宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問45 住宅瑕疵担保履行法 問題と解説
  • 平成29年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H29年 問45 住宅瑕疵担保履行法 問題宅地建物取引業者Aが自ら売主として、宅地建物取引業者でない買主Bに新築住宅を販売する場合における次の記述のうち、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律の規定によれば、正しいものはどれか。Aは、住宅販売瑕疵担保保証金の供託をする場合、Bに対し、当該住宅を引き渡すまでに、供託所の所在地等について記載した書面を交付して説明 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問44 宅建業法(免許) 問題と解説
  • 平成29年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H29年 問44 宅建業法(免許) 問題宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。宅地建物取引業者A社が免許を受けていないB社との合併により消滅する場合、存続会社であるB社はA社の免許を承継することができる。個人である宅地建物取引業者Cがその事業を法人化するため、新たに株式会 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問43 宅建業法(専任媒介契約) 問題と解説
  • 平成29年度宅建士試験解説一覧宅建過去問 H29年 問43 宅建業法(専任媒介契約) 問題宅地建物取引業者Aが、BからB所有の中古マンションの売却の依頼を受け、Bと専任媒介契約(専属専任媒介契約ではない媒介契約)を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア. Aは、2週間に1回以上当該専任媒介契約に係る業務の処理状況をB [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア. 宅地の販売広告において、宅地の将来の環境について、著しく事実に相違する表示をしてはならない。イ. 宅地又は建物に係る広告の表示項目の中に、取引物件に係る現在又は将来の利用の制限があるが、この制限には、都市計画法に基づく利用制限等の公法上の制 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問41 宅建業法(重説の説明事項) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問41 宅建業法(重説の説明事項) 問題宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。区分所有建物の売買の媒介を行う場合、当該1棟の建物及びその敷地の管理が委託されているときは、その委託を受けている者の氏名(法人にあっては、その商号又は名称及び住所(法人にあっ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問40 宅建業法(37条書面) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問40 宅建業法(37条書面) 問題宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、法の規定に違反しないものはどれか。宅地建物取引業者Aは、中古マンションの売買の媒介において、当該マンションの代金の支払の時期及び引渡しの時期について、重要事項説明書に記載して説明を行ったので、37条書面に [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問38 宅建業法(37条書面) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問38 宅建業法(37条書面) 問題宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、法の規定に違反しないものはどれか。Aは、売主を代理して宅地の売買契約を締結した際、買主にのみ37条書面を交付した。Aは、自ら売主となる宅地の売買契約において、手付金等を受領するにもか [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問36 宅建業法(業者免許) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問36 宅建業法(業者免許) 問題次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「免許」とは、宅地建物取引業の免許をいう。宅地建物取引業者Aは、免許の更新を申請したが、免許権者である甲県知事の申請に対する処分がなされないまま、免許の有効期間が満了した。この場合、Aは、当該処分がなされるまで、宅地建物取引業を営むことができない。Bは、新たに宅地 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問34 宅建業法(業務規制) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問34 宅建業法(業務規制) 問題次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、誤っているものはどれか。宅地建物取引業者が、自ら売主として、宅地及び建物の売買の契約を締結するに際し、手付金について、当初提示した金額を減額することにより、買主に対し売買契約の締結を誘引し、その契約を締結させることは、法に違反しない。宅地建物取引業者が、アンケート調査 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問32 宅建業法(営業保証金) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問32 宅建業法(営業保証金) 問題宅地建物取引業法に規定する営業保証金に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。宅地建物取引業者は、主たる事務所を移転したことにより、その最寄りの供託所が変更となった場合において、金銭のみをもって営業保証金を供託しているときは、従前の供託所から営業保証金を取り戻した後、移転後の最寄りの供託所に供託しなければならない。宅地建物取引業者は、事業の開 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問31 宅建業法(8つの制限) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問31 宅建業法(8つの制限) 問題宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間でマンション(代金3,000万円)の売買契約を締結しようとする場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア. Bは自ら指定した自宅においてマンションの買受けの申込みをした場合においても、法第37条の2の規定に基づ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問30 宅建業法(混合問題) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問30 宅建業法(混合問題) 問題宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか、なお、この問において「登録」とは、宅地建物取引士の登録をいうものとする。宅地建物取引士A(甲県知事登録)が、甲県から乙県に住所を変更したときは、乙県知事に対し、登録の移転の申請をすることができる。宅地建物取引業者B(甲県知事免許)が、乙県に所在す [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問29 宅建業法(監督処分) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問29 宅建業法(監督処分) 問題次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、マンション管理業に関し、不正又は著しく不当な行為をしたとして、マンションの管理の適正化の推進に関する法律に基づき、国土交通大臣から業務の停止を命じられた。この場合、Aは、甲県知事から法に基づく指示処分を受けるこ [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問28 宅建業法(業務) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問28 宅建業法(業務) 問題宅地建物取引業者Aが行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しないものはいくつあるか。ア. Aは、法第49条に規定されている業務に関する帳簿について、業務上知り得た秘密が含まれているため、当該帳簿の閉鎖後、遅滞なく、専門業者に委託して廃棄した。イ. Aは、宅地の売却を希望するBと専任代理契約を締結した。A [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問26 宅建業法(報酬) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問26 宅建業法(報酬) 問題宅地建物取引裳者A(消費税課税事業者)は貸主Bから建物の貸借の媒介の依頼を受け、宅地建物取引業者C(消費税課税事業者)は借主Dから建物の貸借の媒介の依頼を受け、BとDの間での賃貸借契約を成立させた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか、なお、1か月分の借賃は9万円(消費税等 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問25 地価公示法 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問25 地価公示法 問題地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。土地鑑定委員会は、標準地の単位面積当たりの価格及び当該標準地の前回の公示価格からの変化率等一定の事項を官報により公示しなければならないとされている。土地鑑定委員会は、公示区域内の標準地について、毎年2回、2人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査し、必要な調整を行って、一定の基準日における当該標 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問24 固定資産税 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問24 固定資産税 問題固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。固定資産税は、固定資産が賃借されている場合、所有者ではなく当該固定資産の賃借人に対して課税される。家屋に対して課する固定資産税の納税者が、その納付すべき当該年度の固定資産税に係る家屋について家屋課税台帳等に登録された価格と当該家屋が所在する市町村内の他の家屋の価格とを比較することができるよう、当該納税者は、 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問23 所得税法 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問23 所得税法 問題所得税法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。個人が台風により主として保養の用に供する目的で所有する別荘について受けた損失の金額(保険金等により補てんされる部分の金額を除く。)は、その損失を受けた日の属する年分又はその翌年分の譲渡所得の金額の計算上控除される。建物の所有を目的とする土地の賃借権の設定の対価として支払を受ける権利金の金額が、その土地の価額の10 [続きを読む]