キトリ さん プロフィール

  •  
キトリさん: 香港deシュタイナー育児
ハンドル名キトリ さん
ブログタイトル香港deシュタイナー育児
ブログURLhttp://waldorfmama.blog.fc2.com/
サイト紹介文香港でシュタイナー教育、森のようちえん、自然育児などを取り入れながら子育て中。そんな育児日記です。
自由文香港のインターナショナルシュタイナー幼稚園で働きながら、日々の経験を子育てに役立てています。育児日記だけでなく、香港の暮らし、手作り、手仕事などなど、いろんな情報をUPしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/09/10 18:02

キトリ さんのブログ記事

  • 帰国
  • 夏休みも4分の3が終わりました。2週間の帰国から戻り、なんだか夢のあとの感傷に浸っています。でも本当はそんなヒマはなく、仕事モードにシフトしなくてはいけないのですが。ひらがなを覚えたての息子は日本の地を踏むやいなや、目にする文字を嬉しそうに読みはじめ、まだ教えていない濁音や半濁音も少しずつ覚え、それだけでも今回の帰国は意味のあるものでした。泳ぎや釣りに行ったり、花火大会に旅行に、猛暑でも結構楽しめま [続きを読む]
  • 夏のリース
  • 息子は習い事はこれまでまったくしたことがなく、やってみたいことが見つかったら教えてね、とだけ言ってあります。ですが、この夏ちょっとだけプッシュしてさせてみたことがあります。水泳です。海に行く機会が特に多い子ですし、身を守るためにも去年から来年はやってみようと言い続けていたので、すんなりとOKしてくれました。まったく泳げなかった子がだんだん水に慣れ、少しずつ泳げるようになる姿を見る感動は、初めて自分の [続きを読む]
  • 蜜蝋ラップ
  • 最近、大手コーヒーチェーンのエコプロジェクトに関する記事をよく目にします。私も子供たちとうちの園の目の前にあるビーチへ出かけた時にはゴミを拾うようにしていますが、この子たちが大人になった時に食べれる魚なんて存在するんだろうか・・・と、本気で思ってしまうほど深刻な現実がそこにあります。今日は息子と以前から作ってみたかった蜜蝋ラップを作ってみました。作り方はいたって簡単です。1.クッキングシートを敷き [続きを読む]
  • あともう少しだけ
  • 夏休みに入り、普段なかなか会えないお友達と遊ぶようにしています。先日、息子のクラスメイトの女の子のうちに遊びに行った時、何やら子供たちが真剣に話し合っていました。そのお題は「人魚は本当にいるのか」。息子もその女の子も周りの友達の影響か、いないんじゃないかと思ってきたようで、それはきっとテレビの世界のものだとか、だれかが作った話だとか、あーだーこーだと議論してました。家に帰って、「ママ、人魚って本当 [続きを読む]
  • 新たな一歩
  • 本学年度も無事終わりました。卒園する子供たちを見て、この子たちなら小学校に行っても大丈夫!と心の中で太鼓判を押しながら、やはり一抹の寂しさがありました。夏休みに入り、ゆっくりしつつも実は頭の中は2か月先のことでいっぱいになっています。今までアシスタントという立場でしたが、来年から自分のクラスを持つことになりました。3年前から打診されつつも、体調不良で断り続けてきたのですが、この度オファーを受ける決意 [続きを読む]
  • 先生はつらいよ
  • 今日は端午節、ドラゴンボートフェスティバルで休日の香港でした。本学年度も残すところ2週間となり、やることが山積みで毎日嵐の中にいるような気分です。また改めて書こうと思いますが、来年度の仕事の上でとても大きな決断をしてしまい、いろんな思いが渦巻いています。気持ちを穏やかにするためには手仕事が一番ですね。教室の季節のテーブルも夏バージョンに衣替えしました。ポイントはサークルウィービングとかぎ針編みで作 [続きを読む]
  • 手から生み出される意志
  • 今日、「できたよー」と嬉しそうに息子が持って帰ってきました。先日から編んでいた数枚の布を合わせて作ったお人形。時間をかけた大きなプロジェクトでしたがよく頑張ったと思います。シュタイナーの手仕事はじっくりと時間をかけてやるものが多いのですが、そのひとつひとつを仕上げるためには強い意志が必要です。0〜7歳までは意志を育てる時期となり、その時期の手仕事はとても大きな意味を持ちます。私のクラスでも、これまで [続きを読む]
  • 学びと手仕事
  • 最近、息子が学校でやっているプロジェクト。棒編み。編み棒を自分たちで作るところから始まります。いくつかのピースを合わせて人形を作るそうで。なぜ授業で編み物なの??と思う方も多いと思いますが、編み物の中にはたくさんの学びの要素が含まれています。目を増やしたり減らしたり、その規則性で数の感覚を身に着けることができます。シュタイナーの特徴でもある、エポック授業は毎朝90分ほど一つの教科を3〜4週間集中的に学 [続きを読む]
