imasugu-china さん プロフィール

  •  
imasugu-chinaさん: 今すぐ中国語!上海からお届けする今すぐ役立つ中国語!
ハンドル名imasugu-china さん
ブログタイトル今すぐ中国語!上海からお届けする今すぐ役立つ中国語!
ブログURLhttps://www.imasugu-chinese.net/
サイト紹介文上海から毎日3分で読める日常中国語を配信中!写真と音源でイメージし易く忘れません
自由文1000万人が読者、日本最大手メルマガ「まぐまぐ」内の金融向けサイト「MONEYVOICE」で中国情報担当として連載中です。http://www.mag2.com/p/money/series/watcher
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/09/01 09:06

imasugu-china さんのブログ記事

  • 夜市も良いけどレストランもね。台湾ローカルフード特集。
  • 台湾夜市グルメもですが、レストラン・グルメも気になりますよね。二週間も旅行をすると朝、昼、夜と各地で楽しんだ、台湾ローカルフードをグルっと台湾一周分、お届けしたいと思います。台湾の朝食は手作り作りたてのサンドイッチで開始台湾の朝食で個人的にお気に入りだったのが、何の変哲もないサンドイッチ。どうしてお気に入りだったのかと言うと、作り置きではなく目の前で出来たてサンドイッチを店舗スタッフが作っているか [続きを読む]
  • 観て食べて良し。満開の金針花に出会える台東の太麻里の金針山
  • 台湾特集第四回目は観光地をご紹介。軽い気持ちで訪問したこともあり、自然の綺麗さに圧倒された場所でした。台東の「太麻里」に「金針山」という山があります。ここの観光地で有名なのが「金針山」に咲く「金針花」という花。時期は7月から9月と言う話だったので、訪問してみました。アクセスは「太麻里」の駅でタクシーをチャーター。偶然に運転手さんが60代後半の方だったにも関わらず、流暢までといきませんが日本語を話される [続きを読む]
  • 気分は昭和ノスタルジー全開の台湾ローカル鉄道をご紹介。
  • 台湾旅行の移動でお世話になったローカル列車の数々。正直な所、車両の名前は分からないのですが、ノスタルジーな車両やプラットフォーム、駅舎を見ると、昔の日本にタイムスリップしてしまう感覚を味わえます。台湾の空の青さとマッチする車両を見ると、鉄道ファンで無くともついつい撮影をしたくなりパシャリ。今回は一周旅行で撮った鉄道の写真をご紹介です。台東の乗り換え待ちで撮ったプラットフォーム。作られて年代が経って [続きを読む]
  • ポールダンスで先祖供養。台中で見かけたハデハデお盆。
  • 台中で見かけた派手派手しくお祭りのようなお盆の出来事に、初体験の私、度肝を抜かされました。8月14日に台中入りして街を散策したのですが、街中の至る場所に線香やご馳走がテーブルに並んでいました。どうやら旧暦7月は台湾で「鬼月」と呼ばれる月で、ご先祖様があの世からこの世に戻られる月。お盆なのだとか。飾られるお供えの品にそれぞれ特徴があるので、お供え物を探しながら台中の街を徘徊していたのですが、ドカチャカと [続きを読む]
  • 台湾の各地の夜市を楽しもう!堪能できるグルメを大公開
  • 台湾では「??(huán dǎo)島巡り」と呼ばれる自転車を使った台湾を一周する旅行が流行っていて、「TRiP EDiTOR」内でも特集が組まれ日本人の大石樹さんが一周中。そんな私も2011年8月、観光には少々暑い時期に、自転車ではないですが15日間を掛けて台湾新幹線とローカル列車、高速バスを使って、反時計回りに台湾環島旅行を行いました。15日間の台湾一周のルートはコチラ。台北、新竹、竹東、内湾、竹東、竹東、台中、鹿港、嘉義 [続きを読む]
  • そろそろ撤退?行きつけ店舗のドアが真っ暗。ブロック【砌?】
  • 来週当たり再訪しようと思っています。どんどん中国の良さが失われていて残念な点です。私は自宅近所に行きつけの中華料理屋というのが、4,5件ほどあるのですが、外食する場合は新しい店舗を訪問しつつ、行きつけのお店をローテーションするのがお決まり。ただお酒をそこまで飲まなくなった事もあり、外食の頻度も徐々に減ってしまっているのですが、ローテーション筆頭の温州海鮮レストランへ足を運ぶと、道路をまたいだ場所か [続きを読む]
  • 日本は置いてけぼり。IT技術で人材整理と主導権争いが進む中国の実情
  • 「10年ひと昔」という言葉がありますが、中国だと「5年ひと昔」という感じがしています。変化のスピードが段違いに早くてついていけません。前回「キャッシュレス社会の中国って何処まで財布が要らないの?」で中国の電子マネーの浸透をご紹介したのですが、電子マネー以外で爆発的に日本を周回遅れにしている部分があります。その動きを見ているとキーポイントは「人員整理」「主導権を握るための競争」が大きく影響しているよう [続きを読む]
  • 命のキケンも。定期点検で分かった我が家の問題。ガス漏れ【漏煤气】
  • いやはや危うく命を落とすところでした。春を迎えた上海。我が家の「小区(xiǎo qū)」では、週末になるとゾロゾロと来客者が自宅にやってきます。友人が訪問という事ではなく、数年に一度ある都市ガスの定期点検。まずはガスメーターの取り替えにスタッフが表敬訪問。告知すら無かいのは、いつものことですが、週末に突然現れてガスメーターを取り替えて行きました。住宅の外には付け替え工事のスタッフのバイクが停車。効率が良 [続きを読む]
  • 中国語を話せるようになりたかったら脳みそに汗をかけ!
