わたおやじ さん プロフィール

  •  
わたおやじさん: ジェフ24時
ハンドル名わたおやじ さん
ブログタイトルジェフ24時
ブログURLhttps://ameblo.jp/waoyaji16/
サイト紹介文ジェフユナイテッド市原・千葉の話題を中心にグチったり、喜んだり気ままに書いています
自由文ジェフユナイテッド市原・千葉についてがほぼ100%。たまに関係ない事も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/08/26 01:46

わたおやじ さんのブログ記事

  • 予想外 ージェフVS松本ー
  • このゲームのファーストシュートは松本でした。立ち上がりから優位にポゼッションしていたのは松本。要因はトップに入っていた高橋選手がターゲットマンとして機能し、ジェフはことごとく競り負けていたからだと思います。特にホームにおいては見慣れない光景がそこに有りました。しかし、ロングボールのカウンターから先制点を奪取したのはジェフでした。いつもとは真逆の展開。この先制点から攻めに積極的になったジェフに対し、 [続きを読む]
  • サイド勝負 ージェフVS松本PVー
  • ホーム連戦となる今節は松本戦です。松本は前節ホームにて熊本に1-0の勝利、得点は得意のセットプレーからでした。松本との通算対戦成績は3勝0分6敗、ホームでは2勝0分2敗。リーグ戦では2連敗中の相手です。前回対戦(アルウィン)では3-1の敗戦、田中選手+高崎選手×2にやられました。3-0となった70分過ぎに清武の得点で一矢報いるもそこまで。このゲームも松本のセットプレーにやられました。1点目は流れの中からでしたが、サイ [続きを読む]
  • 課題を残した勝利 ージェフVS岡山ー
  • 2連敗後のもう一つも負けられない状況の中、フクアリでは相性の良い、しかもここで勝利すれば上位に位置する相手を直接叩ける又とない対戦でした。前半は攻撃において消極的になっていました。バイタルでの仕掛けも少なく、誰も責任を取りたくないと言わんばかりのパスのオンパレードにため息交じりの応援となりました。この辺りが1つ目の課題。しかし、先制点が欲しいジェフは攻めに転じた際は最終ラインも押し上げをを図り、攻撃 [続きを読む]
  • 一戦集中のメンタリティ ージェフVS岡山PVー
  • 恒例の対戦成績、岡山編です。通算7勝2分6敗、ホーム5勝2分0敗。ジェフの対岡山は何と未だホームで負け無し。この“未だ”と言うのが今は不安材料かも。前回のアウェイ戦は1-2で敗戦となりました。前半ボムヨンの得点で先制するも、前半ATに追いつかれ、後半1失点でした。岡山は前節ホームにて大分と対戦し0-3の完敗。これでホーム2連敗、5試合勝利から遠のいていますが、再生工場ジェフとならないようにしたいところです。前節を [続きを読む]
  • 11年目のCS逃す
  • 読売ジャイアンツが10年続いたCS進出が遂に潰えた。お金にものを言わせあれだけの選手を抱えているにも関わらずである。野球はサッカーほどでは無いが、やはりチームスポーツ。チーム力は補完力、相乗力である。どんなに力の有る選手を揃えようと、そこが足りなければ勝って行くのは難しい。勿論、個の力で勝つゲームも有ろう。しかし、シーズンは長い。そこを勝ち抜くチーム力を上げられるか。どこか我がチームともかぶります。? [続きを読む]
  • 強化部も頭痛いだろう ージェフVS京都ー
  • 競り負けて2-0撃沈。ポゼッションで上回ろうが、シュート数で上回ろうが、ゴールに叩き込まなければ意味がない。決定力がこれほど無いでは勝負どころの騒ぎでは無い。ゴールチャンスで、まあ冷静さの無いこと。強化部もこれだけお金を掛けて勝てないでは、オーナー、スポンサーに何と申し開きするのか?しかも毎年毎年。強化部も頭痛いだろうな???もちろん、皮肉です。失速ユナイテッド????にほんブログ村 [続きを読む]
  • 主導権は握れるか ージェフVS京都PVー
  • 長崎戦では終了間際のワンプレーで失点し2-1の痛い敗戦となりました。PO進出のためにも絶対に無くてはならない闘争心の欠如は信じられない所でした。次もアウェイ戦となります。相手は京都。通算対戦成績は16勝7分9敗。アウェイ戦は6勝4分6敗。京都は勝ち点39で17位。ここ5試合0勝3分2敗と勝てていません。しかし、前節の首位湘南戦では0-0のドローとなったもののシュート数24対4と湘南のゴールをこじ開ける事は出来ませんでしたが [続きを読む]
  • ジェフがJ1に復帰出来ない理由
  • 今回は表題の件について、勝手な持論を書いていきます。永い間宿願を果たせずにいるのには病巣的な問題点があるのは明らかでしょう。しかも、プロが集まっても解決に至らないのは不思議でもあります。これは勿論私の勝手な持論ですから当たっているとか、いないの話では有りませんので悪しからず。先ず第一に、チームコンセプトが定まっていない。チームコンセプトが定まっていないために、毎年のように1からチーム造りをしなけれ [続きを読む]
