珍しいハッカ さん プロフィール

  •  
珍しいハッカさん: 格闘するものにハナマル
ハンドル名珍しいハッカ さん
ブログタイトル格闘するものにハナマル
ブログURLhttps://ameblo.jp/bujutsu-land/
サイト紹介文格闘技・武術のニュース、 私自身の体験談、拙い技術論などを書いています。
自由文格闘技・武術のニュース、
私自身の体験談、拙い技術論などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/09/13 17:10

珍しいハッカ さんのブログ記事

  • ケトルベルの本2
  • ケトルベル書籍の紹介、その2です。今回は、『ケトルベルトレーニング 入門からギレヴォイスポーツ(競技)まで 』(ブックハウス・エイチディ、後藤 俊一) を紹介します。前回、紹介した松下タイケイさんの『ケトルベルトレーニングマニュアル』も大変いい本ですが、こちらも劣らないいい本です。私の好みとしては、こちらかな。カバーのつかないペーパーバックですが、情報量は大変多い!私たち門外漢からすると、メソッド派と [続きを読む]
  • ロマゴン、マクレガー、井上尚弥
  • 「日中の刀剣2」を書こうと思っておりましたが、こちらを先にアップします。軽量級で無敵の王者ローマン・ゴンザレスが衝撃KOで敗れました。前回、判定で敗れたシーサケットとの再戦でしたが、見事に返り討ちをされました。シーサケットはムエタイでは芽が出ずに、ボクシングに転向、過去には八重樫東にTKO負けを喫しています。その八重樫は、無敵時代のロマゴンに敗れ、今度はシーサケットがロマゴンを倒すとは。。。ちょっと衝 [続きを読む]
  • 日中の刀剣1――剣と刀
  • ちょっと「剣」を練習する機会を得たので、先日、剣について書きました。振り返ってみると、日本では剣の武器術はあまり見かけないですね。時代劇でも、片刃で反りのある日本刀は必須アイテムですが、両刃で反りのない「剣」はほとんど出てきません。神話とか、古代の話には、結構出てくるんですけどね。日本で「剣」道・「剣」術というと、日本「刀」が前提とされており、現在では刀/剣の区別が、あまり意識されていないように [続きを読む]
  • 中華街へ
  • 太極"剣"が必要になりました。昔、季刊だった頃の中国武術専門誌『武術(うーしゅう)』の懸賞で当たった(!)こんなものを引っ張り出してきました。ですが、持ち運びがしやすい伸縮式のものも欲しかったので、(『コータローまかり通る! L 』より引用)……てなことで中華街へ。訪問したお店は、2軒。最初に紹介するのはエバーグリーン貿易。古いお店で、私も30年以上前から、あれこれ買っています。中国武術関係では、大変な [続きを読む]
  • 「武術」(うーしゅう=「武術太極拳』)の表演について
  • 近年、中国武術は「武術太極拳」という名前で、オリンピック入りを目指したり、活動が活発になっています。もっとも「武術太極拳」というのは、日本での名称らしく、国際的には「武術」(うーしゅう)というらしいです。さて中国武術の世界では、伝統系と表演系という分け方がされたりします。両者の間で、多少の反目があったりもします。二項対立はわかりやすいので、つい乗っかっちゃう人も出るのでしょう。さてさて本日は、表 [続きを読む]
  • 太極拳 推手の本
  • 先日、太極拳の学習は基本功や套路を習うことから始まります。そして武術として太極拳を学ぶ場合には特に壮なのですが、「推手」というものを学ばなければなりません。昔から推手と套路は車の両輪と言われ、武術として太極拳を練習するにあたって、避けては通れないのが「推手」なのです。そして、これは武術として太極拳を練習している人のみならず、誰にとっても、身体感覚の向上につながる練習と思います。ただ、この推手を練 [続きを読む]
  • 太極拳を教える
  • 先日、知人の代理で太極拳を教えに行ってきました。私は週末などに、まったくべつの武術を教えたりしているのですが、教室などで太極拳を教えるのは、考えてみれば初めて。太極拳やヨガなどを教えるための正式な資格はないです。空手なんかも団体ごとに段を発行しているので、武道の段位なんかは、みんな民間資格ということですね。それはさておいておいて、いつもと違うことを教えるので、いろいろなことを考えさせられました。 [続きを読む]
