spad さん プロフィール

  •  
spadさん: 7ヶ国語を学習中!多言語会話を楽しむコツ
ハンドル名spad さん
ブログタイトル7ヶ国語を学習中!多言語会話を楽しむコツ
ブログURLhttp://spanish-study.blogspot.jp/
サイト紹介文多言語会話を楽しみたい人や旅行を計画している人へ学習のポイントをお伝えします。
自由文スペイン語の会話を楽しみたい人のためのブログとして始まりましたが、今年はタイ語とアラビア語、ロシア語、フランス語を勉強しはじめて、今はミャンマー語も学習中。どうしたら効率的に短期間に外国語を話せるようになるかメソッドを考えるようになりました。皆さんにも分かりやすく伝えられるようにがんばります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/09/05 21:23

spad さんのブログ記事

  • ドイツ語 第12回 「最近は」にも2通りの言い方があるのは驚き
  • もうかれこれドイツ語を学習し始めて半年になるけどドイツ語を知れば知るほど、学習しやすいので特に、英語の下地がある日本人には向いているのではないかと思う。理由としては、まずスペルを発音しやすい。これは外国語学習が英語のみだと気が付きにくいが、意外と英語の綴りはイレギュラーが多いことに気が付く。でも、ドイツ語はルールにのっとっているのでそれほど初めての単語でも発音が違うという事が少ないのが特徴だ。次に [続きを読む]
  • 第1回〜第10回のドイツ語学習のまとめ
  • 第10回までのドイツ語学習をまとめてみました。オリンピックまでまだ3年あります。地道に学習していきましょう。第1回学習計画を考えてみる。その1詳細はコチラ第2回ドイツと英語の似ている点と基本の挨拶(おはよう、こんにちは、こんばんわ)詳細はコチラ第3回別れの挨拶をいろいろな表現でしてみる(「次回会おう」、「あとでね」、「じゃあね」など)詳細はコチラ第4回シーン別ドイツ語フレーズ レストラン編その1詳細 [続きを読む]
  • ドイツ語 第8回 感情を表すドイツ語表現の数々
  • 言語によりますが、一説によると1000語憶えると、ある程度の日常会話ができるみたい。確かに、専門用語や議論は別として、1日の会話で使う単語はそれほど多くない気がする。仮に1日に10個の単語を憶えるとして、100日で1000個なので約3か月ちょいがんばれば達成できる。問題はどの単語から憶えていくかですね。基本的な動詞から憶えるのは、言葉の成り立ちが動詞からと思っている私にとっては重要で、次に基本の形容詞や副詞、日 [続きを読む]
  • ドイツ語 第7回 「この単語で例文をください。」をドイツ語でいうと?
  • 私がいろいろな言語を勉強してきて思うのは単語帳を作って、単語だけを憶えようとしても全然頭に入ってこないこと。人によっては、単語だけでも記憶してしまうのかもしれないけど、私には難しいのです。だから例文を作って単語を憶えるようになって改めて気が付いたのは、例文から文法が自然と理解できるし、関連する単語も憶えられる。さらに自分が例文を作る場合は、脳の文章構成領域が活性化されるようでぜひお勧めしたいです! [続きを読む]
  • ドイツ語 第6回 町中でドイツ人と出会った時の会話例1 後半
  • 前回の記事の続きですが、ちょっとした会話でもたくさんの単語や文法が勉強できます。私は単語だけを覚えるのがとても苦手で、さらに覚えたとしても、どう使っていいのか分からないし会話の中で現れても聞き逃すので、例文で単語を覚えるよにしていますよ〜さて前回の続きです。ドイツ語で質問していると相手にこう聞かれるかもしれません。Wo haben Sie Deutsch gelernt?どこでドイツ語を習ったのですか?Woが「どこ}英語のwhere [続きを読む]
  • ドイツ語 第4回 シーン別フレーズ レストラン編その1
  • ドイツへ旅行であったり日本でもドイツレストランであれば使えるフレーズを考えてみました。Wie lange muss ich warten?どのくらい待たないといけないですか?予約していなかった場合など、レストラン以外の状況でも使えそうですねEntschuldigung, meine Dameすいません(女性店員を呼ぶとき)Entschuldigung, mein Herrすいません(男性店員を呼ぶとき)Was können Sie mir empfehelen?お勧めは何ですか?英語でやや強引に訳すと [続きを読む]
  • フランス語 第26回 「次の〜」のニュアンスを整理してみる
  • スペイン語が解るし、アルファベット表記なので、フランス語の文章の意味を推測するのはそれぼど抵抗がなかったのだけど、学習始めたての頃は予想以上にリスニングが難しくて苦戦してたな〜でも、地道な学習の成果なのか、少しづつ耳が慣れてきて、相手の言っていることが全く分からない事が減ってきているし、初めて話す人からフランス語上手なんて言われたり、、 自分自身は変わらず会話に集中しているだけなのに、相手の反応が [続きを読む]
