karada_iza さん プロフィール

  •  
karada_izaさん: 調体和塾“い 座”のブログ
ハンドル名karada_iza さん
ブログタイトル調体和塾“い 座”のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/karada_iza
サイト紹介文整体、野口体操、からだに関することや健康情報など。瑞々しい生活に向けて綴っていきます。
自由文血液循環促進を目的とした手技をベースに、負担の少ない調整法、野口体操の理論を応用した調整法、野口整体、温熱療法などを取り入れた施術に腸内細菌理論による食事のアドバイスを含めた整体と、野口体操からだの教室、身体ワーク、ボクトサイズといったボディワークを行っています。
これらにより、今より少し自然で楽しく、瑞々しい身体と生活を取り戻すお手伝いをさせて頂いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/09/06 04:14

karada_iza さんのブログ記事

  • 昨日(2017.10.21)のからだの教室in〇塾
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )昨日の、からだの教室in〇塾の模様、〇塾さんが書いてくれています。すこし補足として…からだの重さが鉛直に落ちる足の位置によって骨盤の状態が変化し、呼吸の状態も変化します。骨盤が硬くなって前に傾かないと、息が吸いにくく、体が前に出る勢いがない。後ろに傾かないと、息が吐きにくく、前に突っ込んで休むことができない。骨盤が前に傾かず、重さが足の前に行かない状態が猫 [続きを読む]
  • 本日(2017.10.21)は、からだの教室in〇塾
  • にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ(文字を )本日、21日(土)は、からだの教室in〇塾皆様のご参加、お待ち致しております。「からだの教室 in 〇塾-わじゅく- 〜野口体操をベースにしたワーク〜」毎月第3土曜日に開催しております、「からだの教室 in 〇塾-わじゅく- 〜野口体操をベースにしたワーク〜」。今月は10月21日(土)の17時からです。野口体操は、心肺機能や筋肉に負荷をかける運動ではなく、むしろ、その対極に [続きを読む]
  • 平岡珈琲店、週1店長見習い
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )なんとなんと、調体和塾“い 座”(ちょうたいやわらじゅく いざ)塾長 白藤が、週一で、大阪の誇るコーヒーやさん平岡珈琲店で、えーっとオンザジョブトレーニング、週一店長?見習いをやっておりますヽ(;゚д゚)ノ !毎週水曜日12〜16時、コーヒーを淹れてますです!(整体師をやめたわけではないですよーご安心くださいね。)そのため、水曜日は朝9時から施術を始めることにい [続きを読む]
  • 「空間の詩人」清水きよし先生の空間
  • にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ(文字を )パントマイムの清水きよし先生。「空間の詩人」と呼ばれる清水先生の舞台の捉え方。いつもご紹介する時に、このへんが、最も分かってもらいたいところでもあり、説明してもなかなか伝わりにくい所でもあります。清水先生の文章をコピーしてお伝えしたいと思います。清水 きよし10月17日 20:15?「時空のさざ波」これが大切なのです。物体が動くと周囲の空間が歪み、波のよ [続きを読む]
  • 本日(2017.10.18)は、 ボクトサイズ講習日です
  • にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへ(文字を )本日10月18日はボクトサイズ講習日です。ファッションやメイクに姿勢・動作が加われば美しさもグレードアップ!!!ここでは木刀を使いますが、剣を振るというのは、「非を斬る」とも言います。非 とは不条理なことで、剣を振ることで解消へと導かれます。身体の中の闘争本能が開放され、楽しく、勇壮な気分になりますが、ただ単に強くなるとか、優位に立つというもので [続きを読む]
  • 昼下がりの落語会
  • にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ(文字を )平日の昼間に贅沢な時間を。平岡珈琲店での雀喜くん落語会、どちらも初の試み。是非!平岡珈琲店の落語会昼席いよいよ火曜日です。12:30開場から13:00開演までの間は、コーヒー@350円と自家製ローストビーフのオープンサンド@500円を販売させていただきます。座席でつまんで頂けるよう、紙コップと紙パックでご用意します。 [続きを読む]
  • ぐりぐりマルシェでのおどり
  • にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ(文字を )とてもとても嬉しいご感想を頂きました。おどりの感想です。この方は、からだの教室の生徒さんです。おどりから、からだの教室がベースにしている、野口体操の要素を感じられたのでしょう。「体操とは、 自分自身の生身のからだの動きを手がかりに、 今ここで直接、体験するからだの中身の変化の実感によって、 人間(=自分)とは何かを探検する営み。」「体操とは、自分自 [続きを読む]