  • 桜庭和志選手がUFCの殿堂入り
  • 桜庭和志選手がUFCで殿堂入りをしました。リンク:【全文公開】桜庭和志、UFC殿堂入り!!  歴史的スピーチを読もう!桜庭選手は、グレイシー柔術全盛の頃に、1人レスリングテクニックを中心の闘いかたをし、(もちろんグレイシーのテクニックなども取り入れながらやっていたと思いますが)後の総合格闘技にも大きな影響を与えました。グレイシー一族との抗争はすごかったですね。私も非常に好きな選手で、教則ビデオを買ったのを [続きを読む]
  • ケトルベルの本
  • 前回に続いて、ケトルベルの話です。ケトルベルはダンベルやバーベルとは、トレーニング方法が異なっており、その認知度は低いと思われます。YouTube全盛の現代では、ケトルベルの使い方も動画で学べますが、書籍をいくつか紹介します。まずは日本のケトルベル界の第一人者の一人、松下タイケイさんの本です。情報満載の本ですし、セミナーとかも受ける機会が少ない現在では、トレーニングするにあたって、手元に置いておくといい [続きを読む]
  • ケトルベル
  • 2年ほど前からケトルベルをトレーニングに取り入れました。とはいっても、さほど熱心にはやっていなかったのですが、引っ越した先が、前の部屋よりもやや天井が低かったため、それまでやっていた振り棒練習が、そのままはできなくなりました。家中でのトレーニングメニューを変えることにし、ケトルベルの使用頻度が以前よりも多くなりました。それまでは、20kgのケトルベルしか持っておらず、いわゆるスイングを中心にやっていた [続きを読む]
  • ボディーメーカー ララガーデン川口店
  • ちょっと用事があって、ララガーデン川口まで足を延ばしてきました。川口駅からバスで5分程度の場所にあります。事前には気づいていなかったのですが、ここになボディメーカーの直営店がありました。ボディメーカー(BODYMAKER)とは、大阪に本社を持つ、ビービースポーツ(BB-SPORTS)が展開するスポーツ・アパレル総合ブランド。格闘技用品が多いのです。この川口店は売り場面積はさほどでもないですが、驚きの品揃え。その一部 [続きを読む]
  • 格闘技教則・電子書籍
  • マンガと小説ばかりだった電子書籍も、徐々に実用書系に広がってきました。今回は、現在入手可能な武道・格闘技の教則電子書籍をまとめてみました。まずは以前、紙の書籍も紹介したレスリング本です。これはお気に入りの本だったので、電子も買ってしまいました。ALSOKパワーで勝つ! レスリング 最強バイブル (コツがわかる本!)posted with amazlet at 17.05.02メイツ出版 売り上げランキング: 132,731Amazon.co.jpで詳細を見る [続きを読む]
  • 『琉球王家秘伝本部御殿手』(池田守利著、日貿出版社)
  • 本部御殿手は、琉球王家に伝わる秘伝武術でしたが、第12代宗家の上原清吉先生によって、一般公開され、世に知られるようになりました。その技術書が出版されましたので、紹介いたします。琉球王家秘伝 本部流御殿武術入門 本部御殿手・本部拳法posted with amazlet at 17.04.12池田 守利 株式会社 日貿出版社 売り上げランキング: 464,992Amazon.co.jpで詳細を見る私は、沖縄空手や琉球古武道には、前々から興味を持っております [続きを読む]
  • 『新装増補版 空手道入門』(江上 茂、日貿出版社)
  • 先日、『ビル・ロビンソン伝 キャッチ アズ キャッチ キャン入門』(鈴木秀樹、日貿出版社)という記事を書き、その他にもいくつか紹介予定ですが、最近、格闘技書で日貿出版社さんが大変頑張っておられます。たとえば『秘伝極真空手』とか復刊しないかなあ?と思っておりましたが、まさか、この本の復刊で来るとは!新装増補版 空手道入門posted with amazlet at 17.03.30江上 茂 株式会社 日貿出版社 売り上げランキング: 5,802 [続きを読む]
  • 銃剣道?
