旅人 さん プロフィール

  •  
旅人さん: 高齢者医療介護体験記おとうさんの談話室
ハンドル名旅人 さん
ブログタイトル高齢者医療介護体験記おとうさんの談話室
ブログURLhttp://tamanet-kaigo.sblo.jp/
サイト紹介文高齢者の介護、医療、冠婚葬祭など2世帯住宅での体験談を記載しています。
自由文高齢者介護、医療現場の実態、冠婚葬祭、行政のあり方など、2世帯住宅に暮らし母の身の回りの世話をしながら経験した内容を記載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/08/21 08:54

旅人 さんのブログ記事

  • 昨日、母に面会に行って来ました 今日、圧迫骨折の連絡が入りました
  • 昨日は会社が休暇だったので、早速、入退院手続きと共に母に面会して来ました。前回の退院手続きもまだでしたので、「退院手続き」と「入院手続き」を両方しました(汗)。そして、母のいる病室へ。母は比較的元気でした。意識もはっきりしていて、話もできました。でも「少し動くと痛い」とのことで、仰向けになったまま、寝返りなどは打てないようです。なので、また、ベッドの脇にあるテレビを使ってウチの子供(母にとっては孫 [続きを読む]
  • 母再入院 強い腰の痛みを訴える 圧迫骨折の可能性 退院3日後の出来事
  • 11月4日のことです。土曜日でしたが出勤していた私。午後に特養の看護師さんから携帯に電話が入りました。母が強い腰痛を訴え、元いた病院に再入院したと‥。またしても予期しない出来事です。退院後、僅か3日‥。看護師さんの話では、退院した日の夕方頃から腰が痛いと言い始めたとのこと。痛みは徐々に強くなり、起き上がることすら出来なくなってしまったとのこと。過去に2回患っている「背骨の圧迫骨折」が私の脳裏をかすめ [続きを読む]
  • 母退院 特養へ直行 介護施設の医療体制に翻弄された1年
  • 今日、母が退院し、以前入居していた特養へ「再入居」しました。「退院準備」「退院手続き」「入所準備」「入所手続き」等々‥手慣れたモンです。短い期間だったモノも含めれば「十数回目」の退院日ですから‥。滞りなく母を特養まで送り届け、まずは一安心です。特養に到着した時、とあるスタッフの方が、今までの事情(入居拒否)を知ってか知らずか「〇〇(母の名)さんお帰りなさい!!」と大きい声で出迎えてくれました。「よ [続きを読む]
  • 母の退院日が確定 久し振りの外の散歩 また元気な生活へ戻る
  • 母の退院の日が来週に決まりました。退院して以前入居していた特別養護老人ホームへ「再入居」となります。母は既に点滴も行っておらず、顔色も良くなり、すっかり元気を取り戻しました。そして、今日は快晴で暖かな日だったので、母を散歩に連れて行きました。病院の周りを一周。住宅街小道を車椅子で回ります。普通に歩いていれば何も感じないような「普通の道」。でも、母には貴重な「陽のあたる、花や草木が見られる道」です。 [続きを読む]
  • 隣のベッドにいたおばあさん ウチの母よりひどい認知症を目の当たりに
  • 一昨日、母の見舞いに行った時の事でした。母の隣のベッドに見掛けないおばあさんがいました。元より「入れ替わり」の多い病院。概ね「週に1回」見舞いに行くと4人部屋の誰かしらがいなくなっていたり、人が入れ替わったりしています。なので、そのおばあさんもそれ程注意していなかったのですが。私が病室に入ってすぐ、「違和感」を感じました。私の顔を見るなり。「ねぇ、アタシお腹イタイんだけど誰か呼んで来てくださる?」 [続きを読む]
  • 結論は本入居 最優先は母の身体のダメージと家族に対する認識力
  • 「在宅介護」か「老人ホーム入居」か。結論は後者でした。理由はふたつです。【理由1】在宅介護の場合、私を含めた「外から入って来た人」との接触回数が多く、雑菌にさらされる場面が多くなる。ということは「カゼを引く」機会が増え、その度に「入院」となる可能性が高い。入退院の回数が増える程、母の身体へのダメージは重くなる【理由2】在宅介護をしても、母は「自分が自宅にいる」という認識が出来なかった。在宅介護中、 [続きを読む]
  • 入院から1週間 家族の間で出てこないおばあちゃんの話題 今は充電中
  • 母の入院から1週間が経過しました。一昨日、様子を見に病院に行きましたが、母の様子は落ち着いており、会話もできました。ただ、点滴を打っていましたし、病院からは何も連絡はないので、しばらくはこのまま入院です。今日から連休。そこそこ時間がありそうです。中学生の長男は部活があるようですが…。休みの日の朝はたいてい「今日どうするか」なんて会話になります。「お出掛け!」という話になる時もあれば「今日は買物」「 [続きを読む]
