宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問16 都市計画法 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問16 都市計画法 問題都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。ア. 都市計画施設の区域又は市街地開発事業の施行区域内において建築物の建築をしようとする者は、一定の場合を除き、都道府県知事(市の区域内にあっては、当該市の長)の許可を受けなければならない。イ. 地区整備計画が定められている地区計画の区域内において、建築物の建築を行おうとする者は、都道府県知事(市の区域 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問15 農地法 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問15 農地法 問題農地に関する次の記述のうち、農地法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。市街化区域内の農地を耕作のために借り入れる場合、あらかじめ農業委員会に届出をすれば、法第3条第1項の許可を受ける必要はない。市街化調整区域内の4ヘクタールを超える農地について、これを転用するために所有権を取得する場合、農林水産大臣の許可を受ける必要がある。銀行 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問14 不動産登記法 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問14 不動産登記法 問題不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。地上権の設定の登記をする場合において、地上権の存続期間の定めがあるときは、その定めも登記事項となる。賃借権の設定の登記をする場合において、敷金があるときであっても、その旨は登記事項とならない。事 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問11 借地借家法(借地) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問11 借地借家法(借地) 問題A所有の甲土地につき、平成29年10月1日にBとの間で賃貸借契約(以下「本件契約」という。)が締結された場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。Aが甲土地につき、本件契約とは別に、平成29年9月1日にCとの間で建物所有を目的として賃貸借契約を締結していた場合、本件契約が資材置場として更地で利用することを目的 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問12 借地借家法(借家) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問12 借地借家法(借家) 問題Aが所有する甲建物をBに対して3年間賃貸する旨の契約をした場合における次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。AがBに対し、甲建物の賃貸借契約の期間満了の1年前に更新をしない旨の通知をしていれば、AB間の賃貸借契約は期間満了によって当然に終了し、更新されない。Aが甲建物の賃貸借契約の解約の申入れをした場合には申入れ日から3月で賃貸 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問10 民法(不動産質権と抵当権) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問10 民法(不動産質権と抵当権) 問題①不動産質権と②抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。①では、被担保債権の利息のうち、満期となった最後の2年分についてのみ担保されるが、②では、設定行為に別段の定めがない限り、被担保債権の利息は担保されない。①は、10年を超える存続期間を定めたときであっても、その期間は10年となるのに対し、②は、存続期間に関する [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問9 民法(相続分) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問9 民法(相続分) 問題1億2,100万円の財産を有するAが死亡した。Aには、配偶者はなく、子B、C、Dがおり、Bには子Eが、Cには子Fがいる、Bは相続を放棄した。また、Cは生前のAを強迫して遺言作成を妨害したため、相続人となることができない。この場合における法定相続分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。D [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問8 民法(連帯債務) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問8 民法(連帯債務) 問題A、B、Cの3人がDに対して 900万円の連帯債務を負っている場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。なお、 A、B、Cの負担部分は等しいものとする。DがAに対して履行の請求をした場合、 B及びCがそのことを知らなければ、 B及びCについては、その効力が生じない。Aが、 Dに対する債務と、 Dに対して有する 200万円の債権を対当額で相殺する旨の意 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問7 民法(請負) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問7 民法(請負) 問題請負契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。請負契約が請負人の責めに帰すべき事由によって中途で終了し、請負人が施工済みの部分に相当する報酬に限ってその支払を請求することができる場合、注文者が請負人に請求できるのは、注文者が残工事の施工に要した費用のうち、請負人の未施工部分に相当する請負代金額を超える額に限られる。請負契 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問6 民法(相続) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問6 民法(相続) 問題Aが死亡し、相続人がBとCの 2名であった場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。① BがAの配偶者で CがAの子である場合と、②BとCがいずれも Aの子である場合とでは、 Bの法定相続分は①の方が大きい。Aの死亡後、いずれも Aの子である BとCとの聞の遺産分割協議が成立しないうちに Bが死亡したときは、 Bに配偶者Dと子 Eがいる場合であっても、 A [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問5 民法(売買) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問5 民法(売買) 問題Aは、中古自動車を売却するため、 Bに売買の媒介を依頼し、報酬として売買代金の 3%を支払うことを約した。 