サヨ さん プロフィール

  •  
サヨさん: 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている
ハンドル名サヨ さん
ブログタイトル新しい旅に出る準備はいつだって出来ている
ブログURLhttps://ameblo.jp/harcosmile-clover/
サイト紹介文色んな国の旅。色々な現地の人と出会い涙したり怒ったり。読んだ方が一緒に旅をした気分になれる女一人旅。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/09/01 17:09

サヨ さんのブログ記事

  • 南米旅を終えて
  • いつもの旅を終えてのあとがきを書こう書こうと思っていて、バタバタしてて、気付けば月をまたいでしまった。。。 でも大丈夫!!いつも、出国前と帰国後だけは、リアルタイムで、その時ほやほやの気持ちを下書き保存しているのです。いや、なにが大丈夫?なのって話ですが。。。まずは、今回もこのブログと一緒に旅をしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。 コメント、リプログまでしていただいて、たくさんのダ [続きを読む]
  • 南米旅終了そして帰国!
  • この帰国日当日になり、日本食を食べるかどうかという、しょうもない喧嘩をした私とゴロー丸ですが、とりあえず再度、民芸品市場へと向かい、おみやげを買い、ホテルへと戻りました。昼とはいえ、帰りも安全安心なホテルのタクシーで空港へ向かいます。それでも、ちょうど前日にも、外務省たびレジから、仕事でリマに来ていた人が、ホテルから乗ったタクシーで強盗に遭い拳銃で脅されたというメールが届いていたので、かなり警戒し [続きを読む]
  • 南米旅最後の大喧嘩 日本食に大不満
  • 最終日。窓の外は曇っていたけど、泣いても笑っても最終日。南米旅が終わってしまう。ずーっとずーっと、それこそ10代の頃から、いつかボリビアに行きたいと思ってた。旅に出ると決めた頃、南米も必ず行くんだと心に決めていた。でも、南米レベル高そうだなーと思って、東南アジア旅から始めた。 東南アジア旅は、かなりの長期間だったから、日本に帰るのは凄く楽しみだったし、初めての旅にしては、やりつくした感があったし、 [続きを読む]
  • ギネス認定 リマのナイト噴水ショー
  • ゆっくりとリマのとばりが降りてきて、ちょっとずつ夜が近づいてきました。噴水ショーが始まるのです!!何度か、これから始まるよと言う宣伝で、小さなオープニングが流れます。ペルーっぽい絵などが噴水の水面に映しだされて、雰囲気が造りだされて、まるで、インカからペルーの時代へと、過渡的な歴史を表現しているようでもあります。この、お二人さんも素敵ですね。すっかり周りの噴水もライトアップされました。そして、この [続きを読む]
  • リマの夢の国、噴水公園
  • リマ観光も、いよいよ最後となりました。最後はここに行こう!と楽しみにしていた場所へ行きます。 ギネスにも認定されている、大きな噴水公園です。心が疲れたら、水のある場所に佇むべしというのは、ずーっと最初の旅の頃から、友達からのアドバイスだったんだけど、南米旅では、心が疲れたなーなんて思うことは一度もなく、 幾度と困ったことはあったけど、現地の人にたくさん助けてもらって、無事に、この最後の夜を迎えるこ [続きを読む]
  • リマ、歴史の道で危ない言葉囁かれ小事件
  • 続いて、リマの旧市街を歩いてみます。あ、リマでの両替は、この黄色い$マークの入った目立つベストを着たおじちゃん達に、両替してもらいましょう。旧市街では、いたるところにこのおじちゃん達が立っています。サルタで、初めてこういうおじちゃんから両替してもらった時は、ドキドキしたなぁ。。。あれは、完全闇両替でしたが、こっちのリマ版はちゃんとしたカンビノ。→ここまで清く正しい旅をしてきたけどもちろん、自分でも [続きを読む]
  • リマのアルマス広場、旧市街に立って
  • ガラッと雰囲気の変わる旧市街に到着しました。急に歴史的な建物の並ぶエリアが現れて、再び違う国にでもやってきたかのような、変わりっぷりです。 アルマス広場、リマ版観光客、現地人、そしてポリスまでも、みんなここに集まる広場です。 楽しそうともちょっと違う雰囲気には感じるけど、こここそがリマのセントロなんだなーとひしひしと感じる場所です。 建物も立派で、歴史が詰まっている感じが凄い。 例えば大統領官邸。そ [続きを読む]
  • リマ市内移動は、メトロポリターノに乗って
  • リマは、大都会です。いくら、市内観光は、乗り物に頼らず、なるべく歩く!と心がけていても、歩くには、バカ広いんです。 タクシーやミクロなんかもあるけど、正直、値段確認もめんどくさいし、コレクティーボなんかもしかり。 でも、さすが大都会と言うだけあって、ちゃんと旅人にも便利な移動手段があります。 メトロポリターノ2両編成のこのバスは、いわば、電車のようなもので、 路面を走りますが、専用のレーンがあり、ち [続きを読む]
  • インディオ市場でアルパカを
