GOMAI さん プロフィール

  •  
GOMAIさん: ミャンマーいろいろ
ハンドル名GOMAI さん
ブログタイトルミャンマーいろいろ
ブログURLhttp://www4.hp-ez.com/hp/gomai/page4/
サイト紹介文いま「日進月歩」変化している未知の国ミャンマー、その現場で新ミャンマー発展物語を随時にUP
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 196日(平均1.0回/週) - 参加 2013/08/21 18:08

GOMAI さんのブログ記事

  • 建設工事監理の厳格化
  • いままで、官民共にいい加減な建設業界はこれから厳格化になりそうだ。まず、工事監理担当チームの人材確保と監理業務の標準化作業から着手するようだ。当然、これから監理費用も高くなる見込みです。月何回工事現場を巡視し、費用は100万Ksを超えるでしょう。まぁ、しっかり監理すれば、不正を発見したらすぐ工事をストップ掛けられるので双方リスクが少なくなると思います。現在のように一旦工事完成したら、撤去もできないし [続きを読む]
  • ミャンマーと周辺国の電力開発動向
  • 今日も停電した、中途半場のご飯をチャーハンにした。改善されるまで 後何年をかかるだろう。ではミャンマー周辺各国の電力開発事業はどうなっているのか?ニュースを引用して見てみましょう既に2年前から、50億ドルを掛けて中国の業者と共に老朽化した全国の送電網を再構築している。2020年まで、水力発電量は10,000MW(メガワット)以上達する見込みです。これは現在ミャンマー総発電量の3倍近くになる。因みにラオスの人口は [続きを読む]
  • ODAとBOTについて
  • 「1」まずODAについて、安部政権以後、中国対抗、中国包囲網作り作戦で大規模なODA事業を東南アジアで行っている。しかし、その効果はイマイチ見えない。今後もないでしょう。フィリピンのように政権変わったら政策も大きく変わり予想外の失敗になった。国と国の関係は基本的に利益に基づいている。ミャンマーのことわざで言えば、皆「せー クィ せー」だ。つまり関係各国は 利益により「羊の金玉」のように常に左右に動いている [続きを読む]
  • 「質の高い」インフラー輸出について
  • 安倍政権官民一体で揚げている「質の高い」インフラー輸出スローガンは最初、一種の自信と自慢の表すと思われたがよくよく考えたら、日本政府が世界に向けてこんな大々的に胸を張るのは大丈夫のかと心配になった。--------------1.心配すること--------------このスローガン裏の意味は 他国のようなお粗末なもんじゃない我々手を出したら「質が高いんだ」。まあ、確かに日本製の家電や自動車などの質が高い。当然インフラー事業も [続きを読む]
  • 場合によって「郷にいれば 郷に従え」は危険だ
  • 昔、先輩の不動産会社の社長から「バレる嘘を絶対つくな」と言われたことがある。でも最近多くの企業は運が悪くて内部告発によって嘘をバレってしまった。流石に内部告発は強力なもんだ。ミャンマーも内部告発、外部告発は少なくない。しかも不満よりは、嫉妬による告発もよくある。ですから、ミャンマーで法律や規定など微妙に違反するかどうか迷う時,できる限り確認したほうがいい。ルールにそって仕事を進むことは内部告発の口 [続きを読む]
  • 新築コンドミニ取引の注意事項
  • コンドミニ取引は土地より落とし穴が少ないがそれでもいろいろがあります。まず、信用できないのはバイザ(仲介業者)だ。大抵普通のオバサン主婦で、どこの会社にも所属していない人が少なくない。売買双方2−3人経由して、一つの取引で総勢5−6名の時もある。彼らは何の責任も負わない、とにかく売買成立させ、仲介料を貰ったら、ByeBye。領収書が見たことがない。ミャンマー人に言わせば、バイザは「南京虫は亀如く」といい [続きを読む]
  • B型,C型肝炎について
  • ミャンマーを含むアジア全体ではB型,C型肝炎患者の数は実に多い様だ。日常生活が移さないと聞いたが。油断は禁物だ。以前、B型肝炎ワクチンを打ったことがあったが、もう期限切れ、もう一回やらないと....気づいたらゾッとする。肝炎による肝臓がんになる人も少なくない。ミャンマーの肝臓がん患者はタイ、インド、シンガポールなどの国へ治療に行くのは普通だ。貧乏人はどうしょもない。肝臓移植はインドの病院は技術的にコスト的 [続きを読む]
  • 貧困国の安い工業製品
  • 2000年代前に、世界中十何億の貧困人口は工業製品、特に家電製品と縁がなかった。先進国の家電メーカはコスト的に考えられなかった。発展途上国のメーカはその製造能力はなかった。5年前ミャンマーで、400円くらいの電気ポットを買った時かなりびっくりした。儲けがあるの? 使えるの? と疑いましたが大きめのステレンス カップのような電気ポットでDAWEIのホテルに2ヶ月間滞在中海老、蟹、豆腐、野菜などを入れて毎日海鮮鍋を食 [続きを読む]
  • 建設工事の苦労
  • 親しいミャンマー人マジー(お姉さん)は、約半年前に、「日本製望遠鏡を持っていますか?」と訪ねてきた。望遠鏡を持っていないんですが、12倍ズームのカメラがあるよ。カメラを貸したら、翌日建設中の宿舎の工事業者と揉めたことを教えてくれた。骨組の鉄骨溶接工事にどうも不安で現場は汚いし、溶接場所も高くて見えないので望遠鏡でチェックしようと考えた。カメラで確認したら、全ての溶接部分は半分だけを溶接した。業者に [続きを読む]
  • マンダレーに押し寄せる「中国人」について
  • 先日タイトルの話についてのブログを読んだやっと時間があって知っているを書きます。ミャンマー北部国境貿易の町MUSEには、現在毎日2000台以上、多い日に4000台の大型トラックがミャンマー各地から集まってくる。貿易額として1日平均1100万ドルまで達している勢いだよって国境近く山間部に住む中国系小数民族の一部は急速に金持ちになり、快適な生活を求めて大都会のマンダレー、ヤンコンに移住する人が増え続いてい [続きを読む]
  • 日中関係の改善でミャンマーに不利?
