知財通り さん プロフィール

  •  
知財通りさん: 知財通りの文化亭
ハンドル名知財通り さん
ブログタイトル知財通りの文化亭
ブログURLhttp://joumonjin.blogspot.jp/
サイト紹介文特許、著作権等の知的財産の話、弁理士試験情報、博物館・美術館の利用者数、コーポレートカラー一覧を掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 42日(平均9.2回/週) - 参加 2013/09/06 01:28

知財通り さんのブログ記事

  • 北村行夫・雪丸真吾編著「Q&A 引用・転載の実務と著作権法」
  • 北村行夫・雪丸真吾編著「Q&A 引用・転載の実務と著作権法〔第4版〕」中央経済社 2016年10月オススメ度目的や学習レベルごとにオススメ度を最高評価★?5で示しています(☆は0.5)。「一般」は著作権について大まかに知りたい方、「初学者・学部生」は著作権を基礎からしっかり勉強したい方、「大学院生」は司法試験で知的財産法を選択する方、「実務者」はメインの業務で著作権に携わる方が目安となります。 一般 ★★ [続きを読む]
  • 著作権の本棚(30) 中山信弘著「著作権法」
  • 中山信弘著「著作権法〔第2版〕」有斐閣 2014年10月 オススメ度目的や学習レベルごとにオススメ度を最高評価★?5で示しています(☆は0.5)。「一般」は著作権について大まかに知りたい方、「初学者・学部生」は著作権を基礎からしっかり勉強したい方、「大学院生」は司法試験で知的財産法を選択する方、「実務者」はメインの業務で著作権に携わる方が目安となります。 一般 ★★★☆初学者・学部生 ★★★★大学院生 ★★ [続きを読む]
  • 混迷のインターネット著作権史1.1.2 水野錬太郎と旧著作権法
  • 1.著作権法事始より 2.水野錬太郎と旧著作権法明治32年の著作権法は、昭和45年(1970年)の全面改正まで七十余年という長寿の法律となった。ベルヌ条約の要求水準に合わせたために先進的な内容となったこともあるが、その制定の中心となった水野錬太郎が著作権思想をよく理解していたため、制定当初からかなり洗練された内容だったという点も忘れてはならない。水野錬太郎は、明治期を代表する官僚・政治家の一人であり、朝 [続きを読む]
  • 混迷のインターネット著作権史1.1.1 著作権法事始
  • Ⅰ.前史 第1章 著作権略史1.著作権法事始日本に初めて著作権法が登場したのは、インターネットが普及する1世紀前、明治32年(1899年)のことである。それまでも版権条例などによって、出版物や写真、楽譜、脚本などには、独占的な権利が与えられていたが、登録が保護の条件であったり、絵画や彫刻といった美術品が対象に含まれていないなど、近代的な法制とは程遠いものではあった。それが、明治32年の著作権法の制定・施 [続きを読む]
  • 著作兼の本棚( 28) 渋谷達紀著「著作権法の概要」
  • 渋谷達紀著「著作権法の概要」経済産業調査会 2013年9月オススメ度目的や学習レベルごとにオススメ度を最高評価★?5で示しています(☆は0.5)。「一般」は著作権について大まかに知りたい方、「初学者・学部生」は著作権を基礎からしっかり勉強したい方、「大学院生」は司法試験で知的財産法を選択する方、「実務者」はメインの業務で著作権に携わる方が目安となります。 一般 ★★☆初学者・学部生 ★★★☆大学院生 ★ [続きを読む]
  • インターネット関連の著作権法改正の歴史
  • 現行の著作権法が制定されたのは昭和45(1970)年ですので、それから50年近く経過していることになります。制定当時には、もちろんインターネットなどありませんでしたので、それに備える規定は著作権法には存在しませんでした。しかし、情報通信技術の発展とともにインターネットは急速に普及し、現在ではインターネット上のコンテンツこそ著作権法の主役と言っても過言ではない状況になっています。技術の進歩は、インターネッ [続きを読む]
  • 著作権の本棚(22) 小川明子編「文化のための追求権」
  • 小川明子著「文化のための追求権」集英社新書 2011年10月オススメ度目的や学習レベルごとにオススメ度を最高評価★?5で示しています(☆は0.5)。「一般」は著作権について大まかに知りたい方、「初学者・学部生」は著作権を基礎からしっかり勉強したい方、「大学院生」は司法試験で知的財産法を選択する方、「実務者」はメインの業務で著作権に携わる方が目安となります。 一般 ★★★★初学者・学部生 ★★大学院生 ★★ [続きを読む]
  • 図書館での写メは違法?
