ぷかぷかくん さん プロフィール

  •  
ぷかぷかくんさん: ぷかぷか日記
ハンドル名ぷかぷかくん さん
ブログタイトルぷかぷか日記
ブログURLhttp://pukapuka-pan.hatenablog.com/
サイト紹介文ぷかぷかスタッフによる元気日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2013/09/04 10:02

ぷかぷかくん さんのブログ記事

  • セノーさんのおかげで、いい人生。
  • 先日セノーさんのお父さんの誕生日に朝一番「誕生日おめでとうございます。ケンスケくんのおかげでいい人生、生きていますね。」ってメッセージ送ったら、「ありがとうございます。今、ケンスケが幸せなのは高崎さんのおかげです。」と返ってきたので「いやいや、私も彼のおかげでいい人生送らせていただいています。」と返しました。 これは正直な私の気持ちです。人の心をこんなにも癒やしてくれる人は、そうそういません。 心 [続きを読む]
  • これからどんな風に物語が広がっていくのか、すごく楽しみ
  •  淡路島で自然農法をやっているビオアグリの代表柏木さんが来ました。ぷかぷかとコラボをするためにぷかぷかを見たいということと、20日に東京の目黒にアンテナショップをオープンするので、その打ち合わせできました。 お店にはビオアグリメンバーの似顔絵も飾ろうと思っています。段ボールの素朴な額に入れる予定です。 アンテナショップではビオアグリの商品と並んで、ぷかぷかのパン、焼き菓子なども販売します。ビオア [続きを読む]
  • 排除される側は、どこまでもやさしい
  •  Facebookに載ったセノーさんの寝顔を見てファンになり、訪ねてきた方がいました。www.youtube.com  うれしいですね、こんなふうに訪ねてきてくれるなんて。 セノーさんは寝ながらファンを増やし、社会を変えているのだと思います。 私たちがいくら声高に「共生社会を目指そう」とか「共に生きる社会を作ろう」と叫んでも、そういう社会はなかなか実現しません。いろんな活動をしても、思うように前に進みません。 セ [続きを読む]
  • 一本の柱を立てたところから始まったぷかぷかが…
  •  ぷかぷか8周年のイベントがありました。ツジさんの歌、ゆずの『栄光の架け橋』から始まりました。途中、「ぷかぷか8周年、おめでとう、ワオ!」って叫んでいました。うれしいですね、ツジさんにそんなふうに言われて。ツジさんは創設当初からのメンバーです。ですから、それなりの思いがあったんだと思います。「おめでとう、ワオ!」って。高鳥さんのギターで『あの広場の歌』。高鳥さん、ワークショップでこの歌を歌ってすご [続きを読む]
  • 4万円からはじまった物語
  •   区役所の区政推進課の職員Kさんが、異動になりますと挨拶に来ました。Kさんは採用1年目でぷかぷかを相手に仕事をやったので、ま、いろいろ大変だったようです。 区政推進課とのおつきあいは、地場の野菜を使う地産地消を通した関係でした。Kさんが来たときも秋の区民まつりでぷかぷかのおからを出す費用の打ち合わせでした。おからの費用が6万円で、区役所が用意している予算が10万円でした。差し引き4万円が残ります。それは [続きを読む]
  • 「決して忘れない」という言葉はどこへ行ってしまったんだろう
  •  神奈川新聞「時代の正体」に、相模原障害者殺傷事件の犯人に面会に行った話が載っていました。www.kanaloco.jp 《 事件からまもなく2年。社会は変わったか。そんな問いは無意味の思えるほど風化が進み、事件直後にあちこちで耳にした「決して忘れない」という言葉がむなしく感じられる。 》と、記事にありました。そういえばあれだけみんな口にしていた「決して忘れない」という言葉はどこへ行ってしまったんだろうと思います [続きを読む]
  • 100年先を見据える
  •  昨夜、井土ヶ谷アーバンデザインセンターで開かれた「よこはまYYラボ」のイベントに行ってきました。ぷかぷかも15分ほどプレゼンやらせていただきました。「街の人を巻き込むための仕掛けは?」ということも話題に上がっていたので、ぷかぷかがやってきたことをいろいろお話ししてきました。太陽住建社長の河原さんは、会社の説明のあと、ゆるいつながりが思ってもみない価値を生んだ、というようなお話をされました。クジラの [続きを読む]
  • 私は?よくわかりません状態でした。
  •  セノーさん、今日はお父さんと一緒に映画を見に行ったようで、お父さんのFacebookに、本人はおもしろかったそうですが、私はよくわかりません状態でした、と書いてあって、笑ってしまいました。www.facebook.com この謙虚さがいい!と思いました。本当にいいお父さんです。 セノーさんに限らず、どのぷかぷかさんもわからないこと、感心することがたくさんあります。そのわからなさに私達がどこまで謙虚に向き合えるか、という [続きを読む]
  • 注文の多い料理店・序ー手話による表現
  •  1月の表現の市場では、『注文の多い料理店・ぷかぷか版』の「序」の部分をデフパペットシアターひとみのみなさんにやっていただきました。pvプロボノの信田さん、高橋さん、藤木さんに記録を撮ってもらい、その編集が終わりました。最初カメラ6台も使って撮る意味がよくわからなかったのですが、この映像を見て納得できました。6台で撮った映像を編集することで、こんなすばらしい映画ができあがるんですね。なんとなくぼんやり [続きを読む]
  • 8年前 一本の柱を立てた。
