バジル さん プロフィール

  •  
バジルさん: バジルタイム
ハンドル名バジル さん
ブログタイトルバジルタイム
ブログURLhttp://mtupdoragon.blog.fc2.com/
サイト紹介文いろいろバイキング。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/08/21 21:33

バジル さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • なんか・・・あやしい・・・。
  • 毛色の違うシャムな彼女は外国人。外人に変な日本語を教える人がいるけどあれは嫌だな。と、言いつつも!シャムー、日本ではお菓子の食べ方があるんだ!(悪巧みに目がきらきらのバジル)ふふ〜ん、お茶の作法ときたか。外人らしい返しだ・・・。作法・・ちょっと違うけどね。このお菓子を食べるときなんだけど、日本では、決まりがあるんだ。(うそ。)当然、怪しむシャム!「本当だよ。日本人はシャイだからこうやって作法として [続きを読む]
  • 黒ねこの・・・・クロ
  • 最近ね、タイトルをバジルタイムから「猫と映画とドラゴンカフェ」に戻そうかな?なんて考えたりする。だっていい名前なんだもん。猛暑が過ぎて今、・・・。ある大きな黒猫と出会い、声をかけるとその距離は日増しに縮まって撫でさせてくれるまでになった。ほぼ毎日顔をだしご飯を食べるようになった。バジルの姿を見つけると暗闇の中、かけてきて一緒に家に帰った。また、ある朝は仲間を連れてきたこともあった。その猫は、初顔な [続きを読む]
  • 見上げた空は・・・完結編
  • シャムもスイスイバジルもスイスイ二人で顔を上げた平泳ぎスタイルで談笑しながら泳いでいた。平和なひと時、話ながらバジルが砂地に足をつけようと体勢を変えた。!・・うそだろ・・!足が砂に触れない!つま先さえもつかず自転車の空こぎ状態だ。青ざめる。別に沖に向かっていたわけではない。いつの間にかのその間にか!だ。「シャム、そろそろ上がろう。砂浜に向かって泳ごう。」「そうね。」向きを変えて二人で泳ぐ。シャムを [続きを読む]
  • 見上げた空は青かった・・パート3
  • シャムーーーー、シャムーーーーーあっ、シャムぅ〜・・・・・ってば。シャムは、いつの間にか浜辺で焼きそばを食べていた・・。なーんて、わけはナイナイ!声を上げながらシャムを探すと、いつの間に離れたんだろう。10メートルくらい離れて、波に向かって立っているシャムを発見!シャム・・・・!!!!!シャムーーーーー(後ろにサメが!・・・んなわけ・・・)ジャージャ、ジャージァジャジャジャジャジャジャ迫り来るジョー [続きを読む]
  • 見上げた空は青かった!(2018夏・・・の続き)
  • シャムはなぜか準備万端!スーツケースに水着を用意していた。「沖縄の海に連れて行く」なんて言っていないのに・・・。目の前に広がる海はきらきらと水面に光が乱反射!なんて綺麗な青い海なんかじゃない。ここは、手ですくう海水が、なんとなく半透明のどちらかといえば茶色に見える海なんだ。普段ならシャムのビキニに鼻の下が砂まみれになるくらい伸びるところだけど波は高く、心が少し緊張している。だから絶対顔は、ニヤニヤ [続きを読む]
  • 2018夏、猛暑・・・時々じゃじゃぶりの雨にぬれて
  • あのにゃ〜、バジル!いい加減、さぼり過ぎだぎゃ〜(名古屋弁?)寒い寒いのネコ貴婦人の季節は過ぎて・・・暑い暑いのおっぴろげ〜な猛暑にもかげりが見え隠れのもうタイフ〜ン(なんかふ〜ンな文字が色っぽい)の季節にゃ〜!だってさ、「お前たちのマンマ稼ぎに行って帰ってくると、可愛いお前たちをもじゃもじゃするけれどお前たち猫僧のウンチ君とかマンマの用意とか・・もう疲れて、バタンキューって寝ちゃうんだもん。」そ [続きを読む]
  • 猫の足跡
  • 朝方、天候が悪いと思っていたら午後近くにはすっごい春の兆し手に当たる風がやわらかくさわやかだ。「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」かの有名なフレーズのように雨があがるとこうも様子が違うものなのか。とは言うものの、北海道あたりでは明日70センチの積雪が予想されていてまだトンネルの向こうは別世界がある3月1日。今年1月のある日、珍しいベランダの積雪に驚く猫たち。P−ちゃん姫は1年余り外の生活を知ってい [続きを読む]
  • にゃん劇場
  • う〜寒さむ。さむ〜猫だって、こんな寒い日はちょいと暖簾をくぐりたいのさ。「おう、ちょいとじゃまするぜい!」(また、バジルが迷惑なこと始めたぞ)(これ、暖簾のつもりか?)「外は寒いにゃろ。つまみは、これでどうだい。」「パリパリとして、カリカリとは一味ちがうぜ!」「文字通り、つまみ食いしてバジルに、しかられてもしらね−ぜ」おりだって・・・・・・いただくにゃ〜。その前に、とりあえずビール!(水!)生で・ [続きを読む]
  • フルフル使い?
