トモ さん プロフィール

  •  
トモさん: トリコロールが勝つために
ハンドル名トモ さん
ブログタイトルトリコロールが勝つために
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/f-marinos12
サイト紹介文マリノスが勝つために自分が出来る事や、楽しく観戦出来るようなブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2013/08/25 00:01

トモ さんのブログ記事

  • 鹿島戦に勝つために求められる事!!
  • 鹿島戦。相手は首位。勝負強さはリーグNo.1。鹿島には本当に勝ててなく苦しい試合が続いているが、鹿島に失点されるシーンはある程度決まってる。・ショートカウンター→自分達からのミスで取られてから素早いカウンターで失点。・クロスからの失点 →今シーズンアウェイでもそうだった。簡単にクロスを上げさせない事・スローインからの失点→スローインから崩されて失点があった。ちょっとした油断から。この3つのパターンで決 [続きを読む]
  • 鹿島に勝つために必要な事は?
  • 鹿島に綿密な対策が必要か?必要なのは間違いないが、相手をリスペクトし過ぎてアウェイ川崎戦の二の舞にならないようにしたい。・飯倉からのボール回し→100%と言ってもいいが、鹿島は前から来る。 それに絶対引っかかってはいけない。メリハリを!!・無駄な横パスはなくす→無駄な横パスはカウンターを食らう。 ボールを持ち過ぎない、貰う側は動きスペースを見つけ出す 裏を狙ったり、逆サイドに出す事も必要・サイドに [続きを読む]
  • ウーゴの穴は全員で埋めるしかない!!
  • ウーゴのケガ。全治はまだ発表されてないが、今シーズン出れない可能性もある。残り5試合と天皇杯が残されてる中でチーム得点王を失うのはあまりにも痛い。ウーゴの穴を埋めるのは富樫と伊藤。どちらも今シーズン試合時間の差もあるが、ウーゴと比較すると厳しい。しかし、2人にとっては大きなチャンス。ここで結果を残さなければ来シーズンはない!くらいの気持ちで何が何でも結果を出し続けることが必要!!練習でもウーゴ見て盗 [続きを読む]
  • 鹿島に勝つ秘策はあるのか??
  • 次節の鹿島と戦い、負けた時点で優勝は完全になくなる。鹿島の試合巧者は今に始まった事じゃないが、攻守の強さが際立ってる。川崎も確かに強いが、それを更に上回ってる。鹿島に勝ったのいつだっけ?って言うくらいここ数年勝ててない。サイドの崩し方はマリノスとは次元が違う。手数かけずにシンプルに崩して、クロスも多彩で人数もかけシュートで終わる。はっきり言って勝てる気がしない。大宮には悪いが、あの状況で勝てないの [続きを読む]
  • 勝てなかったのは理由がある!!
  • 引き分け。あまりにも痛い引き分け。何故勝てなかったか。・遠藤のポジショニング→パスしたらすぐ上がるので奪われるとカウンターを何度も突かれた ・サイドからゴールまでが遠い→サイドから崩す形が一向に見えない・パス精度がまだまだ。→縦パスのミスが多くて、消極的になった・シュートの意欲→俺が撃つって選手いなかった。 もっとエゴイストの選手になって。・ボランチのバランス→昨日は真ん中がポッカリ空いてる時が見 [続きを読む]
  • 負けに等しい引き分け!!撃てない選手ピッチには要らない!!
  • あと一歩だった?その一歩は今のマリノスには何十歩にも遠く感じる乏しい内容!!失点シーンも呆気なく、大宮のシンプルな攻撃に対応が遅れた。後半に入りマリノスペースで進む中でカウンターをくらい大ピンチを逃れた直後に中町のミドルが決まった。中町は敢えてワンバウンドさせた事で、シュートが伸びた!!その後相手が交代枠使った後のケガと退場者が出て数的優位の中で決められず試合終了。今の攻撃では決められない!!なぜ [続きを読む]
  • いさ、大宮アルディージャ戦!!勝つしかない!!
  • 大宮戦!!昨日も書いたが残留争いするチームは必死にくる!!そういう相手に勝ち点を与えてはならない!!甲府戦もそうだった。その相手に不用意なミスは命取りになる!!スタメンはマルティノスが代表帰りもあり、ベンチスタートの可能性もある。前田とイッペイがスタメンに抜擢か?デゲネクに関しては120分やってる事もあり欠場が濃厚。出る選手は責任持って闘わなければならない!!簡単ではないが、今いる選手がチームの為に [続きを読む]
  • 大宮アルディージャ戦に向けて!!
  • 久々のNISSANスタジアム。そして大宮アルディージャとの戦い。大宮はホームで意外と勝ててない、負けてもないが。ただ残留争い真っ只中だし、やりにくい事は変わりない。そして、甲府に負けた事を忘れてはならない。残留する為に必死相手に苦戦は強いられる!!スタメン予想 ウーゴマル 天野 前田 中町 喜田山中 パク 中澤 遠藤 飯倉杉本、下平、デゲネク、扇原、シノヅカ、富樫、伊藤松原が抜け [続きを読む]
  • ウーゴ残り試合全て得点を奪え!!
