まーくん さん プロフィール

  •  
まーくんさん: まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説
ハンドル名まーくん さん
ブログタイトルまーくんのFP無料相談&FP試験問題解説
ブログURLhttps://ameblo.jp/fpsoudan-priceless
サイト紹介文FPでの得意分野は「相続」・「住宅ローン関係」・損害保険」関係です。
自由文ファイナンシャルプランナーによる無料相談サイトです。
無料ですが、回答には手抜きはしません。
お金以外でもどんな相談でもお受けします。
その他お金に関する情報等も随時アップしていきます。FP試験問題解説も始めました。
http://ameblo.jp/fpsoudan-priceless/entry-11665313187.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1119回 / 365日(平均21.5回/週) - 参加 2013/08/24 21:24

まーくん さんのブログ記事

  • 2018年5月2級実技個人資産
  • 2018年5月2級実技個人資産第1問個人資産第1問 設問問1国民年金の種別変更・追納・保険料免除問2老齢厚生年金の年金額問3付加保険料・小規模企業共済・国民年金基金第2問個人資産第2問 設問問4株価指標・指値注文・売買成立日問5株式投資指標問6上場株式譲渡にかかる税務第3問個人資産第3問 設問問7不動産所得・所得控除・扶養控除問8退職所得問9総所得金額第4問個人資産第4問 設問問10高さ制限・日影規制・耐火建築物問11建ぺ [続きを読む]
  • 2018年5月3級実技個人資産
  • 2018年5月3級実技個人資産第1問個人資産第1問 設問問1健康保険の任意継続被保険者問2雇用保険の給付内容問3特別支給の老齢厚生年金・年金の繰上げ・加給年金第2問個人資産第2問 設問問4外貨預金問5外貨預金に係る課税関係問6外貨預金の金利計算第3問個人資産第3問 設問問7確定申告・一時所得問8配偶者控除・扶養控除問9総所得金額第4問個人資産第4問 設問問10登記事項証明書問11容積率問12宅地建物取引業者・賃料・貸家建付地第5 [続きを読む]
  • 2018年5月実施の2級FP実技試験(個人資産相談業務)の所感について
  • 2018年5月実施の2級FP実技試験(個人資産相談業務)の所感について 今回の実技試験は前回より軟化したのではないかと思います。しかし、不動産分野は捨てても他の分野で得点できれば何とか合格圏内に入れそうです。 1 ライフ分野年金計算も癖もなくできたと思います。その他の問題も3級の知識で解けます。細かい数字を覚えていないと難しいですが、今までと論点は変わっていないので安心しました。2 金融分野金融分野もほぼ3級の知識 [続きを読む]
  • 2018年5月実施の2級FP学科試験の所感について
  • 2018年5月実施の2級FP学科試験の所感について 今回の2級学科のポイントは不動産分野の出来・不出来だったのではないでしょうか。過去の出題傾向や無用なヤマ張りをすることなく、正確な知識をアウトプットできるような訓練が必要だと感じました。今までの論点とは違った切り口も出題されるので、慌てないで今まで学習した知識を駆使して正解を選択できるようにしないとなかなか学科合格はできないと思います。 1 ライフ問題問題 3 [続きを読む]
  • 2018年5月実施の3級FP実技試験(個人資産相談業務)の所感について
  • 2018年5月実施の3級FP実技試験(個人資産相談業務)の所感について 1年金問題3級の実技では年金計算をする問題はもう出ないのでしょうか。昔は3級の個人資産でも出題されていたような気がするのですが、ちょっと残念な気がします。最近は年金よりも雇用保険や特に介護保険についての出題が多いので、ぜひチェックしておいてください。健康保険もそうですが、法改正がチマチマ行われるので試験に合わせて正しい数字を覚えておいてくだ [続きを読む]
  • 2018年5月実施の3級FP試験の所感について〜学科試験
  • 2018年5月実施の3級FP試験の所感について〜学科試験 3級学科試験解説から問題別にあくまでも個人的主観的ですが、下記のような分類を試みています。2018年5月の3級学科試験は下記のような分類としました。 ライフリスク金融税金不動産相続計絶対正解すべき問題!6問1問8問7問4問7問33問標準的な問題4問9問2問2問3問2問22問やや難問 1問2問2問5問かなりの難問 問サービス問題 問捨ててもいい問題 問 今回はサービ [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第5問 問15相続税の総額
  • 2018年5月2級実技個人資産第5問 問15相続税の総額 《問15》 仮に、Aさんの相続が現時点(平成30年5月27日)で開始し、Aさんの相続における課税遺産総額(課税価格の合計額−遺産に係る基礎控除額)が2億4,000万円であった場合の相続税の総額を計算した下記の表の空欄①〜④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。〈答〉は万円単位とすること。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。 [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第5問 問13公正証書遺言
  • 2018年5月2級実技個人資産第5問 問13公正証書遺言 《問13》 公正証書遺言に関する次の記述①〜③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。 ① Aさんが公正証書遺言を作成する場合、長女Cさんの配偶者Hさんは、遺言書により財産を取得する受遺者でない限り、公正証書遺言を作成する際の証人となることができる。 ② 公正証書遺言は、遺言者が自ら書いた遺言書の内容および形式の適法性 [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第5問 設問
  • 2018年5月2級実技個人資産第5問 設問 【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》〜《問15》)に答えなさい。 《設 例》Aさん(75歳)は、昨年病気で入院したのを機に自身の相続について考えるようになり、公正証書遺言の作成を検討している。Aさんには、妻Bさん(72歳)との間に長女Cさん(50歳)および二女Dさん(48歳)の2人の実子がいるが、長女Cさんの子Fさん(18歳)と、二女Dさんの子Gさん(20歳)と [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第4問 問11建ぺい率・容積率
  • 2018年5月2級実技個人資産第4問 問11建ぺい率・容積率 《問11》 Aさんが、甲土地上に住宅を新築する場合、建ぺい率の上限となる建築面積と容積率の上限となる延べ面積を求める次の〈計算の手順〉の空欄①〜④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。 ※甲土地は、建ぺい率の緩和について特定行政庁が指定する角地である。 ※指定建ぺい率および指定 [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第4問 設問
  • 2018年5月2級実技個人資産第4問 設問 【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》〜《問12》)に答えなさい。 《設 例》Aさん(59歳)は、妻Bさん(57歳)と2人で都心に近い賃貸マンションに住んでいる。Aさんは、平成30年6月に勤務先を定年退職する予定であり、その退職金を利用して、かねてより同居を希望していた長男夫婦(社宅住まい)と暮らすための戸建て住宅を新築しようと考えている。新築する住宅の敷地 [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第3問 問9総所得金額
  • 2018年5月2級実技個人資産第3問 問9総所得金額 《問9》 Aさんの平成29年分の各種所得の金額および総所得金額を計算した下記の表および文章の空欄①〜③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。 〈Aさんの平成29年分の収入等に関する資料〉 (1)X社からの給与収入の金額(1〜10月分) :600万円 (2)X社から支給を受けた退職金の額 :2,500 [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第3問 問8退職所得
  • 2018年5月2級実技個人資産第3問 問8退職所得 《問8》 AさんがX社から受け取った退職金に係る退職所得の金額を計算した次の〈計算の手順〉の空欄①〜③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。 〈計算の手順〉 1.退職所得控除額 ( ① )万円+□□□万円×{( ② )年−20年}=□□□万円 2.退職所得の金額 (2,500万円−□□□万円)×□ [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第3問 設問
  • 2018年5月2級実技個人資産第3問 設問 【第3問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》〜《問9》)に答えなさい。 《設 例》会社員のAさん(60歳)は、妻Bさん(55歳)、長女Cさん(28歳)および母Dさん(84歳)との4人暮らしである。Aさんは、平成29年10月に、入社以来35年7ヶ月勤務していたX社を定年退職し、その後、再就職はしていない。また、Aさんは平成29年中に生命保険を解約し、解約返戻金を受け取っている。 [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第2問 問6上場株式譲渡にかかる税務
  • 2018年5月2級実技個人資産第2問 問6上場株式譲渡にかかる税務 《問6》 Aさんが、下記の〈条件〉により、平成30年中に特定口座の源泉徴収選択口座においてY社株式を購入して同年中にすべて売却した場合、Aさんが受け取ることができる手取金額(所得税および復興特別所得税と住民税の源泉徴収後の金額)を求める次の〈計算の手順〉の空欄①〜③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。〈答〉は円単位とすること。なお、 [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第2問 問5株式投資指標
  • 2018年5月2級実技個人資産第2問 問5株式投資指標 《問5》 Mさんは、Aさんに対して、X社株式およびY社株式の投資指標のデータについて説明した。《設例》に基づき、Mさんが説明した以下の文章の空欄①〜④に入る最も適切な語句または数値を下記の〈語句群〉のイ〜ヲのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。 「株式の代表的な投資指標として、PERとPBRがあります。X社株式の場合、PERは( ① )倍、P [続きを読む]
  • 2018年5月2級実技個人資産第2問 設問
  • 2018年5月2級実技個人資産第2問 設問 【第2問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》〜《問6》)に答えなさい。《設 例》Aさんは、これまで投資信託(特定口座の源泉徴収選択口座内にて取引)により資産を運用してきたが、上場株式による資産運用にも興味を持ち、同業種で同規模のX社またはY社の株式(以下、それぞれ「X社株式」「Y社株式」という)のいずれかの購入を検討している。 そこで、Aさんは、株式投資につ [続きを読む]