二歩千金 さん プロフィール

  •  
二歩千金さん: 現代振り飛車ナビ
ハンドル名二歩千金 さん
ブログタイトル現代振り飛車ナビ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nifu_senkin/
サイト紹介文角道オープン振り飛車(石田流やゴキゲンなど)の定跡を初手から分かりやすく紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/09/06 08:46

二歩千金 さんのブログ記事

  • 先手中飛車―前田流vs攻勢△7四歩〜△7三桂(2)
  • 前回の記事の続きです。B.▲5四歩▲5四歩の垂らしは『久保流最強先手振り飛車』で紹介された手(本と若干形が異なります)。以下△5二歩は明らかに利かされなので△4四銀が一番自然ですが……。第10図以下の指し手△4四銀▲6六銀△5三歩▲同歩成△同銀▲7五歩(結果B図)後手は嫌味な5四の拠点を消しましたが、最終手の▲7五歩が機敏で先手十分。結果B図以下△7五同歩▲同銀△7四歩に▲5四歩(好手)で先手の駒が [続きを読む]
  • 先手中飛車―前田流vs攻勢△7四歩〜△7三桂(1)
  • 前回の記事:先手中飛車―前田流・2手損角交換作戦第8図以下の指し手①△7四歩▲7八金△7三桂(第9図)△7四歩〜△7三桂は攻撃的な手法。以下は①▲3六角、②▲5四歩、③▲6六銀が有力で順番に調べていきます。A.▲3六角▲3六角の自陣角は伊藤真吾著『先手中飛車の最重要テーマ21』で紹介された手(本と若干形が違います)。上図以下①△5二金右は▲6三角成〜▲5一飛成、②△5四歩も▲同角△同銀▲同飛(参考図) [続きを読む]
  • 先手中飛車―前田流・2手損角交換作戦
  • 前回の記事:先手中飛車―3手目▲5六歩に△8五歩と飛車先を決める変化(2)第5図以下の指し手③▲2二角成(第6図)△6四銀型に組まれると先手の打開が難しい。そこで現れたのが早めに角交換をする「前田流」です。▲前田祐司八段7七に上がった角をさらに自分から換えて合計2手損になりますが大丈夫でしょうか?第6図以下の指し手△2二同銀▲8八銀(第7図)角交換〜▲8八銀が先手の狙い。以下△5三銀なら▲5五歩△ [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―基本形から▲7七桂
  • 前回の記事:ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―ごく自然な▲4八銀第8図以下の指し手⑥▲7七桂(第9図)▲7七桂は△4四角の筋を未然に防いだ堅実な着法。ただし、7七銀型に組み替える含みがなくなり味消しと考えるためかプロの実戦例はそんなに多くありません。第9図以下の指し手△4四銀▲5八金右△3三桂▲3六歩△2一飛(第10図)先手陣は逆棒銀に強い形なので△4四銀〜△3三桂と持久戦を目指します。これには通 [続きを読む]
  • 端歩突き越し戦法―▲1五角△3三桂に▲5四歩
  • 前回の記事:端歩突き越し戦法―▲2四同飛に△3五角から馬を作る変化第5図以下の指し手③▲5四歩(第6図)▲5四歩は決戦前に玉頭に嫌味をつけた手。△3五馬は利かされの感があるので△5四同歩と応じるのが自然ですが……。第6図以下の指し手△5四同歩▲2二飛成△同飛▲3三角成△4二飛(第7図)「三枚替え定跡」の順に持ち込んだとき、5三地点に風穴が開いているのが先手の主張。上図では銀や桂馬を放り込む手が見え [続きを読む]
  • 角交換四間飛車+7二玉型―▲5八金右に△4四歩(2)
  • 前回の記事の続きです。第2図以下の指し手△4五歩(第3図)△4五歩に▲3七銀なら4筋歩交換が防げますが、半永久的に右銀が釘付けになって先手面白くないでしょう(A図)。先手4六歩型の場合とは異なり△4四歩〜△4五歩〜△4六歩と3手もかかるので4筋歩交換は怖くないどころかむしろ歓迎と頭を切り替えるのが柔軟な思考です。第3図以下の指し手▲9六歩△9四歩▲7七銀△4六歩▲同歩△同飛▲4七銀△4二飛(第4図 [続きを読む]
  • 角交換四間飛車+7二玉型―▲5八金右に△4四歩(1)
  • 前回の記事:角交換四間飛車―4七銀型の理想形をめぐる攻防基本図以下の指し手④△4四歩(第1図)△4四歩は四間飛車らしく△4五歩の位取りを狙った手。先手は▲5六歩△4五歩▲5七銀と歩交換を防ぐのが自然ですが、△3五歩から立石流に組まれ一局ながら後手の主張が通ってしまいます(A図)。第1図以下の指し手▲3六歩(第2図)本譜の▲3六歩は2つの位(4筋と3筋)を同時に取られるのを避けた意味です。以下△2二 [続きを読む]
