haru さん プロフィール

  •  
haruさん: お化粧本舗
ハンドル名haru さん
ブログタイトルお化粧本舗
ブログURLhttps://ameblo.jp/okeshouhonpo/
サイト紹介文スキンケア&メイクアップを楽しくするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/09/05 00:58

haru さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 泡立てネット、お使いですか?
  • スポンジ(パフ)は、ファンデをつけたり、その量加減やお肌への定着に。 綿パフ他は、フェイスパウダー使用時に。 チークブラシは、パウダータイプのチークカラーを使うときに。 ウレタンチップは...。 のような、各化粧小物とコスメ(メイク関係)の関係。  ▼  では、スキンケアとなると...。 基本、スキンケア関連コスメは"清潔な手&指"で使用。 化粧小物としては、コットンや綿棒がありますが、使わなくも問題あり [続きを読む]
  • サラっとしたフルボ酸配合ハンドクリーム
  • 香りなし。 なめらかさ・密着感。 そして、べたつき感がなくサラっとした使用感♪   商品名:鎌倉味噌工房はんどくりーむ。 製造発売元:エンザイム株式会社 シンプルなデザインもステキです(^▽^)  また、どうして鎌倉味噌工房さんとフルボ酸のエンザイム株式会社さんとのコラボなのか...。  詳しくは、こちらで。   [続きを読む]
  • アイテムの美的な演出
  • コットン、ティッシュ、綿棒。 施術に使う使わない問わず、必ず用意すべきアイテム達です。   写真は、ペニンシュラホテルのアスレチッククラブ、備え付けのコスメコーナー。その綿棒の組み方です。※ "譚夫人(マダム・タン)の欲深的香港の旅"より  実用的かは別としても、綿棒が主役になるこの美しい組み方。 ただ、並べたり、容器に入ったままより美的な工夫に感心。  ※ 撮影現場では、衛生面から1本1本梱包されてい [続きを読む]
  • カワイイ、シュシュを見つけました♪
  • お友達のこと...。 知っているようで、知らなかったです。 こんな、才能あるとは♪  KIYOが創る、ハンドメイドのシュシュが可愛いい(^-')  ▼   撮影で使うため、シュシュを探す楽しみはありますが浴衣やメイクアップにあわせやすいデザインは秀逸♪  メイクは、ピンク系やヌードカラーでまとめれる。 ブルーで涼しげ演出か、パープルのアイカラーでアダルトに。  着物や浴衣メイク原則、"布色(帯ほか)から1色"が [続きを読む]
  • 台湾発ボタニカルコスメ、緑豆薏仁粉
  • 台湾にいくたびに、必ず買うのが緑豆洗容素です。 "緑豆洗容素"で検索すると、多くの試用報告や使い方の動画があります。  なぜ、緑豆洗容素? 成分が、緑豆だけで抜群の美肌効果があること。 それに尽きます。  ▼  今回の台湾コスメ視察では、いつもの廣源良さんのが全く見当たらず、斯儂恩さんの『緑豆洗顔粉』(袋入り)と『緑豆薏仁粉』。  ※ 薏仁は、ハトムギ粉 ※ 購入は、勝立生活百貨にて  緑豆洗顔粉でも [続きを読む]
  • コスメと遊んで♪
  • 資生堂昨今、少しだけ美容を意識しだした男性達から、「ハルさん、シャンプー何使ってんの?」 「せんせぃ...。おススメ、ありますか?」 「なんで劣化しないの?全然かわらなすぎ!」 ※ ハルさんとは、僕のこと(笑)  治仁と書いて、ハルヒトと読みます。 と、年令不詳の秘訣(?)を訊かれます。  男性で、このようなお仕事していると期待されている見栄え。 特に、毛髪やお肌は驚かせないと(^e^;  ▼  そのため、 [続きを読む]
  • コスメの扱い方が原因なことも...。
  • ネットで、「これが知りたかったステキ記事(投稿)!」とワクワクしながら同じことをしてみても...。 解決につながらなかったということも...。  例えば、マスカラ。 「ダマにならないマスカラ」を考えてみます。  これは、マスカラの品質や容器やマスカラブラシよりも、その方のマスカラの扱い方が原因なことも。 単純に、ほとんどマスカラ液が空であっても、「まだ使えるはず!」と頑張ってしまうと...。 中の液が濃縮 [続きを読む]
  • メイクで疲れませんか?
  • 全くコスメを使わず、手振りでエアーメイク。 それで、何がわかるでしょうか?  コスメを使い、メイクをするとどうしても"上手く仕上げよう"意識で大切なことを見落としてしまいます。   何が大切?   肘の位置や動きです♪ お友達がメイクをしている姿や、電車の中でメイクされている方をご覧になったことありますか? 皆、同じ動きをしながらメイクしてそうでも、決定的に肘の位置や動きが違います。  肘を身体につ [続きを読む]
  • アイカラー(アイシャドウ)に迷ったら...。
  • 今日の服にあったアイメイクをしたい!  特別な用意は必要ありません。  シンプルに服(着物も含む)より1色。 同系色のアイカラー(アイシャドウ)を使います。  もし、服に柄がある場合、その中より1色。 ブルーならば、迷わずブルーを...控えめに...。 白の場合...。 普段使う頻度の高いアイカラーで♪  その日に着られる服より、アイディアをもらいましょう。  プロが、多くのアイカラー(カラー、質感、タイ [続きを読む]
  • 夏期、コスメの注意事項
  • コスメは、お肌のパートナー。 より親密度をあげるには...。 お使いのコスメ本体や箱に書かれている説明書を読まれること。 1回の使用量(使う量)や使うタイミングが明記されています。  そして、コスメ自体がいつも同じコンディションで使えること...。  ▼  ご存知の通り「コスメは冷暗所で保管」です。 直射日光は厳禁。 そして、お部屋の中でも、できるだけ温度変化の少ない場所にコスメを置いておくことです。  [続きを読む]
  • いつも持ち歩いている、資生堂 スポッツカバー
  • プライベートでもアドバイスを求められる職業ですので、その用意はいつでもできています(^▽^) しかし、口頭で説明だけでは、伝わりずらいことも...。 特に多いのは、スキントラブルのカバー。 そこで、いつもカバンに忍ばせているコスメで秒単位で解決です  ▼  資生堂スポッツカバー ファウンデイション。 1980年発売のロングセラーです。  マツキヨで、900円前後でお買い求めできますが、 S100、S101 [続きを読む]
  • 過去の記事 …