てぃも さん プロフィール

  •  
てぃもさん: 航空留学生・カナダ在住てぃものブログ
ハンドル名てぃも さん
ブログタイトル航空留学生・カナダ在住てぃものブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sky-clear-victoria/
サイト紹介文カナダでのフライトレーニング、生活の様子を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/08/25 11:41

てぃも さんのブログ記事

  • 成田で温泉
  • 日曜日午前中に仕事を終え、着替えだけしてすぐに日本行きの飛行機に乗りました。今回は重要な用事があったので、超短期帰国です。成田空港近くのホテルに宿泊していますが、そのホテルには温泉がついています。これが決して安い温泉ではないので、ちょっと悩みましたが、バタバタの移動で疲れもあるので、思い切って入ってきました。やっぱり冬の温泉はいいですね。とっても気持ちよかったです。この温泉、さすが成田にあるだけあ [続きを読む]
  • ATPL
  • ようやくATPLを手にしました。 エアラインで機長として飛ぶときに必要なライセンスがATPLです。 筆記試験は昨年中にすべて終わっていましたし、必要な飛行時間等も満たしたので、申請書をトランスポートカナダ(カナダの運輸省)に出したのが7月11日でした。 それから全く音沙汰がなく、3か月と少し経ったころ、問い合わせのメールをしたのですが、それも無視。 電話をしても留守番電話。 正直頭に来たので、少し怒り気味に留守番 [続きを読む]
  • 美人キャプテンとダイバート
  • と書くと、楽しそうですが、実際はそんなことはなく、ただただ慌ただしいフライトでした。 カナダの大部分はすでに完全に冬で、雪や凍結が我々のオペレーションにも影響を及ぼしています。 滑りやすい滑走路に着陸するのは当然リスクがありますから、カナダにはCRFIカナディアン ランウェイ フリクション インデックスというものがあります。 滑走路の滑りやすさを表した数値で、高校で物理をやった人には摩擦係数μと同じイメ [続きを読む]
  • de-icing
  • 冬だなぁと思うとき、出発前にde-icingをしないといけない時。 飛行機の翼や尾翼などに雪や氷、霜がついている場合、それを取り除いてからでなければ離陸できません。 揚力がへる、抵抗が増える、重くなる等の理由で、飛行機が本来出せる性能を出せなくなってしまうからです。 それが原因で、(失速して)事故が何件も発生しており、今日では厳しいルールで安全を確保しています。 で、このde-icingというのは出発前に飛行機に化学 [続きを読む]
  • ナイトフライト
  • カナダは緯度が高いこと、そして夏時間の存在のため、夏と冬の昼の長さがかなり違います。 結果、冬は夜のフライトが夏に比べて多くなります。(たぶん) 僕も最近は夜ばかり飛んでいます。 外が見えないので巡行中、つまらないかと思いきや、満天の星空や、たまにオーロラが見えるなど、昼とはまた違う素晴らしい景色です。 お見せしたいんですが、残念ながら、僕のiPhoneではオーロラや星は映らないみたいです。 誰かうまく星空 [続きを読む]
  • 帰国後初の仕事中
  • 1週間の短い一時帰国からカナダに戻ってきました。また仕事です。当然、休暇、帰国は楽しいものですが、たまには仕事も悪くありません。こんな風景が見られたりするんですから。ただ、そんなに楽はさせてもらえません。昨日行ったデンバーは雪が降っていた上に視程も非常に悪く、着陸するかどうかを決定する高度ぎりぎりまで滑走路が見えないような天候でした。おそらく僕が今まで飛んできた中で最も低い高度で滑走路を視認した日 [続きを読む]
  • 入国審査2
  • 久しぶりに日本に帰りました。 今月は休みがまとめてもらえたのと、本来仕事だった日を1日休みに変えてもらったので、バケーションでもないのに9連休、というサラリーマンだった自分としてはびっくりのスケジュールでした。 今の時期の日本行きは比較的すいているようで、スタンバイチケットで往復しましたが、すぐに席をもらえました。 日本に着くと当然、入国審査があるわけですが、なんとここも自動ゲートに変わっていました。 [続きを読む]
  • 入国審査
