もりしまさこ さん プロフィール

  •  
もりしまさこさん: Mのページ
ハンドル名もりしまさこ さん
ブログタイトルMのページ
ブログURLhttp://masharenu92.blogspot.jp/
サイト紹介文日々の暮らしを、台所や、ミシンを踏みながら、普通のおばさんの日記
自由文会社退職後、今まで我慢してきた、旅行や、着物遊び、手の込んだお料理など、第二の人生を、謳歌しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/09/04 00:29

もりしまさこ さんのブログ記事

  • 日本最大の、そして最後の遊郭飛田へ行って、百番でお鍋を食らうの巻き。
  • 飛田新地です。知ったはる人は、知ってるっけど、知らん人は全く判らない、不思議な世界。2000年に登録有形文化財に登録された、ビミョーに絢爛豪華な建物。その中にかって、花魁さんが過ごしていた料亭で、お鍋を食べて来ました。大正時代に建てられ、未だそのまんま残されています。日光にもこんなのがあったような折角の壁の画なのに電気のスイッチが残念!入ってすぐの玄関ですが、昔は花魁さんが鎮座益しましてたのかしら [続きを読む]
  • 面白いお仕事
  • 【針と糸で出来る物なら何でもします!】が私のモットーですので、ハイ。初めてのお客様なんですけれど、大阪の方なら誰でも知ってるあの方の衣装の色違いを作って欲しいとのご要望で、作りましたわ。これ着て、黒縁めがねかけて、太鼓持って道頓堀を歩くのかしら? どうなんでしょうかね。納品のときに聞いてみます。なんともはや、しまりの無い投稿で申し訳ない。 [続きを読む]
  • 映画「日日是好日」を見て。
  • 映画を観たのは、先行上映だったので、大分前だったのですけど、今日お茶のお稽古に行って、改めて、映画の中の樹木希林さん演じるお茶の先生の台詞が、腑に落ちるというか、妙に納得させられ、茶道の奥深さをより一層感じる事が出来ました。何時に無くえらい真面目な感じになってきましたが。映画の内容より、希林さんの演技が、本当にお茶の先生らしくて、嵌りすぎて。「まあ、まあー」「そうゆう物なのよ」「それでいいのよ」と [続きを読む]
  • 250円のウール100%のベスト
  • 私のお客様にしては、チョイお若い。と、言っても30歳後半の女性がお持ちになった、ベストです。古着屋さんで購入したようで。綺麗なボーダー柄で、ウール100%ベージュ以外のボーダーはモヘヤ糸で編まれていて、色目が多いのでコーディネートしやすそう、今時の季節に便利なアイテム。ボタンは木のボタン、さりげなくお洒落。気に入っていたのだけれど、衿と袖周りの二目ゴム編みが最初から伸び伸びで、格好が悪くて着れない [続きを読む]
  • シンフォニーホールで管弦楽を聴いて、将棋会館にも。
  • 久しぶりにクラッシクのコンサートです。関西フィルハーモ二ー管弦楽団の定期演奏会に行って来ましたよー。頂き物のチケットで、いつもそうなんですけど。今回は、指揮者さんが、怪我で急遽お休みで、変わりに1990年生まれのドイツ出身のお若いイケメンさんでしたの、それはそれでとても良かったわ。演目はそのせいで少し変更があったけど、サンサーンスのチェロ曲があったり、組曲「展覧会の絵」などで、なじみが深いので、 [続きを読む]
  • 「アントマン&ワスプ」観たわ。
  • 画像お借りいたしました。理屈抜きで楽しめる映画を観たって感じ。 サイズチェンジ思いのままに活躍するヒーローとヒロインが活躍します。ヒロインのお父さんが、研究している技術開発に協力を要請されたのだけれど、それを、盗もうとしているゴーストが現れたりとか、ヒロイン、ワスプの母親を探しに行くとか、この人は悪いやつとか敵だよとかが、はっきりしてなくて、私だけそう思っているだけかも知れないけれど。戦闘シーンだ [続きを読む]
  • ミシマサイコって誰なん?
  • これは、先日お茶の先生のお宅に伺った時の玄関花です。斬新な活け方、さっすがーと思い、写真をパチリ(今はパチリって言わない、ポコって言います)花材を尋ねると、赤い実が花茄子、テープ状に横に流れてるのが葉蘭(江戸前のすし屋にお皿代わりに出される大きな葉っぱ)を細く裂いたらしい。そして周りを囲む黄色いお花が、ミシマサイコなんですって。漢字で書くと、「三島柴胡」です。画像お借りしました。漢方薬に柴胡と言う [続きを読む]
  • 大阪倶楽部でバロック
  • 淀屋橋にある大阪倶楽部でバロックコンサートがあるので、行ってきました。倶楽部って、学校のクラブ活動とちゃいます。調べてみたら【特定の業種業界にかかわらず有識者が集い「知の交流とふれあいの場」として設立された伝統と歴史のある会員制社交倶楽部】だそうです、中之島の中央公会堂は、「中之島倶楽部」と言われたそうです。大正時代に建てられた、歴史的建造物で、表も中も歴史を感じる重厚な建物。屋上にはなんとゴルフ [続きを読む]
  • 今年読んだ本が次々映像化!