  • 滝行(2017.10.13)
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )昨日は、午前中に河野智聖先生の主催される滝行に参加。去年の11月の滝行では、気持ちが萎えてしまって不本意な結果で終わってしまい、その気持ちが蘇って、ややビビリ気味で滝へ。今回は、滝が柔らかく迎え入れてくれて、非常に気持ちよく、静かな気持ちで入れました。夕方からの整体は、いつもに増して静かな深い空気が漂った空間になりました。そして夜は空手の稽古会で一日終了。 [続きを読む]
  • [転載]食欲の秋の落とし穴「危険な食べ物」
  • 行楽シーズンの秋は美味しい食べ物が沢山あります。でもこの時期、毎年ニュースで耳にするのは「毒キノコ」の食中毒キノコ狩りに行かれる方は、本当に気をつけて頂きたいですね。キノコの中毒よりも魚の方が怖いかも?魚釣りも須磨の海釣り公園で小アジ釣りをするとアイゴが釣れます。食べれる魚ですが、うっかり素手で掴むと、ヒレの毒針に刺されます。子供さんで時々刺される事があります。その他ゴンズイなども毒があるので気を [続きを読む]
  • 本日11日(2017.10.11)は、 愛日会館、からだの教室の開催日です
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )本日11日(水)は、愛日会館、からだの教室の開催日です。野口体操は、力を抜くことを中心に組み立てていくが、「重力軸」が通った身体軸を時々刻々変化する動きのなかで探していく能力を開発する「感覚訓練」でもある。からだをほぐすことは自分自身のからだをしっかりと見つめ、感じるきっかけをつかむこと。(『野口体操入門』)11日(水)17:30〜19:00「からだの教室〜 [続きを読む]
  • 「面白い!」という整体の感想
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )整体院では、感想を頂く事がある。それぞれの整体院が向かっている方向があり、感想は、その方向のものが多くなってくるでしょう。調体和塾“い 座”で、最も多い感想は、「面白い!」というものでした。これは、他の整体院様と、一線を画す感想だと受け取っています。「面白い」と感じていただけるポイントは、おおむね3つあると思っています。1、歩行確認(歩き方を観て、動き方、ク [続きを読む]
  • 10月の講座予定
  • にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへ(文字を )またまた遅くなってしまいました…。10月の講座、ご案内です。【本町 愛日会館】「からだの教室」入会金 1,000円1回 1,500円体験参加 1,000円11日(水) PM 5:30 〜 PM 7:0025日(水) PM 7:00 〜 PM 8:30※ 25日は、まだ未定となっております。   決まり次第、ご連絡させていただきますので、   参加ご希望の方は、お知らせ下さい。お問い合わせ [続きを読む]
  • 整体の目差す先4 整形外科と整体・カイロ
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )整形外科は、まず、医療機関という、絶対的な立場があり、整体との違いは、はっきりしていますね。ただ、痛みや、不調を何とかしたいという思いで来られるのは、共通していると思います。整形外科では、医療検査、診断し、その結果で、薬物・物理・保存療法、などを行ないます。特に、捻挫、打撲、骨折、関節痛など、機能障害に加え、器質的な形態異常も含まれます。整体では、医療検 [続きを読む]
  • 関西生命線、第26回お月見大会
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )昨日の10月4日、関西生命線主催の第26回お月見大会へ。国際交流の場、安らぎの場として開催されており、毎年お誘い頂き、今年も参加させて頂きました。郷土料理を頂きながら、詩の朗読や古典楽器の演奏、歌、踊り、太極拳など、楽しませて頂きました。関西生命線HPより活動の内容は主に電話相談を中心にしております。宗教や国家体制やイデオロギーなどを越えてヒユーマニズムに立脚 [続きを読む]
  • 整体の目差す先3 マッサージと整体
  • にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへ(文字を )マッサージは、体に溜まった疲労の慰安と、筋肉を揉みほぐすことで、血流の促進を図る、ということが、基本的な考え方になります。理論的には、ほぼ共通しており、整体のような様々な理論、技術、の違いは、少ないのではないでしょうか。本来、マッサージ師は、国家資格なのですが、リラクゼーションや銭湯などのマッサージの場で整体師が働いていたり、マッサージ的な整 [続きを読む]