  • 当然ですが、我々パイロットも外国から帰ってくれば入国審査を受けます。 カナダのメジャーな空港ではタッチパネル式の機械を使って質問に答える形で申告書を作成し、それを審査官に渡す方式です。 カナダで娯楽用の大麻の使用、所持が合法化されたという話をお聞きになった方もいるかと思いますが、まさにその合法化されたその日、サンフランシスコから帰ってくると見慣れない質問が。 簡単に言うと、大麻を持ってますか?という [続きを読む]
  • 上空の風の強さは季節によって変わる傾向があり、だんだん風の強いシーズンになってきました。 先日、サンディエゴに行ったとき、ついに追い風100ノットを経験しました。 おおっ、と思ったので写真を撮りました。 画面の左側中央やや上の矢印と数字がが風向と強さを表しています。長く飛んでいる人に言わせれば、なんてことないようですが、僕は今の会社に入るまで低い高度(10000フィートくらい)を飛んでいたので、100ノットの追 [続きを読む]
  • PA
  • 久しぶりの投稿になってしまいました。 半年に一度の訓練があり、そのあとに休暇でヨセミテ国立公園やサンフランシスコを訪れていたため、間が空きましたが、元気にしています。 先日、イエローナイフ便を担当した際に初めて日本語でアナウンスをしました。 この日のイエローナイフからの便は日本人のお客様が多く、キャプテンに日本語でアナウンスしてくれる?と言われたので、初挑戦となりました。 もちろん日本語アナウンスのガ [続きを読む]
  • ACARS
  • 今働いている会社の飛行機には、ACARSというものがついています。 これが非常に便利なものでして、今まで無線でやり取りしていた情報を文字で送れるようになっています。 例えば、空港周辺の天気等の情報(ATIS)。 今までであれば、音声で繰り返し流れているものを聞き取って書いていたのですが、それが最初からプリントされて(もしくは画面上に)出てきます。 音声ですと、一つの情報を聞き逃すと次にその情報が流れてくるまで、 [続きを読む]
  • ビジネスクラスのご飯
  • 僕が働いている会社は3機種を運航しているのですが、ジェットのパイロットになれてよかったなぁ、と思うことの一つにJクラス(ビジネスクラス)のご飯をもらえることがある、という事があげられます。 他の機種にはJクラスの設定がないため、当然Jクラスのご飯をもらうことなどありません。 もちろん、いつももらえるわけではなく、あまりがある時のみなのですが、このクラスのお客様レベルになると、お腹がすいていなければ、いら [続きを読む]
  • (キャプテンの)ラインチェック
  • パイロットはチェックを定期的に受けなければなりませんが、今日は一緒に飛んだキャプテンがチェックを受ける日でした。 出勤するまで全く知らされておらず、朝キャプテンにあった時に今日、僕のラインチェックなんだよねーと言われて知りました。 僕がテストされるわけではないにしろ、やはりチェックパイロットがコックピット内にいるのは緊張します。 正直、先に知っていたらもうちょっと勉強していったのに、とは思いますが、 [続きを読む]
  • 夜のお仕事
  • 先週は3日にわたって最終便と始発便を担当。 行きと帰りの間は休憩扱いだったので、ホテル滞在が4時間半。 ハードな3日間でした。 日が沈んだ直後の景色が見られたり、忙しくない時間に飛べたりというメリットはあるんですけどね。 そうは言っても、僕は夜しっかり寝たいので、来月はこの便はやめてね、という希望を出しました。 こういう希望を出せるというのが、僕が働いている会社のいいところです。 [続きを読む]
  • 夕暮れ
  • 昨日はアメリカ、サンノゼへ。 出発が使用する飛行機の到着の遅れのため、2時間ほど遅れました。 待っている間、無駄に時間をつぶさないといけなくなってしまいましたが、おかげで帰りの便は日が暮れる、とてもきれいな時間帯のフライトになりました。 カリフォルニア州では森林火災が発生しており、その煙の影響か、いつもより赤みが強い夕日でした。 日本は大雨、カリフォルニアは乾燥して火災。 うまくいかないものですね。 [続きを読む]
  • アイスフィールド vs グレイシア
  • 今月はリザーブではなく、スケジュールをもらえたので、飛ぶ量は増えますが、あらかじめ自分のいく場所が分かっている分、精神的に楽です。 昨日はホワイトホース往復でした。 ホワイトホースはかなり北の方にあるので、なかなか日が落ちません。 この写真を撮った時間は夜の9時ですが、昼間のような明るさなのが、お分かりいただけるでしょう。 さて、この写真のような風景を見ていた頃、キャプテンからアイスフィールドとグレイ [続きを読む]