  • この記事を書くにあたり、「写メ」という単語が、死語の世界に片足を踏み入れているんじゃないかと気になって検索してみたところ、若者の間でもまだ結構使われていることを知り、何だか安心しました。もちろん現在では「写メ」の語が誕生した当初の意味ではあまり使われておらず、スマホやガラケーで写真を撮影することやその写真を指すように変わってきているのは、よくご存知かと思います。というわけで、本稿で「写メ」という [続きを読む]
  • 著作権の本棚(21) JAGDA創作保全委員会編「著作権Q&A」
  • JAGDA創作保全委員会編「グラフィックデザイナーのための本1 著作権Q&A」日本グラフィックデザイナー協会 2017年3月オススメ度目的や学習レベルごとにオススメ度を最高評価★?5で示しています(☆は0.5)。「一般」は著作権について大まかに知りたい方、「初学者・学部生」は著作権を基礎からしっかり勉強したい方、「大学院生」は司法試験で知的財産法を選択する方、「実務者」はメインの業務で著作権に携わる方が [続きを読む]
  • 「なお」と「ちなみに」の違いは? 戦略の接続詞(6)
  • 「戦略の接続詞」では、文章作成における効果的な接続詞の使い方について考えます。主なターゲットとして、論理性が要求される文章、例えば論文やオフィシャルな案内文等を想定していますが、その他の種類の文章(小説、エッセイ、レポート、社内文書等)にもきっと役立つ内容だと思いますので、是非ご一読下さい。今回は「なお」「ちなみに」を中心に見ていきます。 取り扱う主な接続語なお・ちなみに補足の接続詞「なお」「ち [続きを読む]
  • 「たしかに」「もちろん」「なるほど」の違いは? 戦略の接続詞(4)
  • 「戦略の接続詞」では、文章作成における効果的な接続詞の使い方について考えます。主なターゲットとして、論理性が要求される文章、例えば論文やオフィシャルな案内文等を想定していますが、その他の種類の文章(小説、エッセイ、レポート、社内文書等)にもきっと役立つ内容だと思いますので、是非ご一読下さい。今回は「たしかに」「もちろん」「なるほど」を中心に見ていきます。 取り扱う主な接続語たしかに・もちろん・な [続きを読む]
  • 「ただし」「ただ」「しかし」の違いは? 戦略の接続詞(3)
  • 「戦略の接続詞」では、文章作成における効果的な接続詞の使い方について考えます。主なターゲットとして、論理性が要求される文章、例えば論文やオフィシャルな案内文等を想定していますが、その他の種類の文章(小説、エッセイ、レポート、社内文書等)にもきっと役立つ内容だと思いますので、是非ご一読下さい。今回は「ただし」「ただ」「もっとも」を中心に見ていきます。 取り扱う主な接続語ただし・ただ・もっとも・とは [続きを読む]
  • 「けだし」は使っていいか? 戦略の接続詞(5)
  • 「戦略の接続詞」では、文章作成における効果的な接続詞の使い方について考えます。主なターゲットとして、論理性が要求される文章、例えば論文やオフィシャルな案内文等を想定していますが、その他の種類の文章(小説、エッセイ、レポート、社内文書等)にもきっと役立つ内容だと思いますので、是非ご一読下さい。今回は「けだし」を見ていきます。 取り扱う主な接続語けだし・思うに・なぜなら接続詞?タイトルを見て「けだし [続きを読む]
  • 著作権の本棚(18) 渋谷達紀著「著作権法」
  • 渋谷達紀著「著作権」中央経済社 2013年オススメ度目的や学習レベルごとにオススメ度を最高評価★?5で示しています(☆は0.5)。「一般」は著作権について大まかに知りたい方、「初学者・学部生」は著作権を基礎からしっかり勉強したい方、「大学院生」は司法試験で知的財産法を選択する方、「実務者」はメインの業務で著作権に携わる方が目安となります。 一般 ★★初学者・学部生 ★★大学院生 ★★★☆実務者 ★★☆( [続きを読む]
  • 速効!簡単にストレートヘアに 男のクセ毛対策
  • クセ毛で悩んでいる方は多いでしょう。特に男性は、ホルモン分泌の影響で女性に比べてきれいなストレートな髪である人は少なく、さらに髪質も女性より太く硬いのでクセ毛がハッキリと出てしまいがちです。それにもかかわらず、男性向けのヘアケア商品は女性向けのものと比べれば圧倒的に少なかったり、男性に向けた情報が少なかったするので、クセ毛対策に有効な対策があるにもかかわらず、見過ごされがちです。「男だから短髪に [続きを読む]
  • 「しかし」と「しかしながら」の違いは? 戦略の接続詞(2)
  • 「戦略の接続詞」では、文章作成における効果的な接続詞の使い方について考えます。主なターゲットとして、論理性が要求される文章、例えば論文やオフィシャルな案内文等を想定していますが、その他の種類の文章(小説、エッセイ、レポート、社内文書等)にもきっと役立つ内容だと思いますので、是非ご一読下さい。今回は「しかし」と「しかしながら」を中心に見ていきます。 取り扱う主な接続語しかし・しかしながら・が・ [続きを読む]