  • リーグ10得点。二桁取った選手久々だ!!ただ残り6試合まだまだ取れる可能性がある!!ウーゴの得点を見ればほとんどがワンタッチで得点をしている。余裕があるとフェイントしたり抜き切ってから撃つので、現実的にゴールは難しい。しかし、ワンタッチでのシュートはマルキに匹敵、それ以上だと言っても過言ではない!!6試合毎試合1点取れればいい。どんなにダメでもサボっても、点を取れば評価されるのがFW。難しい相手ばかり [続きを読む]
  • 大宮戦ポイントになる選手は?
  • 土曜日の大宮戦。大宮は残留争い真っ只中、強い気持ちで試合に入る。アウェイで勝った大宮戦とは違った試合になるはず。どちらかと言えばアウェイ甲府戦での失敗を、大宮戦どう活かすのか?が一つのポイントになるだろう。ただ甲府みたいに引いてくることはないのが大宮。個々の選手の能力は高い。しかし、ビビることなどない!!ホームだし自分達に優位な展開に持ち込むと同時に、 自分達の流れの時にゴールを奪えるか?大宮戦間 [続きを読む]
  • 今シーズンオフについて!!
  • 少し気が早いとは思うが、フロントはもう動き出しているはず。既にユースから3名、高卒2名の獲得が発表された。ポジションを見ればDF2 MF2 FW1今の所バランスが取れた獲得と言える。しかし、U23を発足やACLに行くのであれば問題ないが、そうでなければ人数過多になる。必然的に来シーズンに移籍する選手も出てくるだろう。昨シーズンオフも色々あったが、今シーズンオフも何かしらあると考えていい。もちろん考えたくはないが [続きを読む]
  • 可能性がある限り戦いは続く!!
  • 残り試合が少なくなると、色々な事を考える!、それでも試合は続く。可能性がある限り、1試合1試合大切にする!どうすれば勝てるのか?その為にどう練習すればいいのか?チーム全体でも、個人でもこれを常に持ちながら試合に挑まなければならない!!中断がいい方向にも悪い方向にも、行きやすい。チームできっちり練習して、目の前の試合を戦う!!↓↓「可能性がある限り、戦いは続く!!この中断している時が、これからいい方 [続きを読む]
  • 完全非公開の練習試合。この練習試合にもたらす意味は?
  • 今週リーグ戦がなくカップ戦が行われる。そのため今週は練習試合が行われる。非公開と考えればNISSANスタジアムで練習試合にするのではないか。怪我人とデゲネク・マルティノスがいなく残ったメンバーで何処までやれるのか?今日の練習試合の相手にもよるが、スタメンメンバーとそれ以外の選手。どう使っていくのか?そして右SB不在の中で、遠藤渓太が入りそう。来週の大宮戦を考えれば、来週に向けてしっかり準備をしていきたい! [続きを読む]
  • 勝負の10月!!この3試合の勝敗の行方で大きく変わる!!
  • 10月に入り代表戦があるので、リーグは来週から。とてつもなく長く感じるが、怪我人もいるし一旦間があった方が今のマリノスにとってはいいかもしれない!!10月の3試合は、順位を左右する大事な試合だ。この3試合をどう勝ち切るか?ガンバに勝ちはしてものの、決して満足出来るものではない。一方で、90分マリノスが押し切るような事は難しい。残り6試合、どの対戦相手でも我慢の試合は続く。まずは今月の3試合、全部勝てれば [続きを読む]
  • 緊急事態!?右SB不在!!遠藤渓太チャンスを掴め!!
  • 金井のケガが6週間〜8週間。基本的にはリーグ戦は厳しい。天皇杯次第では間に合うだろう。松原も前節負傷している!!捻挫という話もあるが、果たして次節間に合うかは不明。そうなると本職の右SBが不在となる。そこで遠藤渓太が起用されると予想する。山中を右SBに持っていけるとは思うが、遠藤を推したい。守備のところは、多少目を瞑り攻撃面は金井や松原にはないモノがある!!それを最大限に活かす事を念頭に渓太を起用する [続きを読む]
  • 残り6試合を負けなして乗り切る!!
  • ここまでの試合をどう評価するか?どう考えるか?はシーズン終わった後でもいい。残り6試合をどう勝ち点を積み上げるのか?これを考える事が1番大切だ!!大宮、鹿島、磐田、セレッソ、仙台、浦和この6試合で負けなしで行くことが大切だ。上位チームと下位チームとも対戦がある。簡単な試合などない。しかし、マリノスも今シーズン着実に成長している。高い目標かもしれないが、昨年もこの時期に中断期間で練習の成果で、いいサ [続きを読む]
  • 残り試合で得るものと失うもの!!