  •  4月14日(土)のぷかぷか8周年のイベントで、演劇ワークショップで歌った「あの広場のうた」を歌う予定で、今、毎日みんなで練習しています。歌いながら、あらためて、ぷかぷかって、みんなにとってとても大切な広場だったんだなという感じがしています。 ぷかぷかにはいつもの朝、いつもの夜がやってくる。 あれ、ここはどこだっけ、とふと思うことがあっても、ここはいつもの場所。 でも、どこかちがう。ここはどこかに似て [続きを読む]
  • 筑豊の「虫の家」で上映会とお話
  •  7月21日(土)13:30〜16:00 福岡県の筑豊にある筑豊共学舎「虫の家」(福岡県鞍手郡小竹町大字御徳167番地の30)で「相模原障害者殺傷事件2周年・追悼の集い」があります。そこでぷかぷかのプロモーションビデオカナダ版の上映と相模原障害者殺傷事件についてトークセッションします。問合せは09496−2−6003 gujinan@utopia.ocn.ne.jp 「虫の家」のホームページです。私たちの「障害」観は、短い文章ですが、本質的なと [続きを読む]
  • ぷかぷか8周年
  •  この4月でぷかぷかは8年目を迎えます。開設当初のことを思えば、潰れもせず、よくぞ持った、とほめてやりたいくらいです。それくらい初期の頃は大変でした。8年目にしてようやく組織全体が前に向かって動き始めたと実感しています。  先日横浜市市民活動支援課主催の「ファンドレイジング講座」に行ってきました。NPOが活動のための資金を集めるにはどうしたらいいか、をテーマにした講座です。ぷかぷかはいろいろやっています [続きを読む]
  • ヨコハマアートサイト 今年も満額回答を目指して
  •  ヨコハマアートサイトの「横浜で地域と共に活動する芸術文化事業」に今年も応募しました。ぷかぷかさんと地域の人たちが一緒になって行う演劇ワークショップの企画です。ヨコハマアートサイト 昨年は満額回答の100万円ゲットしたので、今年もそれを目指してかなり気合いを入れて書きました。やる内容は同じ演劇ワークショップなのですが、それを去年とはなるべくちがう言葉で表現します。限られた枠の中で、どこまで思いを書き [続きを読む]
  • 北秋田に ぷかぷかがやって来る!
  •  北秋田から電話があり、5月26日(土)のイベントのチラシを作って欲しい、というものでした。pukapuka-pan.hatenablog.com  チラシのタイトルはなんですか?と聞くと「北秋田に ぷかぷかがやって来る!」だそうです。うれしいですね、そんなふうにぷかぷかを受け止めてもらえるなんて。 ワークショップ、上映会、トークセションを通して、「ぷかぷか」の風を北秋田に吹き込みたいようです。ぷかぷかの理念、なんてまじめなとこ [続きを読む]
  • 子ども達はほんとうに楽しかったようです
  •  学童の子ども達といっしょにパン教室やりました。 子ども達はほんとうに楽しかったようです。あっ、楽しい!っていう子ども達の気持ちがビリビリ伝わってきました。そんな楽しさの中に、当たり前のようにいるぷかぷかさんたち。ぷかぷかさんたちはパン教室に関してはみなさんベテランですので、何も言わなくても、きっちりとやるべきことをやってくれます。それを子ども達はちゃんと見ています。 ひょっとしたら、大人たちから [続きを読む]
  • 『やさしくなあに〜奈緒ちゃんと家族の35年』が上映されます。
  •  3月25日(日)午後3時から大倉山ドキュメンタリー映画祭で『やさしくなあに〜奈緒ちゃんと家族の35年』が上映されます。o-kurayama.comisefilm-movie.jimdo.com 映画のプレスリリースに「2016年夏、毎年のように通い撮影し続けた奈緒ちゃんの誕生日。 撮影は34年目となり、奈緒ちゃんは43才になった。」とあって、その半月後に相模原事件が起こります。奈緒ちゃんのお母さん(映画の監督のお姉さんにあたります)は「奈緒ちゃん [続きを読む]
  • 大人はもっともっと自由にならないと
  •  2月のもえぎ野パン教室で知り合ったこーちゃんがお母さん、お兄ちゃんといっしょに、ぷかぷかにお昼ごはんを食べに来ました。ぷかぷかさんのお昼ごはんのランチ、おいしいおいしいと言って食べ、スタッフを喜ばせていました。 久しぶりに会ったこーちゃんですが、そばにいるだけで幸せな気持ちになります。こーちゃんの持つ雰囲気というか、こーちゃんの発するオーラというのか、心がなごむのです。 お母さんは、いろいろ大 [続きを読む]
  • ヨコハマアートサイトの2017年度の報告会がありました
  •  演劇ワークショップの助成金をもらったヨコハマアートサイトの2017年度の報告会がありました。27もの団体が発表するので、1団体の持ち時間はわずか3分。それでも3時間にわたる報告会でした。 《石川町ストリートアートプロジェクト》《子どもの感性を刺激する光と音と動きの体感アートイベント》《特集上映「変わりゆく街、変わりゆく子ども達ーハマを見つめたドキュメンタリー映画」》《障害者も健常者も分け隔てなく生きた芸 [続きを読む]
  • 音に耳をすます時間があってもいい
  •  1年続いた宮沢あけみさんの音楽のワークショップの最後の日。www.youtube.com 宮沢さんとは第一期演劇ワークショップの記録映画を作ってもらって以来のおつきあい。シュタイナー教育の中の音楽療法士の資格を取るのだそうで、そのための実習として1年間、こんなワークショップをやってもらいました。 資格を取ったあとはワークショップは有料になるので、お金のないぷかぷかとしては残念ながらやめるつもりでいました。 と [続きを読む]