紺屋の鼠 さん プロフィール

  •  
紺屋の鼠さん: 水と平和はタダじゃない
ハンドル名紺屋の鼠 さん
ブログタイトル水と平和はタダじゃない
ブログURLhttp://koyanonezumi.blog.fc2.com/
サイト紹介文反日・侮日勢力の欺瞞を追及します。 本・映画・音楽そして猫もたまに出ます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 186日(平均0.4回/週) - 参加 2013/09/10 14:16

紺屋の鼠 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 731部隊ニセ写真・そのソース元
  • 「731部隊による人体実験写真」とされているが、実際には1910−1911年満洲でのペスト流行時の検死写真である例。明治四十三四年南滿州「ペスト」流行誌附録寫眞帖 1912年刊   p67、68、101などロシアにも同じ写真が存在している  ロシア側写真資料 (中途ですが後日続きを) [続きを読む]
  • 平穏な南京市内 
  • 2017年9月 産経ニュースより  南京事件1カ月後の姿を写した写真 写真を撮ったのは、満州電信電話の技術者だった杉山友勝さん(昭和62年、81歳で死去)。メモによれば、13年元旦から関東軍の指示で上海・南京地区の通信施設の防空設備視察のために同僚3人と出張。南京へは陥落(12年12月13日)から1カ月弱の13年1月7〜10日に訪れている。 写真は、中国・国民党軍が南京退却時に残していった放送スタジオ [続きを読む]
  • 欧米各国ジャーナリストが取材した支那事変 ヘッダ・モリソン
  • 各国に残されている戦前中国の写真庫その中でも日本軍が関係した時代のものを。中国歴史写真庫  英国ブリストル大学アーカイブスHedda Morrison ヘッダ・モリソン写真 ハーバード大アーカイブス (941枚あるので重いです。各タイトルを すると拡大画像が)ヘッダ・モリソン (Hedda Morrison 中国語名・海達?莫理循 1908-1991)は1933年〜1946年まで中国各地を廻り、28冊の写真集を残している。     1944年には [続きを読む]
  • 「日華親善」
  • 「日本軍邪悪伝説」が世界に拡散されている現状で、それでも日本軍将兵とシナ民衆との友好風景、日本軍と欧米人や各国軍との接触風景など写真が残されている。★ 英国兵と握手する日本兵 gettyimageへのリンクAfter the end of the Battle of Shanghai: Japanese soldiers in the embattled district of Zhabei shaking hands with British soldiers of the International Zone over a barbed wire barrier - mid-November 1937 [続きを読む]
  • 「南京虐殺」捏造に利用される中国爆撃事件:第二次上海事変
  • ・第二次上海事変1937年(昭和12年)8月13日から始まる中華民国軍の上海への進駐とそれに続く日本軍との交戦であるが国民軍は日本軍陣地への戦線布告無しの射撃だけでなく租界や市街を爆撃した。8月14日には日本艦艇をねらったとされる国民党軍機による空襲が開始された。この爆撃によって周辺のフランス租界・国際共同租界に投下された爆弾はパレス・ホテルとキャセイ・ホテル前の路上に着弾し、729人が即死し、861人が負傷した31 [続きを読む]
  • 関東大震災惨状写真が「南京虐殺」に
  • 捏造「南京虐殺」写真でも最悪の部類。新華社ツイッター記事より・1枚目   「衝撃!戦時中日本の南京での暴虐古写真が公開」中国の一市民が発見して南京市に寄贈したという設定らしい。  実際は 1923年関東大震災  Photo of '1923 Great Kanto earthquake' victims 被災の写真だ・・内外の公文書館に保存されている。 関東大震災・吉原の惨状  ※From the Great Kanto Earthquake Japan of 1923, courtesy o [続きを読む]
  • 731部隊人体実験の写真は実は済南事件(公文書の証拠あり)
  • 海外で「731部隊の戦争犯罪・生体実験」と言えば大抵出て来る画像。 (Not of 'Unit 731's war crime, Autopsies of Japanese victims killed in the Jinan Incident in 1928.)しかしこれは実際には1928年『済南事件』の犠牲者、日本人である。その検死写真がなぜか日本軍の犯罪とされ世界に出回っている。つまり加害者と犠牲者が逆転しているのだ。以下、アジア歴史資料センターに当時のままの文書と写真。     済南 [続きを読む]
  • 再開
  • ある時から反日側からの嫌がらせコメントが連続して入るようになり、しばらくブログ自体休止しておりました。歴史関係だけ少しづつ纏めていければと思っていますが、さて続けられるものか、どうなることやら。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …