shiina さん プロフィール

  •  
shiinaさん: My name is Blue
ハンドル名shiina さん
ブログタイトルMy name is Blue
ブログURLhttp://yeosu2013.blogspot.kr/
サイト紹介文韓国人の彼と国際結婚。韓国のヨス(麗水)に在住陶芸を学びながら主婦をしています。韓国料理も勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/08/23 12:56

shiina さんのブログ記事

  • 初めての家族旅行
  • 家族で3泊4日チェジュ島を旅行してきました。我が家の夏の家族旅行。日本やソウルを行ったり来たりはしているけれど、本格的な旅行は初めて。道中これが私たちの初めての家族旅行なんだと思うたびに、フツフツと心から幸せな気持ちが湧いてきました。観光地には特に寄らなかったけれど、美しい海を見て、山を散歩し、半島とは生態系がちょっと違うチェジュの自然を満喫しました。今回の旅行では息子もいるのでグルメはあまり期待し [続きを読む]
  • おかず事情
  • おかずを宅配で頼むようになって、知らなかった韓国おかずに出会うことができている。今回は椎茸の荏胡麻和え。炒めた椎茸を擦った荏胡麻を入れて出汁で伸ばしたもの。荏胡麻を出汁で伸ばして合えたおかずは、里芋の茎とかサツマイモの茎、桔梗なんかが主であって、きのこ類は食べたことなかったんだけど、これは美味しかった。椎茸のつるっとした食感と荏胡麻のクリーミーさが合って、冷やして食べてもとっても美味。そしてこれも [続きを読む]
  • 夜中の咳
  • 我が家は息子を真ん中にして川の字で寝ているのだが、夜中息子が咳をしたので飛び起きたら、同時にその反対側からどんちゃんも勢い良く飛び起きて、二人で笑ってしまった。そうだよね、どんな小さな咳でも飛び起きるほど心配しちゃうよね。どんちゃんは息子が健やかに成長するために伴う責任を一緒に背負ってくれる。小さな変化を見逃さず、どんなにめんどくさいことも、息子に合わせて柔軟に対応する。どんちゃんと一緒に息子を育 [続きを読む]
  • 身近な存在
  • 猛暑日が続くヨス。絵に描いたような入道雲が窓から見える。毎日暑いから、散歩は早朝と夕方の2回、30分ぐらいずつにしている。夕方の散歩は社宅の裏側へ周り坂道をスタスタ登り、近所の中学校へ。バンドが練習している音が聞こえてきたり、放課後の校庭で男子学生が制服のままサッカーしていたり。海外の中学校だけど、自分の母校にいるように懐かしい。だから散歩に来る。中学生だった自分が思っていたこと、考えていたことが頭 [続きを読む]
  • 遠足
  • どんちゃんは「遠足」という言葉が好き。しかもよく会話の中で使われる。一週間のうち水曜日の夜から「週末の遠足、どこ行く?」と言い出し、木曜日に「週末の遠足のことだけど」と提案し、金曜日に「明日はパパとママとえんそくーーー」とハイテンションで息子を抱っこする。つまり三人でちょっとだけ遠出することが彼にとって遠足なのである。どんちゃんにとって週末の遠足こそが人生であるみたい。でも、遠足って響き、私も嫌い [続きを読む]
  • きみは私ではない
  • 赤ちゃんは生まれた時、目に見える世界は自分の一部だと思っているということをどこかで読んだ。病院の天井も看護師さんも、私もどんちゃんも全部自分。なるほど、自己がまだないから、そんな風に見えるのかと妙に納得。毎日すごい速さで成長しながら、息子はまず自分の外枠を捉えているように思えた。自分に手がついてることに気づき、それを自分の意思で動かせることがわかり、蹴ったり寝返りを打ったりすることで、自分の重さや [続きを読む]
  • 夏の散歩
  • ヨスに移住してから散歩が大好きになった。読みかけの本を家から持ち出したり、今日は何を作ろうかと考えながら歩いたり、カフェでお茶をしたり。外を出歩くだけではなく、それによって得られる機会含めて散歩が好きだった。何よりも移りゆく季節を感じながら、自分を取り巻く環境の小さな変化を発見しながら歩くことがとても気に入っていた。息子が生まれてから、ベビーカーや抱っこひもで、毎日散歩をしている。桜の蕾、花、風に [続きを読む]
  • 走れ
  • 梅雨入りしているヨスです。朝起きると雨が降っている毎日ですが、止んでいる時間帯もあるので、ちょこちょこ息子と散歩しています。最近の日課は紫陽花探し。社宅内やいつものお散歩コースを歩きながら見つけた紫陽花を一緒に眺めてます。もうひとつの日課はランニング。息子が寝て、夫婦で晩御飯を食べて一休みしたら、どんちゃんに家で待機してもらって私はジムへ。30分という短い時間だけど、毎日走ってます。走るのは1年4ヶ月 [続きを読む]