  • ちょっと、嬉しくて又久々に投稿です。左の「満願」は、天神橋筋商店街で、知り合いの講談を聞きに「繁盛亭」に行った時、早く行き過ぎて、時間あわせに古本屋で100円で買いました。面白くて一日で読んでしまい。「これはきっと6編ある中、1編ぐらいドラマになるかな?」と思っていたら、なんと今日明日 明後日と3日連続で、某国営テレビでドラマ化されて放映ですって。大好きな安田顕さんや西島秀俊さんなんかが出るんです。右の [続きを読む]
  • 葆光荘で現実逃避のベリーショートトリップ♪
  • 久々の投稿です。毎日暑いし、日々の暮らしに追われて、書けなくて。それは言い訳なんですが、毎日の暑さと、睡眠不足で、身体がどうにもこうにも言う事が効かなくなってしまい、医者に行って点滴でもと思って、行ったけど。私はあまり点滴は勧められない身体だそうで、せめて注射だけでもとお願いして、でも、「寝れば直るよ!」の一言。それが出来れば苦労はしないのだけれど。。要介護5の母親を抱えてる身としては、ままならな [続きを読む]
  • ZOZOスーツやっと来た!そして着た!
  • 去年の11月ごろ、申し込んだんやろと思うけど、忘れた頃にやっと来ました。無料だった事にも勿論、惹かれたのですが、このスーツを着て画像に撮りそのデータが3Dで計測できる。昔ミシンショーで、こんなのがあって、エライ世の中になって来たなーと感心していたら、3年もしない内にお家で3D計測が出来るって、長生きするもんですなー。。早速、草間弥生デザイン風のドット柄スーツを着用しました。40℃近い猛暑の中、エアコンガ [続きを読む]
  • パソコンの調子がおかしくなりましてん。
  • 最近wifiの調子がよくなくてアンテナが2本か3本しか立たなかったり、全く立たないでびっくりマークになってネットが繋がらなくなったりと、ストレスが溜まりまくって。それでNTTのサポセン(サポートセンター、何でも略す大阪人です^^)に電話して相談しました所、いろいろ調べてくださり、Wifiのルーターのカード取り替えましょうと言う事になり翌日NTTの方がカードを持ってきてくださり、古いカードもその時に持って帰ってく [続きを読む]
  • 能「山姥」
  • 時々お能鑑賞に出かけるのですけれど、今一よく理解できなくて、途中♪ヒュルルー、ポンポン♪の音で眠くなりがち。そっれはいけません、内容を理解しなくてはと、山本能楽堂へレクチャーしてもらいに言っていました。今日は「山姥」です。山里で人を食らうと言われる鬼女、人を食った言い方とかでなく、リアルに人を食ってしまうのですが。本当は、超能力者で、人助けもするらしいです。昔話では、人も馬も馬の荷物にある魚まで食 [続きを読む]
  • バインダーちゃいますねん、グラインダーですねん!
  • 我が家と隣の家の境にある路地の入り口の戸がどういう訳か閉まらなくなり、閉めようとすれば出来るのですが、かなりの力が要り、そのたびに大きなドスンと言う音が鳴るのです。そうすると隣の奥さんが「エライ大きな音がなって、家潰れるのかと思ったわー」って仰るの。これは大変、何とかしなくてはと、ドアを見てみると、こちらの塀が傾いてきて、それが影響している模様。塀を元に戻すのは大変だけど、ドアを少し削れば何とか解 [続きを読む]
  • 切手の目打ちで思わず発見!
  • 久しぶりに葉書を使うことなって、何にって?懸賞の応募なんですけど(当たらないと思うけど)。。絵葉書にすると目立ってよいかと思い、そうすると切手が必要になって、お年玉年賀葉書三等賞で頂いた切手があることに気が付いて出してきたら。目打ちの穴が不揃いな所があるのです。娘に聞いたところ、「戌年やから骨の形になってるんよー、可愛いやろー」って。ほんまかいなー。郵政も気の利いた仕事しはるんやわーと感心しました [続きを読む]
  • 伏見名水スタンプラリー
  • 大昔、同じ学校で過ごしたした連中と、、早い話、同窓生。「伏見名水スタンプラリー」で、大人の遠足して来ました。皆さん、今まで一度も降りた事のない京阪墨染の駅で集合だけど、京橋辺りから同じ車両になり、パンフレット見ながらワイワイガヤガヤ、おしゃべりしてると、隣にお座りの、スタンプラリーに行った事のある女性から、色んなアドバイスを頂き、幸先の良いスタート!墨染駅からスタートしてまず訪れたのは藤森神社、御 [続きを読む]
  • 相撲が面白い!
