もりしまさこ さん プロフィール

  •  
もりしまさこさん: Mのページ
ハンドル名もりしまさこ さん
ブログタイトルMのページ
ブログURLhttp://masharenu92.blogspot.jp/
サイト紹介文日々の暮らしを、台所や、ミシンを踏みながら、普通のおばさんの日記
自由文会社退職後、今まで我慢してきた、旅行や、着物遊び、手の込んだお料理など、第二の人生を、謳歌しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/09/04 00:29

もりしまさこ さんのブログ記事

  • 最近胸がドキドキするの!
  • 10日位前から、日に何度となく胸がドキドキしてくるのです。素敵な人が現れたわけでもないのに、そんなのは、遠い遠い昔やけど。。脈を診たら時々飛んでるし、今流行のインフルエンザにも罹ることなく、元気だけが取り得の私が、♪胸の痛みに絶えかねて〜〜♪(これは、湖畔の宿^^)付いてきて下さいよ、お若い皆様。さすがの私も病院へ行く事にしました。一応循環器系の病院が近くにあったので、診ていただくことに。そこで、 [続きを読む]
  • マンハント観て来ました。
  • 福山雅治とチャン・ハンユー主演で、ジョン・ウー監督だから、まーきっと面白いだろうと思い、行って来ました。いきなり最初にいきなり演歌が流れ、場末の小料理屋が出てやくざがいて。中国人が描く日本の風景みたいで(どない言うたらエエか??)あらまー、どないしましょと思いましたが。次の場面で、ハルカス300での華やかなパーティーシーンに変わり、だんだんいい感じになって。諸悪の根源は日本の製薬会社で、大阪府警は [続きを読む]
  • もーいい加減にして欲しいわ!
  • 記録的な大雪となった福井県、国道8号線には1500台の車が身動きできず。。。。って毎日何度も何度もニュースで流れるたびに、心配で心配で。孫っち1号2号やその家族が、その福井に住んでいるのです。雪だけでも大変なのに、家族のうち3名がインフルエンザにかかると言う、なんちゅう不幸やのん(怒)見渡す限り白ばっかりで、何処が何処やら見当が付きません。案外、孫達は雪のおかげで、休園や休校で喜んでいるらしいけど [続きを読む]
  • 京都で節分お化け
  • 先日、寒いなか、もひとつ寒い京都へ行って来たんどす。和道会というマナー教室のお集まりに紛れ込ませてもろて、京都の節分を楽しみました。場所は八坂通りの「燕楽」さん。和道会と言うくらいだから、もちろんドレスコードは和服なんどっせ。節分の日なので、皆さんのご挨拶は「あけまして、おめでとうございます!」お料理をいただきながら、宮川町の芸者さん達が、節分お化けで楽しませてくれはりますそもそも節分お化けちゅう [続きを読む]
  • 呉服の価格って!
  • 去年、倒産した呉服卸屋さんの訪問着がお安く出てるからと言う情報を得て、早速行ってきましたわ。ええ時には、「黒河の手帳」で米倉涼子さんも着てはったそうです。丁度娘の訪問着がもう一枚ほしかったので、千載一遇のチャンス。どれも手書きの素晴らしい着物ばかりで、迷い迷い一枚一枚試着しまくって、南こうせつじゃないけれど、座敷は絹の海状態に、最後には疲れ果ててしまい。ともかく一着決めて、帯もついでに、そうなると [続きを読む]
  • お能を鑑賞して。
  • 久々にお能の鑑賞に行って来ました。今回は「お能と和歌」というタイトルで、万葉集に詠まれた佐用姫と狭手彦の悲恋の物語です。解りやすく文学者の方が最初講義してくださるのですが、それがさっぱり聞こえないというか、何を言っているのか解らないのです。私は、ツレと、ここに来る前に不謹慎ながら、お昼ご飯と共にちょっとヒッカケた物ですから、ウトウトしていましたら、突然後ろの席から高齢の女性が「あのー。。聞こえない [続きを読む]
  • 今年の初釜
  • 初釜とは?平べったく言えば、新年に茶道のお稽古を始める日のことで、新しい年を迎える新年会みたいなものなんです。招かれる側は、着物着て楽しくて、いいのですが、招待する側はそれはそれは大変で、お料理や、お部屋の設えなどする事が山ほどで、何日も前から用意しなければいけません。その初釜に今日行って来ました。まずは席入りの前に白湯を頂き、ただの白湯なのに、なぜか美味しく感じるのはなぜかしら?その後お茶室に入 [続きを読む]
  • 「日の名残り」を読んで色々考えた。
  • カズオ イシグロさんのノーベル文学賞受賞作です。ざっくりとしたあらすじは、第二次世界大戦が終わって数年経った頃、著名な貴族のお屋敷に使える執事さんがいらして、そのお屋敷の使用人が少なくなり以前勤めていた女中頭に会うため、旅に出てその道中にお屋敷に勤めていた頃の過去を振り返りながら、人生も振り返るお話。ほんまにざっくり。偉大で品格を備えた執事とは、自分はどう振舞ってきたかとか、つらつら思い出して旅を [続きを読む]
  • 日曜日は有馬記念!