  • 端午の節句
  • マンション暮らしの我が家では屋根より高いこいのぼり〜♪は揚げれないので、ミニこいのぼりを飾りました。ちまきを作ろうかと頭によぎりましたが、笹の葉を買いに行く気力がなく、これで手をうつことに。クックパッドで見つけて可愛いので作ってみました。コイと呼ぶには微妙・・・。男の子も7歳になると、パパとの男同士の世界ができてくるんですね。レゴを作ったり、バスケやサイクリングなどなど、二人の時間を楽しんでいるの [続きを読む]
  • 春味
  • 先日の帰国でほんのわずかでしたが、数年ぶりの桜を愛でることができました。満開の桜が見たかったなぁ・・・そんな思いがあったからでしょう、スーパーで桜の塩漬けを見つけたので買ってしまいました。簡単桜スイーツ♪サクラの寒天と桜のお茶。咲いたら咲いたで、また散ったら散ったで、桜というのは人の心をざわざわとさせる魔力があるようです。にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 想い出を辿る音
  • 子供の頃、うちには大きなアンティークのレコードステレオセットがありました。祖父が大切にしていたものでしたが、祖父の目を盗んではこっそりレコードをかけていたのを覚えています。大正生まれの祖父母でしたが、洋盤がたくさんあって、今思えばハイカラな二人だったのでしょう。おじいさんの古時計ではありませんが、街でレコードプレイヤーを目にするたびにそんなことを思い出して、無性にレコードを聴きたくなるんです。お友 [続きを読む]
  • 8年ぶりの一人旅
  • 昨日3日間の一人旅から帰ってきました。旧正月に友人宅でホームパーティーをした際、イースターの予定の話になりました。「一人でぶらっと旅にでも行きたいな」と冗談交じりに言ったら、「あら、行ったらいいじゃない!」と言われ、こう続きました。「子供のことが気になるかもしれないけど、子供ってあなただけの子供じゃないのよ。子育てって夫婦ふたりでするもの。これだけ男女平等って言われてても実際母親の負担って大きいで [続きを読む]
  • イースターの手仕事
  • 昨日は園のイベントでイースターエッグハントがありました。この日のために子供たちも手仕事を頑張っていました。ビーチで拾った石をウェットフェルティングで可愛いイースターエッグに。イースターバスケットは紙皿をペイントして、リボンで編みこんでいきます。6歳の子供たちはさらにイースターバニーを縫いあげました。時間がかかりますが、おしゃべりしながら針仕事を楽しんでいるのをみて、「ああ、もう小学校に行く準備が整 [続きを読む]
  • 子供の話を引き出すには
  • 子供が学校から帰ってきて、まず「今日学校どうだった?」と聞く親御さんが多いのではないでしょうか?返ってくる返事は「忘れた」「うん、よかったよ」「まあまあ」とこんな感じです。毎晩寝る前に本を読んだ後、子供とのおしゃべりの時間を持つようにしていますが、その時に聞く3つの質問があります。まず最初に聞くのは「今日一番楽しかったことって何?」すると、あのね・・・と嬉しそうに話しだします。その次は「今日何か悲 [続きを読む]
  • クレヨンパウチ
  • シュタイナーの学校では黒い鉛筆を使わず、クレヨンと色鉛筆を使います。世の中のすべてのものには色があるというということ、また子供が視覚(と他のすべての感覚)を通じて学び取ることを大切にするなどの考えからです。一年生は蜜蝋でできたブロッククレヨンとスティッククレヨンを使ってノートに習ったことを絵と文字で描き、それが自分だけの教科書となります。先生も黒板にたくさんの色のチョークを使って、絵を描きながら子 [続きを読む]
  • お手軽な幸せ
  • 今日はランチを食べながら、ふと思いたってピクニックディナーをすることにしました。夕方からカントリーパークへ行き、火を起こそうとしたら、またまたやっちまいました。ライターが・・・ない。よくやるんです、こういう系。でもBBQピッチの底から前に使った人の残り火がくすぶっているのを発見!!!もういいじゃないとあきらめる夫をよそに、「乾いた落ち葉と木の枝を拾おう」と息子に言うと、二人でかすかに燃える火の中に放 [続きを読む]
  • 初スケート
  • 雪の降らない香港では冬季オリンピックはまったく盛り上がってませんが、我が家ではそこそこオリンピックにハマってます。普段テレビを見ない息子もオリンピックは家族一緒に見ることにしています。7歳になると知らないスポーツでもルールを想像して考えながら見るのが面白く、スピードスケートがお気に入りのようです。ちょうど冬休みなので初スケートにトライしてみるか聞いてみると、やりたい!というので、速攻行ってきました [続きを読む]
  • ついに完成!