  • 最近のマイブームは、相撲です。春場所に相撲見物してから、相撲に嵌ってしまい、毎日テレビで観戦しています。ご贔屓の「遠藤関」は怪我で今日から休場で、とても残念ですが、他のって言ったら申し訳ないけど、楽しみなお相撲さんが一杯で、今場所もいい相撲を、沢山見ることが出来ます。中でも「阿炎関」が、若々しくて元気一杯で、昨日は白鵬を破り、大金星でお座布団の雨を降らしました。大戦後のインタビューも面白すぎて、「 [続きを読む]
  • 久しぶりにお芝居観て来ました。
  • 「雲の向こう、約束の場所」と言う舞台です。津軽海峡で、北と南に分断されてしまった日本で、それにより引き裂かれた人々と、そして蝦夷(北海道)にそびえてる謎の高く白い塔。それが謎ですの、まるで、この前見て来た「太陽の塔」みたい。その塔に二人の少年と少女が、手作り飛行機で飛んでいきましょうと、約束するのです。ザクッとですが、そんなお話ですが、そこに行くまで、三人の恋や、その少女が長い間眠ってしまう病気に [続きを読む]
  • 太陽の塔内部見学に行って来ました。
  • 2月頭に予約して、今月やっとこさ行くことが出来ました。なにやらドタキャンする不届き物が多いと新聞なんかで、書かれていましたが、私達はそんなことしません。真面目なのか、単に暇人なのか^^、きっちり予約した人数参加しました。太陽の塔は、皆さんご存知1970年万博のときに岡本太郎さんが「人類の進歩と調和」のシンボルとして立てられたそうです。その時成人式を迎えた私は、そんなこと全く知らずに、そういえば成人 [続きを読む]
  • 60の手習いその2
  • 今年は、着物にチャレンジちゅうことで、第二作目。一作目は、寸法間違いで、着物にならず、塵除けコートに化けましたが。今回は、着物っぽく出来上がりました。この反物は、男物のアンサンブル着物の生地一匹を半分お客様洋服のコートに仕上げ、残りを、頂いたものです。深い緑の紬が素敵でしょ。洋服作りの人間なのでどうしても、直線はミシンに頼ってしまい、和裁のベテランさんには、突っ込まれそうですが、「自分で着る分には [続きを読む]
  • おらおらでひとりでいぐも
  • 娘に勧められて、読みました。芥川賞受賞作で、作家さんが年齢が近いということもあり、気にはなっていたのです。買って読むほどでもかなーと思っていたら、勝手に買って(駄洒落のつもりは無いのですが^^)自分は読まずに「お母さんこれ読んだら?」ってなんやろねー。東北出身の70過ぎのお一人様暮らしの女性が、老いて行く不安や寂しさなどを抱えながら、惚れぬいたご主人の思い出や、離れて暮らす娘や息子の事など、独特の [続きを読む]
  • 新聞小説に嵌りそして新聞について考えた。
  • 久しぶりの投稿です。最近新聞小説に嵌ってまして、毎朝それが楽しみで真っ先に新聞を取りに行って、読んでます。橋本 治氏の「黄金夜界」ご存知、金色夜叉のリメイクみたいな。。そう、元は♪熱海の海岸散歩するー♪♪って、歌まであるかの尾崎紅葉さんの作品です。これも同じ新聞社の連載小説だったそうです。原作は、作者が未完のままお亡くなりになったので、最後は、どないなるのか楽しみでねー。内容は、現代風になっていて [続きを読む]
  • 小棒縞模様の塵除けコート
  • 今年の念頭の決め事は、【和裁にチャレンジする!】です。で正月からだいぶ経ちましたけど、在庫の反物を引っ張り出してきて、まずは単衣もんの着物を縫う事にしました。細めの棒縞なのでまっすぐに縫うにも便利だし、紬なので縫いやすい。洋裁に比べれば、和裁はデザイン起こさなくてもいいし、製図しなくても良いし、仮縫いもなし、針一本で出来上がるから、大丈夫、私にでも出来ると舐めてかかっていたら。。結果えらい難儀しま [続きを読む]
  • ♪春の準備!準備!
  • 何時までも寒い寒いなんて言うてたら、知らん間にすぐに春が来ますよー。ちゃっちゃと春の準備をしないとあきません。緑の綺麗なMilillyのワンピースをお持ちのお客様のご相談で、もうこんなの着ることもないし、捨てるのもったいないし。。。と言う事で、スカートにリメイクしましたよー。今春は、こんなウエストのスカートがお店にチラホラ目立ちます。丁度いい感じにリメイクできました。このデザインは、ウエストが細くないと [続きを読む]