てぃも さん プロフィール

  •  
てぃもさん: 航空留学生・カナダ在住てぃものブログ
ハンドル名てぃも さん
ブログタイトル航空留学生・カナダ在住てぃものブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sky-clear-victoria/
サイト紹介文カナダでのフライトレーニング、生活の様子を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/08/25 11:41

てぃも さんのブログ記事

  • バンフ
  • 夏はよく働いたので、休暇を取ってバンフ、ジャスパーへ 遊びに行ってきました。 カルガリー空港で友達と合流する予定だったので、 空港をぶらぶらしていたら、ちょっとした博物館があり、 そこで月の石を見つけました。 日本からバンクーバー経由で友人も無事到着。 レンタカーを借りてバンフの近くのキャンモアという町まで 移動。初日はキャンモアで買い物と食事をしたくらいで無理せず ゆっくりしました。 翌日はバンフ、レイ [続きを読む]
  • トンプソン
  • 先週はマニトバ州の北部にある町、トンプソンへ出張でした。 当初は5日の予定でしたが、延長されて一週間も滞在することに。 トンプソンはすっかり秋でした。 何日か天気の悪い日があり、季節の変わり目であることを感じます。 そんな時でも雲の上に出ればいつも晴れです。 シロクマ、クジラで有名なチャーチルへも何回か飛びました。 ここまで北に来ると、植生も目に見えて変わってきます。 森林限界線が高度方向ではなく南北 [続きを読む]
  • 全村避難3
  • このシリーズも今期はめでたく最終回です。 火災もおさまり、村民の皆さんは無事、帰村することが できるようになりました。 ということで、またまたお手伝い。 避難先と村の往復です。 別に切迫した状況ではないので、ゆったりとした仕事かと思いきや 村民がバスで次から次へと空港へ運ばれてきて さらに彼らを飛行機に振り分けて輸送するものですから、 かなり混乱していました。 村の空港も普段はあり得ないくらいの数の飛行機 [続きを読む]
  • ある日の貨物
  • ある先住民の村へ届けた貨物の写真です。 炭酸飲料の山。 これで全部ではなくて、貨物専用のスペースが おなかの部分についているのです(ポッドと呼んでいます)が、 そこも炭酸飲料でいっぱいでした。先住民は肥満体の人が多いように思うのですが、 これを見ると納得。 [続きを読む]
  • 雪のち34度
  • 今日はまたノースウェスト準州との州境までフライトがありました。 北緯60度近くです。 お天気は微妙で計器飛行のコンディションでした。 高度は4000フィートと決して高くない高度でしたが、 なんと雪が降りだしました。 早くも初雪です。 外気温も0度以下でヒーターを入れないといけないくらいでした。 給油のためのストップもいれて4時間ほど南下し、 ウィニペグへアプローチを開始すると今度はすごく暑い。 キャプテンがふと外 [続きを読む]
  • 全村避難2
  • カナダ中央部では至る所で森林火災が発生中です。 前回は出動待機ですみましたが、 今回は実際に避難のお手伝いをすることになりました。 50人程度運べるエアラインの飛行機やカナダ空軍のC-130輸送機 に加えて、僕らのような小規模なオペレーターの運航するキングエア まで使って、まさに総動員体制での脱出となりました。 とういうのも、この村、先住民が住む北のコミュニティーとしては 比較的大きな村とはいえ、滑走路の長さは [続きを読む]
  • ホールディング
  • 今日、初めてホールディングの指示を受けました。 田舎の空港になぜか飛行機が同じタイミングで やってきて、さばききれなくなったので、 順番待ちをしないといけなくなったのですが、 当然飛行機というのは止まることができません。 で、どうするかというとホールディングです。 同じ場所をぐるぐる回ります。 飛行機に乗っているときに体験された方もいるでしょう。 ただ、この指示はカナダで飛んでいる限りほとんど出ません。 [続きを読む]
  • パイロット?トラックドライバー?
