まこさん さん プロフィール

  •  
まこさんさん: 旅の記録帳
ハンドル名まこさん さん
ブログタイトル旅の記録帳
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/makosan0504
サイト紹介文中年女性の旅行記。短期日程をやりくりして、思い出作りに励みます。失敗談も多数あり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/09/06 20:32

まこさん さんのブログ記事

  • 動画の貼り付けテストです
  • 早くドバイの旅行記をスタートしないと、詳細を忘れてしまう〜〜!と焦ってはいるものの、どーにもこーにも作業が進んでおりません。 (×_×)膨大な写真の数と、濃厚すぎた豊楽の日々。どこからどーやって手を付けたものやら、途方に暮れているのです。↑ぼんやりしてるヒマがあるなら、とっとと作業しろ! って話しですが…。さらに今回はスマホデビュー記念と銘打って、現地でいろいろチャレンジしてきたので、それらの記録 [続きを読む]
  • ちょっとだけドバイ報告
  • ドバイ報告の前に業務連絡を。書庫設定を変更しました。右枠に旅行先リストがありますが、これまで「古い順」に並べてたのを「新しい順」に変えましたー。理由は、わたしが使いにくくなってきたから。 (^^;)自己中な理由でめんぼくない。***改めまして、ドバイ旅行のちょっとだけ報告を。…と言ったものの、印象的な場所が多すぎて、これがなかなか難しい!!とりあえず、初日に行った砂漠のホテルがステキだったので、その [続きを読む]
  • ドバイから帰って来ました〜
  • 旅立ちの記録を残すこともできず、大慌てで出発したドバイ旅行でしたが。さきほど無事に帰宅いたしました!めっちゃ楽しかったーーー!! (>▽噂に違わぬ最先都市だったドバイ。いろんなことを体験できて、とても刺激的な内容でした♪まだ帰国したばかりで身も心もヘロヘロなので、しばらくゆっくり落ち着いてから、ドバイ旅行記をアップしていきたい所存です。とりあえずの生存報告でした。ランキング参加中です [続きを読む]
  • ドバイ旅行に向けて、エンターテイナークーポンをゲット!
  • まもなく突入するゴールデンウィーク。なんとドバイに行っちゃいます!! Fちゃんと一緒にドバイ7連泊という暴挙。しかも。 せっかく行くなら、砂漠にもビーチにもシティにも泊まりたい!せっかく行くなら、豪華な5つ星ホテルでセレブ気分を味わいたい!。せっかく行くなら、いろんな世界一を体験したい!せっかく行くなら、ついでにアブダビにも行っておきたい!! なんて欲張りな計画を立てておりましたら、なんだか予算がとんで [続きを読む]
  • シェムリアップ あとがきと反省
  • 5年ぶりに訪れた、年末年始のシェムリアップ。街も少しは発展してるだろうし、変わってる部分もあるんだろうな〜〜。 …なんて呑気に構えていたわたしは、大バカ者でした。 まさかの観光バブルに沸き立っていたシェムリアップ。「変わってる」なんてレベルじゃなかったっす。それはまるで別世界。 市街地は拡大し、中心部には電飾が煌めき、郊外の道にも街灯がつき。お洒落ショップや豪華ホテルが大増殖してるし。観光客の数も尋常 [続きを読む]
  • 帰国便がプレミアムシートだった!
  • イネス・スパを出てリーさんと合流し、ホテルに到着したのは午後4時前。レイトチェックアウト用のお部屋として提供されたのは、3号室でした。お引越しした3号室はダブルルームになってて、フロントに預けてた荷物はすでに運び込まれておりました。出発までゆっくりしようー。と、お風呂に入って、帰国に備えての荷物を準備し、そしてベランダでティータイム。まもなくここを離れなければいけないのが、腹の底から辛いです〜〜。最 [続きを読む]
  • シェムリアップの高級街スパ、イネス・スパに潜入
  • 最終日は贅沢スパでのマッサージが定番化している昨今のわれわれ。今回は、中心部にあるちょっとオサレな街スパに狙いを定めました。↑本当はスパ・クメールに行くつもりだったけど、3日前に確認したらすでに満室。(@▽@)でも、最近のシェムリアップにはハイセンスな街スパがどんどこ進出してるので、慌てる必要はありません。ホテルから予約してもらったスパは、街の中心部のすぐそばにありました。アンコール・ナイトマーケ [続きを読む]
  • ロハット・カフェで名残りのクメール料理
