香川まさひと さん プロフィール

  •  
香川まさひとさん: 香川まさひと
ハンドル名香川まさひと さん
ブログタイトル香川まさひと
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/yamakawaheitaro/
サイト紹介文『羊の木』DVD発売。レンタルも。『ましろ日』『前科者』連載中。
自由文『桐島、部活やめるってよ』について。
岩明均に初めて会った日。
好きなお笑い芸人のネタを勝手に書く。
漫画家志望の人へ
などなど、いろいろあるので、覗いてください。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/09/02 11:57

香川まさひと さんのブログ記事

  • じっとしてられない
  • 昨日の病院。看護師が患者に「MRIはやったことあります?」と聞いている。「やったことあるよ」「だったら要領はわかりますよね」「わかるけどよ、俺はじっとしてられないの、ダメなの、だから何度もやり直しになっちゃうのよ」『中井久夫との対話』読了。 中井久夫との対話: 生命、こころ、世界 作者: 村澤真保呂,村澤和多里 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/08/25 [続きを読む]
  • ヒント、エロ
  • みんなー!『僕が医者になったとんでもない理由 ヒント、エロ』というタイトルを思いついたよー!『未来の年表』『異才、発見!』読了。 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書) 作者: 河合雅司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/06/14 メディア: 新書 この商品を含むブログ (23件) [続きを読む]
  • どんなに高価な
  • どんなに高価なフランス料理よりも、二日絶食したあとの牛丼のほうがおいしいですよ、とAIが。『スエロは洞窟で暮らすことにした』読了。 スエロは洞窟で暮らすことにした 作者: マークサンディーン,Mark Sundeen,吉田奈緒子 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2014/03/06 メディア: 単行本 この商品を含む [続きを読む]
  • 燃やし方
  • 昨日。アパートへ来る道。カラスが鳴いて、どんどん集まってくる。チョウゲンボウがいるのかなと思ったら、マンションの給水塔にいた。カラスはぶつかるように突っ込んでは、まわりをぐるぐる旋回する。あっちからもこっちからもまだまだカラスは駆けつけてくるが、チョウゲンボウはじっと動かない。『金閣寺の燃やし方』読了。面白かった。 金閣寺の燃やし方 (100周年書き下ろし) 作者: 酒井順子 [続きを読む]
  • 最後にウズラ
  • チェーン店の中華屋で中華丼を食べる。大好きなウズラの卵を最後に食べたら、あれれとまずかった。ウズラの卵ってそんなに差があるのだろうか?あるとしてどこでその差が生まれるのか?中華丼を食べながら、店に入る前にブックオフで400円で買った写真特集の『kotoba』を読む。藤原新也の記事。小保方晴子さんの写真がある。「準強姦問題でジャーナリスト山口敬之を告発した伊藤史織」という文章もあり(写真も)、「え?」と思っ [続きを読む]
  • せいやが好きそう
  • 『おとこ友達との会話』読む。和牛、霜降り明星、ジャルジャル。白洲正子は霜降り明星のせいやが好きそう。 おとこ友達との会話 (新潮文庫) 作者: 白洲正子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/03/27 メディア: 文庫 : 3回 この商品を含むブログ (19件) を見る にほんブログ村にほんブログ村にほ [続きを読む]
  • 篠原烏童
  • 篠原烏童先生の新刊!2冊も! グラスの破片は猫のため息 2 クォート&ハーフ外伝 (Nemuki+コミックス) 作者: 篠原烏童 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/10/19 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る ファサード(19) (ウィングス・コミックス) 作者: 篠 [続きを読む]
  • 漫画研究会
  • バナナより熟した柿のほうが滑ります。『あのころ、早稲田で』読了。先日、和光大の学祭にカミさんが行ったのだが、漫研の展示がなかったらしい。潰れたのか? あのころ、早稲田で 作者: 中野翠 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/04/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る にほんブ [続きを読む]
  • 特別カバー
  • 通りすがりに聞こえた3歳くらいの女の子の言葉。「今日は頑張り過ぎちゃったよ」× × ×『ましろ日』5巻が発売されました。今回特別カバーです。目をつぶって触ってみてください。 ましろ日 (5) (ビッグコミックス) 作者: 香川まさひと,若狭星 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/11/30 メディア: コミック [続きを読む]
  • 志賀直哉
  • 志賀直哉の作品は……と言われれば、志賀直哉の作品が思い浮かぶが、直哉の作品は……と言われると、志賀直哉の作品は思い浮かばない。志賀の作品は……ならまだ大丈夫。『マルティン・ルター』読了。 マルティン・ルター――ことばに生きた改革者 (岩波新書) 作者: 徳善義和 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2012/06/21 メ [続きを読む]
  • カタカナが振ってある
  • どこで買ったか忘れたけどビートルズのCDを取り出して聞いてたら、歌詞カード、英語にカタカナが振ってあった。『小保方晴子日記』いろいろ思うことあり。 小保方晴子日記 (単行本) 作者: 小保方晴子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/03/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る [続きを読む]
  • 偏見だ
  • 優しい歌ばかり歌ってる人はたいがい優しくない、というのは偏見だと胸に書かれたtシャツを買う人は優しい人か、答えなさい。× × ×『新書75番勝負』読了。なかに、2010年3月21日東京芸術劇場『農業少女』のチケットが挟まれていた。発行は札幌パルコ。【新品】【本】新書七十五番勝負 渡辺十糸子/著ジャンル: 本・雑誌・コミック > 文庫・新書 > 新書 > その他ショップ: ドラマ楽天市場店価格: 1,296円楽天で詳細を [続きを読む]
