roadmanbo さん プロフィール

  •  
roadmanboさん: roadmanboの『ボンネビルな時間』
ハンドル名roadmanbo さん
ブログタイトルroadmanboの『ボンネビルな時間』
ブログURLhttp://roadmanbo.blog.fc2.com/
サイト紹介文トライアンフボンネビルのカスタム、ガレージ、ツーリング。最近では、ロードバイクもファットバイクも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/08/24 13:06

roadmanbo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • レザージャケットの季節
  • 天気も良いので、久しぶりにひとっ走りしようと思ったところ、そう言えば、車検前のノーマル戻しのままだったことに気づいた。そのまま乗るのも物足りないので、取り敢えず、ハンドルバー交換、二次エアシステム取り外し、サイレンサー交換。乗るのは久しぶり。秋が深まっていく、これからの季節、どこかに行きたくなった。 [続きを読む]
  • ボンネビル寸景 #440: オレンジ&イエローボンネビル
  • 2010年にヤフーブログで始めたこのブログ。それ以来の『同志』であるリリーさんから、ツーリングのお誘いをいただいた。台風やらなんやらで日程を伸ばし、そして、今日、やっと、ご一緒させていただいた。浜松の『道の駅 鳳来三河三石』で待ち合わせ、文字通り、はじめまして、なのだけど、初めてのような気もしない、不思議な感じ。そこから北上、茶臼山から、西に向かい、足助で昼食。あっという間だったのだけど、たまには、誰 [続きを読む]
  • ルーカスH4用ヘッドライトの装着
  • ボンネビルのヘッドライトについて言えば、4年ほど前に、純正品から、ルーカスの古いタイプ(Lucas-TVS)に交換(関連記事はココとココ)。このタイプのヘッドライトには、古い型のバルブ(British Pre-Focus, 12V 60/55W)が使われており、配線はバルブホルダー使用となるのだけど、このバルブホルダーの劣化により、定期的にヘッドライトが点灯しなくなる。そうなると、新品のバルブホルダーに付け替えるわけだけど、また出るは [続きを読む]
  • ボンネビル寸景 #439: オートバイとの距離感
  • 今年になって初めてのひとっ走り。以前は、真冬でも毎週末、ボンネに乗らないと、どこか落ち着かなかった。つまるところ、『新婚ホヤホヤ状態』だったので、『毎日、君(=ボンネビル)のことを思ってる』というわけだ。その後、3年目の浮気もなく、ボンネビルとの付き合いも7年目を迎えてる。当初の燃え上がるような想いよりも、今は、ちょうど良い距離感を保ちながら、良い感じの関係を維持してる。 [続きを読む]
  • iPhone + Moment Superfish Lensで撮る。
  • 現在、世界中で最も使われている『カメラ』と言えば、iPhoneとなるらしい。なるほど、というわけだ。確かに、iPhone搭載のカメラも性能がアップしてるから、スナップ写真などは、もはや、写真専用のカメラは必要ないのかもしれない。さて、iPhoneカメラの外付けレンズと言えば、広角、望遠、ミクロなど、各社から発売されてるのだけど、その中でも、評価の高い Moment社のレンズを幾つか手に入れて使い始めてるところ。この写真は [続きを読む]
  • ボンネビル寸景 #438: 12月の空気
  • 曇りだと思ってた日曜日の朝、朝から気持ちよく晴れだったので、計画を変更して、ボンネビルでちょっとひとっ走り。100kmくらい走ったか、これくらいがちょうど良い距離かもしれない。なんて思うようになってしまったのは歳のせいかも。ヘトヘトになるまで走って見たいとも思うのだけど、それは来年、暖かくなってからにしようと思ってる。そんなわけで、バイパスで清水まで、清水の町にある喫茶店(ココは決して、『カフェ』とは [続きを読む]
  • ボンネビル寸景 #437: 余韻の中で
  • 早朝の新鮮な空気を肺に吸い込みながら、木漏れ日の光の中をボンネビルのツインサウンドを通り過ぎる道路に置いてくるように走る。日が沈んだ後の山の稜線を眺めながら帰路につく。ボンネビルはいつも同じツインサウンドを奏でてる。そんな時は、いつも自分が、どこか異次元の空間にいるように感じものだ。自宅に帰る頃にはすっかりと暗くなっていた。そして、ボンネビルはいつもの場所に佇んでる。まるでその日の小旅行なんて、な [続きを読む]
  • ボンネビル寸景 #436: 朝霧高原
  • 快晴の土曜日。久しぶりに、ほんの少しだけ遠出をしてみようと、ガレージからボンネビルを引っ張り出し、さて、どっちに行こうか。天竜川を北上するも気持ち良さそう。あるいは、久しぶりに富士山をグルッと周ってみるか。なんて思いながら、分岐点。では、前のクルマとは反対の方角に行こうと。全く、優柔不断なのか、いい加減なのか。少し距離を置いて、前を走る車の左側のウインカーが点滅したのを確認し、僕は右側のウインカー [続きを読む]
  • 本当にカンタンな Bell Bullitt のレビュー
  • Bell Bullitt をやっと手に入れて、やっとひとっ走りしてきたので、簡単にレビューする。僕がそうだったように、このレトロなスタイルに惹かれながらも、買うのを躊躇されている方の参考になれば。個人的には『買ってよかった』と満足してる。スタイルは外観の通りで、ここでは触れずにおこう。内装はそこそこな高級感があり、被った感じも、安価なヘルメットとは一線を画してる。塗装の具合も素晴らしく、所有する喜びもある。シ [続きを読む]
  • 51歳からの古民家再生: sawamanboの『山辺の家時間』
  • 六年前、45歳の時に、練りに練った(?)周到な計画に従い、ガレージを造り、大型二輪免許を取り、ボンネビルを手に入れ、そして、多くの素晴らしいことに出会えた。そして、50歳を超える頃には、『ちょっと待って』というまでもなく、月日は加速度的に過ぎ去っていく。定年までの10年間、そして定年後の残された時間をどうして生きていこうか、などと考えてみるものの、結論なんてものに至る前に考えるのをやめてしまう。今、この [続きを読む]
  • 過去の記事 …