  • 角交換四間飛車+7二玉型―▲5八金右に△1四歩
  • 前回の記事:角交換四間飛車―4七銀型の理想形をめぐる攻防基本図以下の指し手③△1四歩(第1図)△1四歩は深謀遠慮な端歩突き。意味は数手先に明らかになります。第1図以下の指し手▲7七銀△2二飛▲4六歩△2四歩▲同歩△同銀(第2図)先手は▲7七銀と様子を見るくらいですが、そこで後手は向かい飛車にスイッチします。後手の逆棒銀に対しては▲3六歩△2五銀▲7七角△3三角▲同角成△同桂▲2四歩△同飛▲1五角と [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―△6二金〜△2二飛
  • 前回の記事:ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―先手の工夫▲6八玉第7図以下の指し手②△6二金▲3八銀△2二飛(第8図)△6二金は後手の改良手。意味は数手後に明らかになります。第8図以下の指し手▲4六歩△2四歩▲同歩△同銀(第9図)△6二銀型のときは▲5六角が有効打となりましたが、△6二金型では成立しません。つまり▲5六角以下、△3三銀▲2二飛成△同銀▲9五歩△同歩▲9二歩△同香▲9一飛△8二玉▲8 [続きを読む]
  • 角交換四間飛車+7二玉型―▲5八金右に△2二飛(2)
  • 前回の記事の続きです。第3図を再掲載します。第3図以下の指し手▲3六歩△2五銀▲2四歩(第4図)▲2四歩の垂らしが知らないとなかなか指せない手。以下①△2四同飛は▲1五角!△2三飛▲3三角成△同飛▲2五飛の二枚替えで先手良し。また②△2六歩も▲3七桂△2四飛▲1五角△2三飛▲2五桂△同桂(△同飛は▲3三角成△2七歩成▲3四馬で先手良し)▲2六角で先手ペースとなります(参考図)。参考図以下△6二銀に [続きを読む]
  • 角交換四間飛車+7二玉型―▲5八金右に△2二飛(1)
  • 前回の記事:角交換四間飛車―4七銀型の理想形をめぐる攻防基本図以下の指し手②△2二飛(第1図)△2二飛は▲5八金右で手薄になった2筋から逆襲を図る手。次に△2四歩▲同歩△同銀の逆棒銀が第一の狙いで、それを防ぐ▲3六歩(3七桂or銀を用意)には△4四銀〜△3五歩の3筋攻めを見た二段構えの構想です。関連記事:角交換四間飛車の基本戦略―先手3六歩型の攻略法第1図以下の指し手▲4六歩△2四歩▲同歩△同銀(第 [続きを読む]
  • 角交換四間飛車―4七銀型の理想形をめぐる攻防
  • 前回の記事:角交換四間飛車の基本戦略―序盤の駒組み(1)角交換系の将棋全般に共通する右銀の好形は▲4六歩〜▲4七銀です。しかし、相手が四間飛車の場合にすぐ4筋を突くと△4四歩〜△4五歩と反発されてうまくいきません(A図)。関連記事:角交換四間飛車の基本戦略―先手4六歩型の攻略法そこで現れた居飛車の工夫が▲5八金右早上がりです(B図)。先手の狙いは△8二玉と寄ったタイミングで▲4六歩と突く意味で、以 [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―基本形から▲8六歩
  • 前回の記事:ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―ごく自然な▲4八銀第8図以下の指し手④▲8六歩(第9図)▲8六歩は次に▲8五歩で後手の玉頭に圧力をかける狙い。これを嫌って△8四歩と対抗するのは、▲5六銀△4四銀▲4五銀から乱戦にもちこまれるのが後手ちと怖い(A図)。A図は8筋の交換があるぶん単に▲5六銀の変化より先手が若干得で、小駒を手にしたあと▲8五歩△同歩▲8四〇のような攻めが楽しみです。参考棋 [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―基本形から▲5八金右
  • 前回の記事:ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―ごく自然な▲4八銀第8図以下の指し手②▲5八金右(第9図)▲5八金右は金銀を連結させる自然な手ですが、△2四歩の仕掛けを誘発してやや危険な意味合いがあります。第9図以下の指し手△2四歩▲同歩△同銀(第10図)もし右金が動いていなければ▲3六歩△2五銀▲3八金で何でもないところ。よって先手は別の対策を講じる必要があります。第10図以下の指し手▲7七角△5 [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―△6二銀〜△2二飛
