宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 平成29年度 宅建士合格発表!
  • たくさんの喜びの声ありがとうございます。残念だった方も、どうぞ下のコメント欄に本日、平成29年度の宅建士合格発表がございました。合格された方は、本当におめでとうございます。宅建士と名称が変更されて、3回目の合格発表が本日ありました。合格基準点は35点、合格率は15.6%でした。今年の問題は、昨年に比べやや難しかったと言う印象でしたので、昨年の合格基準点の35点より下がる34点、33点もあるかなぁ〜と思っていまし [続きを読む]
  • 平成29年(2017年) 宅建試験の感想と合格ライン ボーダー予想
  • 今年の宅建士の試験も無事終わり、当ブログでも全50問解説を書き上げました。そこで、恐れ多いですが、わたしが感じた今年の宅建試験について、感想と合格ラインとなるボーダーを予想して見たいと思います。 ランキングに参加しています。当ブログへの応援 よろしくお願いします↓↓↓↓1.権利関係今年の権利関係ですが、全体として昨年に比べ、やや難しいと思いました。基本論点はそんなに変わらないのですが、視点を変え [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問49 土地に関する知識 問題と解説
  • 平成29年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H29年 問49 土地に関する知識 問題土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。扇状地は、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積して形成された地盤である。三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な地盤である。台地は、一般に地盤が安定しており、低地に比べ、自然災害に対して安全度は高い。埋立地は、一般に海面に対して比高を持ち、干拓地に比べ、水害に対して危 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問48 統計 問題と解説
  • 平成29年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H29年 問48 統計 問題次の記述のうち、正しいものはどれか。平成29年地価公示(平成29年3月公表)によれば、住宅地の公示地価の全国平均は、9年連続で下落した。建築着工統計(平成29年1月公表)によれば、平成28年の持家の新設着工戸数は約29.2万戸となり、3年ぶりに増加に転じた。平成29年版土地白書(平成29年5月公表)によれば、土地取引について、売買による所有権移転登記の件 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問47 景品表示法 問題と解説
  • 平成29年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H29年 問47 景品表示法 問題宅地建物取引業者がインターネット不動産情報サイトにおいて行った広告表示に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。物件の所有者に媒介を依頼された宅地建物取引業者Aから入手した当該物件に関する情報を、宅地建物取引業者Bが、そのままインターネット不動 [続きを読む]