風太 さん プロフィール

  •  
風太さん: 趣味の水耕栽培
ハンドル名風太 さん
ブログタイトル趣味の水耕栽培
ブログURLhttp://madremiatmt-2.blogspot.jp/
サイト紹介文ポールプランタや自動給水装置等の水耕栽培装置を自作しながら毎日の野菜作りをエンジョイしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/08/27 16:04

風太 さんのブログ記事

  • 実らない枝豆です。
  • 春に豊作となったグリーンピースに味を占めて、今年はトマト栽培予定の3槽を丹波黒豆6株にしました。思っていた程の豊作ではありませんでしたが収穫期を迎えました。実は多くないのですが美味しい枝豆でした。その中で一株だけ異様な株がありました。全く豆が出来ず葉が異常に茂っています。始めての枝豆栽培なので不思議に思い、グーグルさんに聞いてみました。結論は肥料のやりすぎ、かまいすぎとの事、そう言えば問題のこの株 [続きを読む]
  • この違いは何だろう?キューリ
  • 西側のキューリは最初に植えたものは全滅し2世代めも元気が無い。それに比べ、陽当たりの悪い裏庭のキューリは一世代目のまま元気一杯で毎朝収穫出来ます。今日は5本でした。この違いは何だろう?多分この夏の強烈な日射を防虫網が緩和しているのでは?と思います。さすがに日射の厳しい日中は写真の様に葉が元気が無くなっていますが、朝夕は元気一杯です。今年の様な熱射続く場合、キューリでも遮光対策が必要の様です。 [続きを読む]
  • ゴーヤ君は元気一杯です。
  • H30年度版ゴーヤカーテンが完成しました。今年は例年より葉の密度が高い下の部分は幾重にも葉が重なっています。西日がきつい午後3時の写真で、強い日差しでさすがに葉はやや萎れた感じです。右側は今年初めて栽培した朝顔ですが、もっと勢いよく成長するものと思っていましたが全くグリーンカーテンの役目を果たしていません、来年の夏は西側全てゴーヤにする事を考えています。 [続きを読む]
  • トマトの熱中症対策です。
  • この猛暑でトマトまでピンチとなって来ました。元気が無くなり萎れかけて来ました。元々トマトの原産地はアンデスの高地で暑さには弱い様です。HPを見ますと生育適温は25度までと書いていますのでこの猛暑で弱るのは当たりまえです。まだそんなに収穫していないのにこれで終わりになるのは非常に残念!!それでダメ元で透明シェードのカーテンを使用する事を思いつきました。遅きに失する感じがしますが様子を見てみます。 [続きを読む]
  • 我が家の水収支です。
  • ゴーヤの蔓が続々と2Fベランダに到着してきます。これ以上進めませんのでここで摘み取ります。もうすぐゴーヤカーテン平成30年度版が完成します。我が家の栽培装置の現状は以下の通りです。ホームハイポニカもどき以外は全てブクブク式エヤーは浄化槽用ポンプ1台で下記26台のブクブク式に供給しています。第一グループ:裏庭  ゴミバケツタンク1台に栽培装置18台繋がっています。   2*自動給水器―栽培槽5    [続きを読む]
  • トマトの初収穫です。
  • 昨年より1週間遅れの初収穫です。今年の種類はCF千果、プレミアムルビー、定番のフルティカです。今年も苗の管理に失敗しどれがどれか判りません!!!樹上で完熟したのをキュット冷やして食べるこの爽快さ!!自家栽培の特権ですね〜。何故か、トマトを肴に芋焼酎が進む風太くんでした。 [続きを読む]
  • 今夜はゴーヤチャンプルです。
  • 今年のゴーヤの初収穫です。我が家のゴーヤは6世代目です。毎年、秋口の終了間際に樹上で完熟したゴーヤから種を取り、翌年の桜が散った頃に種から苗を作ります。苗は何時もの通り、不織布で作った苗床に包んで作ります。毎年3株栽培しますが、不測の事態に備え6株程苗を作ります。ほゞ100%発芽しますので成長の良いものから3株厳選して定植、しばらくは予備の苗も育てておいて、頃会いをみて廃却します。既に蔓の先端は1 [続きを読む]
  • ゴーヤカーテン進捗度60%です。
  • 今年もゴーヤ君は元気です。立ち枯れ病に悩まされるキューリ、油断したら脇芽を次々と出し続ける行儀の悪いトマトをしり目にぐんぐんと上に伸びて行きます。よく見るとゴーヤの赤ちゃんが4個程ぶら下がっています。ゴーヤは受粉の量が種の量に比例し、大きくなりますその為に昆虫に任せず、雌花を見つけると人工授粉してやり網を捕まえ損ねた蔓をやさしく網に誘引してやります。リビングの窓の一面はもう緑のカーテンで日よけにな [続きを読む]
  • キューリを絞るという意味、キュウちゃん作り
  • 昨夜、キューリのキュウちゃんを作りました。水耕栽培で初めて植えたのはキューリでした。ビギナーズラックもあり大量に収穫出来て処分に困って始めたのはキュウちゃん作りでした。作り方をネットで調べた所、キューリの水分を取るのが秘訣の様でした。曰く、キッチンペーパーで拭きとる、絞る、中には袋にいれて洗濯機の脱水機能を使う等、意味不明の表現が氾濫していました。兎に角作ってみましたが、最初は脱水が不充分の為か、 [続きを読む]
  • 珍説!!キューリは生存競争が激しい???
  • 西側のキューリは現在3株+幼苗1株です。何故か各栽培槽1株づつ次々と立ち枯れして1栽培槽に1株だけになってしまいました。毎年この様な状況が続きます。西日が強くて水温が上がるのかもしれません。最近面倒になって栽培槽に日よけのカバーをしていないのが原因か?西日が当たらない裏庭のキューリは健在ですが矢張り栽培槽内の成長に優劣がでています。立ち枯れした栽培槽内を見ると、元気な方の根がエヤーストーンに絡まり [続きを読む]
  • 毎年発生!キューリの立ち枯れ病
  • 今年も西側のキューリ1株が立ち枯れ病となり撤去しました。昨年も丁度同じ所の栽培穴に定植した苗が立ち枯れました。スナップエンドウ撤収後、栽培槽をキッチンハイターで消毒しその上に日光に晒したはずですが、どこかにカビ菌が残っていたようです。予備の苗が無いので1期作目は5本立てとします。今の所、他の苗は元気一杯ですが、病気が広がらない様にと願うばかりです。 [続きを読む]
  • 陸に上がった水耕トマトの苗です。
  • 水耕栽培で余ったトマトの苗を玄関横に地植えしました。育苗時に発芽しなかったり、害虫にあったりした時の事を考え、余分に種植えしますが、今時の種子は発芽率はほゞ100%、不織布を使った育苗方法が良いのか、種子メーカーの品質管理が良いのか判りませんが、害虫被害に注意すれば、定数栽培でもOKですが矢張り余裕を見て定数17に対し20株を植えた所、見事に3株余りました。捨てるのも勿体ないので毎年余剰苗を植える [続きを読む]
  • 夜間パトロール実施中!!
  • 昨夜のパトロールの成果、ナメクジ3匹です。普段はこの倍以上退治します。梅雨のこの時期どこからともなく湧いてきます。先日、豆から双葉に変わる直前の所を見事に齧られたので夜間パトロールを開始しました。昼間、栽培槽の蓋の裏を覗いてみると、ナメクジが潜んでいるのを発見します。ナメクジ退治薬を使ってみようかな? [続きを読む]
  • 夏野菜の定植やっと完了!!
  • 最近、仏像彫刻という熱中できる趣味を始めた為に、庭仕事が、疎かになっており、今日やっと夏野菜の定植が完了しました。今年はブクブク式にトマト10株、黒枝豆12株、キューリ12株、ゴーヤ3株、ホームハイポニカもどきにトマト3株、スーパーホームハイポニカもどきに4株の陣容です。トマトは早くも2段目の花が咲き始めたので、トマトーンを使いました。加えて西側のブクブク式には始めてですが、朝顔4株を定植しました [続きを読む]
  • 豆類の発芽は過湿に注意!!