  • 可能性はあるものの
  • 残り8節となりました。ここで今季のジェフ戦績を振り返ってみました。前期(1〜14節) 5勝6分3敗 勝率35.7% 平均勝点1.5中期(15〜28節) 7勝2分5敗 勝率50%  平均勝点1.6後期(28〜34節) 1勝2分4敗 勝率14.3% 平均勝点0.7通期 13勝8分13敗 勝率38.2% 平均勝点1.4最も勢いの有った中期ですら、勝率50%、平均勝点すら1.6に終わっています。34節を終了した時点で6位松本との勝点差は8となりました。その松本は平均勝点1 [続きを読む]
  • 闘争心欠如 ージェフVS長崎ー
  • 現在置かれて立場を考えた時、あまりにも闘争心を欠いたプレーが目立った。中盤に人数を掛けてくる長崎に対し、ロングボールで応戦するも、精度と次のプレーのアイデアを欠き淡白な攻撃に終始。ボールへのアプローチも遅れ、結果としてファールが多くなってしまう。開始早々の失点から全く反撃ま出来ず、前半のシュート数は結局ゼロで後半に。前半の先制からやや受け身に回った長崎に対しポゼッションを高めたが攻撃の形すら作れな [続きを読む]
  • 再現したいね ージェフVS長崎PVー
  • 苦手水戸との対戦を執念で勝利した次の対戦は長崎です。長崎とは通算で4勝4分3敗、アウェイで2勝1分2敗となっています。長崎とは五分の対戦ながら、7戦負け無しで来ています。直近対戦はフクアリで5-0で勝利したあのゲームです。この時は清武ハット、船山2発で長崎を粉砕。あと2点は取れるのではと感じられるほど圧倒的攻めを見せました。5月の対戦でしたので、あれから時は流れて4ヶ月。置かれた立場は天国と地獄。長崎は自動昇格 [続きを読む]
  • やはり8強は
  • 天皇杯8強が出そろいましたね。神戸、鹿島、柏、川崎、大宮、C大阪、横浜、磐田。結局残ったのは全てJ1チーム。つまらないと言えばつまらない。しかし、それだけJ1とそれ以外のチームの間にはハッキリとした力の差があると言う事。学生リーグや地域のアマチュアリーグは別としても、ここまでJ2が残れないのは日本のサッカー界に取って良いことでは無いと思う。少なくともJ1を脅かすJ2チームが常に存在してこそ底上げが図れると思い [続きを読む]
  • 執念 ージェフVS水戸ー
  • どちらが先制点を奪取してもおかしくない展開が前半から続きます。0.0で前半を終了かと思えた42分に混戦の中から移籍後初ゴールが矢田に生まれました。技術の高さを示した見事なボレーが水戸のネットを揺らします。前半はこのゴールで1-0のまま後半に。後半早い時間帯で追加点をもらい、今日は楽しんでゆったり観戦したいなと思っていたところ、これまた、為田が移籍後初ゴールをプレゼントしてくれました。どんどん前に仕掛けてか [続きを読む]
  • 基本と自信 ージェフVS水戸PVー
  • 前節群馬戦は最下位相手に覇気の無い酷いゲームをしてしまいました。ホームに戻っての次節の相手は難敵水戸です。水戸はジェフの攻略法を心得ていて、それを着実に遂行する能力を備えています。ジェフとしても水戸がどうしてくるからを分かっているのでしょうが、それを踏まえて対抗する能力に欠けているのでしょう。ポゼッションで上回り、シュート数でも上回る所迄は大概出来ています。問題は決定力。ここが上手く行くと大量点、 [続きを読む]
  • 最低 ージェフVS群馬ー
  • もう最低のゲームでした。圧倒的最下位の群馬に2-0の完敗。消火試合の様な覇気の無い戦いぶりに情けなさと怒りがふつふつと。こいつらに熱い応援は届かない。シュートの精度、ファールでしか止められない守備。お前らにはJ2で戦う資格すら無い。支配率65%。シュート数24対5。枠内11対2。コーナーキック15対1。どうやったら負けるんだ??又しても“初”与えての見事な敗戦??さよならプレーオフ??さよなら2017????にほんブ [続きを読む]
  • 苦手などとは ージェフVS群馬PVー 
  • 前節は6位ヴェルディにホームにて手痛いドローとなってしまいました。向かえる次節はアウェイ群馬戦です。群馬との通算成績は6勝3分3敗、アウェイでは3勝0分4敗です。ジェフは対戦成績以上に群馬を苦手としている印象があります。前回の対戦はホームでしたが1-1の引き分け。ジェフがやっと引き分けにしたゲームでした。昨季アウェイで対戦した時も群馬は降格争い真っ只中でした。そんな群馬に激しいプレスをかけられ、全く何も出来 [続きを読む]
  • 遠のくPO圏内 ージェフVS東京Vー