  • おい!洒落っ気もないバックパッカーが、”ティファニーで朝食を”みたいに気取って言うなって突っ込まれそうですが、ついに一緒に日本へと連れて帰るアルパカに遭遇したのです。マスター!いいスメアゴル状態で、この子と一緒に日本に一時帰国するよ!!ゴロー丸の選んだ素敵ホテルの、朝食ブッフェを食べに行きます。ちゃんとウエイターがいるし、卵は選べるし、ブッフェって響きが素敵過ぎます。 ペルーっぽい料理は特にないけ [続きを読む]
  • 恋人たちの公園、ミラフローレスの岬
  • いつも読んでいただいてありがとうございます。リプログやメッセージをいただいたり、コメントをつけていただいたり、本当に感謝です。tano58さんのブログで、このブログを紹介していただきました。→ シンプルライフ南米旅も終盤ですが、たくさんの景色をお届けして参りたいと思います!しばし、日常の休息がてら旅のお付き合いをよろしくお願いします。(`・ω・´)ゞ※休息どころか余計、疲れる旅でもありますが。。m(_ _ )m・ [続きを読む]
  • リマの高級住宅地サン・イシドロ区
  • いつも旅の最後は、ちょっと豪華な宿に。。。ってことで、ゴロー丸にまかせたら、私の選択範囲を遥かに超えて、 バックパッカーには不釣り合い過ぎるホテルになりました。私の一人旅のラストとは、桁違いだよっっ。。。( ̄□ ̄;)いや、これが普通の感覚か。 FORESTA HOTEL LIMAそう言えば、忘れてたけど、これってハネムーンだったな。部屋も凄く綺麗で広い。バスルームも広い!お湯溜められる!!しかもしかも!!ウエルカムスイ [続きを読む]
  • この旅最後のバス移動クスコからリマ
  • 今回も使うバスは、Cruz del Sur社です。ひとまず、バスステーションで待っている間にお腹が空いたので、売店で軽食を食べました。エンパナーダプリングルスのPollo味も買ったのですが、まー高い!!バスターミナル料金ってのもあるかもしれないけど、19ソル=655円くらい。本気で、ここで買うなら、市場周りのおじちゃんから1ソルでお菓子買った方がマシ!!ゴロー丸は、そういうの意地で食べたくないみたいだけど!!嫌味今日も [続きを読む]
  • さよならクスコ
  • 宿に戻って、荷物を引き取り、ついにお世話になった宿を去ります。カサデルインカは、凄く感じのいい宿でした。 でも、いつもフレンドリーに接してくれた女の子はあいにく居なくて、残念。 このしんどかった階段にもバイバイ。何度も何度も、上り下りしたなー。いつかまた来たら、たぶんもうこの階段の上の宿は選ばないけど。来た時は、本気で死にそうなくらいのしんどさで、ぶーぶー言いながら歩いてきたのですが、 バスターミナ [続きを読む]
  • アルパカとクイと日本のネズミと日本語と。。。
  • アルマス広場を抜け、最後のクスコ観光へ。アイスクリームを買ってGo!!1ソルって嬉しい! クスコは、アルマス広場周辺だけでなく、メルカドがかなりあります。今日も、最後にして、新しいお土産市場見つけたー。アルパカを1匹、帰国までに日本に連れ帰ろうと計画中。どの子にしようかなー。運命感じた子にしよう。アルマス広場ではパレードが行われていたけれど、サンフランシスコ広場でも、何かイベントをやっていました。何か [続きを読む]
  • 最終日の朝、様々な民族衣装のパレードが始まる
  • クスコ最終日。今日の午後には、再びバスに乗ってクスコを離れます。すっかり親しんだ、朝ごはんを食べに宿の屋上へ。ちょうど、別の部屋に日本人の方が泊まっていたようで、ここで遭遇しました。今日から、マチュピチュへ行くとの事で、少しお話しをすると、一人旅の登山好きの男性でした。初クスコだそうですが、駅が封鎖されているのも、色んな情報もばっちりで、私達の持ってる情報なんて、もはや必要ないくらいの下調べの完璧 [続きを読む]
  • クスコで安くお腹いっぱい食べるならQORI SARA
  • 今更ながら、クスコは、観光客が溢れる町です。すっかり通い慣れた日本人オーナーのお店PUCARAもそうだけど、 おしゃれなレストランがたくさんあります。 でも、私は地元ならではのごはんもやっぱり食べたい!! ってことで、クスコで食堂っぽいところを探していたら、どうやら、ボリューム満点でセットメニューが安く食べられちゃうお店があるらしい。見つけました。場所は、アルマス広場から下って、レゴシホ広場を過ぎ、 サンフ [続きを読む]
  • 12角の石と14角の石
  • 雨です。すぐに止むだろうけど、またしてもザーザー降り。山間の町は大好きだけど、天気変わりやすいのは、面倒ではあるなー。ふと、お店の前を通ったら、可愛い光景。ズームすると。。。可愛いニャーの上に、たくさんの鳩達が雨宿りしてた。ペルー版、忠犬ハチ公。って、うそうそ。誰も信じないと思うけど。クスコの犬は、飼い犬でも普通に繋いでなくて、ふらーっと町を歩いてるから、野良犬なのか飼い犬なのか不明。。。でも、今 [続きを読む]
  • ふと思い出すのは、こんな瞬間
  • サン・ペドロ市場を出て、市場もいいけど、周りも面白いよと教えてもらった通り、市場周りを、少し歩いて周ってみることにします。何に出会えるかなー。地元の場所にとけ込んでしまう時間も、いつか懐かしく甦る一瞬ですね。確かに、市場を取り囲むようにずらーっと路上で色んなものを売っている人が並ぶように座っています。市場の中でも売られていたようなものはもちろん、野菜、肉、名物のクイ。。。風船を売り歩く人。お昼御飯 [続きを読む]
  • クスコの市場で絶品料理を発見!
