まきりん さん プロフィール

  •  
まきりんさん: W王子は今日も炬燵で行き倒れ
ハンドル名まきりん さん
ブログタイトルW王子は今日も炬燵で行き倒れ
ブログURLhttps://ameblo.jp/novia-jyosi100/
サイト紹介文短大生の長女と高1の双子男児の母です。そして滝沢村でのびあという超零細企業もしている人のブログです。
自由文地元の学校を卒業して,美貌で(ということにしてある)化粧品会社に入社,21年働きました。45才で独立し,のびあという女性向けの企画会社を作りました。
その間,結婚し,長女と双子男子の母になりました。
最近は,自分のローガンと親の介護もちょっぴり気になるお年頃。
趣味はカラオケ,十八番は「ああ無情」という典型的なバブル女子です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/08/29 23:08

まきりん さんのブログ記事

  • 「幼馴染」との恋愛成就っていうのは一種の願望かも
  • また「半分、青い」ネタで恐縮ですが冒頭だけだから。これ、なんだかんだありつつもラストは、同じ病院で5分早く生まれた幼馴染との恋愛成就の物語でもあるのよね。そこで、思い出したのがそういえば、私にも幼馴染がいたなあということ。家の近所に住んでいた、同学年の男の子でター坊と呼んでいた。が、本名は忘れてしまった。たしか、妹の名前が、ミホちゃんだったような、、 ター坊と私は、別の幼稚園だったけれどよく遊んだ [続きを読む]
  • 結局、脚本家先生にまんまと嵌められた「半分、青い」
  • 何かと物議をかもしたNHK朝ドラ「半分、青い」が終わった。 朝ドラフリークの私、今回のドラマひとことでいうなら、つまんなかった どのぐらいつまんなかったかというと「とと姉ちゃん」と同じぐらい。よく、つまらなかった朝ドラの例として「純と愛」「まれ」「とと姉ちゃん」が出てくるのだけれど私は「純と愛」「まれ」はそこそこ楽しめたクチなのだ。少なくとも「純と愛」のホテル編は頑張る主人公の王道をいくものだった [続きを読む]
  • そもそも、貴乃花って被害者だったはずじゃない?
  • 貴乃花親方の相撲協会の引退届。そのニュースを見た時から、「なんだか腑に落ちないなあ」という違和感があったのだ。今日、ワイドナショーを見ながら違和感の正体がはっきりしたのだが「そもそも、貴乃花って被害者だったじゃん」ということなのだ。事の発端となった事件は 2017年10/28 日馬富士から貴ノ岩が暴行を受ける この問題を、相撲協会に届けずに警察へ届けたことから始まっているはずだ。 なのに、事件から10か月後に [続きを読む]
  • 「千秋楽」というのは、楽しいなかにもちょっと淋しいものなのね。
  • この9月、大衆演劇にハマったというのは先日のブログで書いた通り。https://ameblo.jp/novia-jyosi100/entry-12407523179.html 予定では、2回で終わりにするはずだったのだ。 が、「9/28で岩手は千秋楽です」と聞いたとたんなんとか無茶してでも行きたくなったのだ。 まさかのひと月に3回見に行く。。というもうおバカといっていただいて結構ですわ。 というわけで、お友達のSさんと(Sさんも休みをとった)またまた鴬宿温泉 [続きを読む]
  • 2018年9月、突如として大衆演劇にハマる。
  • 正確には、突如として、ハマったわけではないのです。調べてみたら2009年〜2010年にハマったことがあります。前職の化粧品会社を退職し、翌年、地区の女性部長なるものをお引き受けし女性部主催「観劇ツアー」を私、企画しているのです。この時、なぜ突然、大衆演劇を見ようとしたのか全く記憶がないのですがたぶんテレビか何かで見たのかな・・?2009年に、秋田県小坂町にある常設の芝居小屋「康楽館」にバスツアー。 で、翌年 [続きを読む]
  • 長男の置き土産
  • お盆に帰省できなかった長男が10日間帰省した。といっても、そのうち、家でご飯食べたのは5日ぐらいか? ふだん、1日1000円生活の長男にあれもこれも食わせたいと、私でなく、料理好きのKSBBAこと母が張り切った。 1日目 定番「鶏のからあげ」 ?日目 写真切れてるけど旬のサンマです 寒いとは思ったが、滝沢スイカも食わせた帰る前日は寿司、長野県は海ナシ県だ〜。 そして、帰る日は朝から、カツカレーどこぞの大盛 [続きを読む]
  • 「作り手の中の熱い想いを、どうやって相手に伝えるのか」かー。