  • おじさんの車の中に
  • アパートへ来る道。道路工事のおじさんの車の中に釣竿があるのが見えた。それだけでいろいろ空想できて(おじさんのことだけでなく、自分のことも)楽しい。『指揮官の条件』読了。 指揮官の条件 (講談社現代新書) 作者: 高嶋博視 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/10/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ ( [続きを読む]
  • ちょこんと座る
  • アパート。トイレへ行こうとして玄関のドアが目に入る。あ、犬がちょこんと座っている。と思ったら、今朝履いてきた灰色の長靴だった。『私はいったい、何と闘っているのか』読了。うまいと思った。笑った。え?と思った。ほほうと思った。面白かった。 私はいったい、何と闘っているのか 作者: つぶやきシロー 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/10/26 [続きを読む]
  • どっちがいいか迷う
  • コーヒー。寒いときはホット。暑いときはアイスを頼みますが、どっちがいいか迷うときもある。だからといってぬるいコーヒーが飲みたいわけではない。『昭和天皇』読了。 昭和天皇 (岩波新書) 作者: 原武史 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2008/01/22 メディア: 新書 購入: 1人 : 565回 この商品を含む [続きを読む]
  • 二日続けて
  • 昨日、今日と、二日続けてチョウゲンボウを見た。『「お金」って、何だろう?』読了。 「お金」って、何だろう? 僕らはいつまで「円」を使い続けるのか? (光文社新書) 作者: 山形浩生,岡田斗司夫 FREEex 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/11/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る にほ [続きを読む]
  • 尋常でない量
  • アパートへ来る道。鳥の羽がごっそり落ちてる。鳩がカラスにでもやられたんだろうか。と思ったら尋常でない量だった。あちこちずっと続いていて、なんじゃこりゃと思うのだが、どうやら捨てた羽毛布団が破れて、散乱してたみたい。『奇妙な菌類』読了。 奇妙な菌類 ミクロ世界の生存戦略 (NHK出版新書) 作者: 白水貴 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2016/04/09 [続きを読む]
  • おそろだった
  • 市民プール。歩くほう。足の調子が良ければ20周、ダメだと2周。今日は10周。終えて、風呂に入り、出てくると、私の脱衣籠の隣の中年小太りのおっさんが、ちょうど服を着てるところ。わ!私とまったく同じ柄のパンツを穿いてる!!駅前のイオンの安売りで買ったやつだな!!このまま隣でパンツを穿くと、おそろでコンビみたいな感じになるので、おじさんが離れるまで丁寧に体を拭いた。しかしコンビって、なんのコンビだ? [続きを読む]
  • 人生のすべて
  • 人生のすべてはハズキルーペから学んだ。× × ×録画してた『ネタパレ』観る。かが屋の設定におっとなる。セリフもうまいな。と思ったら木野花のアイデアに驚く。他の演者も良かった。ハナコと邦彦おじさんで声を出して笑う。『イレズミと日本人』読了。 新書816イレズミと日本人 (平凡社新書) 作者: 山本芳美 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2016/06/15 [続きを読む]
  • 日本語のほうが難しい
  • 仕事で神保町。古本祭り、ちょっとだけ。戦前の英語の教科書買う。50円。旧仮名遣いなので、英文よりも日本語のほうが難しい。『柳宗悦』読了。荒俣宏の『白樺』読みたくなった。 柳宗悦――「複合の美」の思想 (岩波新書) 作者: 中見真理 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2013/07/20 メディア: 新書 この商品 [続きを読む]
  • スウェデン
  • 亡くなった父のノートを見たら「ヘンな食べ物」とあって「スウェデンのニシンの発酵食品。シュールストミング。あまりに臭いので屋内で食べられない」とあった。『ロシア語だけの青春』読了。 ロシア語だけの青春: ミールに通った日々 作者: 黒田龍之助 出版社/メーカー: 現代書館 発売日: 2018/03/17 メディア: 単行本 [続きを読む]
  • おかしくない話
  • 二泊三日で旅行。ホテルの部屋。朝、31階の窓から見たら、目の前よりさらに高い空をトビが飛んでいる。獲物を探してるにしてはそこまで目が良いか?と思ったけど、調べると50メートルの高さから、1,5センチのものが識別できるらしい。31階を高さ100メートルとすれば、おかしくない話になる。『教養としての大学受験国語』読了。 教養としての大学受験国語 (ちくま新書) 作者: 石原千秋 出版 [続きを読む]
  • 裁判の傍聴
  • 今朝、アパートへ来る道。山肌がいつもと違う色だなと思ったら虹がかかっていた。× × ×先日の一泊二日の仕事。ホテルの朝食バイキングがとてもよかった。牛乳がうまいのがうれしい。裁判の傍聴を二日間。出てくる検事たち、弁護士、みんな読み上げが早口。こんなに早口だったけか?石原千秋の『大学生の論文執筆法』読了。 大学生の論文執筆法 (ちくま新書) 作者: 石原千秋 出版社/メーカー [続きを読む]
  • ハンミョウ
  • 朝、録画してた香川照之の『昆虫すごいぜ』のハンミョウの回見る。見終えて、「よし、今日はいつもの道じゃなくて、神社通ってアパート行くぞ」と神社寄ったら、いましたよ!ハンミョウ!『出会い系サイトで?』読了。 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 作者: 花田菜々子 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/04/17 [続きを読む]
  • 古書ビビビ
  • とっても良い古本屋古書ビビビさんが、ツイッターで私のことを書いてくれた。ありがとうございます。でもまだ「あの客だ」とはわかってない気配が。たしかにカミさんは友達と遊びに行ってますが、私もスズナリにできたばかりのころ、よく行きましたよ。ほらほら。例のあの客ですよ。 逃亡花スペシャル 決死行編 (Gコミックス) 作者: 和気一作香川まさひと 出版社/メーカー: 日本文芸社 [続きを読む]