  • もういっちょ、シカゴシリーズ。 僕らが飛んでいる高度は、ほとんどいつも雲の上で、晴れなのですが、この「ほとんど」、といのが曲者です。 逆に言うと、たまに雲の中に入る可能性があるという事。 特に今の時期は、入道雲がもくもくと成長し、僕らが飛んでいる高度まで到達してきます。 高度10kmに届くような入道雲というのは相当に発達しており、中に入ると、めちゃくちゃ揺れたり、雷に打たれたりするので、避けるのが基本 [続きを読む]
  • リジェクトテイクオフ
  • 先日のシカゴからの帰り便での経験です。 シカゴのオヘア空港は大きな空港で、滑走路が平行に5本もあり、さらにその5本と角度がある滑走路が2本もあります。 滑走路がこれだけあるにもかかわらず、非常に忙しいオヘア空港はこの日も大混雑。 離陸待ちの飛行機が10機ほど列をなすような状態でした。 ようやく、僕たちの順番がきて、離陸の許可をもらいました。 この便は僕がパイロットフライング、つまり操縦担当でしたので、スラス [続きを読む]
  • ソフトボール
  • バンクーバーに来てからお会いした、トレーニング中の日本人パイロットから誘っていただいて、久しぶりにソフトボールをしました。 日本にいたころ、会社のチームでやって以来ですから、 少なくとも8年ぶりでした。 3チーム総当たりで試合をしましたが、ほとんど全員が日本人もしくは日本語を話す人たちで、改めてバンクーバーって日本人がたくさんいるんだなぁ、と思いました。 すごく久しぶりでしたが、意外とちゃんと動けて、エ [続きを読む]
  • シカゴ
  • 仕事でシカゴへ行ってきました。 正直、僕はシカゴへのフライトは嫌いです。 忙しい空港で遅延は起きるし、管制官が早口で何言ってるかわからないし、遠い、いろいろ面倒な場所なのです。 ただ、今回はシカゴで19時間も時間をもらえたので、 少し街に出られるということで、楽しみでした。 夜、到着後にはキャプテンとホテル近くのドイツ風のバーレストランへ行きました。 ドイツと言えば、ビールとソーセージとじゃがいもです。 [続きを読む]
  • 元生徒からの電話
  • 久しぶりに元生徒から電話がかかってきました。 僕はそこそこ長いことインストラクターをやったので、何人もの元生徒がプロとして飛んでいます。 彼もそんな中の一人。 僕が働いていたフライトスクールでインストラクターをしています。 お互いに近況報告をした後、「これから転職活動を始めるんだけど、リファレンスになってもらえる?」と聞かれました。 おお、もうそこまで経験を積んだか、と少しの驚きと感動がありました。 僕 [続きを読む]
  • メディカルチェック
  • パイロットとして飛び続けるためには、僕の年齢ですと、健康診断を一年に一度、心電図の検査を二年に一度受けないといけません。 今年もその時期がやってきまして、メディカルチェックに行ってきました。 今回から会社が受診料を直接払ってくれます。 立て替えすらもなし。 エアラインって素晴らしい! バンクーバーへ引っ越したので、初めて見てもらうドクターでした。 僕は色弱の問題があるので、新しいドクターに診てもらうとき [続きを読む]
  • 8年
  • もうすぐ5月も終わりですが、思い返せば8年前の5月に僕はカナダにやって来たのでした。そう、パイロットになるためにです。当時は深く考えもせず、頑張れば何とかなるのだろうと思っていましたが、自分だけではどうする事も出来ない事にもぶつかりました。その度に家族を始め、多くの人の協力、助けを得る事ができ、ここまで来れました。改めて、ありがとうございます。今日はそれだけ言いたかったので、記事を書きました。 [続きを読む]
  • コックピットの窓から見える景色
  • 先日カルガリー、フェニックス、バンクーバーというルートを飛んで来ました。初めて行く場所でしたが、1レグ1レグが長いので、ドタバタすることもなく外を眺める余裕がありました。このルートは目を惹く景色がよく見えました。これはソルトレークシティ付近。グランドキャニオン付近。なかなか面白い地形をしています。山火事が発生していました。アメリカはもうそんな時期なんですね。 [続きを読む]
  • キャプテン
  • CRJを飛ばし始めて早ひと月半。その間に何人ものキャプテンと飛んで来ました。ウィニペグでビーチ99を飛ばしていた時は、ほぼずっと同じキャプテンと飛んでいたので、僕にとっては毎回別のキャプテンと飛ぶと言うのは新鮮です。ただそこはエアライン。マニュアルがしっかりしているので初めてペアを組んでも困ることはありません。皆同じ手順で飛ばすように訓練されているので、やることはいつも同じです。そうなんです、同じなの [続きを読む]