセントにチョコレートソース。その上に甘く煮て裏ごされた栗のペースト。11月9日までの限定パフェだ。シンプルだけど美味しい。横からのカット。12月で開業90周年を迎えるニューグラ [続きを読む]
  • 島と星座とガラパゴス 横浜トリエンナーレ2017 雑感
  • 3年に1度開かれる横浜トリエンナーレの今年のテーマは「島と星座とガラパゴス」。なんだかそれにぴったりなイメージだったのが、マップオフィスの作品だった。MAP Office「インド洋から太平洋まで移動するレムリア大陸」メイン会場となる横浜美術館のエントランス一面を飾る作品。壇蜜さんと松尾貴史さんが案内役と努めていたEテレ「日曜美術館」でも取り上げていたので、ご覧になった方もいるだろう。美術館の入り口にある柱を覆 [続きを読む]
  • ミシュラン1つ星 下町のフレンチの名店 オマージュ
  • 食べログでベスト500に入るフレンチの名店オマージュでディナー。浅草という場所柄か、ミシュランを意識してか、和のテイストを取り入れた今風のフレンチだ。4年ほど前にランチで利用して以来の訪問だったが、ますます腕に磨きがかかった感じで、文句なしに美味しかった。お料理は器も美しく、インスタ映えするものばかり。結構、その線を狙ってると思う。この店の特徴は、まず前菜がたくさん出ること。フィンガーフードが3品とガ [続きを読む]
  • イタリア旅行2017 ミラノのドゥオーモの隣でランチ
  • 3年ぶりのミラノ。最近ではゲートシティとして位置付けで、イタリアについた晩に泊まって翌朝には別の町に。あるいは旅行の最終日の晩にミラノについて、翌日の午前中には空港へ…というパターンが多く、観光をするのは本当に久しぶり。ドゥオーモの前は観光客だらけ。中に入るためには長蛇の列に並ばなければならないが、私の目的は、その隣。ムゼオ・デル・ノヴェチェント(1900年代美術館)だ。建物がかっこいい。1900年代から2 [続きを読む]
  • 究極 絶品! 上海蟹のスープそば@琥珀宮
  • 久しぶりにパレスホテルの琥珀宮。このお店は高級中華料理店でコース料理を食べると、結構なお値段になるけど、アラカルトで賢く料理をチョイスするとコースで食べるのの半分〜2/3くらいの値段に収まってくれる。味も雰囲気もサービスも良くてお気に入りのお店だ。この季節、中華料理なら上海蟹だけど、やっぱり価格がねえ…。そんな中、アラカルトメニューで見つけた上海蟹のスープそば。蟹からとった濃厚なスープ。蟹の身もどっ [続きを読む]
  • フランス2016 泊まってよかったパリの素敵なプチホテル2軒
  • 中断していた旅の記録。昨年のフランス旅行で泊まったパリのホテルをご紹介しよう。パリ→リヨン→パリの行程だったので、最初のパリは左岸。あとのパリはお買い物に便利な右岸のホテルにしてみた。左岸のホテルは「オテル・デュック・ド・サンシモン」。パリ7区にあって静かな環境だが、周りに飲食店が多くて便利だった。高級スーパーを抱える百貨店「ボン・マルシェ」が徒歩圏なのがよかった。オルセー美術館も徒歩7分くらいだ [続きを読む]
  • 混んでます! 伊勢丹マパティスリー@ラヴィルリエ
  • 今週の伊勢丹マパティスリーは、待望のパティスリー・ラヴィルリエ from大阪。午前中に行ったけど、予想以上の混み方。まず、店のブースに入るのに5分待ち。そして会計は30分待ち。伊勢丹のケーキの梱包。ケーキがずれないように底にテープをテープで止めて、周りを板目紙で覆ってと、すごく丁寧に扱ってくれるから、時間がかかるんだよね。だから、すごく待つことに。その代わり、うっかり少し箱を斜めに持ってしまっても、形を [続きを読む]