  • 皆さん中国語を会話する時や聞いた時に、脳みそはどんな状況でしょうか?私も聞いて「あぁ確かになぁ」と思った「中国語脳」の話。習い始めの中国語の会話は、日本語を思い浮かべて中国語に変換して言葉に発する。ヒアリングは中国語を聞いて、ピンインや漢字を思い浮かべて日本語に翻訳する。脳みそで中国語を変換していると思います。私も習いたての頃は同様でしたが、中国語を使い続けるとこの変換作業がまずは短くなり、短くな [続きを読む]
  • リスクがあるお値引き店舗の前払い金サービス。チャージ【充?】
  • 中国ではよくあるサービスの一つですが、サービスを受けてみるかは店舗の運営状況が一つのポイント。私も利用する前に考えてしまうサービスです。中国の店舗ではこんな告知が貼られている事があります。充?有礼chōng zhí yǒu lǐチャージでご祝儀あり充500送60充1000送150充3000送480充5000送800ここでいう「充(chōng)」とは「充?(chōng zhí)チャージ」の事「送(sòng)」とは「進呈/あげる」の事。また数字部分は人民元を [続きを読む]
  • 激狭でもハングリーに商売を始める中国人の独立志向。店舗【店?】
  • こんなシチュエーションに遭遇すると、中国人とがっつりビジネスで競争すると大変だなぁと思ってしまう点です。以前街で見かけた「炒?(chǎo huò)」を販売する果物屋。果物屋でありながら売上アップのためにピーナッツなども販売。これ今年1月の写真なのですが、ここ最近異変が。店舗前を通ると改修工事の真っ最中。改修工事に立ち会う二人の女性がオーナーらしく、工事に立ち会い手抜きをしないか監督中。中国での改修工事の職 [続きを読む]
  • 中国の道端で見かけた銀紙を焼く行為とは。スズ箔の紙を焼く【??箔】
  • 縁起の悪い話って中国人は嫌がるので、聞けなかった謎が一つ解き明かされました。まだまだ知らない事だらけです。数ヶ月に一度のタイミングで見かける、道端にあるこんな焼け跡。風俗や習慣、宗教の類なのだろうなぁとは思っていて、「縁起が悪いことっぽいなぁ」と質問を躊躇していたのですが、勇気を絞って上海人のおばさんに聞いてみた所、快く教えて下さいました。「??箔(shāo xī bó)」と呼ばれる風習で、死者やご先祖様 [続きを読む]
  • さよなら交通カード。スマホICタグで交通カード登録術
  • 日本も一部サービスがあるようですが、企業間の利害関係があるのか中々便利にはならないですね。友人と恒例のバドミントンで汗を流したあとに、帰り際の地下鉄での話題になったのが「交通カード」について。中国の「交通カード」は「キャッシュレス社会の中国って何処まで財布が要らないの?」でご紹介したように、日本の「Suica」のように実物のカードタイプが主流だったのが、スマホにQRコードを表示する改札口の対応が開始され [続きを読む]
  • 日中間の仕事環境の温度差に悩む日本人ビジネスマン。
  • 日本で働く中国で働く、どんな違いがあるのでしょうか?日本から中国に赴任してきた日本人の話を聞くと、会社が違えど意外と似たような共通点があるようです。中国で働く日本人の大変な点をご紹介したいと思います。話を聞くと大きく2つの点をよく耳にするのですが、それは「自分で決定して進めることが多くなる点」と、「日本では担当外でやる必要が無かった仕事が増えた点」です。この2つに焦点を当ててご紹介したいと思います [続きを読む]
  • 未だ現役。技術革新と共に消える交通手段。トロリーバス【无???】
  • 古き良きものも技術革新と共に代わりつつあるようです。上海の公共交通網と言えば、タクシー、地下鉄、渡船そしてバス。※「意外ですが上海では渡し船が現役です」上海のバスは「上海市内を網の目状」に運行中。上海の「公共バス」の一つの特徴だったのが、ワンマンバス以外に料金請求のマダムが乗車する、二人体制のバスもあったのですが、時代の流れとコストカットのためか現在はワンマン体制が主流。そして運行中のバスの種類は [続きを読む]
  • キャッシュレス社会の中国って何処まで財布が要らないの?