  • ついに、息子との一大プロジェクトが完成しましたっ!!製作期間、約半月。うーん、なかなか本物に近づけたんじゃないでしょうか。息子がうれしさのあまり、先生方に出来上がったことを報告したら、「それなら色んな村を練り歩いたら、おひねりをたくさんもらえるわね」と。えっ、なんですと?今年の春節は息子とあちこちの村で獅子舞を舞って、舞って、舞い倒したいと思います!!中華圏の皆さま、素敵な春節をお迎えくださいませ [続きを読む]
  • 正月恒例行事 その2
  • さて、ライオンヘッド作りの続きですが。フレームの上に一層目の新聞紙をペタペタと貼っていきます。2層目からは障子紙のような薄めの紙を張っては乾かし、また張ってと、6層くらいになるまで繰り返します。紙が乾いたらアクリルペイントで色を塗って7割は完成です!とても時間がかかりました。でも仕事から帰って、息子とお茶とおしゃべりしながら手を動かして、なんだか和みの時間でもありました。息子の日本語習得のソースは [続きを読む]
  • 正月恒例行事
  • ちょっと前から進めていた息子とのプロジェクト。何でしょう?獅子舞用のライオンヘッド(獅子頭)です。毎年、段ボール箱やバスケットで作るのですが、今年はライオンの頭って丸いでしょ?との指摘が入り、それならばとリアル感を追求して作ってみようとリサーチから始めました。竹ひごが手に入らず、ワイヤーでフレームづくりから、そして張り子のように何層も紙を張っていきます。そしてベースが出来上がったら次の段階へと進む [続きを読む]
  • 穏やかな年の瀬
  • 今年はインフルエンザの猛威が激しく、幼稚園と小学校での集団感染を防ぐため、政府によって旧正月の休暇が前倒しになりました。読んで字のごとく、先生たちは大忙しの師走ではありますが、今年はちょっと足を止めてほっとできる時間ができました。教室のメンテナンスなどしながらゆっくりとした年の瀬を過ごすことになりそうです。教室の季節のテーブルも春節に。子供たちに大人気の獅子舞ですが、今年は息子が本格的なライオンヘ [続きを読む]
  • 7歳のお誕生日
  • 週末は少し早めの息子のお誕生日祝いをしました。毎年、ケーキはシュタイナーのバースデーストーリーをテーマにしたレインボー&エンジェルのケーキを作っているのですが、もうすぐ7歳になる息子のリクエストは「LEGO」でした。やっぱりね、シュタイナーでは7歳は目覚めの頃と言われますが、息子の中のファンタジーの世界がだんだん現実的なものへと変化してきているようです。さて、どうするか・・・知恵を絞ってとりあえずLEGO [続きを読む]
  • たったひとりの卒業式
  • 昨日は卒業式でした。昨年シュタイナー幼児教育教師養成講座の全課程を修了していましたが、卒業証書授与までの長いプロセスを終え、やっと待ちに待った卒業の日を迎えたのでした。卒業生は私一人だったのですが、息子と夫も招待いただき、今期受講中のたくさんの生徒さんたちにお祝いしていただきながら、心温まる式を挙げてもらいました。今年(旧暦ではまだ年は明けていません)は夫も自分が目指していた目標を達成し無事卒業で [続きを読む]
  • 香港のクリスマス
  • 外国人が多い香港。クリスマスにはみんなそれぞれ里帰り、そして香港人にとっても旅行シーズンなので、居残り組は静かな香港を楽しめます。2,3週間前の寒さはどこへやら、暖かいお天気が続いているので、毎日外へ出歩いています。息子とちょっと遠出して海沿いのオープンカフェでランチ、その後はビーチで遊んで、お気に入りのカフェでアフタヌーンティーをして・・・息子はわりと小さいころから同じものを同じ感覚で楽しんでく [続きを読む]
  • ハハのクリスマスプレゼント
  • 息子へのクリスマスプレゼントとして、半年前から作り始めていたものがついに完成しました。(一日遅れになっちゃったけど)大の苦手だった編み物を克服しようと、この半年、編み物の先生に習いながら進めてきました。前と後身頃のサイズがとんでもなく違って、泣く泣く片方をほどいて編みなおしたりしつつ。モノづくりは壊すことにも意味があると言われますが、全くその通りだと実感しました。技術だけでなく、前より根気や自信が [続きを読む]