  • 梅田に友人とランチを楽しんだ後、来年の手帳や色々買い物があったので、ウロウロしていたら、ビックマンでいべんとしてましたの、(私は、ビックフェイスと言われることがありますが。なにか?)お馬さんに、載せてもらって写真も撮ってくれるのです。粗品もくださってね!躊躇なく馬の背中に乗ってポーズを取りましたら、「日曜日は有馬記念♪」と叫ばなければならないのです。「そんなん言わなあかんのですかっ!」と、思ったけ [続きを読む]
  • 茶道のお師匠さんごめんなさい!
  • 昨日は茶道のお稽古日で、玄関入るや否や先生が、「これ見て見てって!」自分の〆ている帯を見せるのです。「自分で刺繍して帯も作ったんよー」って言わはるんです。で、私が「やー、上手に出来ましたやん、二十日大根ですか?」って聞いたら、一瞬お顔が曇って、「ヒイラギのつもりやねんけど」って。。。やっちまいました、よー見たらヒイラギのような気もします。「後ろも見て!」って言うのでお太鼓の所を見たら、解りました、 [続きを読む]
  • 要介護4の母を在宅介護するって事は。
  • 久々のブログ投稿です。ブログにはあまり辛気臭い事は投稿しないことにしているのですが、この半月ほどの嵐の様な出来事が続きました。22年間家族のように過ごした牡丹(雌猫)を亡くしたり。98歳の母の介護で、夜昼無く母に振り回され、ストレス満載で、ほとほと疲れ果てしまって。でも周りの人たちのおかげで、何とかやっていけそうになって、ホッとしております。最初は着替えの折に筋を違えたか何かで胸が痛いと言い出し、 [続きを読む]
  • 男物の反物でコートを作りました。
  • 男物の紬一匹をお持ちになって、コートの仕立てを頼まれました。結城紬のようで、シックな濃い緑色で、着物に仕立てたほうがいいのになーと、心の中で思ったけれど。。。一匹とは、二反の事で、男性が着物と羽織とのアンサンブルにするために一匹で販売するのです。大昔のその又昔、絹は大層効果なもので(今でもですけど)絹織物二反と馬一匹と引き換えになったそうですよー。それで一匹と言われるようになったとか。話それますが [続きを読む]
  • 猫は可愛いね!文句いわないし。
  • 仕事中にチョイ一休みしようと、ねっころがったら、ボタンが上から目線で、私を見下げていた。生意気な猫だ!そうだ、写真を撮っておこうとポチットしましたわ。暖かそうな首周り、ボタンの毛皮ももう既に冬バージョンで、モフモフ。後ろのドアの所になんか張り紙が見えるでしょ。あれは、1週間ほど前に、エアコンを消さずに外出したら、姉に怒りの張り紙を貼られたのです。まるでサラ金業者が返さない貸主のドアに貼る張り紙のよ [続きを読む]
  • 番匠器で南無阿弥陀仏
  • 父のお墓を四天王寺さんに引っ越したので、今まで以上に四天王寺さんへ足が向くようになりました。いっても20分ほどで行けますの、境内の伽藍はすっかり秋で綺麗に色付いています。今はあっちこっちのお堂の耐震工事が行われていて、残念ながら養生してあるので、見ることの出来ない伽藍もあるのですが。その中で面白い旗を見っけ!けったいなーそれこそ、かな釘文字っぽいフォント??で書かれた「南無阿弥陀仏」なんやろーと思 [続きを読む]
  • ロングセーターのリメイク
  • 今年は秋が、ぶっ飛んでしまい、一足飛びに冬みたいな、けったいな気候です。「衣替えをしたら、こんなん出て来けど、捨てがたくて、なんとか。。。」といわれ、何とかしました。30年も前に買ったらしいです、虫にも食べられず、毛玉も無く状態は綺麗、綺麗。ウール100パーセントのジャガードニット。今時こんな地厚なセーターなかなかありません。どのお店に行っても、ペラッペランのカットソーかなんかわからんような、セー [続きを読む]
  • 10月は、よー雨が降りました。
  • 今日は31日、お若い方々は、ハローウインで大騒ぎしてねーもー。今も外出から帰る駅で、仮装した連中が「Trick or treat!」なんて騒いでましたけど。私には関係ないね!何がハローウインよ外国の風習を真似てからに、もっと日本の伝統行事を楽しみません?節分お化けとか、地蔵盆とか、おひな祭り、七夕祭。。いろいろあると思うのですけどねー。(ひねくれババーです)ぼやきはこの辺にして、今月はなんと雨の多い月だった事か [続きを読む]
  • 第69回「正倉院展」特別内覧会へ行ってきた。