  • 先週、遠方の東京で日中関係改善の芝居を演じていた。僅か2年前、「中国牽制」、「中国封じ込み」を狙い就任4年足らず世界60カ国も飛び回ってカネをバラまいった安部首相の姿は嘘のように消えた。まあ、安部首相のことはどうでもいいから問題はミャンマー及び他アセアン諸国にとっては以前のような日中争い「漁夫の利」は減るでしょう。特に安部政権以後日本の経済援助は中国対抗の意味合いが強く日中関係の改善で確実に減少し [続きを読む]
  • 土地売買の詐欺について
  • 最近多発している土地売買詐欺は主にPERMIT書の土地売買の時に発生しやすい。PERMIT書って、昔政府職員が国から土地が支給された時、或は一般住民は他のところから強制移住された際に政府から貰った土地所有証明書になるものだ。PERMIT書に大きな家族写真が貼り付けられて色も変色、ボロボロなものが多い。普通2部があり、管理部門にも1部が保管されている。ヤンコン郊外に荒原になっている沢山の住宅地は殆どこのPERMIT書の土地 [続きを読む]
  • 土地売買の詐欺
  • 近年多発している土地売買の詐欺は主にPERMIT書の土地売買である。このPERMIT書というものは、昔政府職員が国から土地が支給された時、或は一般住民が他のところから強制移住された際に政府から貰った土地の所有証明書になるものだ。PERMIT書に大きな所有者家族写真が貼り付けられてボロボロなものが多い。PERMIT書は二部作られて土地管理部門も1部が保管されている。ヤンコン郊外に荒原になっている沢山の住宅地はこのPERMIT書 [続きを読む]
  • わかりやすいミャンマーの風水
  • 前日、知り合いのミャンマー人お姉さんから風水についての相談が来た。このお姉さんは、土地購入時に偽造の区画図に騙され「ラン ウ ダイ ジ」と言う「不吉」な宅地の購入手付け金を払った。工場労働者向けの賃貸宿舎を建てるつもりの彼女は土地代と建築費1億Ks以上を掛かって、入居者が来ないと困るって500万Ksの手付け金を損きりして、土地購入を中止するかどうか悩んでいる。この「ラン ウ ダイ ジ」に当たる宅地は普通、非 [続きを読む]
  • 身分証カードをスマートカードに切り替えるか?