  • 前回の記事:ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―先手の工夫▲6八玉第7図以下の指し手①△6二銀▲3八銀△2二飛(第8図)△6二銀〜△2二飛は先手の右辺の立ち遅れに着目して飛車先逆襲を図った手。逆棒銀に対しては通常4六歩・4七銀型が受けの形ですが先手は間に合いそうにありません。第8図以下の指し手▲4六歩△2四歩▲同歩△同銀(第9図)△2四歩▲同歩△同銀は当然の仕掛け。この手で△8二玉〜△7二金と固める [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―先手の工夫▲6八玉
  • 前回の記事:ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―序盤の駒組み第4図以下の指し手②▲6八玉(第5図)旧来の▲4八銀では4六歩・4七銀型に固定されてしまいますが、▲6八玉は右銀の形を保留することで作戦の幅を広げようという欲張った手です。関連記事:中飛車 先手丸山ワクチン 対 後手ゴキゲン中飛車03 ― 将棋・序盤のStrategy第5図以下の指し手△7二玉▲6六歩(第6図)▲6六歩は△5五歩に▲6七銀の受けを用意した [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs丸山ワクチン―遠山流△7二金(2)
  • 前回の記事の続きです。第6図以下の指し手▲7九玉△2四歩▲同歩△同銀(第7図)駒組みを続けても先手の陣形が堅くなるばかりなので、いよいよ△2四歩から開戦します。逆棒銀に対しては▲3六歩△2五銀▲3八金が習いある受け方ですが、この場合は△4九角があって成立しません(A図)。6七歩型であれば▲3九金で何でもないところで、ここでも6六歩型がマイナスに作用しています。第7図以下の指し手▲3六銀△2五歩▲6 [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs丸山ワクチン―遠山流△7二金(1)
  • 前回の記事:ゴキゲン中飛車vs最新の丸山ワクチン―序盤の駒組み第3図以下の指し手△9四歩▲7八銀△7二金(第4図)△7二金は2006年に遠山雄亮四段(当時)が指した新手。この金上がりは▲6五角の筋を未然に防いだ意味で、次に△5五歩から5筋の歩交換を狙う積極的な作戦です(A図)。後手は一歩を手持ちにできれば攻め幅が広がって振り飛車の楽しみが多い展開になります。【関連記事】・先手中飛車vs後手角交換―基本 [続きを読む]
  • ゴキゲン中飛車vs新・丸山ワクチン―序盤の駒組み
  • 「丸山ワクチン」は丸山忠久九段が考案したゴキゲン中飛車対策。超速▲3七銀に次いでよく指され、じっくり本格派の居飛車党が多用する印象です。初手からの指し方▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲2二角成(第1図)後手が中飛車を明示したタイミングで角を換えるのが定跡。先手はただの一手損に見えますが、20〜30手後にお互いの駒組みが飽和点に達したとき『角交換に5筋を突くな』の格言どおり△5四歩 [続きを読む]
  • 超速▲3七銀vs美濃+3二金型―△5四歩に対して守勢の▲5八金右
  • 前回の記事:超速▲3七銀vs美濃+3二金型―▲5五銀右に△5四歩と素直に打つ指し方第4図以下の指し手②▲5八金右(第5図)▲5八金右は離れ駒をなくした穏やかな手。以下△4二銀には▲3五歩△同歩▲3四歩△4四角▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛(A図)で先手作戦勝ち。A図以下は▲7九角〜▲3五銀が幸便です(前記事B図と形の違いを比較してください)。第5図以下の指し手△6三銀▲3八飛(第6図)▲3八飛 [続きを読む]
  • 超速▲3七銀vs美濃+3二金型―△5四歩に対して攻勢の▲7七角
  • 前回の記事:超速▲3七銀vs美濃+3二金型―▲5五銀右に△5四歩と素直に打つ指し方第4図以下の指し手①▲7七角(第5図)▲7七角は次に▲4五銀と出たとき△6五歩▲同銀△8八角成▲同玉△5五角の王手飛車の筋を防ぐ意味。7七角型ならば角交換に▲同桂で何でもないというわけです(A図)。参考棋譜:2011-09-30 阿部隆 vs. 阪口悟 朝日杯第5図以下の指し手△7四歩▲4五銀△7三桂▲3四銀(第6図)上図で小山怜央vs [続きを読む]