  • 大好きな市場がクスコにもあるので、目指します!!サンフランシスコ広場の横の門をくぐって、向かいます。この門をくぐると、観光客エリアからは、少し遠ざかって、クスコの人々の日常が拡がります。水浴び鳥さん達。絵になるなー。日常エリアだからこその光景に遭遇しました。クスコの人は、道端で体重を計るのが、普通なんですかね。正直、これくらい、体重体重っていう日常から遠ざかっていた方がいいのかも。家にあるとどうし [続きを読む]
  • ベイビーアルパカを抱っこするとこうなる
  • 久しぶりに予定もないので、のんびり起床。今日からは、延泊をお願いしてあったので、部屋は移動してほしいとのことで、朝から大移動。その後、朝食を食べに、屋上へ行きました。 従業員の方が、準備をしてます。 今日のクスコは、曇ってはいるけれど、まあ、そのうち晴れ間も見られるでしょう!!昨日みたいに、どしゃ降りにならなければそれでよし!このクスコの町を見下ろしながら朝食って、凄く贅沢だと思う。素朴って感じの朝 [続きを読む]
  • 祭りのあとのような帰り道
  • そろそろ帰りの電車の時間になったので、駅へ向かいます。 待合室があるので、そこで電車の到着を待つこともできます。で、椅子に座ったら、私が好きな、南米の民族楽器のショーが始まり、すっごいラッキー!!これ、毎日やってるのかな??わかんないけど。ケーナを吹くおじさん。ああー、終わっちゃうなー。ここまで来ることができて、無事行けて、一安心だけど、やっぱりせつない。この音も遠くなって行っちゃうんだなー。とい [続きを読む]
  • マチュピチュ村歩き
  • まずは、前回書いた日記で、マチュピチュの鳥の形と横顔の答え合わせをしたいと思います。インカの石積み、壁の鳥の形は。。。↓↓そして最後の、マチュピチュ遺跡とワイナピチュの山の景色を横にすると、インカ人の眠る横顔が浮かび上がる。。。というのは。。。↓↓以上でしたっっ!!(`・ω・´)ゞ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • マチュピチュ遺跡ラスト
  • マチュピチュ編、ラストです! 続いては、3つの窓の神殿と呼ばれている場所です。ここも見事な石積みで、ぴったりと造られています。 マチュピチュでは、この石積みの見た目は凄く意味があって、 身分の高い人に関する建物ほど、大きな石を綺麗に並べて表面もなめらかに造られ、 庶民の場所ほど、小さなごつごつした、残り物のような石を積み上げて造られているそうです。神秘的とも言えるような場所だけど、そういうのは、やっぱ [続きを読む]
  • マチュピチュの裏側
  • そういえば!!有名な観光地って、基本、誰もが思い浮かべる代表的な姿があるけれど、裏側ってどうなってるんだろうって思いませんか??素敵な場所って裏側も隠れ絶景だったりするんですよね。で、マチュピチュの裏って言っても、ワイナピチュ山の裏側じゃなく、マチュピチュ遺跡の裏側です。つまり、これが正面の景色としたら、ここから、背中を向いた方にある景色が気になったのです。ってことで、見張り小屋から葬儀の石を通り [続きを読む]
  • マチュピチュ探検
  • いよいよいよいよ、マチュピチュ到着です。そして、やっぱりお届けしたい景色の写真がたくさんありすぎて、マチュピチュ遺跡から、何回かに分けて書きたいと思います。 とりあえず、毎度のことながら、マチュピチュについて簡単に。。。 標高2400mにあるこの遺跡は、かつてインカ帝国の人々が暮らしていた場所です。インカ帝国は、スペインに侵略され、ことごとく都市は破壊されていったのですが、このマチュピチュ遺跡は、標高 [続きを読む]