宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問14 不動産登記法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問14 不動産登記法 問題不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。登記は、法令に別段の定めがある場合を除き、当事者の申請又は官庁若しくは公署の嘱託がなければ、することができない。表示に関する登記は、登記官が、職権ですることができる。所有権の登記名義人は、建物の床面積に変更があったときは、当該変更のあった日から1月以内に、変更の登記を申請 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問13 区分所有法 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問13 区分所有法 問題建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。規約の設定、変更又は廃止を行う場合は、区分所有者の過半数による集会の決議によってなされなければならない。規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならず、閲覧を拒絶した場合は20万円以下の過料に処され [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問12 借地借家法(借家) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問12 借地借家法(借家) 問題AとBとの間で、Aが所有する甲建物をBが5年間賃借する旨の契約を締結した場合における次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか(借地借家法第39条に定める取壊し予定の建物の賃貸借及び同法第40条に定める一時使用目的の建物の賃貸借は考慮しないものとする。)。AB間の賃貸借契約が借地借家法第38条の定期建物賃 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問11 借地借家法(借地) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問11 借地借家法(借地) 問題AとBとの間で、A所有の甲土地につき建物所有目的で賃貸借契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結する場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。本件契約が専ら事業の用に供する建物の所有を目的とする場合には、公正証書によらなければ無効となる。本件契約が居住用の建物の所 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問10 民法(相続) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問10 民法(相続) 問題相続に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。無権代理人が本人に無断で本人の不動産を売却した後に、単独で本人を相続した場合、本人が自ら当該不動産を売却したのと同様な法律上の効果が生じる。相続財産に属する不動産について、遺産分割前に単独の所有権移転登記をした共同相続人から移転登記を受けた第三取得者に [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問9 民法(相殺) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問9 民法(相殺) 問題Aは、平成30年10月1日、A所有の甲土地につき、Bとの間で、代金1,000万円、支払期日を同年12月1日とする売買契約を締結した。この場合の相殺に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。BがAに対して同年12月31日を支払期日とする貸金債権を有している場合には、Bは同年12月1日に売買代金債務と当該貸金債権を対当額で [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問7 民法(債権譲渡禁止特約) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問7 民法(債権譲渡禁止特約) 問題債権譲渡に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。譲渡禁止特約のある債権の譲渡を受けた第三者が、その特約の存在を知らなかったとしても、知らなかったことにつき重大な過失があれば、当該債権を取得することはできない。債権の譲受人が譲渡禁止特約の存在を知っていれば、さらにその債権を譲り受けた転 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問6 民法(法定地上権) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問6 民法(法定地上権) 問題Aが所有する甲土地上にBが乙建物を建築して所有権を登記していたところ、AがBから乙建物を買い取り、その後、Aが甲土地にCのために抵当権を設定し登記した。この場合の法定地上権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。Aが乙建物の登記をA名義に移転する前に甲土地に抵当権を設定登記していた場合、甲 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問5 民法(事務管理) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問5 民法(事務管理) 問題Aは、隣人Bの留守中に台風が接近して、屋根の一部が壊れていたB宅に甚大な被害が生じる差し迫ったおそれがあったため、Bからの依頼なくB宅の屋根を修理した。この場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。Aは、Bに対して、特段の事情がない限り、B宅の屋根を修理したことについて報酬を請求することができない [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問4 民法(時効の援用) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問4 民法(時効の援用) 問題時効の援用に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができる。詐害行為の受益者は、債権者から詐害行為取消権を行使されている場 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問3 民法(停止条件) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問3 民法(停止条件) 問題AとBとの間で、5か月後に実施される試験(以下この問において「本件試験」という。)