  • いやー、昨日のNHK「プロフェッショナル」は良かった。内容は「プロフェッショナル子ども大学」と称して過去にこの番組に出演したプロフェッショナルが講師を勤める・・・というもの。 昨日の講師は湖池屋社長の佐藤章さん。60人のなかから8人のこどもたちを選別し、1か月、商品開発を指導するというものだった。いちばん最初に、60人の子どもたちがアイデアを発表した時に「情報が多すぎて、ほんとに自分が作りたいものでな [続きを読む]
  • 家族全員で飯をくうことの難しさ
  • 長男が帰省したのは、たしか9/7今日で1週間になるのか。。。日曜日には長野へ戻るという長男には食わせたいものがたくさんあった。からあげ滝沢スイカ秋のサンマ冷麺カレーライスそう思っていたのだがこの男、家で夕飯を食ったのはたぶん3日??? てなわけで、カレーライスは食わせれないまま、戻る見込みだ。先週の土曜日は某所でアパート暮らしをする長女も呼んで「久々に、家族全員揃うなあ」と思っていたら旦那が「その日は [続きを読む]
  • 無理やり感が否めないけど「この夏、ハマった三大〇〇」シリーズ
  • 昨日、おとといの「〜ヤバイ勧誘三大トーク」があまりにも面白かったのでちょいとこのテのを続けようと思ったのだが良いのが思い浮かばなかったわ。ザンネン・・・。 それでも、何か3つに拘りたいわたくし。というわけで「この夏、マキリンがはまったもの三大」を書きたいと思う。が、ヤバイ勧誘トークに比べて、インパクトがかなり薄めなことは否めない。はまった食べ物 「夕顔」 昨年もハマったような気がするのだが産直とか、 [続きを読む]
  • 他にもあるぞ、ヤバい勧誘三大トーク
  • 昨日のブログで、いわゆるマルチ商法の勧誘三大トークは「夢」「仲間」「南の島」だと書いたところ、他にもいろいろなヤバイ三大トークがあるのだと教えてくれた方がいた。そして学生を狙う勧誘には儲け話の他に、新興宗教もあるそうだ。そちらの勧誘トークは?というと「祈れば願い・夢が叶う」「ボランティアをしよう」「世界の人について考える勉強会にでない?」 というものがあるらしい。私自体は無信仰だけど信仰を否定して [続きを読む]
  • マキリン、長男を諭す「ヤバイ商売の3条件」
  • お盆に帰省しなかった長男が帰ってきた。大学3年次から編入した長男は編入前に取得した単位の持越しが限定されるため「単位取得で忙しい」はずがサッカーからフットサルに、こちらも編入し週2〜3回、ガチ練習+大会で忙しいらしい。 ま、そんなんで、通常の3年生がインターンシップですでにシュ−カツへ勤しんでいるなか「フットサルで春から7キロやせた」とデブ脱却を喜んでいた。 そんななか、「これってどうなの?」と長男から [続きを読む]
  • 喉元過ぎればロバート・ゲラー教授
  • 台風21号が行ったと思ったら、北海道で震度7の大地震である。しかも、北海道全戸が停電になるというブラックアウトを起こした。北海道って、東北6県と北関東3県を足したぐらいの面積だったと思う。たとえば、岩手で地震が起こって、東北と北関東まで全部停電するなんてありえないと思うのだが北海道の1/2の電力を担っている火力発電所が停止し、その分の負荷が一気に道内の他の発電所にいかないよう自動停止したらしい。はじめて [続きを読む]
  • 「更年期」ってもっともっとオープンに語れるようにならなきゃね
  • さて、㈱のびあ、9年目に入って最初のお仕事は「大人のおけいこクラブ〜気になる更年期」でございました。「おけいこクラブ」は女性限定の会で、2011年の10/23に第い回目を開催。なんだかんだで今回は39回目でございます。これまでも過去2回、「女性ホルモン」をテーマにして開催してきましたが今回は対象をぐぐっと絞ってテーマは「更年期」39才からアラカンの方まで参加していただきました。 この更年期というのは閉経を境にし [続きを読む]
  • 9年目の女子力〜今日で㈱のびあは9年目に突入〜
  • おかげさまで、㈱のびあは今日から9年目に入りました。 「女子力は企業を救う、街を救う」を看板に掲げ45才で起業してから丸8年。 当時、中高校生だった3人の子どもたちも社会人2人、大学生1人となり私は、なんと53才になっていました。起業する前、お世話になった起業塾のD先生からは「ひょっとしたら化けるかも」とほのかな期待を受けつつも、いまだ化けないで超零細企業のままですがとにもかくにも、こうして継続できている [続きを読む]
  • プレゼン力に長けた子どもたちだけになりそうで嫌だなあ〜という話
  • 自分んちに小学生がいなくなると、とたんに疎くなってしまう。昨日だったかな?新聞に「2020年より小学校でプログラミングが必修になる」という記事を見て「へ〜」と思った私。英語教育が変わるとか、大学受験の内容も要は応用問題的な「暗記じゃなくて考える」ものに変るという話は聞いていたけどこの件知らなかった。新聞には、「先生方も初めて、それをどう教えればいいか」という教師の苦悩が書いてあった。 英語にダンスに今 [続きを読む]