  • 今日は午後からスパの予約を入れております。その前に軽くランチをいただいておきましょう〜、とやって来たのがこちら。メンドイン・カンボジア・マーケットの敷地内にある、ロハット・カフェ。昨夜も訪れたこのマーケット、なかなか楽しかったし雰囲気のいいカフェもあったなー、、、ということで再訪したのでございます。 数軒のカフェやレストランがあったけど、イタリアン系やバーガーショップみたいな白人さん向けのお店が多 [続きを読む]
  • マイナー遺跡の極み、ワット・プリア・エン・コサイ
  • 2018年1月2日(火) 楽園で迎えた年末年始のバカンスも、ついに本日で打ち止めです。早すぎるーーー! (T□T) とはいえ夕方6時にホテルを出発するというスケジュールなので、今日も1日頑張るぞー!惰眠をむさぼって朝8時に起床し、最後の朝ごはんをゆっくりたっぷりいただきました。 ホテル予約時に、最終日はレイトチェックアイトをリクエストしていたので、夕方まで部屋使えるし♪と、朝10時にフロントに出向いたところ。い [続きを読む]
  • 60分$5のマッサージにチャレンジ
  • さて、せっかく街まで出て来てるんだから、フットマッサージはいかねばならぬ。という意味不明な使命感に燃えて訪れたのがこちら。セラピー・マッサージ・センターという、格安マッサージのお店です。 シェムリアップには、安価でやってくれるマッサージ店がたくさんありますが。このお店は技術やサービスに定評があって、なかなかの人気店らしい。 とはいえローカルなマッサージ店なので、店構えはこんな感じ。台湾にある足マッサ [続きを読む]
  • これは外せない、カンボジアンBBQ
  • 予想以上に大満足させてもらったバンテアイ・クデイの観光。見終わった頃にはすっかり夕暮れ時になっておりました。今日もいい仕事してくれたリーさんのトゥクトゥクに積み込まれて、街までドライブです。トゥクトゥクから眺める元旦の夕日。ローカルな景色の中、大地に沈む夕日を眺めながらの移動はなかなかナイスなシチュエーション。地元の人たちもバイクを停めて、美しい夕陽に見入ってました。 トゥクトゥクは周囲の景色が全 [続きを読む]
  • 絶品デバター像が拝めるバイテアイ・クデイ
  • 大興奮だった踊り子のテラスを抜けて、いよいよ中心部に向かってまいります。中央祠堂のある中心部は、十字回廊の周囲を四角い回廊に囲まれているという複雑な構成。東門から入って西門に抜けていくのですが。入り口に立つと、東西の門を結ぶ通路が一直線に見えます。 これがなかなかの壮観。途中に仏像が見えてますが、さらにその奥に中央祠堂が鎮座しているのです。これが中央祠堂を取り巻く回廊の一部です。この辺りはすごく複 [続きを読む]
  • 踊り子のテラスは必見です!
  • ナーガの欄干のある参道を歩いて行くと、続いて現れるのは列柱で囲まれた広いテラス。こちらです。とても広くて立派なテラスですが、よーく見ると、柱のあちらこちらにアプサラのレリーフが施されてます。 1つのレリーフに気づいて、「あっ」と思って周囲を見ると、あっちにもこっちにも!テラスの中で、アプサラたちが踊りまくってるんですよ。その名も踊り子のテラスと命名されているこの場所。こんなアプサラ・ダンスのレリーフ [続きを読む]
  • ここはオススメ!バンテアイ・クデイに潜入
  • アンコール遺跡の3日間チケットは、本日で御用納めとなります。早いな〜〜。 ということで、最後のチケット利用となる遺跡はこちら。さきほど見学したプラサット・クラヴァンから少し北上したところにある、バンテアイ・クデイ。スラ・スランのすぐお向かいさんに位置しています。 実は今朝、サンライズを見終わってホテルに戻る前、リーさんが「今からここも見れるよ?」って聞いてくれたのが、このバンテアイ・クデイ。が、寒い [続きを読む]
  • 地味でシンプル、だけど圧巻の壁画を誇るプラサット・クラヴァン
  • テキスタイル・ミュージアムを見学したら、午後の遺跡観光スタートです! いや〜、まさかこんなに遺跡巡りするとは思わんかったわ〜〜。しかも元旦からこのパワー、すごくね? なんて言いながら訪れたのは、プラサット・クラヴァンという聞いたこともない名前の遺跡です。今朝、日の出を見に行ったスラ・スランの、少し手前にございます。 実は、本当の目的地はバンテアイ・クデイというスラ・スランの目の前にある遺跡なのですが [続きを読む]
  • リーリー再訪してからテキスタイル博物館へ
  • さて、ロリュオス遺跡群も無事に制覇できたので、いったん街に戻ってランチタイム。国道6号線を、西に取って返します。中心部では車線数も多くて高級車が走り回っている6号線ですが、ロリュオス近くの郊外では、単なるのどかな田舎道。こんなんですよ。ヤシの葉が、まるでホウキのように道を掃いておりました。 すげー。てか、めっちゃ土埃なんですけど〜〜。 (^^;)さて、本日のランチはここ! …訂正します。本日のランチ「 [続きを読む]
