山歩人 さん プロフィール

  •  
山歩人さん: こんな写真×詠んでみた
ハンドル名山歩人 さん
ブログタイトルこんな写真×詠んでみた
ブログURLhttp://sanpobito.blog.jp/
サイト紹介文フォト×俳句 写真俳句 写真五七五 写真と俳句のコラボを楽しんでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供375回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/09/12 16:17

山歩人 さんのブログ記事

  • 秋の昼
  • 実はここのところ非常に良いペースで体重が落ちており。こりゃゴールが見えてきたかもなんてほくそ笑んでいた入りして。だが待てよ・・・・と。ちょっと食生活が日常から離れているような気もしてきて。プロテインで一食代替しちゃったりってホントはヤバイよね。なので、敢えてのカツカレーを(笑)理想は大好きなカツカレーとかトンカツ定食を食べながらもしっかり動ける身体でいる。いるというか居続ける。もう少しだけ頑張りま [続きを読む]
  • 台風
  • 何と申しましょうか・・・・モチベーションが下がりっぱなしで。しばらくブログを休むという選択肢も浮上してきたりして。飽きてきたのか?単に忙しいだけなのか?自分でも判らなかったりして。[作品写真データ]モデル:ゴイサギカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシャッター速度:1/250F値:4.5ISO:200WB:オート露出プログラム:絞り優先トリミング有りLightroom CC2015 for Ma [続きを読む]
  • 野分立つ(のわきだつ)
  • 8月はほぼ毎日のように朝の時間にこの景色の所まで走っている。去年は多分同じ時間帯で鳥撮りしていたはず。優先順位をどうつけるのか・・・って話なんだけど。今はとりあえず目標達成するまでの期間この生活を続けようかと(笑)全然見えなかったゴールが、ここ最近チョロッと見え始めたというか。何となく届きそうな雰囲気が出て来たというか(笑)[作品写真データ]モデル:カメラ:スマホレンズ:シャッター速度:F値:ISO:W [続きを読む]
  • 秋の夜
  • 西日本豪雨のために通常に出荷できなくなった獺祭。そこに山口出身の漫画家弘兼憲史が島耕作のイラストを提供したレアなお酒。1本につき200円が義援金として拠出される事になっている。温度管理がダメになったとかという話だけど。これはこれでかなり美味しいのではと個人的には思う。そして、たまたまカウンターに居合わせた人達とひとしきり島耕作談義(笑)世代が近いとついつい展開するあんな話こんな話。[作品写真データ]モ [続きを読む]
  • 秋の朝
  • 俳句の世界では「季語が動く」という言葉がある。確かにね、別に夏でも春でも意味は同じになるもんね。そもそも、何が言いたいのかが判らない。ってか、特に言いたい事も無かったりして(笑)そう言うときはどうするのがベターなんだろう・・・何となく最近スランプ気味。鳥撮りしてないからだろうな。[作品写真データ]モデル:カメラ:スマホレンズ:シャッター速度:F値:ISO:WB:オート露出プログラム:オートトリミング無し [続きを読む]
  • 秋の蝶
  • 鳥撮り用のカメラを3日間ほど触って無い。これはある意味異常事態かも(笑)忙しいのと、鳥がいないのと、なんか気分が乗らないのと・・・色々重なっているような。[作品写真データ]モデル:蝶カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシャッター速度:1/250F値:4.5ISO:300WB:オート露出プログラム:絞り優先トリミング有りLightroom CC2015 for Mac にほんブログ村←ランキング参加 [続きを読む]
  • 秋めく
  • もう一ひねりしなきゃなぁ・・・これじゃ、そのまんま過ぎるし。「・・・で?」と言われそう(笑)急に涼しくなったせいか。確かに色々な鳥の声がしたんだよなぁ。だから何?って話ではあるんだけど。なんか忙しくて頭が回らないや・・・[作品写真データ]モデル:神社と岩カメラ:スマホレンズ:シャッター速度:F値:ISO:WB:オート露出プログラム:オートトリミング無しLightroom CC2015 for Mac にほんブログ村←ランキング [続きを読む]
  • 秋の夜
  • とにかく最近の最大のは関心事はダイエット。なので毎朝走ってたりする。もし走ってなかったとしたら野鳥の撮影に行っているはず。ここがトレードオフの関係になっているんだよなぁ・・まぁしばらく仕方無いから焼き鳥俳句で埋めておこう(笑)[作品写真データ]モデル:焼き鳥カメラ:RICOH GRレンズ:シャッター速度:1/15F値:4.0ISO:800WB:オート露出プログラム:絞り優先トリミング無しLightroom CC2015 for Mac にほん [続きを読む]
  • 昨日の雨のせいか、今日は一気に秋だった。空気感がまるで違った。なんて過ごしやすい一日だったんでしょう。それはそうと、鳥縛りの「フォト×俳句」から普通の「フォト×俳句」に戻そうか・・なんて最近思い始めたりして。鳥縛りだと実際のところ季語にかなり制限があったりして。もう少し気の利いた俳句を創りたいなぁ・・・とか。俳号をもう一つ創って使い分けようかな。[作品写真データ]モデル:オナガカメラ:OLYMPUS OM-D [続きを読む]
  • 涼新た(りょうあらた)
  • ホシゴイはゴイサギの幼鳥の俗称という事になっている。ちなみに留鳥だからだろうか歳時記には載って無さそう。年中見る事が出来るし、美しい鳥とも言い難いので俳句の材料にもならないのか?何となくだけど陰気な顔つきだしなぁ・・・って失礼か(笑)顔付きというかなんというか・・・親のゴイサギはなかなかカッコいいんだけどね。この池の景色も今は一面が緑だけど。そのうち紅葉が始まるわけで。それまではゴイサギでも撮るか [続きを読む]
  • 秋高し
  • 未確認飛行物体・・・で、後で確認してみたらチョウゲンボウというケースは多いかも(笑)羽の模様が大げさというかなんというか・・チョウゲンボウってこんな黒斑がハッキリしてたっけ??とか。顔はハヤブサっぽいなぁ・・とか。しかも結構標高の高いところでの撮影だしなぁ。こいつ何処でも飛べるんだなぁ・・ってか、どこにいたやつなんだろう??翼があるってのは自由度が高いなぁ・・という一句。[作品写真データ]モデル: [続きを読む]
  • 残暑
  • ヒマワリ畑で伸びた草と対峙しているカワラヒワ。なんか説教されているような絵に見えた(笑)どちらかと言えば強面のフランケンシュタイン系の顔をしているカワラヒワ。この絵は意外と殊勝な感じ。なかなかヒマワリとカワラヒワのコラボは良いなぁ。なんてったって同じ黄色というか、こう見ればほぼ保護色だ(笑)鳥の写真も花と絡めると色々味わい深くなる。ちなみにこれらは全て車の中から撮影している。車から降りてしまうと多 [続きを読む]
  • 秋風
  • 「ヒマワリ」は夏の季語で「カワラヒワ」は春の季語。写真に付けた俳句は秋の季語の「秋風」撮影日は今日8月13日だから、まあ秋の季語での俳句って事になるんだろうなぁ。一つの作品の中に季節が3つ登場するのはどうなんだ?(笑)とは言え、夏真っ盛りって感じのヒマワリの写真にはほど遠く。何となく疲れた感じのヒマワリを敢えて写したわけだけど。狙い通りに行っているのだろうか?野鳥写真あるあるだけど。なんで、普段誰も来 [続きを読む]
  • 秋めく
  • ホシガラスを見ようと某所でしばらく眺めていたら。なんか猛禽類っぽい姿が飛んでくるので慌ててシャッターを切る。なんとハヤブサ様ではありませんか (嬉)全く想定していない来訪者って感じ。この場所でハヤブサに会うのは勿論初めて。どこのハヤブサ様なんでしょ?(笑)で、結局ホシガラスには会えず・・[作品写真データ]モデル:ハヤブサカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシャ [続きを読む]
  • 残暑
  • この止まり木はベストポジションだろうな。とは言え、だんだん止まりものを撮ってものなぁ・・・などと思い始めている。事にチゴハヤブサに関しては毎年かなりの量の写真があるわけで。いったい自分がどんな絵を望んでいるのかも判らなかったりして(笑)ヘボカメラマンの典型だな・・このポーズはチゴハヤブサでは多い様な(笑)この個体に限らず、毎年同じポーズの写真が残っている。下手すれば飛びながらもこんな感じのポーズを [続きを読む]
  • 八月
  • 親も子もどころか、爺さんも婆さんも親戚一同全部8月生まれなのでは?そう考えると面白い。夏生まれの鳥ってか、立秋を過ぎているから秋生まれって事になるのか。空抜けの写真だけど。まあ証拠写真というか記念写真的な(笑)毎年この時期は被写体が極端に減る時期なので撮れるだけでもありがたい。因みに手元の歳時記によればチゴハヤブサは冬の季語になっている。冬にチゴハヤブサを見る事はほとんど無いけど、どういう事でしょ [続きを読む]
  • 秋初め
  • 鳥の写真が在庫切れだからと言って、それは無いだろうとお叱りを受けそうな(笑)野鳥をこよなく愛してますとか言いながらの・・・まあ、フォト俳句クリエイターですから。こういうのもありかと。週末はどこかに鳥見に行きたいなぁ・・[作品写真データ]モデル:焼き鳥カメラ:RICOH GRレンズ:シャッター速度:1/15F値:4.0ISO:800WB:オート露出プログラム:絞り優先トリミング無しLightroom CC2015 for Mac にほんブログ村 [続きを読む]
  • 台風
  • バーダーには判るダジャレ俳句(笑)ちなみにこの鳥はサンショウクイで俳句の世界では春の季語らしい。ついでに言えば、この個体は今年生まれたワカだと思うのだが。夏の間の鳥の写真ま難しい。そもそも近くに鳥が少ないし。いても葉っぱが繁っていてなかなか姿が見られない。早く涼しくならないものかな・・・[作品写真データ]モデル:サンショウクイカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 I [続きを読む]
  • 秋立つ
  • 8月7日は立秋。いよいよ暦の上では秋となる。「秋燕」という秋の季語があるけど。渡って行く燕の事を詠むらしい・・ツバメはどこにでもいるんだよな〜動きが速いからなかなか映すのも困難だったりするけど。空抜けでよければ取りあえずは撮影可能。だけどなぁ・・・あれがいないんだよなぁ・・どこにいるんだろうなぁ・・・という一句(笑)[作品写真データ]モデル:ツバメカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIG [続きを読む]
  • 原爆忌
  • 改めて気が付いたのだけど。広島の原爆投下って暦の上では夏の最終日って事かぁ。なんとも感慨深いものがあるな。穏やかな日常がそこにある幸せ。大事な事だなぁ・・珍鳥じゃなくて良いんだよなぁ、普通の鳥が普通にそこにいる。なんて豊かな事なんだろう。という一句。[作品写真データ]モデル:コゲラカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシャッター速度:1/100F値:4.5ISO:800WB [続きを読む]
  • 秋近し
  • 8月7日が立秋なんだけど。日中の暑さはともかくとして、朝晩は何となく揺るんできた。というか秋を感じさせる風が吹いてたりもする。昔の人の暦って凄いなあと毎度毎度思わせさせられる。なんだかんだ言いながらも間違い無く季節は進んでいるわけで。その速度の中で自分たちは右往左往しているのかな。良い事もあれば悪いと思われる事も起きたりして。なかなか思い通りには進まなかったりもする。[作品写真データ]モデル:コガラ [続きを読む]
  • 夏休み
  • このコムクドリは恐らく兄弟かと。右が兄ちゃんで左が弟。弟はギャーギャー騒ぐけど兄ちゃん動ぜず(笑)見事にシンクロしているけど、二人で何を見ているのやら。この絵も面白いなぁ。鳥に言葉があって、それを人間が理解出来たら随分と面白いだろうに。兄ちゃんの一喝。などという大昔の自分の夏休みのひとときを思い出したりして(笑)とはいえ、そもそも鳥に兄弟とかいう自覚があるのかな・・・?[作品写真データ]モデル:コ [続きを読む]
  • 合歓の花(ねむのはな)
  • ★たがためにかほりたつのかねむのはな★コムクドリは俳句の世界では秋の季語なんだけど、背景にある合歓の花は夏の季語。ウィキペディアによると、合歓の花は良い香りがあるらしい・・・香りを意識した事は無いんだけど。コムクドリが群れをなしてこの中で戯れていた。これも今年生まれた幼鳥だと思われる。可愛いと言えば可愛いけど・・・けど(笑)なんか不思議な生き物系だな。親もだいぶ風変わりな顔付きだったりするけどね。 [続きを読む]
  • 夏深し
  • おや?アカハラかぁ・・・アカハラって夏に見れる鳥だったのね(笑)って、歳時記をみたら夏の季語でした。もっと赤ければなぁ・・・・クチバシが真っ赤だったらなぁ・・・って、アカハラに失礼だよね(笑)それぞれの鳥にそれぞれの良さがある。[作品写真データ]モデル:アカハラカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシャッター速度:1/250F値:4.5ISO:400WB:オート露出プログラ [続きを読む]
  • 晩夏光(ばんかこう)
  • ここのところ行く先々で「モズの子」を見る。なんとも可愛らしいというか。恐竜チックというか(笑)それはそうと。中七の「この子何処の子」というフレーズだけど。なんかどこかで使ったような使わなかったような。類想類句に気を付けるようにと教科書には出ているけど。俳句も5年も続けていると、自分が過去に創った俳句なんてほとんど忘れている。一人の人間の発想なんて知れているから。同じようなフレーズを何度も使っている [続きを読む]