  • 「平成最後の百姓一揆」を応援するとも。
  • いやー、今年の決勝戦はおもしろいことになった。ツイッターでは雑草軍団VS野球のエリート集団とか平成最後の百姓一揆とかいろいろいわれているけどみんな 「下剋上」が好きなんだろうね。 秋田県の盛り上がりはハンパないらしくテレビの視聴率が50%越え、最高視聴率は60%越えたというからスゴイよね〜。 なんだろうなあ。子どもがやるスポーツで、サッカーが野球を上回ったとはいえ老若男女ともケンミンあげて夢中になるっ [続きを読む]
  • サマータイム導入の意味がまったくわからないという話
  • 先週あたりかな?サマータイムに賛成か、反対か?という話題がお昼のワイドショーでもとりあげらている。 猛暑で、「こんな暑い時に2020年の五輪のマラソンさせるのか〜」って話からまた蒸し返されてきたサマータイム。 NHKの世論調査では51%が賛成って出たらしいけどこれ、ほんとなのかな?と思う。単純に、「15時で仕事やめていいんだよね〜」って話じゃなくて日本全国、時計の針を2時間すすめましょって話だよね。海外旅行 [続きを読む]
  • 20才、2才児にほめられる
  • 2才児ちゃんが20才の息子を褒めてくれたそうだ。 「てんてー、(先生)、トンボとって」「いいよ〜」と、その時、頭に被ってた帽子を、さっーと空に放ってみたら偶然、1匹のトンボが帽子に入ってたんだって。「はい」と渡したらその子は、すごく喜んでくれたんだって。で、その日の夜、お母さんに「トンボをつかまえたてんてーはすごくかっこ良かった」って話してくれたんだって。 身長170?もないうちの次男坊だけど2才児か [続きを読む]
  • お盆っていうのはやはり「命をつなぐ」ことを考えてみたりするよね
  • いわゆるお盆休みも今日でおしまい。お盆最大の行事といえば私の場合、13日のお墓参り4か所。2か所めの母の実家では毎年、大宴会が開かれる。3家4世代が揃い、今年は24人かな?最年少は生後10か月の赤ちゃんで、最高齢は85才の私の伯母。 ちなみにこれは去年の写真ほとんど同じ構図だわ。 ▲座る位置もなんとなく決まっていて、20代の若者チームは写真の手前におります〜。母の実家では、いま、孫ラッシュで昨年、お腹のなかに [続きを読む]
  • 初ねぶたでびっくりしたこと
  • 先週土曜日に初めて、ねぶた祭りに行ってきた。今回、参加したのは、バスツアー。実は私、ちょいと目の調子が良くなく、最近、夜間ひきこもりになっていたのだがこの日、夫スナフキンの誕生日なんで心優しい妻は同行したわけですわ。 まず、一行がおろされたのはアスパム。ここに、ねぶたの車庫?があり、20台はあるのかなあ?HP見たら、「ラッセランド」って書いてあったけど、誰かそんな風に呼んでたかしらね?今回のねぶた祭 [続きを読む]
  • 同じ待つなら家庭画報のある病院がお好き
  • 本当は、土曜日に行った初ねぶたの話を書こうと思っていたのだが、予定変更して、今日行った皮膚科のお話。かれこれ、1か月ぐらいは前になるのだろうか?両方のほお骨に、ほくろらしきものが出来た。右にも3か所、左にも3か所。そして、なんだか少しずつ、盛り上がってきているような気がした。ほくろが盛り上がるってちっとも嬉しくない。皮膚がんとは思わなかったけどあまりに進行が早いような気がして、皮膚科に行ってきた。夏 [続きを読む]
  • ダメ男に惚れるその理由に驚いたという話
  • 台風一過なのか、今日もまた猛暑である。暑さは、思考回路を停止させる。なので、最近の読書といえばストーリーがある小説ではなくわかりやすいエッセイばかり読んでいる。そのなかで、へーとびっくりしたのがNHKの顔だった有働由美子アナのエッセイ。全編通して、「あさイチ」を見てきた視聴者の有働像を決して裏切らない内容になっているのだけど驚いたのは好みの男に関するくだりだ。有働アナは、いわゆる「だめんず」好き [続きを読む]
  • 無趣味な女が唯一無心になれるもの
  • 先日、久々にお会いしたNさんとお茶しながら「私たちには趣味がない」という話になった。趣味って要するに「好きでやっている」ものでしょ?これをやっていれば時間を忘れるとか無心になれるとか寝るのを惜しんでもやりたいとかなんとかかんとかないんだよなーーーー。いちおう、「5時からアイドル」なので「カラオケ」ということになっているけど私の場合、無性に歌いたい時期とそうでない時期があり読書も同じ。だいたい、同 [続きを読む]