  • 整体の目差す先2 接骨・整骨院と整体の選択
  • にほんブログ村 健康ブログへ(文字を )[接骨・整骨と整体の選択]様々な整体施術の方法・考え方があり、重視することが違いますが、本来、整体は、「体を整えること」を目的としています。それに対して接骨・整骨では「治療」ということが目的となっており、ここが大きな違いとなります。接骨・整骨では疾患の「治療」を目的にしているので、基本的にはその部分に対してアプローチされています。整体では、他の部位との関連 [続きを読む]
  • 先日の「整体の間」感想の続き
  • 昨日、ブログに書いた感想の方が、さらに追加して書いてくれました。からだの痛みや、不調を、それほど感じていらっしゃらなかったので、整体が、どんなものかな?という感じで受けられたのですが、意外なからだの反応に驚いていらっしゃいました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー先日、ご招待をいただき、客家擂茶の取扱店様の「調体和塾“い 座”」様で施術を受けてきました?身体って知らず知ら [続きを読む]
  • 先日の「整体の間」感想
  • 先日、整体を受けられて、「おもしろい」と連発して頂いた方のご感想です。マラソンをされていて、仕事にも、マラソンにも、からだを整えて望むことの重要性をご理解頂いたようです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー整体は初めてですが、施術前と施術後の変化に満足しました。曇っていたガラスがクリアになったように目線と視界が変わりました。体が疲れてから施術するのではなく、施術後にどんどん進め [続きを読む]
  • 10月6日(金)河野智聖先生の『子育ち&親育ち』講座
  • 10月6日(金)河野智聖先生の『子育ち&親育ち』講座。今回は、「季節と体癖」。主催の一人、増渕の文章です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー昨日、ある学校教育者の方の投稿で、自分はこう体癖を活かしたらいいのだ、ということにはっきりと気がつきました。ぜひぜひ教育関係の方にも、たくさんご参加いただきたいのです。10/6(金)です。お申し込みお待ち致しております。こちらにコメント、メッセー [続きを読む]
  • 昨日(2017.9.27)のからだの教室
  • 昨日のからだの教室。いつもの足ほぐしの途中に、ご参加の方から質問がありました。「からだには三つの軸が有って、右と左は足の支えが有るが、真ん中の軸は、支えがないので、ぶら下げられている。と本で読んだことがある。この説はどうなんですか?」と。この方は、腰痛を持っていて、その感覚だと、腰に重さが掛からずに楽に感じる。ということでした。それをきっかけに、ぶら下げ、ぶら上がりの話を少しして、立位で、片足に重 [続きを読む]
  • 整体の目差す先1 接骨・整骨院1
  • [接骨・整骨院]整体との違いが分かりにくい業種に接骨・整骨という柔道整復師があります。(柔道整復師は国家資格です)その役割は本来、整形外科による治療前の応急処置と治療後の後遺障害の緩解に有ります。応急処置では骨折・脱臼・捻挫などの暫定的な状態保護と急性炎症のアイシング。後遺障害の緩解では、機能(動き)の改善と「痛み・違和感」の除去を目的とされています。各院によってそれぞれ特徴があるので、障害改善後の [続きを読む]
  • 明日27日(2017.9.27)は、 愛日会館、からだの教室の開催日です
  • 明日27日(水)は、愛日会館、からだの教室の開催日です。野口体操は、力を抜くことを中心に組み立てていくが、「重力軸」が通った身体軸を時々刻々変化する動きのなかで探していく能力を開発する「感覚訓練」でもある。からだをほぐすことは自分自身のからだをしっかりと見つめ、感じるきっかけをつかむこと。(『野口体操入門』)27日(水)19:00〜20:30「からだの教室〜野口体操をベースにしたワーク〜」(会場:愛日 [続きを読む]
  • 16日(2017.9.16)のからだの教室In〇塾
  • 16日のからだの教室in〇塾。塾長の宇高さんが感想を書いてくれています。以下、宇高さんの感想です。(17日に書いて頂いたものです)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー昨日は「からだの教室 in ◯塾」でした。今回は常連さんのお休みが相次ぐ一方、お久しぶりさんの参加もあり。この「参加できる時に無理なく参加」ということがしやすいのも「からだの教室」の魅力の一つです。昨日は重心の移動を感じながらごろ [続きを読む]
  • 正泉寺、彼岸会のパフォーマンス
  • 昨日は、整体の間をお休みにして、久しぶりのイベント仕事。懐かしの大阪芸大のすぐ近く。正泉寺で彼岸会の後、パフォーマンスでお楽しみという企画。パントマイムと立ち回りで25分程。皆さん、ご住職も巻き込み、ノリノリで綱引きに参加。楽しんで頂けました。お寺での独特の澄み切った空気の中、非常に楽しかったです。正泉寺さん。ご住職の秦井さん。法要にご参加の皆さん。わざわざ見に来ていただいた吉本さん。有難うございま [続きを読む]