  • はじめだけ「蜘蛛の糸」の朗読風に読んでね。ある日のことでございます。寒空の中、晴れ渡る空のもとバジルは、とある川辺を歩いておりました。手負い(足にゲガ)バジルは同じ方向を行く人々よりおくれて道を行く。「もしもし、旅のお方。もしもし・・・」声がする。・・・・足元をみると、一匹のかもが土手をパタパタと駆け上り、足元までやってきた。バジルを見上げて話しかけてくるではないか。「御腰につけたキビ団子、ひとつ [続きを読む]
  • その裏は・・・。
  • おれニャンの名前はゴン!ここに来る、でっかい二本足の猫たちはおれニャンのことはあまり知らないだろう。去年、バジルにお別れを言って天国にかけのぼっちっゃったけど、おれにゃんの秘密は・・・・見たい?ねぇ、見たい?そこのでっかい二本足の猫たち。ちょっとだけよ〜ん。オスなのに三毛!そう、ぼんぼりしっぽのオスなところが茶色なのさ!ランキングに参加しています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • くつろぎたいんだ!猫だって。
  • 寒いにょん!まぁ、それでにゃっ、話の始まりにゃ〜。体の面を均等に支えゆったり体支える低反発ベットや枕・・・。見事な爪あとだらけの低反発スポンジ。いいのいいの、何の問題もないよ。だってはじめから猫きんぐのために買ったんだから。そう、猫用ベットにするために。まあ、猫キングはでかいから、上から見るとその長毛と体格で猫ベットが見えないけどね「ありし日の猫きんぐ。猫クッションもボロボロ」あれ?猫きんぐの低反 [続きを読む]
  • まめ〜は、何まめ?のりぃ〜は、何海苔?
  • 恵方巻きぃー。関西圏の風習が今や全国区だね。各地の地方色が薄れてしまうようでもあり、旅行などで訪れて初めて知る地方文化に、「びっくり!」なんて楽しみが減るようにもかんじるんだけどな。元は、そのむかし、大阪みなみの船場の商家のデッチ(でっち奉公の小僧さんたち)が、せめて節分の時だけは、いつもよりまともな食事の海苔巻を与えられて、忙しいから座って食事もできない中で「いつか、俺も出世っするんだぁー」と、 [続きを読む]
  • 2017年一番鶏〜
  • 一 にゃんコッコ〜!うちの一番(鶏)ネコはもう起きたかな?兄にゃんをしっかり足でハグあっ、明けましておめでとうなっ、兄にゃん!お、おお・・・おめでとうにゃ〜ん。さらにぃ〜、大きな声で                        ランキングに参加していますにほんブログ村 [続きを読む]
  • あの・・・・地震の・・・・なんだって!
  • こんにちは!みなさん、お久しぶりです。今日地震があったね・・・・・・・。ニュースによると、この地震はなんと!東日本大震災の余震なんだって。もう、五年だっけ?経っているのに余震とは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。みなさん、大事ないですか?家猫、犬、野良ちんたちもびっくりしたと思うけど大丈夫かい?犬猫のための備蓄は大事。全国で犬猫のための避難所もボチボチ出てきているようですがまだまだ少な [続きを読む]
  • ヒラヒラと舞うカード?
  • それは、ある意味、予想した通りの結果だった。ヒラリーさん、・・あなたの負けは負けではない!バジルはそう思う。貴女が貴方だったら・・大統領に決まっていたでしょうから。まったく、アメリカってやつは、男って生き物はおバ〇で、ちっこい。トランプが女性蔑視やなんやらでたたかれても人種差別でわぁわぁ言われても・・あの票数。それは、なんの問題もないと思っているが人が多いから。だよね、いまだにアダムとイブの世界を [続きを読む]
  • 犬猫写真は気をつけて!最後まで読んでね!