にBが合格したときにはA所有の甲建物をBに贈与する旨を書面で約した(以下この問において「本件約定」という。)。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。本件約定は、停止条件付贈与契約である。本件約定の後、 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問2 民法(代理) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問2 民法(代理) 問題Aが、所有する甲土地の売却に関する代理権をBに授与し、BがCとの間で、Aを売主、Cを買主とする甲土地の売買契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。Bが売買代金を着服する意図で本件契約を締結し、Cが本件契約の締結時点でこのことを知っていた場合 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2018年】 平成30年 問1 民法(意思表示) 問題と解説
  • 平成30年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H30年 問1 民法(意思表示) 問題AがBに甲土地を売却した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。甲土地につき売買代金の支払と登記の移転がなされた後、第三者の詐欺を理由に売買契約が取り消された場合、原状回復のため、BはAに登記を移転する義務を、AはBに代金を返還する義務を負い、各義務は同時履行の関係となる。Aが甲土地を売 [続きを読む]
  • 平成30年(2018年)宅建試験【問題】【解答】【解説】合格基準点
  • ★合格規準点=37点★合格率=15.6%わたしのボーダー予想はこちら 11月6日記ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。ランキングに参加しています。↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。*受験された感想など下のコメント欄にお気軽にお書きください。 たくさんのコメントありがとうございます。励みになります!平成30年(2018年)宅建試験 正解一覧№科目解答難易度重要度№1民法(意思表示)4易 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1991】 平成3年 問28 登録免許税 問題と解説
  • 宅建過去問 H3年 問28 登録免許税 問題登録免許税に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。登録免許税の課税標準の金額を計算する場合において、その金額が1千円に満たないときは、その課税標準は1千円とされる。納付した登録免許税に不足額があっても、その判明が登記の後である場合においては、その不足額の追徴はない。建物の新築をした所有者が行う建物の表示の登記については、登録免許税は課税されない。登録免 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1991】 平成3年 問27 農地法 問題と解説
  • 宅建過去問 H3年 問27 農地法 問題農地法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。山林を開墾した場合、農地として耕作していても、土地登記簿の地目が「山林」から「田」又は「畑」に変更されるまでは、農地法上の農地ではない。農地を取得して転用する場合、取得者が農家であれば農地法第4条第1項の許可を、農家以外の者であれば第5条第1項の許可を、受けなければならない。遺産分割により農地の所有権を取得する場合、農 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1991】 平成3年 問26 土地区画整理法 問題と解説
  • 宅建過去問 H3年 問26 土地区画整理法 問題土地区画整理事業の換地処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。換地処分は、換地計画において定められた関係事項を公告することにより行われる。換地処分は、原則として換地計画に係る区域の全部について土地区画整理事業の工事が完了した後において行わなければならない。土地区画整理事業の施行により行使する利益がなくなった地役権は、換地処分に係る公告があった日 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1991】 平成3年 問25 宅地造成等規制法 問題と解説
  • 宅建過去問 H3年 問25 宅地造成等規制法 問題次の記述のうち、宅地造成等規制法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、指定都市にあっては指定都市の長をいうものとする。宅地造成とは、宅地以外の土地を宅地にするため又は宅地において行う土地の形質の変更をいい、宅地を宅地以外の土地にするために行う土地の形質の変更は、一定規模以上のものであっても含まれない。宅地造成工事規制区 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1991】 平成3年 問20 都市計画法(開発許可) 問題と解説
  • 宅建過去問 H3年 問20 都市計画法(開発許可) 問題都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。開発許可を申請しようとする者は、あらかじめ、開発行為により設置される公共施設を管理することとなる者と協議し、その同意を得なければならない。開発許可を受けた者は、開発区域の全部について開発行為に関する工事を完了したときは、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。開発許可を受けた開発行為により [続きを読む]
  • 宅建過去問【1991】 平成3年 問19 都市計画法 問題と解説
  • 宅建過去問 H3年 問19 都市計画法 問題土地の形質の変更又は建築物の建築に関する次の記述のうち、都市計画法上正しいものはどれか。市街地開発事業等予定区域に関する都市計画において定められた区域内において、土地の形質の変更を行おうとする者は、原則として市町村長の許可を受けなければならない。都市計画施設の区域内において建築物の建築をしようとする者は、原則として都道府県知事等の許可を受けなければならない。都 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1991】 平成3年 問13 借地借家法(借家) 問題と解説
  • 宅建過去問 H3年 問13 借地借家法(借家) 問題AがBからBの所有する建物を賃借している場合に関する次の記述のうち、民法及び借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。賃貸借契約の締結に関する費用は、ABが平等な割合で負担する。Aは、Bの負担すべき必要費を支出したときは、直ちに、Bに対しその償還を請求することができる。Aは、有益費を支出したときは、賃貸借終了の際、その価格の増加が現存する場合に限り [続きを読む]