Bの媒介により Aは当該自動車を Cに 100万円で売却した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。Bが報酬を得て売買の媒介を行っているので、 CはAから当該自動車の引渡しを受ける前に、 100万円を Aに支払わなければならない。当該自 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問4 民法(規定されているもの) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問4 民法(規定されているもの) 問題次の記述のうち、平成 29年 4月 1日現在施行されている民法の条文に規定されているものはどれか。権利についての協議を行う旨の合意が書面でされたときは、その合意があった時から 1年を経過した時までは、時効は完成しない旨他の土地に固まれて公道に通じない土地の所有者は、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することができる旨売主は、買主に対し、登 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問3 民法(共有) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問3 民法(共有) 問題次の 1から 4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、誤っているものはどれか。(判決文)共有者の一部の者から共有者の協議に基づかないで、共有物を占有使用することを承認された第三者は、その者の占有使用を承認しなかった共有者に対して共有物を排他的に占有する権原を主張することはできないが、現にする占有がこれを承認した共有者の持分に基づくものと認められる限度 [続きを読む]
  • 宅建過去問【2017年】 平成29年 問1 民法(代理) 問題と解説
  • 宅建過去問 H29年 問1 民法(代理) 問題代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。売買契約を締結する権限を与えられた代理人は、特段の事情がない限り、相手方からその売買契約を取り消す旨の意思表示を受領する権限を有する。委任による代理人は、本人の許諾を得たときのほか、やむを得ない事由があるときにも、復代理人を選任することができる。復代理人が委任事務を処理するに当た [続きを読む]
  • 平成29年(2017年)宅建試験【問題】【解答】【解説】合格基準点
  • ★合格規準点=平成29年11月29日(水)までお待ちください。★合格率=平成29年11月29日(水)までお待ちください。わたしのボーダー予想はこちら 10月26日記ランキングに参加しています。当ブログへの応援 よろしくお願いします↓↓↓↓平成29年(2017年)宅建試験 正解一覧№科目解答難易度重要度№1民法(代理)3難№2民法(所有権の移転取得)4普通№3民法(共有)3易№4民法(条文規定)2普通№5民法(契約)4易 [続きを読む]
  • 明日はいよいよ、平成29年度の宅建試験です。
  • 明日はいよいよ、平成29年度の宅建試験です。今年もこのブログを通じて、多くの方と接することができました。本当にありがとうございました。明日の本番まで、勉強されている方もいるかとは思いますが、本日はどうぞ早めに就寝してください。試験においては、わからない問題もあるかも知れませんが、難問は合否に関係ありませんので、焦らず日頃の実力を存分に発揮されてください。そして試験後は、グッとビールでも飲んで、これま [続きを読む]
  • 明日はいよいよ、平成29年度の宅建試験です。
  • 明日はいよいよ、平成29年度の宅建試験です。今年もこのブログを通じて、多くの方と接することができました。本当にありがとうございました。明日の本番まで、勉強されている方もいるかとは思いますが、本日はどうぞ早めに就寝してください。試験においては、わからない問題もあるかも知れませんが、難問は合否に関係ありませんので、焦らず日頃の実力を存分に発揮されてください。そして試験後は、グッとビールでも飲んで、これま [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問50 宅建業法(報酬計算) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問50 (報酬計算) 問題宅地建物取引業者A(消費税の免税業者)が甲の依頼を受け、宅地建物取引業者B(消費税の課税業者)が乙の依頼を受けて、契約を成立させ、報酬を受領した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法に違反しないものほどれか。ただし、免税業者が受領できる、媒介又は代理業務の仕入に係る消費税及び地方消費税相当額については、考慮しないものとする。Aは、甲の媒介依頼を受けて、甲 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問49 宅建業法(監督処分) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問49 宅建業法(監督処分) 問題甲県知事の免許を受けた宅地建物取引業者Aに対する監督処分についての次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。Aがその業務に関し取引の関係者に損害を与えるおそれが大であるとして指示処分を受け、その指示に従わなかった場合、甲県知事は、その情状のいかんにかかわらず、その免許を取り消すことができる。Aが免許を受けてから1年以内に事業を [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問48 宅建業法(案内所) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問48 (案内所) 問題甲県内の一団の宅地30区画の分譲について、売主である宅地建物取引業者A(乙県知事免許)が宅地建物取引業者B(国土交通大臣免許)に販売代理を依頼して、Bが案内所を設けて、売買契約の申込みを受ける場合、宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。Bは、その案内所の設置について国土交通大臣及び甲県知事に届け出る必要があり、Aは、その分譲について届け出る [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問47 宅建業法(保証協会) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問47 宅建業法(保証協会) 問題宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)甲の社員A(国土交通大臣免許)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。Aは、甲保証協会の社員となることによって営業保証金の供託義務を免除されるが、弁済業務保証金の還付可能額を増額するため、さらに乙保証協会の社員になることもできる。Aが新たに従たる事務所を [続きを読む]