  • イギリスは美味しい! 英国展@日本橋三越
  • 恒例、日本橋三越の英国展。今年は2週連続で、前半・後半と出店店舗を一部入れ替えての展開。これは2回とも行かねばと思った人は私だけではないだろう。行った曜日や時間帯が違うので、単純には比較できないが、後半の方が混んでいた。前半の目玉は、ペギー・ポーションのグロリアスヴィクトリアケーキ。彼女が作るフォトジェニックなお菓子は、ロンドンで食べるべき逸品。ロンドンセレブ御用達で、日本のサロネーゼにファンも多 [続きを読む]
  • 香港B級グルメの味と極上マンゴースィーツを東京で
  • 香港焼きそばが食べたくなって、日本橋の高島屋の「糖朝」へ。香港焼きそばの特徴は2つあって、まず弾力があって細い、海老の卵を練り込んだ海老麺。そして、濃いめの中国醤油。多分オイスターソースも入っている。日本のソース焼きそばも美味しけど、この細い麺と独特の醤油味が、時々、無性に食べたくなる。本当はマンダリンオリエンタル「センス」の香港焼きそばが絶品なんだけど、急に思い立ったので、さっと食べられるこの店 [続きを読む]
  • 昭和レトロなケーキとクッキー ローザー洋菓子店@田園調布
  • 所用で田園調布へ。改札を出て左に行くと「田園調布に家が建つ」のコント(古い)で知られる、超豪邸が立ち並ぶ高級住宅街。駅の斜め前にあるレピドールに寄ろうと思ったら定休日だったので、線路を挟んで駅とは反対側の「ローザー洋菓子店」へ。初めての訪問だ。駅の反対側は、田園調布と言ってもやや庶民的。商店街を5分ほど歩くと、昭和っぽいたたずまいの店があった。ここはクッキーとチョコレートが有名。チョコレートは溶け [続きを読む]
  • 美味しくてフォトジェニック 六本木の2つ星フレンチ
  • 六本木のミシュラン2つ星レストラン「リューズ」。ミッドタウンのサントリー美術館に行く機会があったので、ランチに寄ってみた。さすがミシュラン2つ星。味はロブション系だ。見た目も綺麗で、インスタ映えするのもいい。前菜はムースの中にたっぷりのずわいガニ。ドットが可愛い。フォアグラ。お店のスペシャリテ。肉厚のしいたけが美味なタルト。香辛料の使い方がちょっと中華料理風の魚とイカのラビオリ。低温調理のポークロ [続きを読む]
  • 勝どき 知る人ぞ知る名店 豪華すぎる立ち飲み居酒屋で一人飲み
  • 所用で勝どきへ。17時過ぎに用事が終わり、自宅へ戻ろうとして、お昼ご飯を食べ損ねていたことに気付く。じゃあ、今日は勝どきで一杯。前々から行きたいと思っていた、地下鉄駅近くの立ち飲み割烹に行くことにした。縄のれんの地味な外観の引き戸を開けると、すでに満員(並んでいないだけでも奇跡的)。入り口近くのスペースに入り込んで、まずこの店の看板メニューでもある「毛カニサラダ」を注文。下の甲羅が見えないくらいカニ [続きを読む]
  • フランス ブルゴーニュ 美しきワイン街道の村
  • 昨年のフランスの旅。リヨンからローカル電車に乗って1時間半ほど、ワインの街ボーヌへ。駅前にはタクシーも止まっていて、即、ワイナリーへ直行できて便利。白ワインの名産地、ピュリニーモンラッシェ村に到着。タクシーで大体20分くらい。値段は日本円にして2500〜3000円くらいだったと思う。早く着きすぎたので、村を散策。周囲をぶどう畑に囲まれた小さな農村。村はずれには小さな祠も。全体、空気が清々しい。いいワインを作 [続きを読む]