  • 最近カーゴの仕事がよく入ります。 道路のつながっていない先住民の村に食料等を運ぶフライトです。 日本であればトラックがするような仕事です。 フライト自体は20分程度と短く、VFRなので、楽しいですが 何せ積み下ろしが大変です。 このくらいの距離だと、大体2800ポンド(約1250kg) くらい積めるのですが、それをすべて手で積み下ろし しないといけません。 もちろん手伝ってくれる人はいるのですが、 パイロットが飛行機内に [続きを読む]
  • 結婚式
  • 結婚式にお呼ばれしたので、先週末に行ってきました。 カナダでは初めての結婚式への参列でした。 全く想像もつかなかったので、友人知人に質問をして その日に備えましたが、行ってみたら、非常にあっさりしていて 拍子抜けしました。 インド人とドイツ人のクリスチャンカップルが カナダの教会で挙式という、もはやどこに焦点を合わせていいのか わからない状態でしたが、まあシンプルなクリスチャン式の 結婚式でした。 新郎新 [続きを読む]
  • 全村避難
  • フライトの予定のない日曜日が一本の電話で大きく変わりました。 ある村の全村避難のフライトが入るかもしれないから、 すぐに空港へ来て、とのこと。 マニトバ州には道路が通っていない村がいくつもあります。 冬季は凍った湖の上を走ることで車でも行ける場所も多いのですが、 夏は飛行機か船でしか行けません。 滑走路もそれほど長くない場所が多いので、大型の飛行機は離着陸 できません。 そんな村の一つの近隣で雷により森林 [続きを読む]
  • ドアが開いた????
  • お客さんに肩たたかれたシリーズ第2弾。 何事かと思ったら、 ドアが開いた!とのこと。 Beech99は与圧されていないので、吸い出される危険は 少ないとはいえ、ドアがもし本当に開いたら 一大事です。 すぐに安全に着陸できる場所へ向かわなければいけません。 ただ、この時はコックピットにある警告灯もついていませんでしたし、 後ろを振り返っても特に変わった様子もなく、 音も普段と変わらない様子でした。 キャプテン、僕とも [続きを読む]
  • コーヒー飲む?
  • ありがたい、ご親切はありがたいんですけど、 離陸直後はやめてください。 僕が飛ばしている飛行機はコックピットと客席の間に ドアがありません。 ということで、たまに飛行中に話しかけられます。 機内はすごくうるさいので、そうしょっちゅうあるわけではない とは思いますが。 先日、離陸直後に肩をたたかれたので、何事かと思ったら、 コーヒーいるか?と。 正直思いました。 今それを聞くか?と。 離陸から水平飛行に入るま [続きを読む]
  • 一番長い日
  • 昨日はこの会社に入って一番長く仕事をした一日でした。 パイロットは仕事ができる時間が法律で決まっています。 僕が仕事をしているエアタクシー(カナダでは703とも呼ばれます)の カテゴリーですと、一日に14時間を超える勤務は認められません。(いろいろ例外はあります) 昨日は1時間45分くらい離れたフリンフロンという場所へ 2往復しました。 それなら8時間もあれば終わるんじゃないの?と 思われるかもしれませんが、目的 [続きを読む]
  • ナイスタッチダウン
  • 最近満足のいくタッチダウンが増えてきました。 だいぶBeech99にも慣れてきたのかな、と思います。 ランディング(着陸)ではなくて、タッチダウンと書いたのは あくまで優しく降ろせるようになっただけで、狙った場所に 降ろせないことがあるからです。 空港で飛行機を見ていると大体みんな同じ位置で 接地しています。 今は性能面で余裕のある滑走路でしか離着陸をしていないので 問題ないですが、将来ぎりぎりの厳しいコンディ [続きを読む]
  • コックピットから見える風景
  • 今日はフライトタイムが9.6時間というえらく長い一日でした。 2人で飛ばしているとはいえ、オートパイロットなしで これだけ飛ばすとさすがに疲れます。 今日は貨物だけのレグがあり、気流もスムースだったので、 少し写真を取ってみました。 日の出です。とても美しい時間帯です。 次の2枚が僕がコックピットから見ている典型的な風景です。 はい、湖と森以外は何もありません。 どなたかがブログでmiddle of nowhere(へんぴ [続きを読む]
  • 黒いペンを持ってますか?