  • 突発的事象の憂鬱 今日は会社に出勤 介護と仕事を両立することの現実
  • 母の入院騒動は落ち着いたものの、私にとってはそうは行きません。今回のような突発的な出来事が起こると、どうしても「仕事へのシワ寄せ」が発生してしまいます。急に仕事を休んだり、早退せざるを得ないからです。仕事の種類は千差万別ですので、人それぞれなのですが、私の場合は日数や時間的には比較的融通の利く仕事…。「後回し」にできる業務が多いので「在宅介護との両立」という面では助かっている部分も多いです。でも「 [続きを読む]
  • 認知症対策 留守番が出来ない母に 発狂を防止するメモ
  • ※母は入院してしまいましたが備忘として書いています。在宅介護生活に入ってから、私の大きな想定外だったことは「留守番ができない」ことでした。「ちょっとだけ買い物に行って来るから1時間だけ留守番しててね」その場では「わかった。気を付けて行って来てね」と普通の返事が返って来ます。でも、ふと気分が変わると「自分が留守番していること」を忘れてしまうのです。そして、しばらくした後、ふと「呼び出しベル」を押して [続きを読む]
  • 車椅子での階段移動 良い方法が見つかったので方法修正しました
  • ※母は入院してしまいましたが備忘として書いています。今年の1月に自分で考えた簡易スロープ。何度か実践してこれはこれで役立ちました。簡易スロープが大成功 玄関前の7段階段を克服できた 新年幸先良ししかし、在宅介護生活に入り、介護タクシーのスタッフさんが行っている「別の方法」を教えていただきました。こちらの方が格段にシンプルで安全性も高いと感じたため、こちらのやり方にすることにしました。ネットで探して [続きを読む]
  • 高熱のため母が入院 在宅介護は休止となりました
  • 母が昨日の夕方から発熱。夜には39度を超える高熱となりました。認知症の影響かと思われますが、母は「すいません」「お願いします」と繰り返すだけ。こちらの問い掛けに対して反応はするものの「適切な返事」は返って来ません。「気持ち悪い?」と聞けば「気持ち悪い」と答える。「寒い?」と聞けば「寒い」と答える。「暑い?」と聞けば「暑い」と答える…。意識は朦朧として呼吸は荒く、コミュニケーションを取ることが難しい状 [続きを読む]
  • 母の部屋に金魚の水槽を置きました 癒し効果抜群の3匹の金魚
  • ウチは3年程前から金魚を飼っています。次男が「飼いたい」と言い出したのがきっかけです。なんやかんやで7匹をふたつの水槽で飼っていたのですが、3匹が泳いでいる小さい方の水槽を母のベッドの傍に置きました。寝ているだけで、テレビもあまり見ない母。何か気分転換になるモノはないか…と考えていたことでした。…これが効果抜群!私がやっている早朝と夜のオムツ交換の時、母は決まって「金魚ちゃん元気だね。かわいいね。 [続きを読む]
  • 在宅介護1カ月 家内の役割と介護に取組む姿勢 ふて腐れた態度に疑問
  • 在宅介護に入ってから1カ月。家内の私に対する態度が明らかに高圧的である印象を受けます。俗に言う「ふて腐れた感じ」なのです。母の事に関して何か頼もうとすると「…〇〇すればいいの?」とか「ちょっと今忙しいんだけど…」といった返事が返ってくることもあります。結婚前の期間も合わせると、家内との付き合いは15年。家内の口から「忙しいんだけど」という言葉を聞いたのは初めてです。真意は不明ですが、在宅介護に不満を [続きを読む]
  • ストレスの原因は母の発狂 改善の段階に入った介護生活 最優先は家内のココロ
  • 今日からまた母の検査入院が始まりました。今回は3泊4日の入院です。前回の検査入院から約2週間振りの「静かな家」です。この2週間は色々ありました。母の「発狂」が何回かあったのです。想定外だったのは「母の留守番」でした。どんなに日程調整しても、時には「ちょっとした買い物」が発生してしまうケースもあります。子供が通う学校での「ちょっとした要件」が発生してしまうケースもあります。数日前、家内が、その「ちょ [続きを読む]
  • 母が食事を食べません 今日は会社を早退しました 嫌な予感ばかりが廻る
  • 昨日まで一週間のお盆休み。昨日母をショートステイから自宅に戻し、いよいよ今日から会社に出勤です。朝、いつも通り母のオムツ交換をして家を出ました。概ね予定通りのお盆休み明けだったのですが‥昼過ぎに家内から私の携帯に電話が入りました。母が朝昼と食事を食べないとのこと。そういえば昨日の夜も半分以上残していました‥。医療に関しては全くの素人ですが、今の母に最も注視すべきは「貧血」と「食欲」です。3食もまと [続きを読む]