  • 地元ネット情報によると政府は既存の身分証カードをスマートカードに切り替えることを検討し始めた模様だ。ミャンマー国民の7割しか身分証カードを持っていない現状、これは、身分証カード所持は義務付けではないことと昔、簡単に発行して貰えなかったことが原因でした。昔、安くても20まんKS、高いところは50万Ksもかかった。NLD政権以後、多くの貧しい人にも無料でカードを発行してあげたがそれでも3割の成人は今だに身分 [続きを読む]
  • 電気料金改定の話し
  • <電気料金改定の話し>昨年から電気料金改定の話があったがいつ正式に導入されるかな..、気になっている。新聞記事によると、ヤンゴン管区近年実質電気料金の平均単価は54ks/kwhだそうです。約日本の5分の1くらい。だが、発電コスト最低の水力発電でも約70Ks/Kwhなので、年間平均3000億Ksの赤字で、政府の補助金で賄っている。先月、ミャンマー政府は BOT形式で天然ガス発電所建設について外国の業者と合意したそうだが外 [続きを読む]
  • 嬉しいオバサン
  • 嬉しいオバサン工事現場隣に住んでいるオバサンは最近裁判所に通っている。事情を聞いたら、以前政府に1エーカー30万Ks(3万円)で強制的に取り上げた土地を取り戻すための裁判をやっている。約30エーカーの土地を、政府は小さく区画し、1エーカー3億Ksで 既に複数の個人に売却したとしかも、現在の時価は3億以上になり、買った人たちは簡単に返すにはいかない政府と正式な売買契約書もあり、裁判所で一歩も譲らないそうだ幸 [続きを読む]
  • トヨタ自動車のミャンマー進出
  • トヨタ自動車はミャンマーに進出する話があったらしい恐らく 来年から日本の右ハンドル車輸入の全面禁止を睨んでの動きだ。どうなるかな...車に関係する政策が常に変わているミャンマーへの進出は成功するかどうか、政府の政策に掛かっている。また、いくつかの要素に影響されると思います。まず第一に、年間2800万台の車も売れている中国を含むアジア諸国には「現地生産の日本車は、部材、部品、組立など全て日本国内より劣る [続きを読む]
  • 厳重に防犯されているミャンマー人旦那
  • 厳重に防犯されているミャンマー人旦那先日あるコンドミニアムの売買契約現場に立ち会った際にずいぶん年寄りのお爺さん買主が先に来て 奥さんはなかなか来ないお爺さんは 何回も奥さんに電話し、喧嘩のように話した奥さん来ないと契約が出来ないって、待つしかなかった。結局2時間以上待たされ、奥さん名義で契約した。後ほど 同行のミャンマー人女性に聞いたら、「お爺さんの不倫を恐れて、財産を守るためにお爺さん名義で持つ [続きを読む]
  • 安いホテル 繁盛か?
  • 最近 地元向けの安いMiniホテルが増えている。工事現場附近にもあるので、昨日そのminiホテルを見に行った。平日には24時間宿泊可能で、休日が夜のみ、昼間は「時間客」混雑で部屋が足りない様だ時間客って? 短時間利用する客のことで、時間により4000Ks〜7000Ksになる。なるほど 日本のラブホテルのようなことになっている。国のオープンとともに 変わりゆくミャンマー人の価値観特にFacebookのようなチャットアプリが [続きを読む]
  • トヨタ フェイルターのタクシー
  • 車は消費財 使用年数、行走距離の増加に連れ価値が減っていくのは普通です。しかしミャンマーでは時々逆になることもある。2015年買ったトヨタ フェイルターの中古車はいま当初より10%以上値上がりした。1300万Ksで買ったものは 今1500万Ks以上。値上がりの理由は2つある。一つは、トヨタ フェイルターをタクシーにする場合に(1)ドライバーの募集がしやすい、(2)乗客は他の車種より乗りたがるもう一つは、来年から右ハンド [続きを読む]
  • 大学生も塾?
  • 最近 面白いことを聞いた。知り合いミャンマー人の大学3年生の長男は自分が簡単に卒業できそうもないと思い、焦って塾に通いたいって,親に塾代を頼んだ。へぇ〜〜、大学生も塾? 嘘だろうきっと遊び金が欲しくて、、、。聞いた時 本当にびっくりした。大学生になっても塾?もともとミャンマーの公立学校教育は当てにならないので裕福家庭の小中高学生の子供は皆 塾や 私立校 を通っている。塾の月謝は、普通5万Ks〜10万Ksくら [続きを読む]
  • 人生はタイミングだ
  • 約10年前に うちの会社でアルバイトをしていたミャンマー人留学生夫妻は専門学校最後の一年に、学費が高く、無名な大学へ 進学するよりは国に帰った方が いいと決め、全力に アルバイトをしていた。2010ミャンマーに戻った時二人で5年間稼いたお金は 500万円近くもあった。帰国後、早速250L(L=1ティン=10万Ks )で 新築アパートを購入更に ヤンゴン郊外にある住宅地を 70Lくらいで2つも買った。また 旦那さん [続きを読む]
  • ヤンゴンタクシー
  • 最近タクシー ドライバーによる乗客を殺害した凶悪事件があったらしい深夜利用客の間に不安が広がっている。ヤンゴンのタクシー事業は一大産業とも言える程だ街中走っている車の3−4割くらい タクシーで総数6万台も超えている更に地方からの違法白タクも 少なくない。ドライバー不足で 運転できれば、誰でもなれる。ドライバーさんの監督管理は全く無い状態が現状である。最近Crabというスマホ配車サービスは急速に普及し始めた [続きを読む]
  • Mini コンドミニアム
  • 約2年前から、今住んでいる家周辺に10棟以上のコンドミニアムが次々と建てられた。大抵土面積350平米以下エレベーター付きの8階建で一部ミャンマー人の間にminiコンドとも呼ばれるコンドミニアムだ.ダンタウンに近い立地で売れ行きが好調だろうと思っていたが先日あるコンドのお婆さんオーナーに聞いたら、そうでない様だ。ほどんとのオーナーは売るより賃貸に出しているってほかの収入がすくないので、賃料で生活しているとの [続きを読む]