  • 圧力さん
  • ここ最近、パンチャンの宅配を利用してます。ごく普通のパンチャン屋さんだけど、毎日SNSで日替わりおかずを写真でアップしてくれるので、忙しい中でもチェックしやすいし、携帯メールでさっと注文できるので気に入ってます。何より美味しい!そこで食べた豚の背肉の煮込みが美味しかったので我が家でも作ってみた。まずは背肉を血抜きして、テジカルビ用のヤンニョンと水を加え、圧力炊飯器へスイッチひとつで出来上がり。あとは [続きを読む]
  • サクッとソウル
  • 定期的に来る「ヨスから脱出したい病」のため、週末はソウルに1泊で遊びに行ってきました。赤ちゃん連れとしては移動時間が短いのが1番なので、車で2時間以上かかる釜山とかよりは、飛行機で50分で行けるソウルの方が楽(1歳頃になるとまた違うのかもしれないけど)あと、我が家は80円のお水を買うのもマイレージが溜まるカードを使っているので、KTXで行くよりも安く行けます。ソウルでの目的は2つ。まず一つは、부자피자というピ [続きを読む]
  • 爪を切る
  • 子供ができて、毎日毎日をこなしていくことがいっぱいいっぱいだが、自然に自分を客観的に考える機会が増えたきがする。それは息子の成長を通し自分自身も刺激を受けているからであり、自分の思い出を手繰り寄せて、自分の化けの皮を剥がしていくような少々辛い作業でもある。その作業のことはちょっと横に置いておいて。夜寝る前は、親になった自分を客観的に簡単に考えるにはもってこいな時間だと思う。日々クタクタに疲れている [続きを読む]
  • なんとなく、クルー感
  • 初夏の日差しが眩しいヨスです。湿度低く、風が通り、なんとも過ごしやすい。梅雨入り前、1年で一番爽やかな季節。息子ももうすぐ7ヶ月、すでに0歳も折り返し。最近ようやく我々のクルーの一員っぽさがが出てきたような。というのも、最近は我々がご飯を食べている時はハイチェアーに座らせているので、食卓を三人で一緒に囲んでいるような雰囲気に。もちろん息子は一緒に食べてないけれど、三人家族感がグッと出てきました。また [続きを読む]
  • 離乳食でみる韓国
  • 息子の離乳食が始まって約1ヶ月。ようやく献立や作り置きの進め方なんかが、自分の手中におさまってきました。そして、子供ができるまで離乳食なんて注目すらしなかったけど、実は国によって違うし国柄も出てくるのでなかなか面白い研究対象なのでは、と思い始めたところです。韓国の離乳食についても、最近本を読んだりママ友から聞いたりして、その全体像を掴めてきたので、今日は大雑把に書き記してみます。韓国は4、5ヶ月スタ [続きを読む]
  • 回復
  • 1ヶ月以上滞在した日本からヨスに戻って来ました。荷造り、朝早くに空港ヘ移動、飛行機、国内線乗換え、飛行機、夜遅く自宅ヘ移動、荷解き、この一連のプロセスに日本であまり進まなかった離乳食の準備が入り、帰国後数日は精神的に疲労困憊。が、週末思いきってお出掛けしたところ、気分がすっきり回復。美味しい韓国料理を久しぶりに食べ大満足でした。食べたものはおかずを葉っぱで巻いて食べるサンパッ、でも目的はそこで出て [続きを読む]
  • 韓国文学
  • 実家にいると有難いことに、晩ごはんを作らなくて良いので、自由な時間が増える。さらに息子の就寝時間が早まったこともあり、ヨスにいるときよりも読書に時間を割くことができた。すごく嬉しい。色々と読んだ。湯川さんと星野さんのインタビュー、高くて買えなかったクレーの日記は図書館で借りた。海外文学作品が好きな割に、韓国に関心がある割に、全く読んでなかった韓国文学。ハンガンの作品が母の本棚に揃っていたので拝借、 [続きを読む]
  • 風薫る
  • 風薫る5月、1年で一番好きな季節です。息子は木々の柔らかい芽吹きが風に揺られる様子がお気に入り。なので晴れた日は、買い物がてら散歩に出かけ、ファミマでコーヒーをテイクアウト、公園のベンチに座り、息子と一緒に上を見上げ、みずみずしいグリーンの葉が風に揺れるのを眺めています。この日は連休中だったので、母も一緒に。ベビーカーに乗った息子とこんな風に空を見上げて過ごす5月はこの先訪れない。私の人生でこれっき [続きを読む]
  • 緊急来日