  • って言われたのかと思って、ポケットにさしてたペンを差し出したら すごい笑われた。 実はDo you have black pants? ようは黒いズボン持ってる?って聞きたかったみたい。 ペンとパンツまさかって思いますよね。 僕が働いている会社のチーフパイロットはオーストラリア人 なのですが、たまにこういうことが発生します。 オーストラリア英語はカナダ英語に慣れた僕には非常に 聞き取りにくいです。 よく、そんなに長いこといれば英 [続きを読む]
  • ひさびさにフライト
  • 休みと飛行機の都合もあって9日ぶりのフライトでした。 まだまだ経験が少ない中で、これだけ休むと 技術的になまっているなあと自分でも感じますし、 手順が抜けてしまったりすることもあります。 幸い、今は2人で飛行機を飛ばしているので、1人が何か忘れても もう1人がフォローできるので、問題にはなりません。 2人で飛ばす意味がここにあります。 ただ、そこに甘えずしっかりと定着させていけるように したいなと思っています [続きを読む]
  • GPS チェックライド
  • 先週、GPSチェックライドがありました。 テストやチェックばっかり、それがパイロットの生活です。 今回はGPS(カーナビみたいなものです)を計器飛行で 使用するためのお墨付きを得るためのチェックでした。 といっても、僕が飛ばしている飛行機は右席の計器には GPSの情報が表示されないので、真ん中にあるGPSの 扱いと、キャプテンがGPSアプローチをしているときにする 飛行機を飛ばす以外の業務を見られただけでした。 特に質 [続きを読む]
  • 北の湖で
  • インストラクター時代の元同僚とすれ違い。 今日は天候の影響で予定していた場所に降りられず、 近くの設備の整った空港へ到着地が変更になりました。 お客さんの到着を待っていたら、 他社のダッシュ8がやってきました。 中にはなんと元同僚がパイロットとして座っていました。 数か月前まではセスナで毎日すれ違っていましたが、 今こうして、大きな飛行機で同じことが起こると 感慨深いものがあります。 帰りはBeech 99 で初め [続きを読む]
  • MRJ@ウィニペグ
  • なんとなんとMRJ(ミツビシリージョナルジェット)がウィニペグに やってきました。 数日前の話ですが、今日、パリへ到着したとの発表があったので、 このブログを書きます。 その日は出勤日でしたが、フライトがなかったので、 ハンガーで他の仕事をしていたところ、キングエアが フライトから帰ってきました。 キングエアを飛ばしていた友人がANAがウィニペグにいたよ。 というので、最初はダイバートでもしたのかな?と思って [続きを読む]
  • マイクのテスト
  • マイクのテストをしたいとき、なんというでしょうか?(カラオケとか学校行事とかの時です) 日本だと僕の周りでは「あー」という人が多いと思うんですが、 英語が母語の人はほぼ間違いなく check, check, check, one two one two と言います。 なんででしょうか?テレビか映画の影響でしょうか? ---------------------------------------------------------- コックピットはうるさいので、隣にいる人ともマイクとヘッドフォンを [続きを読む]
  • クリアランスデリバリー
  • お客さんを乗せた二回目のフライトも前とは別のフィッシングロッジへ。 今度はさらに早い時間。 着いたその日からフルで釣りができるように こんなスケジュールのようです。 今回は何もないいいフライトでした。 僕の勤めている会社のベースは国際空港ではなく、 近く(エアタイムで6分くらいです)のローカル空港にあるのですが、 やはりお客さんにとっては国際空港のほうが都合がいいので、 (エアラインはすべてウィニペグイ [続きを読む]
  • お仕事
  • ようやく、というか、ついに、というか、今の会社に入って初めて お客さんを乗せたフライトに行ってきました。 テストには合格していますが、まだ実地訓練段階なので、トレーニング キャプテンとしか飛べません。 実際の運航の中でトレーニングでは学べなかったところを補って いきます。当然この段階までに飛行機を飛ばすことまでは できているわけですが、やはりお客さんを乗せると 飛行機を飛ばすこと以外でやることが多少変わ [続きを読む]
  • メディカルチェックのち真夏日=冷えたビール
  • 今年もメディカルチェックの季節がやってまいりました。 ウィニペグへ引っ越しはしたものの、今まで見てもらっていたドクターに 続けてみてもらったほうが何かと便利なので、スタインバックまで 行ってきました。 視力は眼鏡なしではかなりぎりぎりになってきましたが、それ以外は 問題なくクリアできました。 これでまた一年飛ぶことができます。 さて、昨日のウィニペグは33℃の真夏日(カナダに真夏日という概念が あるのかはわ [続きを読む]
  • ウィニペグの中の中国
  • チャイナタウンにあるスーパーマーケットに行ってみました。 お店に入ったら完全に外とは別世界。 中国語しか聞こえてきません。 売っているものも中国のものをはじめ、日本のものや韓国のものなど 東アジア製品ばかりでした。 日本でいう普通のサイズの人参(カナダのスーパーでは ベイビーキャロットが多い)、にら、にんにくの芽など、 カナダのチェーン店ではあまり見ることができない野菜も 売っていました。 こういうところ [続きを読む]