  • 初めに、お知らせです。以前もお伝えした通りに、猫の様子や記事は、すべてパスワード付きの限定公開記事に書いています。もちろん、当たり前に無料だよ(笑)安心してくださいね。パスワードを開くのは本当に面倒だよね、でも是非読んでくださいね。パスワードを、忘れてしまった方・・・遠慮なく聞いてください。ここからが大事だよ!ブログやインスタに猫の写真をアップする際は気をつけて!場所名や居場所が特定される写真や状 [続きを読む]
  • うんち君の話しファイナル
  • 続き・・・・・・・猫はトイレにうるさい。好みもそうだけど汚れているトイレも嫌々する。「ちょっとぉ、トイレ片づけてくれにゃい」とか催促もあり・・・。さて、「うんち渋滞その二」の始まり〜。「早寝、早食い早グソ」と、いう言葉が戦時中にあったように、野生の猫にとっては日常が戦いの日々。猫がうんちやおしっこを砂で隠すのは野生の中で敵に自分の痕跡を知られないようにするための行為なのは知ってるでしょう?無防備な [続きを読む]
  • 続・うんち君の話し(猫編の始まり〜)
  • オレンヂ南瓜の夜は過ぎた。南瓜は、緑の方が美味いと思う・・。日本の化け猫の話で、恨みを晴らすために毒のかぼちゃを生じさせ人間に食わす猫の復讐話があるそうだ。日本なのに、ハロゥイン臭のする話だ。そういえば、悪霊が現れる日に悪霊より怖い恰好をして悪霊を追い払うのがハロウィンの起源。毒を持って毒を制す・・・・。猫しっこのスプレーを体中に振り掛けてスクランブル交差点を歩いたらモーゼの十戒の如く道がす〜と開 [続きを読む]
  • 猫も人間も、まじめなうんち渋滞の話し
  • 猫の多頭飼いをしている人にはわかると思うけど、猫のトイレ・・・時々うんち渋滞!が起きるよね(。うんうん、うなずく)なんでこっちのトイレだけうんちだらけ?とか。猫はトイレにうるさい。(注文が多いの意)猫は、おトイレこだわり派なんだよね。今日はね、猫も人も・・・「へぇ」・・・とうなずくまじめなうんち君などのお話し・・・・・。ハイヒールを履きこなせる女性は・・・日本では見かけない。(姿勢が美しくない)履 [続きを読む]
  • ツボだワン
  • au のCM三太郎シリーズ!3人のやり取りが面白い.だけど、日本の姫たちの品の無さに「うへっ」って感じで残念だ。三太郎が今どきを演じている分姫たちには逆ヴァージョンでいて欲しかった。桃ちゃん、金ちゃん、浦ちゃん!・・・浦ちゃん?だけなぜ、苗字呼び?と思った。けど・・・みんな太郎だもんね。浦ちゃんだけタローちゃんじゃぁ、主役独り占めになるか。ヒーローの名も今じゃ、わんにゃんに人気のいい名前。みな、自分 [続きを読む]
  • ゾゾゾ〜ん
  • 枯葉を分け入るかすかな音・・・こんな手が、突如出てきたら! 本物なんだけどね・・・。・・・・・ちょっとちょっと待って!安心してよ。本物なんだけど、これはキノコなんだよ。「死人の手」と言う名のキノコ。いくら、キノコでも・・・。こんなのには、出くわしたくない!これはもう、ゾンビの手でしょう。ゾンビかぁ・・・。恐いよね。血肉を食らうゾンビの、この発想って、やっぱり肉食の国の人間の発想だよね。・・・・・・ [続きを読む]
  • ハッピーはエンドレスがいいね。
  • 偶然見つけたいいお話し。91歳のおばあさんに飼われていた猫。もともとは野良ネコだったらしい。ご飯をもらえるおばあさんのもとに通ううちに家猫としておばあさんと時を過ごすようになったんだけど・・おばあさんは猫との一人暮らしを幸せに暮らしていたのに・・。年のせいで施設に入る事になった。猫は、泣く泣く近所の人に飼ってもらうことになった。おばあさんが、施設に入り2か月がたったころ施設の庭に一匹の猫が現れ、時に [続きを読む]
  • あ”〜もう!
  • 皆さんは、スーパーなど食品を扱うお店に行きますか?夜遅くとあるお店に立ち寄った。食肉鮮魚・・・おっ!って感じに値引きされていた理由は閉店1時間前ということらしい。初めは、「へぇ安くなるんだいいよね。」なんて能天気に思っていたけど、山のように残るそれらを目にして、言いようもない悲しみにとらわれた。確実に売れ残るそれらは無造作に捨てられる・・。牛さん、豚さん、は・・・涙を流してトラックに乗るのを拒むの [続きを読む]
  • 読みも(世にも)奇妙な・・(大幅カット版)
  • 突然!・・でもないけれど、最近では火星へ移住計画なんていうのも話に聞くよね。それは、地球の人口増加とオゾン層の破壊とか何やら人間がやらかしてる問題の末に・・・。人口増加で困るのは食糧問題とされていて昆虫食が取り上げられているけど・・・(ゲッ)だからって今、文明社会にいる人々は虫を食べなくてもいいよね。テレビでそんな映像を見ると、き〇いと思ってしまう。嫌でしょう?でも、見たいでしょう?どうぞ!(画像 [続きを読む]
  • 過去の記事 …