  • 残り6試合。現実的には3位以内を目指す事になりそうだ。10月に入ってくると、来シーズンに向けて本格的に動きが出てくる。昨年もファビオや山中などの話が10月から出てきていた。そんな話を考える時期になってきたなと思う。今のチームで戦うのもリーグ戦6試合と天皇杯のみ。このチームで1日でも長くサッカーがしたい。今シーズン色々あった中で、これほど愛おしいチームにまでなった事本当に感謝!!これから残り試合で何を得 [続きを読む]
  • 遠藤渓太の成長はマリノスの未来に繋がる!!
  • 遠藤渓太が決勝点。個人的にはようやく決められたと思ってる。昨シーズン試合に絡めて充実していた。しかし、結果は得点なしに終わった。今シーズン序盤はベンチに絡めたが、イッペイが加入してからベンチ外という状況になり、苦しかったと思ってる。チャンスは学が怪我した事によりチベンチに入った。松原の怪我で急遽出番が回ってきた。最初は守備に不安があったし、失点シーンも遠藤の良さが甘かった部分も否定出来ない。ただ本 [続きを読む]
  • ガンバ大阪戦の勝因は前半のスコアレスにあり!!
  • 昨日の試合改めて振り返って、どこが勝因だったか考える。前半シュート1本。チャンスらしいものはなかった。セットプレーが唯一可能性があったくらい。ガンバのプレスに苦しんで、なかなか前に出さない肝心の天野も後向き。今日も厳しいなと思ってた。しかし、久々にスコアレスで折り返した。内容は酷かったがスコアレス。これがマリノスにとっては大きなプラス。後半に入り、縦パスからチャンスを作り始めた。ガンバもマリノスの [続きを読む]
  • 【マリノス速報】劇的勝利!!ウーゴだ!遠藤だ!!
  • 久々にテンションが上がり興奮した試合ではないか?前半は本当に酷い試合だった。でも失点しなかったし、ガンバにも助けられスコアレス。そもそも前半スコアレスって久々だなと。そして後半。山中の縦パスからマルティノスが中に絶妙なクロス。ウーゴのループで先制。その後カウンターで前田のシュートが入らず。ガンバにも押し込まれクロスから長澤に決められた。その後中盤があき殴り合い状況だったが、イッペイからウーゴへ。ウ [続きを読む]
  • いよいよガンバ戦!!4試合ぶりに勝つぞ!!
  • さて、ガンバ大阪戦。3試合勝ててなく、学も金井も離脱。チームの流れは良くない中でのガンバとやる。ガンバはホームで勝てずに悔しい思いをした。ファビオとアデミウソンも怪我をしており、ガンバも勝ててない。 今野も出場停止。お互い厳しい状況の中での一戦。マリノス予想スタメン ウーゴマル 天野 前田 中町 喜田山中 パク 中澤 松原 飯倉サブ 杉本 デゲネク 下平 扇原 遠藤 イッペ [続きを読む]
  • ガンバ大阪戦に向けて!!
  • 明日のガンバ大阪戦!!学がいない金井がいないなどメンバーが変わるのは間違いない!!それ以上に3試合勝ちなしと正念場。明日は戦術とか云々より、如何に勝ちたい気持ちを出せるのか?全てにおいて相手より上回らなければ、この負の連鎖か抜け出せない!!明日の試合、選手の後押しする為、サポーター最高の応援が必要になってくる。そんな試合にして欲しい!!↓↓「ガンバ大阪戦に向けて!!明日は全身全霊で試合に勝つ事!!3 [続きを読む]
  • 学の代わりに出るのは誰だ??
  • 学が欠場したのはアウェイ鹿島戦だけ。それ以外は毎試合スタメンで出続けてた!!そして残り試合少ない中で、学が出れなくなった。学の代わりに出るのは?候補としては・前田・イッペイ・遠藤この3人になるだろう。今シーズンの実績を考えれば前田が優位。・前田今シーズン3点取ってる。裏に抜けたり、走り込んでスペースを作ったり見えない所での貢献は昨年以上。もっとキレが出て右も使える頻度が高まればもっと良くなる!!・イ [続きを読む]
  • 齋藤学が強く帰ってくる!その間チームがさらに強くなる!!
  • 齋藤学が全治8ヶ月。これはもうどうにもならない。だからと言ってサッカー人生終わったわけではない。マリノスに、W杯に、海外に行くことが終わったわけでもない。本人のツイートにもあったが、キャプテンやったことでさらに強くなったと感じた。サポーターほもちろん他の選手からのメッセージに目頭が熱くなった。サポーターは帰りを待つし、その間マリノスにさらなる応援をするだけ。選手は学のポジションをイッペイや前田、遠藤 [続きを読む]
  • 学と金井不在のガンバ戦になるのか?
  • 甲府戦で学と金井が怪我をした。2人の負傷具合を考えれば、下手すれば今シーズン絶望と言っても過言ではない!!キャプテンとムードメーカーの2人は試合限らず、それ以外の場面でも大きな存在だったのは間違いない!その中でも学が試合の中でも多くのコミュニケーションを取って、チームに絶大なる信頼があった。その2人が試合はおらかベンチにも入らない可能性があるのだから、残り試合少ないし、1戦1戦大事になっていく中で、 [続きを読む]