  • 中学校の必修武道に銃剣道なるものが追加されました。自衛隊でも訓練されており、第二次大戦中を思わせる、こんな武道(?)を中学の授業にするとは……、といろいろ懸念が広がっているようです。だいたい学習指導要領にある「日本固有の武道」じゃないじゃん。私はそもそも武道を必修にすること自体に反対です。柔道事故posted with amazlet at 17.04.03内田 良 河出書房新社 売り上げランキング: 380,602Amazon.co.jpで詳細を見 [続きを読む]
  • 最強幻想と過ごした30年
  • 空手バカ一代1~最新巻(文庫版) [マーケットプレイス コミックセット]posted with amazlet at 17.03.22梶原 一騎 影丸 譲也 講談社 売り上げランキング: 80,661Amazon.co.jpで詳細を見る極真空手最強説の原点です。私も極真空手こそが最強だと信じた時期がありました。ブリース・リーの映画や松田隆智先生の著作による「カンフーこそ最強」時代。これもまた懐かしい。新装増補版 謎の拳法を求めて (武の人・松田?智の足跡を辿る) [続きを読む]
  • ボクサー伝記系書籍1
  • まずは、この本から。マイノリティーの拳posted with amazlet at 17.03.19林 壮一 新潮社 売り上げランキング: 166,821Amazon.co.jpで詳細を見る4章に分かれていて、それぞれスポットを当てる対象が別です。私たちがスーパースターと思っているチャンピオンたち。私は、その全盛期を学生時代にテレビで観ていましたが、彼らはリングだけでなく、差別と闘い、またあざとい人々の食い物にされていたりしました。差別があることや、 [続きを読む]
  • 格闘技の世界(的)ランキング_リンク集
  • いろいろな格闘技の世界ランキングのリンク集を作ってみました。間違い、リンク切れ、これも加えてほしいなどありましたら、コメントお願いいたします。ボクシングWBA: http://teiken.com/ratings/wba/index.htmlWBC: http://teiken.com/ratings/wbc/index.htmlIBF: http://teiken.com/ratings/ibf/index.htmlWBO: http://teiken.com/ratings/wbo/index.htmlキックボクシング・ムエタイルンピニー: http://www.canal-area.co [続きを読む]
  • 『I AM JACKIE CHAN』(ジャッキー・チェン、近代映画社)
  • 本書は、ジャッキー・チェンの自伝です。つい最近に『永遠の少年』という最新の自伝が出ましたが、私が読んだこちらは、1999年に近代映画社から出版されたものです。京劇の学校に学んだ少年時代、京劇の衰退とともに映画の世界に飛び込んだ経緯、アメリカ進出の失敗とテレサ・テンとの出会い、別れ、従来型のカンフー映画からの脱却と「プロジェクトA」の成功。まだ封建的な社会が残る中での、少年時代の厳しい演劇・カンフー・ア [続きを読む]
  • 横浜サンボアカデミー [道場体験記 第1回]
  • 不定期ですが、練習に参加させていただき、体験記をアップする[道場体験記]をスタートしました。第1回目は「横浜サンボアカデミー」にお邪魔してきました。横浜サンボアカデミーは、大道塾横浜北支部道場を借りて、週3回の練習を行っています。月曜グラップリング教室(ゆとり)19:30〜21:30水曜サンボ教室 21:00〜23:00(祝祭日は20:00〜22:00)日曜サンボ教室 16:30〜18:30指導は岡晴彦先生。2015年 全日本サンボ選手権大会 [続きを読む]
  • 『1984年のUWF』(柳澤 健、文藝春秋)
  • 1984年のUWFposted with amazlet at 17.02.23柳澤 健 文藝春秋 売り上げランキング: 470Amazon.co.jpで詳細を見るこ、これは。。。「〜年の〜」シリーズは『1976年のアントニオ猪木』しか読んでいませんでしたが、これは、読みたい!書店で見たときは、「文庫になるのを待とう」と思ったのですが、これは待てない。やはり買いに行きます。完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)posted with amazlet at 17.02.23文藝春秋 (2017- [続きを読む]
  • 『女子柔道部物語』第1巻(講談社)
  • 「女子柔道部物語」が始まりました。脚色・構成・作画が『柔道部物語』の小林まこと先生です。原作は、恵本裕子(えもとゆうこ)さん、アトランタオリンピック柔道女子61kg級金メダリストです。JJM 女子柔道部物語(1) (イブニングKC)posted with amazlet at 17.01.23小林 まこと 講談社 (2016-12-22)売り上げランキング: 1,432Amazon.co.jpで詳細を見る『イブニング』で連載中で、現在は1巻が出たところです。第一話には三五十五 [続きを読む]
  • 『リクドウ』第10巻
  • 『リクドウ』第9巻も先日紹介しましたが、第10巻が出ました。いまイチオシのボクシング漫画です。ジムやトレーナー?(所沢)の動きも活発になってきて、リクドウは日本タイトルを視野に。ますます目が離せなくなってきました。リクドウ 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)posted with amazlet at 17.01.23集英社 (2017-01-19)売り上げランキング: 335Amazon.co.jpで詳細を見る [続きを読む]