  • 明日から開幕の正倉院展に一足速く、行って来ました。光明皇后が亡き夫聖武天皇の愛蔵品を集めて大仏様(大阪弁では、ダイブッタンと言います、笑)に献上する品々を収めた蔵が正倉院やそうです。読売新聞の「ええやんかかんさい夕刊アンバサダー」である私は、展覧会を見た後、感想をSNSやブログに投稿するというミッションを遂行すべく、喜んで参加しました。何回も正倉院展には訪れましたけど、人が多くて、十重二十重の中を、 [続きを読む]
  • セーターのリメイクで、経済を考えた
  • そろそろ秋冬の衣類を出さなあかんわと、セーターを見ていたら、ここ二年ほど出番のなかった黒いVネックが出てきたので、ニット帽とレッグウォーマーにリメイクしました。こんな感じで最近は、新しく衣類を購入する事が少なくなり、昔の服をサイズ直しをしたりリメイクしたり、衣類関係で新しく購入するものは、下着、靴、バッグなどだけ。いざちゅうときは、着物という手もあるし、よそ行きの服は買わなくなったわ。自分の仕事が [続きを読む]
  • 茶花でクスクスしました
  • 画像ボケていて申し訳ありません今日の茶花は、綺麗に緋襷の入った備前の花入れに、海老草、海老蔵チャいます。ほんとうは、小海老草らしいです、小海老って普通に海老でも良いのに。別名ペロペロネって変な名前を持っているのです。海老草侮れません。それから、水引草これは普通で、見た感じ水引に見えないでもないけど。。それから一番大きな枝葉に黄色い蕾がついてるのは、素馨(ソケイ)と読みます。鼠径ヘルニアの鼠径とチャ [続きを読む]
  • 財布がぁぁぁーーー!
  • しばらく、プールさぼっていたので、久しぶりに行こうと準備して外に出たら、夜はもう秋で、涼しくなってしまっているではありませんか。自転車では、帰りに風邪ひくかと思い、車で行くことに。いつもは財布を持って行かないけれど、免許証が要るので、それに駐車料金も要るし。プールに到着して、お水を買おうとすると、財布が無い!えらいこっちゃと、車のダッシュボードや、シート辺りを見ても無い!どこに落としたのやら、仕方 [続きを読む]
  • 9月のお茶と着物リメイク
  • 昨日は、9月最後のお茶のお稽古でした。最近とみに教えた頂いた事を「あっ!」ちゅう間に忘れてしまうので、ブログに書いておくことにしましたわ。棚は青漆爪紅糸巻き二重棚です。黒く見えていますがダークな緑色、信号の緑色を青と言うみたいに、青です。ちらりと、アクセントに紅が見えますでしょ、見えないかなー、写真下手ですわー。中間にある棚の4辺が弓形にカーブしていて糸巻きの形をしているので糸巻棚です。糸巻なんて [続きを読む]
  • ルックスってやはり大事かも。
  • 今日の出来事です。以前より知ってはいたのですが、近所のガス管工事が朝から始まりまして。それは、それでよいのですけれど、どういう訳か家の玄関のまん前に工事車両や、機材などを置くのです。そして家に入る前の道を立て看板して通行止めになってしまっているのです。工事するのは、隣の横丁なのに、何の断りもなしに。【フリー素材よりお借りしました】今日は母のデイサービスの日なので、家の前までお迎えの(あっちのお迎え [続きを読む]
  • 大槻能楽堂ナイトシアター・初級編
  • 上の写真の右側にあるのが和紙でこさえた蜘蛛の糸です「能って難しい?いえ、けっしてそんなことはありません」と副題が付いてます。雨の中行って来ました。最初に、演出家である、わかぎゑふさんと大槻文蔵さんの解りやすいお能のお話から始まりました。わかぎさんが、私達目線で上手に不思議に感じてたことを大槻さんに質問し手下さるのです。たとえば屋内なのに何故屋根があるかとか、それは昔は、能舞台というものは屋外にあっ [続きを読む]
  • 畳の縁でバッグ
  • 1年以上も前に娘が買ってきた、畳の縁。自分で作らないのに、何で買ってくるのかわからない、謎!ここ数年デパートのカバン売り場や、手芸やさんで、よく見かけますやん畳の縁バッグ。最近流行っているのか、街中で持ってる人をよく見かけます。でも、あまり作る気がおこらず、というのは出来上がった商品を見ると、ちょっと違うかなーと思っていて(何が違うって?なんかなー、微妙に違うのやわー。)でも置いておいても勿体無い [続きを読む]
  • ハルカスで『あいぱく』やってました
  • 暑いし暇やしという事で、避暑かねてハルカスへ、デパートが近所にあるととても便利。ハルカス タスカル。行くと『あいぱく』やってました。つまり「アイスクリーム万国博覧会」をやっていました。(大阪は何でも短縮しますでしょ!)通産動員数5万人100種類のアイスクリームが集結ですって。会場は平日なのにすごい人で、それも若い女性、昔若かった女性で一杯です。初日だったのでテレビの取材クルーがあっちこっちに居てま [続きを読む]