  • ロリュオス遺跡群探索その③ ロレイ
  • バコンの見学を終えてトゥクトゥクに乗り込むと、リーさんが次の目的地に運んでくれます。ロリュオスの遺跡たちを結んでいる道は、こんなオフロード。シェムリアップの未舗装道路は、見事なまでに赤いです。ロリュオス遺跡群の見所は3カ所あって、今から向かうのはロレイという名の遺跡です。「ロリュオスに行きたい。」とリクエストすると、自動的にこの3点セットを案内してくれるのだ。いったん国道6号線に出たと思ったら、すぐ [続きを読む]
  • ロリュオス遺跡群探索その② バコン
  • 続けて訪れたのは、プリア・コーからトゥクトゥクで5分くらいのところにあるバコン寺院です。プリア・コーから歩いて行けそうな距離だけど、入り口が東側なのでぐるーっと回らないといけません。歩くとそれなりに時間はかかると思います。バコンの入り口に到着! 木陰に隠れて全貌は見えませんが、なんかめっちゃ立派な寺院ですやん。と、先ほどのプリア・コーがかなり小規模だったので、そのギャップにちょっと驚きました。 実際 [続きを読む]
  • ロリュオス遺跡群探索その① プリア・コー
  • 朝4時に起きたにもかかわらず、なんだか妙に元気な中年女性2人組。5年前は二度寝して昼前までホテルでのんびりしたのに、今回はそのまま朝の観光にLet’s GO!です。 …おかしいなー。今回は前回以上にゆっくりのんびりしようって言ってたのになー。なんでこんな必死になって遺跡巡りしてるんや?新年一発目の狙いを定めたのは、ロリュオス遺跡群。アンコールワットのあるエリアとは少し離れているので、時間に余裕がないと見逃し [続きを読む]
  • スラ・スランdeサンライズ
  • 2018年1月1日(月) 2018年 あけましておめでとうございます!と、灼熱の国カンボジアで迎えた元旦は、もちろん遺跡から臨む初日の出を拝みにまいります。 2013年は、超・王道のアンコールワットで初日の出を見ましたが。今回は、昨夜(大晦日)のサンセットを鑑賞したのと同じスラ・スランで、サンライズ鑑賞いたします♪夕日は東側の土手から眺めたけれど、朝日は西側のテラスから拝むことになります。 朝4時に起床して、5時に [続きを読む]
  • 絶品クメール料理とホテル・マッサージ
  • 今年最後のサンセットを堪能した後は、今年最後の晩餐です。 スラ・スランに面した道は、クメール料理を提供しているレストランが並んでいるらしい。それを頼りに、その中の1軒をご指名したのですが、、、。近くに点在しているレストランたちは、なんと全て閉店していて真っ暗。 …イヤな予感しかありません。 ←だいたい当たる案の定、われわれご指名のレストランも完全に消灯しており、閉店オーラ満載。 ええ〜、もしかしてこの [続きを読む]
  • スラ・スランdeサンセット
  • ホテルに戻って少し休憩してから、17:00にサンセットを見に出掛けました!2017年大晦日のサンセット鑑賞に選んだ場所はここ!スラ・スランという沐浴池でございます。 昨日、めっちゃ期待して訪れたプレ・ループのサンセットに見事惨敗したので、リベンジ!プレ・ループに向かう途中でチェックしておいた、このスラ・スランを決戦の地に選びました。 スラ・スランは、王の沐浴池とされている大きな貯水池で、東西700m×南北300m [続きを読む]
  • シェムリアップのローカルショップたち
  • シェムリアップ中心部での、おばちゃんたちのショッピングは続きます。狙っていたのはお洒落ショップだけど、ついつい撮影してしまうのはやっぱりローカルなお店たち。これは昼間のパブ・ストリートです。 夜になると華やかな電飾で彩られたイケイケ・ストリートに変貌しますが、昼間の姿はオーラ消灯。夜の顔を知ってるだけに、見てはいけないモノを見てしまった感がハンパない…。こちらはオールドマーケットの路面店。こんな商 [続きを読む]
  • シェムリアップのお洒落ショップたち
  • Ly-Lyランチを終えたら、お隣にあるラッキーマートを少し物色。その後はリーさんにピックアップしてもらって、中心部のオールドマーケット付近までやってまいりました。 われわれの狙いは、この付近にあるらしいお洒落ショップ。日本人オーナーが経営しているという雑貨屋さんを目指します。地図を片手に狭い路地に潜り込んだら、なな、なんとっ!! えっ!? ここってヨーロッパ??とうっかり勘違いしてしまいそうな、かなりこ [続きを読む]