adati1940 さん プロフィール

  •  
adati1940さん: 仏教を尋ねて
ハンドル名adati1940 さん
ブログタイトル仏教を尋ねて
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/furu162/
サイト紹介文親鸞聖人の教えを尋ねて、自分の生きる道を探しています。
自由文高齢者になり、自分の生きてきた道を振り返り、残された短い人生を親鸞聖人の教えを学ぶことを喜びにして日々学び続けます。その学ぶ喜びを共有できたらうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/09/13 10:17

adati1940 さんのブログ記事

  • 生きる
  • 「生きる」か「活る」か、「生きるために食べるか」「食べるために生きるか」か、この答は、その人その人によって違うでしょう。どちらでもいいのかもしれません。その人の言い方ですから、仏教の勉強をしている... [続きを読む]
  • 真実は一貫する
  • 「世の中は悪人を作ることが好きですね」というのは変な表現ですが、自分が善人でいるためには、悪人が必要に思えます。政治では攻撃する相手をいつも求めています。マスコミは他人の秘密を暴き出して、悪人を探... [続きを読む]
  • 矛盾
  • 矛盾と言うのの一つに、何かがあると反対の動きがあるという面があるのです。いいことと思ってやったことがいい面も出たが、反対の面が出るということです。それを今感じるのは、経済が発展して景気が良くなった... [続きを読む]
  • 相撲界お前もか
  • 日本の相撲協会の理事長が、女性の土俵上での人命救助の問題を「行司さんの」と言う表現で、行司さんの責任にしているようです。常々「土俵は神聖なものが女性はあがれないもの」という概念を植え付けられている... [続きを読む]
  • 悲しい指導者
  • 指導者が責任を部下に押し付けていくという今の政府のやり方は、とても悲しいことと思います。昔は「俺が責任を持つからやれ」という言葉があり、部下に思いきり仕事をさせるためには、上司は責任をもったもので... [続きを読む]
  • バカにされた大臣
  • 役人が改ざんしたら隠蔽したり、いいかげなデーターを出したり、それに気づいても怒らないで、頭を下げている大臣、それを読んで、国の意見として答弁した大臣、その答弁を聞いていた役人は、どんな顔できいてい... [続きを読む]
  • 人に見られる
  • 私たたは、他人を見ていろいろと言います。しかし自分が言われているとはあまり思いません。しかし私が思うこと、することは特別なことではなく、たもがすることをしている、思っているというのが普通ではないで... [続きを読む]
  • 恥ずかしい
  • 私はゴルフをします。時々、終わってから自分のスコアの勘違いに気づくことがあります。これはうその申告をしたのです。これはとても気になります。しかし終わってしまったことで、今から言ってもどうにもならな... [続きを読む]
  • うそらしいと感じる
  • ロシア方向東部の開発を支援することが四島返還とつながるという報道がありますが、本当のそうなると思っている人がいるのでしょうか。拉致問題、まだ生きているそして帰ってくると信じたい、しかし事実はそうだ... [続きを読む]
  • 隠す
  • 国税庁長官が隠れいるという報道をみて、自分の立ちの都合の悪いことを隠す今の政治を感じました。このことは、よく見るといろんなところにあるようです。首相夫人の秘書だった人も海外勤務とか、森友学園の籠池... [続きを読む]
  • 採点
  • 冬のオリンピックが始まっています。この大会を見て思うのは「採点競技」というものです。言い換えたらこれはスポーツというものかなと思うのです。その勝負の勝ち負けを他人の目が決めるのです。競技を見ている... [続きを読む]
  • 戦争準備
  • 戦争は嫌だという人が大部分であると思いますが、世界中が戦争の準備をしているように思います。戦争で多大の犠牲を受けた日本は二度と戦争をしないという平和憲法を作りました。しかしこの憲法は無視をされてい... [続きを読む]
  • 権力の恐ろしさ
  • 権力の恐ろしさというと北朝鮮を考えますが、私は森友問題の籠池さんを思うのです。法律違反をしたとは思います。しかしまだ罪が決定したのではないのです。しかしまだ拘留されています。なぜか、私は思います。... [続きを読む]
  • 宗教観
  • 日本人の宗教観は「お願いする」ことだと言われます。お正月たくさんの方が神社に行かれます。みなさんお願いをされます。その人の持っている要求を実現してほしいという願いをもってお賽銭をだします。受験の願... [続きを読む]
  • 選挙
  • 選挙で民意が決まる。それによって政治を進めるというのが民主主義のようです。しかし実態は利益代表という感じはないでしょうか。組織を動員して当選を狙う。その組織は当然、見返りを求めるとしたら、市民のた... [続きを読む]
  • 人間の驕り
  • 白根山の噴火しました。気象庁もびっくりしたという報道です。噴火するという事を全く予想していなかったようです。地震にしても、噴火にしても、天気にしてもいろいろな経験をもとにして資料を集め、予測をする... [続きを読む]
  • 成果
  • 自分の業績を高らかに話す政治家がいます。こんなのを見ると、世の中は一人の人が動かせるほど簡単なもののかと思うのです。今株が上がっています。それは政治家の政策の成果だと言います。確かに世の中にお金を... [続きを読む]
  • 善と悪
  • 私たちは、善は良い、悪は悪いということを思っています。この「よい」「わるい」はどうして決めるかと言うと、自分にとって都合がいいか悪いかで決めたら、それはどこかで変わるあいまいな価値だと思うのです。... [続きを読む]
  • 学校の上をヘリが飛んだけしからん、一方は飛んではないといいう。真実は一つしかないのに国で意見が違う。どちらかの国が嘘を言っている。「国」が嘘を言っている。こんな世の中どう考えたらいいのでしょうか。... [続きを読む]
  • 政策理念
  • 野党がばらばらで自民党が喜ぶ、これが日本の今の一番の悲劇です。しかし野党が一致して自民党に対抗するということが,試みれますが「理念」とか「政策」とかでできません。この政策とか理念と言うのは政権をと... [続きを読む]
  • 軍備競争
  • 日本も本格的に軍備をするようです。防衛費が一兆円を越えた時に、大きな問題になりました。しかし今はもう五兆円です。それに対して反対も出ないようです、みんなが軍備拡張を容認するような気分のなのでしょう... [続きを読む]
  • 事前運動
  • 私の住む町延岡は、今月市長選挙があります。二人の候補が出ると言われています。まだ公示前です。しかし毎日一人の候補者の宣伝カーが走り回っています。その内容は「県北をよくする会の講演会の案内」をしてい... [続きを読む]
  • 信用
  • 信用というのは人間が生きていくためには、なくてはならないものだと思います。これがなくなったら人間社会は崩壊します。その崩壊が始まっていると感じます。多くの詐欺事件、政治家の口だけの約束、誇大宣伝な... [続きを読む]
  • 成人式と晴れ着
  • 「晴着を着ないと成人式に出られない「」という言葉を今回何回も聞きました。成人式は晴着を着ることで成り立つものということでしょうか。ちょっと不思議に思います。晴着を着ることの出来ない人は参加できない... [続きを読む]
  • 子供の時の不便
  • 最近は子供がとても大切なされます。これは将来の日本を背負うということで、大切に育てるということだと思うののです。では大切にするということを見ますと、それが子供の要求を大人が受け入れるということにな... [続きを読む]