  • 息子に会いに緊急来日したどんちゃん。息子が誕生してから、毎日朝早く起き、掃除し、6時前に出社し、定時で上がれるように休憩なく仕事し、定時であがり、帰ったら育児をし、いつもお疲れだったはず。別れ際、私たちがいない間は、夜に映画を見たりビール飲んでのんびりしてね、と言ったら、ヨスでひとりぼっちは生きている意味がないと、1週間後にはチケット予約して、その1週間後に来日してた。どんちゃんらしい行動。自分の人 [続きを読む]
  • 15年
  • 連日、色んな友達に会っている。そのなかでも久しぶりという一言では足りないぐらい、永らく会っていなかった高校の時の友達と再会した。高校2年の時に同じクラスになって、体育祭も一緒の組で、とっても仲良かった彼女は息子と同い年の男の子のママになっていた。卒業以来、15年ぶり。時空を軽く飛び越えたのか、もしくは時空が歪んでしまったのか、すごく不思議なんだけど、彼女は15年前の高校生のままであるようで、一方で、赤 [続きを読む]
  • 気づくこと
  • 日本の実家に来て12日目。毎朝のお散歩のたびにコンビニスイーツを買ってしまいます。どんちゃんと離れるのはものすごーく寂しいけれど、実家はいいなーって心底思う毎日です。息子は色んな大人に可愛がってもらって、私もどんちゃん以外の人と息子の成長についてすぐにシェアできて。父や母、弟を含め、色んな大人に抱っこされている息子だけど、私がいると私の方に来ようとするのが可愛い。ちゃんと私のことを母親って認識してく [続きを読む]
  • 再開
  • 花が散ってしまうスピードも速いけれど、新緑が芽吹くそれも速いなぁと、散歩するたびに思う最近。ヨスの桜は散ってしまったけれど、蕾も、咲き始めも、満開も、そして散りゆく姿もどれも息子とドンちゃんと観れたのが嬉しかった。怪訝な顔をして桜を眺める息子の顔がおかしくて、かわいい。萌え立ち始めた若葉のような、みずみずしいエネルギーを内に秘めた息子も4ヶ月の折り返し。育児もようやくコツが掴めるようになり(上手に [続きを読む]
  • 育児 イン ヨス
  • 先週、出産ギリギリまで通ったミシン教室に息子と行ってきました。先生やそこに通うお姉さんたち(といっても育児を終えた人生の大先輩)とは「出産頑張れ」と鴨肉を食べに行ったっきりだったので、実に4ヶ月半ぶり。私と息子を温かく迎えてくれて、息子をたくさん抱っこしてくれました。写真はミシン糸に興味深々の息子。抱っこしているのはミシンの先生の大家さん(笑)先生の洋裁屋は先生のお友達の溜まり場でもあるので、息子 [続きを読む]
  • どちらの国も好き
  • 社宅の桜が咲き始めた今週。お散歩しに出ても目につくのは、レンギョウの花の黄色だったり、山ツツジの藤紫色だったり!カラフルな季節の到来です。さて、日本に帰省する時の話なのですが、羽田ヘ向かう飛行機の搭乗を待っていた時、韓国人の60代ぐらいのおばさんに話かけられました。とっても流暢な日本語で話かけてくれたので話もはずみ、妊娠出産後初めて日本に帰るんですって言ったら、それはあなた帰りたくてたまらなかったで [続きを読む]
  • 96歳差
  • 先週末ソウルで、ドンちゃんのお祖父さんと息子がとうとう対面。ひいおじいちゃんとひ孫。なんと96歳差。2人が見つめ合う様子を見て、なんとも言えない気持ちがこみ上げてきました。私は父方の祖父に会ったことがありません。父が大学生の時に祖父は亡くなってしまったからです。なので、物心ついた時から、祖父ってどんな人だったんだろうと考えてました。特にサルマンラシュディに感化され、自分のルーツを真剣に考えるようにな [続きを読む]
  • 春が旬の
  • ウールのコートをクリーニングに出すのはまだ早いけれど、少しずつ春めいてきたヨス。先週末は息子に海を見せたくて、ランチのついでに海辺の遊歩道をお散歩。暖かな陽射しを浴び麗らかな優しい青色を帯びた海は、まさに春の色。肝心の息子はベビーカーでスヤスヤとねんねしてたけど、ドンちゃんとたっぷり会話を堪能してリフレッシュしました。写真はその帰り道、魚屋さんで買った今が旬のアサリ。蛤かと思うぐらい大きくてびっく [続きを読む]
  • 風習と生活
  • 土曜日は市場に用事があったので、その近くにあるドンちゃんおすすめの食堂でランチ。そこで食べた豚の背肉が骨ごと入ったスープである뼈다귀해장국。ドンちゃん曰く、テンジャン(韓国の味噌)で臭みをとるところが光州流らしい。熱々のスープをホフホフしながらドンちゃんと食べていると、お店の人が落花生を持ってきてくれた。この日は陰暦の小正月。韓国ではどうやら豊作祈願として落花生や五穀米を食べるらしい。そうか、今日 [続きを読む]