ダメおやじ999 さん プロフィール

  •  
ダメおやじ999さん: 間質性肺炎との日々
ハンドル名ダメおやじ999 さん
ブログタイトル間質性肺炎との日々
ブログURLhttp://dameoyaji92.blog.fc2.com/
サイト紹介文平成23年11月、間質性肺炎に罹っていることがわかりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 55日(平均1.3回/週) - 参加 2013/08/28 13:20

ダメおやじ999 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 5年生存率66%と5年生存率50%
  • 間もなく、手術をしてから1か月が経ちます。この間、病院に行き、抜糸と今後の治療の説明がありました。手術時に切除した癌の細胞診断も出て、気管支鏡検査の時と同じで扁平上皮癌でステージ1Bでした。ステージ1Bの場合は、UFTと言われる抗がん剤治療を行いますが扁平上皮癌の場合、UFTによる効果が期待できないので定期的な経過観察になることになりました。間質性肺炎についても、手術の時に病変部を採取し細胞診断を [続きを読む]
  • 退院しました。
  • 9日間の入院生活も終わり、無事、退院しました。医療の進歩が、身にしみるほど。自分なりに理解の出来た入院経験でした。胸につけてあったドレーンを除去した時に縫合した糸の抜糸は外来で行うみたいです。この部分は、縫合してから2週間は必要だからです。呼吸状態も良く、SPO2も97%以上だし、リンパ節を取らなかったため、声枯れも無く手術で痩せることもなかったので一件見た限りでは、「本当に手術したの?」って感じ [続きを読む]
  • あともうちょい
  • あともうちょいで退院です。昨日はシャワー浴びてすっきり気分になり、痛み止めの薬のおかげで手術をした箇所の何とも言えない違和感からも解放されています。間質性肺炎の人が肺がんになり、手術そのものにもリスクが伴います。ある意味、命をかけての判断でした。術後の急性増悪は、これでゼロになったわけではありません。今日も、マッタリと病室で1日を過ごします。 [続きを読む]
  • 手術も無事に終わり
  • 肺がんの手術も無事に終わりました。今回は胸腔鏡手術でしたが、術後の後遺症を減らす為に胸にドレーンをつけられて二日間は何もできない状態でベッドに寝かされていました。今はドレーンもはずされ自由になりましたが、ドレーンをつけていた時は呼吸が苦しかった。リハビリを兼ねて売店まで行ったら息切れを起こしてしまい、やっとの思いで病室に戻ってきました。 [続きを読む]
  • 入院前日
  • 入院前日です。支度も終わり、あとは風呂に入るだけです。入院・手術そのものは、これで7回目になります。先天性の疾患もあったので・・・・・過去の入院歴は、子供の頃だったので、格段に違うでしょうね。手術そのものが違いますから。ま〜、1週間程の出張という感覚で病院行くことにします。間質性肺炎という厄介な病気持ちですがリスクがあることも承知しての手術です。今までの手術の中で一番リスクが高い手術であることも・ [続きを読む]
  • 1週間をきりました。
  • 入院まで1週間をきりました。入院の準備というよりも、仕事の方で私が不在になるのでそちらの業務であたふたしています。健康な肺であれば、不安なく手術を受けるのですが間質性肺炎という病気をかかえての手術はリスクが高いので、「心中穏やかならず」が本音です。 [続きを読む]
  • 週も明けて・・・
  • 先週の金曜日、正式に入院日と手術日が決まり、今は、呼吸リハビリに励んでいます。肺切除をしたあと、肺活量が減るので浅く呼吸することが多くなり術後の合併症につながるので今から呼吸リハビリをして、胸やお腹の筋肉を鍛えるっと言う訳です。リハビリの道具を使って、一日5回のリハビリをしなければなりません。もちろん、禁煙もしています。 [続きを読む]
  • 呼吸器外科
  • 今日は、呼吸器外科で診察でした。診断は同じで、扁平上皮がんでした。手術による切除で、間質性肺炎もあるので部分切除になりました。できるだけ肺を温存した方が良いとの見解です。間質性肺炎の細胞採取もできるので間質性肺炎の病理診断も行なう見たいです。ただ、間質性肺炎の急性増悪のリスクはあるので要注意です。来月の初めに入院、手術となりました。 [続きを読む]
  • 検査結果。。。やっぱり。。。。
  • 本日、病院に行き検査結果を聞きました。検査の結果、肺がんで種類は扁平上皮がん、ステージ1Bでした。肺がんの場合、ステージ1は手術が第1選択肢になります。医師から、臨床試験で間質性肺炎の薬でもあるピレスパを2か月ほど投薬し、その後に手術をしたいという話がありました。間質性肺炎の患者が、肺がんで手術を行うと術中又は術後に急性増悪を引き起こすので、そのリスクを低減するためにピレスパで間質性肺炎の線維化を [続きを読む]
  • 投稿再開です。実に2年半近くたちました〜〜〜
  • 約2年半ぶりの投稿になります。この間、私の特発性間質性肺炎も停滞期にまま、推移し睡眠時無呼吸は、相変わらずの状態ですがCPAPを装着して寝ています。今年の5月に間質性肺炎の状態を見るために低線量肺がんCT検査を受けました。これはほぼ1年毎に受けています。CT画像もCDに書き込んでくれるので自分のパソコンからも見る事が出来ます。今年もCT検査を受け、CT画像を書き込んだCDももらいパソコンで見たら、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …