ソウルマン さん プロフィール

  •  
ソウルマンさん: 嘘八百のこの世界
ハンドル名ソウルマン さん
ブログタイトル嘘八百のこの世界
ブログURLhttp://otisdury.blog.fc2.com/
サイト紹介文ロック・ブラックミュージック・ワールドミュージック等幅広く「本物」の音楽を追求しています。
自由文ピーター・バラカン氏の「Weekend Sunshine」をいつも聞いています。日本のロックでは忌野清志郎とPANTAが特に好きです。最近のミュージシャンではamazarashiが気に入っています。
また、この世界があまりに嘘にまみれているため、真実を追究するための手段としての読書感想やメッセージを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供488回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2013/09/04 11:35

ソウルマン さんのブログ記事

  • 「 Evil Gal Blues 」Dinah Washington、Aretha Franklin
  • 昨日12月14日は、ダイナ・ワシントンの命日でした。ダイナは、アメリカン・フットボール選手のディック"ナイトトレイン"レインとの結婚の僅か半年後に亡くなりました。わずか39年の生涯でした。今日の1曲は、ダイナ・ワシントンの「 Evil Gal Blues 」です。アリサ・フランクリンのヴァージョンです。 ポチッと押してもらえると、明日への活力となりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「It Was A Very Good Year」Kingston Trio、Frank Sinatra 、Ray Charles and Willie Nelson
  • 今日の1曲は、「It Was A Very Good Year」です。この曲は、1961年にアービン・ドレイクが作詞作曲したものです。人生の佳境にさしかかった男が昔を振り返り、「あの頃はよい年だった」「自分の人生をヴィンテージ・ワインのように思う」と、歌う曲です。今年ももうすぐ終わろうとしていますが、この曲のタイトルのような年でしたでしょうか?クレイジー・ワールドの現状を見る限り、私にはとてもそのようには感じられません [続きを読む]
  • 「Shake」Otis Redding 、Sam Cooke
  • 昨日10日は、オーティス・レディングの命日でした。本日11日は、サム・クックの命日です。サム作の「シェイク」で聴き比べをしたいと思います。両者とも、あまりに早くに他界してしまいました。私は、両者の死因に裏があると感じています。偉大なる2人のソウルメンに乾杯!オーティスの1966年のライヴです。サム・クックのヴァージョンです。(歌詞付き)https://www.youtube.com/watch?v=iMo0vWHVp3I ポチッ [続きを読む]
  • 「パレスチナからSOS」 by PANTA
  • 「パレスチナ〜トランプ〜北朝鮮〜ICAN〜創価学会」まずは、この曲を聴いてください。「パレスチナからSOS」敢えて多くを語りません。一連のニュース記事を見て、ご自身で「真実が何か」を考えて頂ければ、と思います。私には「全てが芝居」のようにしか思えませんが・・・http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i37599パレスチナ・ガザ地区でのパレスチナ人殉教者の数が増加(動画)2017年12月09日20時20分パレスチナ・ガザ地 [続きを読む]
  • 「Happy Xmas [War Is Over]」John Lennon
  • 今日は、ジョン・レノンの命日です。「Happy Xmas [War Is Over]」をお届けします。ジョンと一緒に歌っているのが誰なのかは忘れましたが・・・「戦争は終わる あなたが望めば」と歌われていますが、私は、「戦争の真実」を理解しなければ、「戦争を終わらせる(または、始めることをやめさせる)ことはできない」と思います。原因が理解できていないのに、結果を変えられるわけがないのです。学校やテレビが絶対に 伝えない「戦 [続きを読む]
  • 「 War」 Edwin Starr 、Bruce Springsteen
  • 今日の1曲は、エドウィン・スターの「War」です。「戦争、どこがいいんだ? いいことなんか全くあるもんか!」 99%の国民は、そんなことは分かっています。しかし、1%の「戦争に行かない」悪魔勢力が、自分たちのみの「いいこと(金儲けと人口削減)」を生み出すために、戦争を「つくりだす」のです。その「いいこと(金儲けと人口削減)」を生み出すための演出の一つが、「NHKによって報じられる」北朝鮮ミサイル映像なの [続きを読む]
  • 「Is That What You Fought The War For?」Stiff Little Fingers
  • 今日の1曲は、Stiff Little Fingersの「 Is That What You Fought The War For?」です。「何のためにお前は戦争で戦うの?」このシンプルなメッセージが心に響きます。1%の悪魔勢力が仕組んだ仕掛けに騙されて、八百長戦争に参加してはいけません。トランプと安倍と北のカリアゲ君は、皆グルでありトモダチです。そうでなければ、国交のない北朝鮮のミサイル発射映像が、瞬時に「敵対しているはずの」西側国家のテレビで報じら [続きを読む]