  • メルマガ会員からこんなコメントを貰ったのでご紹介。「中国から日本に観光に来ると現金ばかりで面倒みたいな記事を読んだのですが、中国ではどこまでキャッシュレスなんでしょうか?現金を全く使わない生活が想像出来ないのですが」私も思います。「日本って不便」「クレジットカード使えば小銭不要でしょ」と言われそうですが、「個人間のお金の手渡し」が発生すると現金が必要ですし、財布がないと現金の持ち運びが面倒臭いです [続きを読む]
  • 列車に乗って旅を楽しもう。駅窓口で使える中国語フレーズ。
  • メルマガ会員の方から「列車で使える中国語を知りたい」とコメントを頂きました。基本的にチケット購入時が大変で、後は正直いって中国語はそこまで不要なのですが、列車で使える中国語をご紹介したいと思います。中国で列車のチケットを買おうまず基本知識。中国の列車チケットを購入する場合はパスポートが必要です。チケット購入場所は駅の窓口、火?票代售点(huǒ chē piào dài shòu diǎn)、スマホ等のネット経由での購入 [続きを読む]
  • 当たり前で驚かない、気づかない。日本の良さ素晴らしさ。
  • 日本を離れて14年目多分私は既に異国人に近い存在になってしまったかも知れません。そんな半分外国人な感覚になってしまった日本人からみた、日本と日本人の驚きの点をご紹介したいと思います。買い物をするとやたらと増えていくアレ日本のスーパーやコンビニで買い物をすると、気をつけないとやたらと増えていく物が2つあります。一つはお釣りの小銭。レジで気を抜いて支払いをしていると、小銭がやたら増えてしまいます。合計額 [続きを読む]
  • だよねー!相手の会話に頷きたい。相づち中国語表現フレーズ
  • こんなお便りをいただきました。『普段の会話やWeChatなどでの相づち表現が知りたいです。「それで?」「そうだよね」「そうなの?」「それいいね」「私もそうです(違います)」「私もそう思う(思わない)」など。』『会話中の受け側の言葉があれば教えてください。例えば ダメ出し・めっちゃ!関西人です。会話の相づちで・・・。ほんま?そうなん?この時も、中国語も同じでいいのですか?』私は九州人なので関西弁の的確な表 [続きを読む]
  • 中国人にも愛される日本クオリティの百均ショップ。ダイソー【大?】
  • たかが100円、されど100円なのです。人を喜ばせるのは金額の高さだけでは無いんですね。以前紹介した「焼酎好きの北京の友人の二人」が、仕事で上海に来ていたのですが、週末は時間が取れるからと一緒に昼食をすることに。ランチ、つまり昼間っから、やはり焼酎を飲みながら、仕事の話などをして食事を頂いたのですが、一人の友人Aが「ランチのあと買い物へ行きたい」と話だし、「”da chuang”に行きたい」と言うのです。「はて? [続きを読む]
  • Iot利用で進む単純労働者の人員整理。保管【寄存】
  • 中国でも無駄な人材の整理が始まっています。久しぶりに上海から出張で「高?(gāo tiě)中国版新幹線」で移動。待合室の隅に「小件寄存(xiǎo jiàn jì cún)荷物保管」と書かれた、青い設備が整っていました。設備の中央の液晶部分には、「自助寄存柜(zì zhù jì cún guì)セルフ保管棚」の文字。こちらの設備は手荷物を預ける機器。今まで中国の列車の駅には手荷物を預ける場所があり、基本的に24時間体制でスタッフが常勤 [続きを読む]
  • 激ウマ。これぞ本場の東北料理。長ネギと羊肉の炒め物【葱爆羊肉】
  • 私の身体の約5割は、この地方の料理で作られていると過言ではありません。留学を初めた頃に近所でアレコレ店舗を探し回り、スタッフの対応、料理の味などを考慮して落ち着いた店があります。それは「東北料理」と呼ばれる料理。多い時には一日に昼夜と通う日もあったのですが、東北料理の醍醐味はシンプルな調理法と、東北地方の料理という事もあり本場の水餃子を楽しむことができる点。基本的にスタッフは自身の家族や親戚など東 [続きを読む]