  • 写真は黒枝豆の発芽状態です。初めて栽培する種類で、実は最初の発芽に失敗しました。10粒仕込み1粒だけ発芽して残りは豆部が腐ってしまいました。スナップエンドウやグリンピースの発芽は失敗しなくなりましたが何時もと同じ種を一昼夜水に漬けてから不織布の苗床に挟み容器の底に1cm程水を入れて発芽を待ちましたが失敗でした。種の説明書をよく読むと過湿の場合、豆が腐敗する事があるとの注意書きがありました。スナップ [続きを読む]
  • 野菜工場の夏物転換作業中
  • スーパーホームハイポニカもどきの畑で待機中のトマト、キューリ、ゴーヤは本葉が開き、トマトは一部、花が咲き始めまして定植待ちの状態です。風太くんは最近、仏像彫刻を始めたので、そちらの方に気を取られて夏野菜準備がおろそかになっていました。慌てて準備しています。転換(工場用語では段取り替えと言います)準備は。1、栽培槽をキッチンハイターで綺麗に洗ってから日光消毒。2、栽培槽を載せている台の水平合わせ。水 [続きを読む]
  • ホームハイポニカもどきのメンテナンスです。
  • ホームハイポニカもどきのメンテナンスです。と言っても、栽培槽、タンク内部をキッチンハイターで綺麗に洗った後、日光消毒するだけです。水中ポンプは分解して中のローターが良く回るか?をチェックします。スナップエンドウ、エンドウ豆が収穫終盤で順番に撤収しています。これらを栽培していたブクブク式栽培装置はメンテ後トマト、キューリ、ゴーヤを定植します。ホームハイポニカもどきはこれらの夏野菜の2軍のグランドにな [続きを読む]
  • 無念の撤収!エンドウ豆
  • 鳥と青虫、うどん粉病にやられた西側のエンドウ豆を撤収しました。栽培槽の中の根はまだ半透明の薄茶色で元気一杯ですが、地上部は青虫とうどん粉病で、まともな葉は無くなっており、光合成が不可能、これ以上放置してもカラスの餌場、青虫も豆の部分に侵入し始めましたので、無念の撤収となりました。 [続きを読む]
  • 無農薬栽培は限界があるみたい?
  • 我が家の西側で栽培しているエンドウ豆の状況です。同時期に植えたスナップエンドウは収穫がつづいており、ほゞ終盤に差し掛かってます。エンドウ豆の方は生育時期がやや遅くこれから実が大きくなり収穫可能になりますが、写真の通り葉が青虫に完食されボロボロになって枯れてきています。このままでは光合成が出来ず実の成長が止まってしまいます。住宅街のせいか、天敵の蜂類が少なく青虫の天下です。エンドウ豆自体に侵食されな [続きを読む]
  • 少し遅めの入園式です。
  • トマトの苗の根が10cmの長さの不織布よりはみ出てきました。本来なら苗床から根がはみ出る様になれば定植可能なのですが、定植する予定の栽培装置はスナップエンドウの収穫が真っ盛りで開くまであと1か月ほど掛かりますそこで、何時もの様にスーパーホームハイポニカもどきに仮定植です。 [続きを読む]
  • トマトの苗が順調に育っています。
  • トマト苗が元気に育ってきました。夏日の日差しを受けて、緑色の元気な双葉が開きました。中心には本葉の芽が出始めています。ホームセンターでは花の咲き始めた様な各種トマトの苗が売られていますが、風太くんはホームセンターで出始めた頃に種植えをすることにしています。このタイミングが経験的に良いと判断します。左の苗はゴーヤです。種が弾けた様な双葉から本葉が顔を出しています。市販の苗の土を洗い流し、水耕栽培用に [続きを読む]
  • 久しぶりの肥料の小分け作業です。
  • 大塚2号が無くなって来たので注文しました。10kg入りが5000円チョイ、私の使用料からほゞ1年半年持ちます。今のネット販売の価格競争は熾烈ですね。今まで購入した所よりわずか54円安いサイトを見つけたので迷わず注文しました。大塚2号は非常に吸湿性が高く放置していると瞬く間に液化しますので、料理用秤を使って400grに小分けして密封します。始めて小分けした7年前はジップロックが高かったので100均の [続きを読む]