  • PO目前で連敗から又しても中位に沈んでしまったジェフはPO圏内の6位に位置する目下のターゲット東京Vをフクアリに迎えた重要な一戦でした。球際に素早く寄せてくるヴェルディに優位にゲームを進められたが前半0-0で凌ぎ後半に。後半に入り少しアグレッシブさが出てきたジェフが先にゲームを動かした。ゴール前の混戦からラリベイが蹴り込み劣勢をはね除けるゴールを奪います。しかし、ヴェルディのドウグラス選手にはボールが収ま [続きを読む]
  • 多彩対強力 ージェフVS東京VPVー
  • 失意の敗戦から1週間。今節の相手はヴェルディです。対戦成績は14勝8分10敗。ホームでは9勝4分3敗と圧倒しています。屈辱の岐阜戦から攻撃の主軸3選手が復帰し再出発となる重要なヴェルディ戦となります。いきなり先発となり、これもいきなり3失点したルイスを再度起用するのか?運動量では問題無いですが対人能力と折り返しの精度に不足を感じる溝渕に対し怪我から復帰した真希にサイドを託すのか。リーグ戦終盤に入り再出発と言 [続きを読む]
  • W杯出場決定(6大会連続)
  • 祝サッカー日本代表W杯出場?さすがに6大会連続ともなると初期の段階より盛り上がりに欠ける様な気がします。しかし、うれしいのは確か。今日のオーストラリア戦は完勝でした。前線からのプレスが終始オーストラリアを苦しめていた印象です。長友からの浅野の先制点がミルジサイドからだったのが少々残念でした。あらためて、日本代表ワールドカップ ロシア大会出場おめでとう??よくやった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Jリーグの誤審問題
  • 今に始まった話では無いが、Jリーグ戦において誤審が余りに多い。微妙な判定は兎も角として、現地で観戦し、目の前で起きた誤審は数知れず。誤審はそのまま正しいものとされ、真実は葬り去られる。応援するチームに有利な判定をされた事も当然あるが、それでも誤審は歓迎出来ない。一番の問題は選手或いはチームの技量を損ねてしまう危険があること。スポーツはどちらにも公平なルールの中で、互いに技術を高め合いながら戦ってい [続きを読む]
  • 優也とルイス
  • ルイスが岐阜戦でいきなりの先発となりました。岐阜戦ではジェフが自分達のサッカーをする事が出来ず、結果としてルイスのポテンシャルを確認出来ませんでした。そんな中で、フィードの正確性の一端を垣間見る事は出来たかなと思います。初出場としては岐阜の前線からのプレッシャーに慌てる事も無くプレー出来ていたのも良かったかなと。前にも少し触れていますが、優也の不足点はプレースピードと判断力、また、ここに来て最終ラ [続きを読む]
  • 底力ではなく実力が見えた ージェフVS岐阜ー
  • ジェフの攻撃の主軸3枚がいない事で底力を見せたかった。ジェフのやりたいこと、やらなければならないことの全てを岐阜にやられてのホーム敗戦。この衝撃は小さくない。1.5軍感満載の迫力不足。これでは厳しい混戦を勝ち抜いては行けない。動いてボールを貰う走りも出来ていない。逆に岐阜は出来ていた。トップにボールが収まらない。スペースを見つけてボールを受ける動きがない。ゴール前の嫌なところに入り込む動きがいない。や [続きを読む]
  • 底力を示せ ージェフVS岐阜PVー
  • 先ずは対戦成績からお復習い。通算成績10勝3分4敗、ホームでは6勝1分1敗。成績では圧倒しています。しかし問題は清武、ラリベイ、町田ら攻撃の中心が揃ってサスペンションとなっている事です。過去の戦績は参考にならない臨戦態勢となりました。岐阜は高い攻撃能力を持っているものの、最終ラインが少々不安定に思えます。本来ならそこを也真人がかき回し高い位置からショートカウンターで仕留めたいところでした。そうなると、也 [続きを読む]
  • GKルイス オヘーダ選手獲得に思う
  • ジェフは8月15日に5人目となるゴールキーパーを獲得しました。この時期に、そして5人目のゴールキーパーは少し驚きです。エスナイデル監督の推し進めるサッカーではGKの役割が極めて重要な事は周知の事実でしょう。J1昇格のためには今のメンバーでは不十分だとの判断だったと推察します。新加入のルイス選手に関する知識が無いので何とも言えませんが、今や正ゴールキーパーの座を固めていた優也にも、他の選手にも満足出来ない何 [続きを読む]
  • 敗者の死闘 ージェフVS山形ー
  • 負けたとはいえ首位湘南を相手に終始圧倒する高いパフォーマンスを示したジェフはアウェイ山形戦では同じチームとは思えない気持の見えない低調な出来だった。前半に決められた先制点は山形の山田選手を褒めるべきもので仕方なかった。問題はコイントスに勝って獲得した風上のコートの意味を理解していない選手が居たことだった。前半のうちから山形を圧倒しジェフのペースに持って行く。圧力をかけ先制点を奪う狙いが有ったはずだ [続きを読む]