宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 平成30年(2018年) 宅建試験の感想と合格ライン ボーダー予想
  • 今年の宅建士の試験も無事終わり、当ブログでも全50問解説を書き上げました。 そこで、恐れ多いですが、わたしが感じた今年の宅建試験について、感想と合格ラインとなるボーダーを予想して見たいと思います。ランキングに参加しています。当ブログへの応援 よろしくお願いします↓↓↓↓1.権利関係今年の権利関係ですが、全体として昨年に比べ、易しいと思いました。基本論点はそんなに変わらないのですが、視点を変えさせ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問50 建物に関する知識 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問50 建物に関する知識 問題建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。鉄筋 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問49 土地に関する知識 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問49 土地に関する知識 問題土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。山麓の地形の中で、地すべりによってできた地形は一見なだらかで、水はけもよく、住宅地として好適のように見えるが、末端の急斜面部等は斜面崩壊の危険度が高い。台地の上の浅い谷は、豪雨時には一時的に浸水することがあり、現地に入っても気付かないことが多いが、住宅地としては注意を要する [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問48 統計 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問48 統計 問題次の記述のうち、正しいものはどれか。建築着工統計(平成30年1月公表)によれば、平成29年の新設住宅着工戸数は前年比0.3%の増加だったが、新設住宅のうち、分譲住宅の着工戸数は前年比1.9%の減少となった。平成28年度法人企業統計年報(平成29年9月公表)によれば、平成28年度における全産業の売上高は前年度に比べ1.7%増加したが、不動産業の売上高は9.1%減 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問47 景品表示法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問47 景品表示法 問題宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。新築分譲住宅について、価格Aで販売を開始してから3か月以上経過したため、価格Aから価格Bに値下げをすることとし、価格Aと価格Bを併記して、値下げをした旨を表示する場合、値下げ金 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問45 住宅瑕疵担保履行法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問45 住宅瑕疵担保履行法 問題特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づく住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。宅地建物取引業者は、自ら売主として新築住宅を販売する場合及び新築住宅の売買の媒介をする場合において、住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問44 宅建業法(保証協会) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問44 宅建業法(保証協会) 問題宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)の社員である宅地建物取引業者Aに関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。Aは、保証協会の社員の地位を失った場合、Aとの宅地建物取引業に関する取引により生じた債権に関し権利を有する者に対し、6月以内に申し出るべき旨の公告をしなけ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問43 宅建業法(営業保証金) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問43 宅建業法(営業保証金) 問題宅地建物取引業法に規定する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。宅地建物取引業者は、免許を受けた日から3月以内に営業保証金を供託した旨の届出を行わなかったことにより国土交通大臣又は都道府県知事の催告を受けた場合、当該催告が到達した日から1月以内に届出をしないときは、免許を取り消されることがある。宅地建物取 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問41 宅建業法(免許の要否) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問41 宅建業法(業者免許) 問題次の記述のうち、宅地建物取引業の免許を要する業務が含まれるものはどれか。A社は、所有する土地を10区画にほぼ均等に区分けしたうえで、それぞれの区画に戸建住宅を建築し、複数の者に貸し付けた。B社は、所有するビルの一部にコンビニエンスストアや食堂など複数のテナントの出店を募集し、その募集広告を自社のホームページに掲載したほか、多 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問40 宅建業法(業務上の規制) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問40 宅建業法(業務上の規制) 問題宅地建物取引業者Aが行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。ア. Aは、自ら売主として、建物の売買契約を締結するに際し、買主が手付金を持ち合わせていなかったため手付金の分割払いを提案し、買主はこれに応じた。イ. Aは、建物の販売に際し、勧誘の相手方から値引きの要求があったため、広 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問39 宅建業法(重要事項説明) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問39 宅建業法(重要事項説明) 問題宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行う場合における宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、特に断りのない限り、当該建物を借りようとする者は宅地建物取引業者ではないものとする。当該建物を借りようとする者が宅地建物取引業者であ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問36 宅建業法(免許) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問36 宅建業法(免許) 問題宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。宅地建物取引業者Aが免許の更新の申請を行った場合において、免許の有効期間の満了の日までにその申請について処分がなされないときは、Aの従前の免許は、有効期間の満了によりその効力を失う。甲県に事務所 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題宅地建物取引業者Aは、Bから、Bが所有し居住している甲住宅の売却について媒介の依頼を受けた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。Aが甲住宅について、法第34条の2第1項第4号に規定する建物状況調査の制度概要を紹介し、Bが同調査を実施する者のあ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題宅地建物取引業者Aは、Bから、Bが所有し居住している甲住宅の売却について媒介の依頼を受けた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。Aが甲住宅について、法第34条の2第1項第4号に規定する建物状況調査の制度概要を紹介し、Bが同調査を実施する者のあ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問29 宅建業法(8つの制限) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問29 宅建業法(8つの制限) 問題Aは、Bとの間で、Aが所有する建物を代金2,000万円で売却する売買契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しないものはどれか。A及びBがともに宅地建物取引業者である場合において、Aは、本件契約の成立後、法第37条の [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問28 宅建業法(業者間取引) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問28 宅建業法(業者間取引) 問題次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア. 宅地建物取引業者が、買主として、造成工事完了前の宅地の売買契約を締結しようとする場合、売主が当該造成工事に関し必要な都市計画法第29条第1項の許可を申請中であっても、当該売買契約を締結することができる。イ. 宅地 [続きを読む]