  • 中国語 第17回「〜の時」は日本人には使いやすい表現だと思う
  • 中国語を少しづつ話せるようになると以前は、中国語が早口で怒っているような印象だったけど今は全くそんな感覚はなくなってしまった。この感覚が出始めると、その言語の癖というかリズム、雰囲気を理解し始めてきているのでいい傾向だと思ってます。日本人は漢字が読めるから、他の言語よりは上達スピードは速くなると思います。ただし、中国語は日本語と同様に物事の表現がいろいろあるので、奥深いのは確かです。まずは日常会話 [続きを読む]
  • 私が多言語会話にハマる理由(多言語学習のポイントあれこれ)
  • 去年はなかなか時間がとれなくて言語学習がなかなかできませんでした。久しぶりにオンラインレッスンで中国語とフランス語を勉強してみて改めて多言語学習の楽しみを感じました=そもそもなぜ私が多言語学習、特に会話に特化して学習したいと思うのは私自身が外国語の本を読んだり、外国語で文章を書きたいというより出会ったネイティブの外国人との会話が楽しいと思っているからです!会話というのは、その時々で話の展開が変わる [続きを読む]
  • 中国語 第16回 必ず使う「ちょっと待って」の表現
  • 言語学習者にとって、日本語で会話している時より圧倒的に使うであろうフレーズですよね。なぜなら、言いたい事がすぐに出てこない事なんて日常茶飯事で、その無言の間がより焦りを増してきますよね。ただそんな時に一言このフレーズを言えれば相手も何か言いたいんだなと思い素直に待ってくれますし、こちらも冷静に単語や他の表現を思い出せます。いくつか例を挙げますね。?等一下(Qǐng děng yīxià チンドンイーシア)ち [続きを読む]
  • 中国語 第14回 「予定」の表現もいろいろあるので使ってみよう
  • 会話の内容について考えてみると、自分や相手の予定を聞いたりすることが多いですね。旅行の予定や仕事の計画、今日や明日の予定などなどとなるとその表現を覚えとくのはきっと重要だろうということでいくつかご紹介します。你打算在日本住多????(Nǐ dǎsuàn zài rìběn zhù duō cháng shíjiān? ニーダースアン ジュウ ドゥオ チャン シージエン)あなたはどのくらい日本にいますか?打算が予定を聞く単語です [続きを読む]
  • 中国語 第13回 「〜に慣れた」を日常会話で使いたい
  • 日本人にとって中国語学習は楽かもしれない。漢字を見て意味がある程度分かるので、その文章の概念が素早く頭に入り、文章の記憶もしやすくなるからだ。恐らく欧米人にとっては非常に難しいだろうしかし、近年はその漢字を使う日本語を話せる外国人が増えているのも事実だ。以前知り合った外国人は、日本語の会話がスムーズだったが読み書きはできないと言って驚いた経験がある。外国語を読み書きから勉強してきた日本人にはピンと [続きを読む]
  • タイ語 第28回 「説明が難しい」困ったときに使える便利な表現
  • 大人になって英語以外の外国を学習することは英語と違って、単語を全く知らないので、言いたいことを表現できないものだから自分が再び赤ちゃんになったかのような感覚になり自分に自信が持てなくなります。このショックが、多くの人が外国語学習を継続できない要因かと思います。大人になって恥ずかしい思いはしたくないですからね。ただ、このハードルは、ある程度の語学力になっても待ち受けているので、とても重要なのは、通じ [続きを読む]
  • 中国語 第12回 「どんまい」「問題ないよ」は気楽に使いたい表現ですね
  • 誰かと何かをするときは、迷惑をかけてしまう事もしばしば。または、どんな状況でもミスが発生してしまう事もありますよね。今回の表現は相手が何か間違えて、誤ってきたらさらりと使いたいです。没?系(Méiguānxì メイ グアンシ)どんまい英語だとit's OKなのですが日本語で「どんまい」って最近使っていない気がしてきました。そもそも「どんまい」も英語のDon't mindから生まれているので純粋な日本語表現ではないですね [続きを読む]
  • 第1回〜第10回の中国語(普通語)学習のまとめ
  • 第10回までの中国学習をまとめてみました。 第1回中国語を学習してみることにしました。詳細はコチラ第2回やはり基本の挨拶から学習していきましょう!詳細はコチラ第3回「ありがとう」の言い方詳細はコチラ第4回「ごめんなさい」と「すいません」はやっぱり知っておくべきかな。詳細はコチラ第5回「もう一度言ってください」は学習始めは絶対使いますね。詳細はコチラ第6回「私にとって」「あなたにとって」の表現は発音 [続きを読む]