宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題宅地建物取引業者Aは、Bから、Bが所有し居住している甲住宅の売却について媒介の依頼を受けた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。Aが甲住宅について、法第34条の2第1項第4号に規定する建物状況調査の制度概要を紹介し、Bが同調査を実施する者のあ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問33 宅建業法(媒介契約) 問題宅地建物取引業者Aは、Bから、Bが所有し居住している甲住宅の売却について媒介の依頼を受けた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。Aが甲住宅について、法第34条の2第1項第4号に規定する建物状況調査の制度概要を紹介し、Bが同調査を実施する者のあ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問29 宅建業法(8つの制限) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問29 宅建業法(8つの制限) 問題Aは、Bとの間で、Aが所有する建物を代金2,000万円で売却する売買契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しないものはどれか。A及びBがともに宅地建物取引業者である場合において、Aは、本件契約の成立後、法第37条の [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問28 宅建業法(業者間取引) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問28 宅建業法(業者間取引) 問題次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア. 宅地建物取引業者が、買主として、造成工事完了前の宅地の売買契約を締結しようとする場合、売主が当該造成工事に関し必要な都市計画法第29条第1項の許可を申請中であっても、当該売買契約を締結することができる。イ. 宅地 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問27 宅建業法(建物状況調査) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問27 宅建業法(建物状況調査) 問題宅地建物取引業者Aは、Bが所有し、居住している甲住宅の売却の媒介を、また、宅地建物取引業者Cは、Dから既存住宅の購入の媒介を依頼され、それぞれ媒介契約を締結した。その後、B及びDは、それぞれA及びCの媒介により、甲住宅の売買契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した。この場合における次の記述のうち、宅地建 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問26 宅建業法(広告規制) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問26 宅建業法(広告規制) 問題宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。宅地の売買に関する広告をインターネットで行った場合において、当該宅地の売買契約成立後に継続して広告を掲載していたとしても、当該広告の掲載を始めた時点で当該宅地に関する売買契約が成立してい [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問25 不動産鑑定評価基準 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問25 不動産鑑定評価基準 問題不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、正しいものはどれか。不動産の価格は、その不動産の効用が最高度に発揮される可能性に最も富む使用を前提として把握される価格を標準として形成されるが、これを最有効使用の原則という。収益還元法は、賃貸用不動産又は賃貸以外の事業の用に供する不動産の価格を求める場合に特 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問24 不動産取得税 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問24 不動産取得税 問題不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。不動産取得税は、不動産の取得があった日の翌日から起算して3月以内に当該不動産が所在する都道府県に申告納付しなければならない。不動産取得税は不動産の取得に対して課される税であるので、家屋を改築したことにより当該家屋の価格が増加したとしても、新たな不動産の取得とはみなされないため [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問23 登録免許税 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問23 登録免許税 問題住宅用家屋の所有権の移転登記に係る登録免許税の税率の軽減措置に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。個人が他の個人と共有で住宅用の家屋を購入した場合、当該個人は、その住宅用の家屋の所有権の移転登記について、床面積に自己が有する共有持分の割合を乗じたものが50?以上でなければ、この税率の軽減措置の適用を受けることができない。この税率 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問22 農地法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問22 農地法 問題農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。市街化区域内の農地を宅地とする目的で権利を取得する場合は、あらかじめ農業委員会に届出をすれば法第5条の許可は不要である。遺産分割により農地を取得することとなった場合、法第3条第1項の許可を受ける必要がある。法第2条第3項の農地所有適格法人の要件を満たし [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問21 土地区画整理法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問21 土地区画整理法 問題土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。土地区画整理事業とは、公共施設の整備改善及び宅地の利用の増進を図るため、土地区画整理法で定めるところに従って行われる、都市計画区域内及び都市計画区域外の土地の区画形質の変更に関する事業をいう。土地区画整理組合の設立の認可の公告があった日以後、換地処分の公告がある日までは、 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問20 宅地造成等規制法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問20 宅地造成等規制法 問題宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。宅地造成工事規制区域内において、過去に宅地造成に関する工事が行われ現在は造成主とは異なる者がその工事が行われた宅地を所有している場合、当該 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問19 建築基準法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問19 建築基準法 問題建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。田園住居地域内においては、建築物の高さは、一定の場合を除き、10m又は12mのうち当該地域に関する都市計画において定められた建築物の高さの限度を超えてはならない。一の敷地で、その敷地面積の40%が第二種低層住居専用地域に、60%が第一種中高層住居専 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問18 建築基準法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問18 建築基準法 問題建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。建築物の高さ31m以下の部分にある全ての階には、非常用の進入口を設けなければならない。防火地域内にある3階建ての木造の建築物を増築する場合、その増築に係る部分の床面積の合計が10?以内であれば、その工事が完了した際に、建築主事又は指定確認検査機関の完了検査を受ける必要はない。4階建て [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問16 都市計画法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問16 都市計画法 問題都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。田園住居地域内の農地の区域内において、土地の形質の変更を行おうとする者は、一定の場合を除き、市町村長の許可を受けなければならない。風致地区内における建築物の建築については、一定の基準に従い、地方公共団体の条例で、都市の風致を維持するため必要な規制をすることができる。市街化区域 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問17 都市計画法(開発許可) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問17 都市計画法(開発許可) 問題都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、許可を要する開発行為の面積については、条例による定めはないものとし、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。非常災害のため必要な応急措置として開発行為をしようとする者は、当該開 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問16 都市計画法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問16 都市計画法 問題都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。田園住居地域内の農地の区域内において、土地の形質の変更を行おうとする者は、一定の場合を除き、市町村長の許可を受けなければならない。風致地区内における建築物の建築については、一定の基準に従い、地方公共団体の条例で、都市の風致を維持するため必要な規制をすることができる。市街化区域 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問15 国土利用計画法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問15 国土利用計画法 問題国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。事後届出に係る土地の利用目的について、甲県知事から勧告を受けた宅地建物取引業者Aがその勧告に従わないときは、甲県知事は、その旨及びその勧告の内容を公表することができる。乙県が所有する都市計画区域内の土地(面積6,000?) [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問14 不動産登記法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問14 不動産登記法 問題不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。登記は、法令に別段の定めがある場合を除き、当事者の申請又は官庁若しくは公署の嘱託がなければ、することができない。表示に関する登記は、登記官が、職権ですることができる。所有権の登記名義人は、建物の床面積に変更があったときは、当該変更のあった日から1月以内に、変更の登記を申請 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問13 区分所有法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問13 区分所有法 問題建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。規約の設定、変更又は廃止を行う場合は、区分所有者の過半数による集会の決議によってなされなければならない。規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならず、閲覧を拒絶した場合は20万円以下の過料に処され [続きを読む]